ひるゆめ迷想記

プロフィール


ひるゆめ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

2021.08.07
XML
テーマ:びっくり!(470)
カテゴリ:俺式ツイート
献血慣れしていると、色んな注射に不感症になれる、らしい………

 まぁ、良い事なのか悪い事なのか話が分かれるところかな、とは思いますが。自分的には………便利かな、と。
 相手は筋肉注射、ですからね。経験上「痛いものである」と言う認識の注射方式です。
 随分と前に1回だけ何だったかで経験したことがある気がするんですが………その時はひどく痛かった覚えがうっすらあります。
 注射、と言えば大抵は皮下に薬剤を注入するもののイメージですが、筋肉注射は名前の通りでそれとは少し異なります。皮下組織の更に下の筋肉組織に薬剤を注入していく方式になります。
 通常の駐車が皮下組織狙いで針を斜めに刺していくのに対して筋肉注射は更にもう一段下の筋肉狙いになるため、針は出来るだけ垂直に刺していきます。
 厚生労働省のワクチンQ&Aには通常の注射よりも痛みが少なかった、という臨床研究での報告が有った、と述べられています。
 が、筋肉に異物を注入する、と言う事をやる以上、違和感は有りますし、それが強いようだと痛みと認識するのではなかろうか、と言うのが自分の所感です。
 ………まぁ、針を刺すのが垂直で接触部分が少なくなるために痛覚細胞を上手く避けて刺せるのであれば、確かに刺している間の痛みは少なかろうと推察出来る話なんですが。
 自分は………薬剤注入による違和感だけです、今のところ。
 献血針の太さに慣れていると大抵の注射について不感症になる、っぽいです。
 やってくれた方が巧かった、のもかなりあるんじゃないかと思いますが………あっという間に終わりましたね。「あれ?」って声に出てしまいましたし。

 なので、ワクチン接種についての感想を総括すると

とってもナイスにシステマチック!(≧▽≦)

 自分が受けたのは集団接種。
 予約をしているとは言え、同じ時間を予約している人なんて沢山いるのでどう対応するものなのかと思えば………見事な流れ作業で感心し切りでした。
 接種対応にはいくつかのパターンがあるらしいですが、自分が受けたのは接種希望者が流れているタイプ。
 15分刻みで予約時間帯毎に案内があり、受付や予診確認など全部で8工程の動きを以て接種が完了となるのですが………素晴らしき神対応。疑問や異論を挟む余地が粗無かったです。
 若干のトラブルが有りはしたものの、即座に対応して貰えた上にその後はスムーズに流れ、体調確認の時間さえその8工程の中に組み込まれていた見事っぷりで只々脱帽でした。
 何と言いますか………

美しきシステマチック………!

 或る意味でTOY〇TA方式の見事さを見た、と言いますか………。
 案内や対応に当たっているスタッフさんが対応力も素晴らしかったですしね。ハードとソフトの両方が噛み合う事の凄さ、痛感しました………。
 後はこれらの素晴らしいシステムとそれを見事に運用しているスタッフさん方の頑張りの下、1人でも新規感染者が少なくなると良いな、と。
今日も今日とて「過去最多」を更新している​のを残念に思わざるを得ないです。






最終更新日  2021.08.07 22:23:13
コメント(0) | コメントを書く
[俺式ツイート] カテゴリの最新記事


PR

X

バックナンバー

カレンダー


© Rakuten Group, Inc.