200464 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

我的勝手日記 ~フツーのサラリーマンが思うこと~

PR

全4件 (4件中 1-4件目)

1

自転車大好き!

2005/08/07
XML
カテゴリ:自転車大好き!
 函館に来た時から、自転車で大沼に行きたいと思っていた。しかし、腰椎ヘルニアに足関節骨折と怪我が続き、体力の回復もままならない状況が続いていた。そして今日、ようやく念願達成だ。

 計ったように4:30に起床する。まずはヨーグルトとグレープフルーツジュースを飲み、ストレッチしたりブログ徘徊したりして、身体が目覚めるのを待つ。5:10に出発する。

 赤川通りを北上する。ローソンを左折、右手に渡島支庁や「しくぅはっく」を眺めながら進む。5:30~函館新道沿いの側道に入る。朝、家を出た時には涼しさも感じられたが、急激に温度が上昇しているようだ。一気に発汗が促進される。

 本町ICまでが、結構キツイ。思うように足が動かない。見た目は平坦な道程に見えるのだが、なだらかな上りのようだ。追い討ちをかけるように、帰宅後にビールを飲んでいる自分を想像したりする。こんな邪念が入っていくるとますますキツイ。

 本町ICを過ぎると、一気に下る。惰性で走っても、40~50kのスピードで快調に走る。あっという間に、R5と合流する。6:05に峠下のJOMOを通過する。ここからが、またキツイ。

 普段は車で80~100kで上っていく場所だ。そこをギアを軽くして、延々とこぐ。トンネルが見えてきて、敢えてペースを落とす。最大心拍状態でトンネルに入りたくないと思ったからだ。幸いにして、トンネルに入ってしばらくは車が来ない。

 気持ちよく走っていると、後ろから轟音が迫ってくる。歩道を走っているのだが、真後ろから轢かれるのではないか、と思われるほどの大音響だ。それはダンプではなく、パジェロだったが。

 トンネルを抜けて、やっと大沼だ。プチ達成感を感じる。が、あいにくの天候で、美しい景色はお預け。トンネルを抜けただけで、ウソのように涼しい。ウカウカしていると、身体を冷やしてしまいそうなくらいだ。調子にノッて、大沼を一周して帰ろうか、なんて考えも頭を過ぎるが、すぐに打ち消す。少しずつ距離を伸ばせばよい。

 6:25、帰路につく。寒さを感じるくらいの勢いで、峠下まで下っていく。本町ICまでダラダラ上りが続くが、思ったほどキツくは無い。心構えがあったからだ。

 7:15、北美原温泉に入る。すぐにでも水風呂に入りたいがグッと我慢。洗体の後、高温風呂に入る。ふくらはぎが痛い、日焼けしたようだ。案の定、顎まで浸かると、首の後ろも痛い。

 その後、水風呂に入る。落ち着いたーって感じ。サウナには入らない。体重を量ったところ、1.8Lの発汗が認められたので、これ以上イタヅラに発汗すべきで無いと判断する。同時に帰宅後のビールについては、ラガー350ml×1+ギネスエクストラスタウト330ml×1と方針を固める。

 北美原温泉の朝風呂は8:00までだ。客が少なくなるのを待つ。そこで、露天を写真に収めたいからだ。今日はそこまで計算に入れて、5時過ぎに家を出たのだ。

北美原露天

 ラガーを中ジョッキに注ぐ。自分でやるので、泡の具合も厚みも我好みに調整出来る。何の逡巡もなく、一気に飲み干す。泡を掻い潜って、上唇更に舌がビールに触れた瞬間に意識が飛び、気がついた時にはジョッキが空になっていた、と表現した方が正しい。

 すぐに、クラシック大瓶にすれば良かった、という極めて飲兵衛的後悔が起きる。が、ここで調子にノルと一日昼寝状態になってしまうので、正しい判断だ。バカな事を考えている内に、北美原でスッキリした全身は、もう既に汗だくになっていた。

本日の走行データ
・走行距離 47.0km
・走行時間 2:13:10
・平均速度 21.1km/H
・最高速度 50.1km/H 






Last updated  2005/08/07 10:21:11 AM
コメント(2) | コメントを書く


2005/07/24
カテゴリ:自転車大好き!
 朝5時に起床する。天気がパッとしない。ブログサイトを徘徊しながら、身体が目覚めるのを待つ。その内に陽も射してきて6時過ぎには出発。五稜郭付近の自宅から、延々と赤川通りを北上する。

