3634024 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ケータイで見る】 【ログイン】

あそびはこどもの仕事やで!:遊び学ブログ

2008.05.02
楽天プロフィール XML
カテゴリ:あそび一般
 【「ふんふん」はタブロイド判、4ページで、初号(4月号)は1万4000部を発行。内容は童謡「朧(おぼろ)月夜」の歌詞やその月の歳時記、お母さんが子供に教えてほしい草花遊び、子供が喜ぶ春の弁当づくりなどを紹介。】(【】内は記事から一部引用、Google ニュース/MSN産経ニュース:2008年4月29日)

 記事は、大阪のある童話作家が創刊した童謡の普及新聞「ふんふん」の紹介記事だが、童謡の普及のための新聞を発行せざるを得ないほど、童謡離れが進んでいるようだ。童謡と同じように、記事にある「草花遊び」も「普及新聞」が必要かもしれない。

 ただ、童謡は歌詞と楽譜があれば、伝えることが出来るが、「草花あそび」は現物の草や花がなければ出来ない。特に、都市部では舗装と除草が進み、「草花あそび」の素材を手に入れることがだんだん難しくなってきている。それでも、私の住む大阪市内でも川原や大きな公園に行けば、適当な「草花あそび」の素材がまだ見つかるし、良く観察すれば道端のほんの僅かな空間にも見つかる。

 特に、いわゆる雑草とよばれる草たちは、結構しぶとく生き続けている。「相撲取り草」と呼ばれる「オヒシバ」や「ペンペン草」と呼ばれる「ナズナ」は、その代表だ。しかし、それに気付かないのか、あそび方を知らないのか、それを採ってあそんでいるこどもにはほとんどお目にかからない。

 やはり、そうした「草花あそび」の素材が、僅かでも都会に残されているなら、その草花を未来に残すためにも「草花あそび」の「普及新聞」も必要になってくる。近所の空き地に生えていた、「くっつき(ひっつき)虫」と呼ばれる「オナモミ」も、いつの間にか空き地とともに無くなってしまったが、これ以上他の草花が消えてしまわぬよう願わずにはいられない。


「こどものあそび(遊び方)」は、次のページでいろいろ紹介しています。

あそびセレクト





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2008.05.02 21:02:49
コメント(0) | コメントを書く



[あそび一般] カテゴリの最新記事

■コメント


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.