107665 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

星の国から。ヴァン・ノアール

PR

プロフィール


星の国から。ヴァン・ノアール

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2022.01.16
XML
テーマ:読書(5536)
 

『スコット・フィッツジェラルドとは、言うなればアメリカという国の青春期の、激しく美しい発露であった』・・「雑文集」から。

 今、スコット・フィッツジェラルドの「マイ・ロスト・シティー(村上春樹訳)」を読み返していて、初めてフィッツジェラルドの本を手にしたきっかけは何だったんだろうと考えると「ジャズ・エイジ」という言葉だったのに気が付きました。

 2011年に友人が送ってくれた村上春樹著「雑文集」も読み返していて、「スコット・フィッツジェラルド」の章の副題に「ジャズ・エイジの旗手」と書かれていて思い出しました。

 当時は「ジャズ・エイジ」の言葉の意味は全く分かっていなくて、ただその音の響きに惹かれたのだとと思います。

 改めて調べてみると「アメリカの1920年代(1929年の世界大恐慌の前まで)の風俗をを指す言葉で、第一次世界大戦で勝利した後に加速した排外的な人種主義(100%アメリカニズム)等を背景にラジオ、映画、ダンスホールなど大衆消費社会へ向かい始めた時代」とあり、この呼び名はフィッツジェラルドが1922年に発行した短編集「ジャズ・エイジの物語」からきているようです。
1917年に初のジャズ(新興音楽)のレコーディングが行われるまでジャズと言う言葉はセックスやダンスを表していて、フィッツジェラルドはその全ての意味を含めてこの言葉を短編集のタイトルに使ったようです。

 「雑文集」の中では、
正にジャズ・エイジの申し子となったフィッツジェラルドと妻ゼルダの「事実は小説より奇なり」のエピソードもいくつか紹介していて、その後の2人の破滅へと繋がる人生を自分なりに思い描きながらフィッツジェラルドを読むと、一層彼の文体が心に沁みます。

 






最終更新日  2022.05.07 12:46:26
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:「ジャズ・エイジ」って何だろう? フィッツジェラルド&村上春樹(01/16)   アストロメリア さん
フィッツジェラルドという作家と
「華麗なるギャツビー」という映画
聞いたことはあっても見たことがなかったので調べてみたのですが
フィッジェラルドという人物も中々興味深かったです。

村上春樹氏の押しで翻訳もしているのだとか
アメリカが特別な時代だった1920年代
努力すれば夢は叶うと純粋に思われたアメリカンドリーム
グレートギャツビーのモデルはフィッツジェラルドと妻のゼルダ
だったようで・・・そういえば姉が昔「華麗なるギャツビー」のことを
しきりに言っていた記憶があります。
映画を見たのだと思います。多分ロバートレッドフォード主演の
原作も読んだのかもです。
何故自分が知らなかったのかと今になって思います。
この映画は5回ぐらい俳優を変えて上映しているようですが
原作を読んでみたいものです。
お題のジャズエイジでなくてすみません。 (2022.01.21 00:38:14)

Re[1]:「ジャズ・エイジ」って何だろう? フィッツジェラルド&村上春樹(01/16)   星の国から。ヴァン・ノアール さん
アストロメリアさんへ
映画「華麗なるギャツビー」最新作は「レオナルド・ディカプリオ」主演で、もう9年前ですがこちらで見ました。映画評ではロバート・レッドフォードの方が良いみたいです。残念ながらこちらは見ていません。今、村上春樹訳「マイ・ロスト・シティー(ニューヨークのこと)」を読んでいて、フィッツジェラルド夫妻の破天荒な生活ぶり(あぶくのように入ってくるお札をタバコの替わりにするとか)が当時のニューヨークである意味成功者になった人達には通らざるを得なかった過程なのかと思うと何だか一層切なくなります。正に「フィッツジェラルド体験」です。ただ見る側にしてみれば第一次世界大戦後の「浮足立った」一時期というのは非常に興味深いものがあります。ジャズエイジという言葉に惹かれて読んだのに、今頃になってこの意味が分かりました(汗) (2022.01.21 15:08:25)


© Rakuten Group, Inc.