 日曜の早朝なので、車も少ない。赤信号でも車が来ないのを確認して、どんどん進む。良い子の皆さんはマネしてはいけない。不良オジサンの特権?いや、早起きのご褒美ってことにしておこう。ってなわけで、結局一度も足を地につくことなく、一気にダム公園まで登り詰めることになる。

 未来大を左手に通過するまでに、既に20分近く経過する。ここから約10分がキツい。ドバドバと汗が噴出する。これで、美味いビールを健全に飲むことが出来るので、苦しくても張り合いがあるというもの。ダム公園に到着する頃には、滴り落ちた汗で眼鏡は殆ど見えない。

 小休止する。あまり休み過ぎると、身体がだるくなってしまう。今度は、ドンドン下る。途中、未来大学のかなり手前、四季の杜や桔梗高台パークゴルフ場方向に向かう道へと右折する。ここの上りが自転車には、かなりキツい。ギアを思い切り軽くして上る。それでも最大心拍状態だ。

 ようやく急坂を上り終え、息が上がっている我を待ち構えていたのは、強烈な牛糞の臭いだった。とても、息を止められる状態になく、胸いっぱいに牛糞の香りを吸い込みながら、進む。

 四季の杜を左手に、今度は急な下り坂。そしてまた上る。右手はクマが出没してもおかしくないエリアだ。身体はヘトヘト、ここでクマが出たら、なす術も無くクマの朝食となって一生を終えるだろう、などとバカなことを考えながら、走り続ける。

 やがて、左手にカーブして視界が開け、函館山が見える。残念ながら今日は霞み気味だ。そのまま真っ直ぐ下らずに、左折する。この先にシーニックスポットがあることを知っているからだ。健康な日曜の朝。

亀田から大野方面を望む

本日の走行データ
・走行距離 22.2km
・走行時間 1:07:29
・平均速度 19.7km
・最高速度 54.1km






Last updated  2005/07/24 04:55:49 PM
コメント(4) | コメントを書く
2005/06/11
カテゴリ:自転車大好き!
 天気予報によれば、土曜の午後から日曜の午後まで、雨混じりのようだ。ジョギングは、雨さえ止んでくれれば、少々路面が濡れていても構わない。ところが、自転車の場合は乾燥路面を走りたい。

 そんな訳で、7時に出発する。まずは函館新道の側道をひた走る。合流して更に北上、峠下まで行く。大野町方向に左折して、10年後に仮称「新函館駅」となる、現在の「渡島大野駅」に向う。現在は、周辺に何ら商店も無い。客観的には「税金の無駄遣い」に見えるかもしれない。が、道民の期待は大きいのだ。

 その後、大野新道に戻るつもりが、広域農道を走っているうちに、R5に出る。9時に帰宅、朝からビールを呑む至福のひととき。

 本日のデータ、
・走行距離 43.1km
・走行時間 1.57.36(H.M.S)
・平均速度 22.0km/H
・最高速度 50.1km/H






Last updated  2005/06/11 10:09:21 PM
コメント(0) | コメントを書く
2005/05/22
カテゴリ:自転車大好き!
 今年初めて、自転車でのツーリングに出る。いや、ツーリングは正しくない。ちょっと走ってきた、ってレベルだが、久しぶりにたっぷりと汗をかく。

 本日の走行距離は、18.1km。
 平均時速は、20.7k。
 最高速度は、41.7k。
 高低差は、約200m?

 ざっと、こんな内容である。自宅から、赤川通りを北上する。延々と上りの道。と言っても、車で走ったり歩いている分には気がつかない程度の上りも含む。自転車に乗っていると、普段気にならない微妙な上り下りや、風を感じる事が可能だ。

 自宅から4kmを過ぎると、市街地を抜けて山の麓の風景に変化してくる。6kmを過ぎて未来大入口を通り過ぎると、いよいよ民家も少なくなってくる。正面に袴腰岳の山麓、右手に亀田川と葉がつき始めた木々を眺めながら、上り続ける。汗が眼鏡にダクダクと落ちて、前方を視認しづらくなってきたところで、ようやくダム手前の公園に到着。帰りは下り一辺倒で、ラクチンそのもの。

 リハビリの自転車としては、丁度良い距離と運動量だ。






Last updated  2005/05/22 03:16:40 PM
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.