3595489 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ケータイで見る】 【ログイン】

あそびはこどもの仕事やで!:遊び学ブログ

2012.03.14
楽天プロフィール XML
カテゴリ:あそび一般

 【「全日本製造業コマ大戦」というものをご存知だろうか。先日パシフィコ横浜にて行われたテクニカルショウヨコハマという技術系展示会中の催し物の一つなのだが、これがまたなんとも凄いのだ。精密製造業者が、徹底的に吟味された素材を使い、加工技術の粋を尽くして手回しコマを作って喧嘩ゴマをするという、エクストリームコマ回し大会だ。その優勝企業である由紀精密という会社から、一般向けのコマが発売されているので早速購入して見た。】(【】内は記事から一部引用、Google ニュース/ケータイ Watch:2012年3月8日)

 精密加工のプロが造ったコマだから、「驚くほど回り続ける」のは当然のことだろう。ただ、一般向け市販品の価格が、直径1cmのもので840円もするので、こどもたちがあそぶものとしては疑問だが、おとながあそぶには、それなりのものだ。

 ところで、上記の「超精密コマ」や、大手玩具メーカー製のハイテクのベイゴマのような、誰でも簡単に回せると言う特徴は、こどもたちから練習をしたり工夫する機会を奪うことにもなる。

 コマは一般的に、材質が均質だったり中心のブレが無いコマが良く回る。しかし、昔の駄菓子屋さんで売っているような木ゴマなどは、製品の質が均一でなく、よく回るコマは稀なくらいだった。だから、木地を少し削ったり、重しを付けたり、芯を尖らせたりして、コマが良く回るように加工した。

 さらに、紐で巻いて回すためには、最低限の技術が必要で、さらに長時間回すには、その技術をさらに磨く必要がある。コマあそびに熱中すればするほど、こどもたちは自ら進んで技術を磨いていくのだ。

 初めから誰でも簡単に回せる、しかもその回し方もメカ(装置)に依存するのでは、こどもたちの努力の範囲が狭められる。その結果、長く回せたと言う達成感も小さくなる。

 誰でも簡単に回せるコマは、昔のような努力と工夫の要るコマへの入り口にもなるかとは思うが、はたして苦労せず回せるコマが目の前にあっては、苦労しなければ回せないコマを、手に取るかどうかは疑問が残る。

「こどものあそび(遊び方)」は、次のページでいろいろ紹介しています。

あそびセレクト


FC2ブログランキングにも登録しています。
↓よろしければ、ご支援のクリックを↓





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2012.03.14 21:12:42
コメント(0) | コメントを書く




■コメント


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.