Feb 11, 2006

産まれました

カテゴリ:D・O・G
200602109.jpg

ようやく、愛犬1号が出産しました。

今回は、長時間の出産で見守る私たちも大変でした。
母子ともに健康です。

愛犬1号の子育てはこちらを毎日更新しますので、
普段見れない生後1日目の赤ちゃんを見たい人はどうぞ。

今日はおもしろい不思議な話をひとつ。

私がとても仲良くしているお友達と、子作りについて(人間のね)
先日話をしていました。

「私ね、めんどくさがりだから男の子の双子を一揆に産みたい」

と話たら、産み分け法を教えてくれました。
○○という整体術では、絶対にはずれない産み分け法だそうです。

人間の卵巣は左右2つ。
毎月の排卵では、片方の卵巣から卵子がでてくる。
たとえば、今月は右の卵巣から、来月は左の卵巣からというように
交互にでてくる。

右の卵巣からの卵子でできた赤ちゃんは男。
左の卵巣からの卵子でできた赤ちゃんは女。

おもしろいでしょ。へぇ~と思って聞いていました。

愛犬1号のレントゲン写真を見たとき、獣医さんが
「1つの子宮に3匹、もう1つに1匹いるみたいだね」
って言いました。
(犬の子宮は2つあります)

3匹の方の子宮は左側。1匹の方の子宮は右側。
ということは・・・・女の子が3匹、男の子が1匹かな?
なんて、あーちゃんと話をしていました。

今朝、赤ちゃんたちが産まれてみてびっくり!!!!!
まさに予想通りでした。

人間が産み分けるには、排卵前に仰向けに寝てひざの後ろに
手を入れて胸につくようにひきつける。

左右両方やってみて、右が胸につきずらかったら右の卵巣が
腫れているので、男の子。左なら女の子だそうです。

生まれたばかりの赤ちゃん。生命力にあふれていてなんて力強い
んでしょう。生きる・・・ただ生きる、それだけに一生懸命な
姿に、忘れていた何かを思い出すようです。

愛犬1号、ほんとうにどうもありがとう。お疲れ様。
子育て、一緒にがんばろうね。
今日明日、泊まりで出かける予定をキャンセルして一緒に出産を
手伝ってくれたあーちゃん、本当にありがとう。
出産のためにハンドラーさん宅でがんばってる愛犬2号ありがとう。
今回の出産に尽力してくださったブリーダーさん、ハンドラーさん
獣医の先生、どうもありがとうございました。
あたたかく見守ってくれて、応援してくれたたくさんのお友達、
どうもありがとう。





TWITTER

最終更新日  Feb 12, 2006 12:25:56 AM
[D・O・G] カテゴリの最新記事