233123 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

とある代表の独り言

全5件 (5件中 1-5件目)

1

本まに好きやねん

2018.02.23
XML
カテゴリ:本まに好きやねん
息子が

小学校で

”豚がいた教室”

という映画を観た! と

教えてくれました。



ストーリーは

6年2組の新任の先生が、子供たちに

「先生はこのブタを育てて、最後にはみんなで食べようと思います。」と提案。

子供達は

豚に名前を付け

校庭に小屋をつくり

交代しながら、えさやりして

糞尿の始末も

みんなで協力してやるようになり・・・

子供達は

家畜としてではなく

ペットとしての愛着が湧いてきます。

そして

もうすぐ

卒業・・・

担任の先生は

「この豚をどうするか?みんなで決めてほしい」


と提案

子供達は

食べるべきか・・・

食べないのか・・・・


結末は いかに・・・

興味のある方は

ネット検索してくださいねウィンク


以前 ご紹介した

アイガモのいのちをいただくまで・・・


2016年9月23日 当ブログ
衝撃 とある農法!!​ 

合鴨農法で米を育てて、その合鴨を 食べるか・・食べないか・・

大人たちは この永遠の問いに向き合い

責任をもって この究極の問いに応えようとしましたが・・・


「豚がいた教室」では

子供達に 丸投げしちゃってます・・・・


私も 思うところがございますが・・・・

やめときます・・

そんな時

ふと


この詩が思い浮んできました・


​谷川俊太郎 「しんでくれた」より​

うし

しんでくれた 

ぼくのために

 そいではんばーぐになった

 ありがとう うし

 ほんとはね

ぶたもしんでくれてる

 にわとりも それから

 いわしやさんまやさけやあさりや

いっぱいしんでくれてる

 ぼくはしんでやれない

 だれもぼくをたべないから

 それに もししんだら

 おかあさんがなく

 おとうさんがなく

 おばあちゃんも

 いもうとも

 だからぼくはいきる

 うしのぶん ぶたのぶん

しんでくれたいきもののぶん

ぜんぶ




野菜といつしょに元気を届けたい

ひろせファーム公式ホームページ

参考になりましたら ポチッお願いいたします!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 農園・農場へ
にほんブログ村



衝撃とある農法より・・






Last updated  2018.02.23 15:31:36
2018.02.11
カテゴリ:本まに好きやねん
息子も 小学校で歴史の勉強をしています。



楽しくなさそう・・・・



ノートにとらないように

と 前置きした上で


自民党がどうだとか・・・・

これは論外だとおもうのですが。。。。。。。。。。

戦前戦中 日本人は悪いことをしてきたとか・・・・

いわゆる 自虐史観!?

そこを強調して 子供たちに伝えているようで。。。


それよりも

もっと

もっと  歴史の楽しさを伝えてほしい。


子供達に

歴史の楽しさを伝えること。。。

非常に難しいことなのかもしれない

でも それが プロとしての 醍醐味でもあり

プロの仕事だと思うのですが。。。



そんな時

ふと  司馬遼太郎 の この文章を思い出しまして​。。。。



21世紀に生きる君たちへ(司馬遼太郎)

(平成元年「小学校国語六年下」大阪書籍)

私は、歴史小説を書いてきた。もともと歴史が好きなのである。
両親を愛するようにして、歴史を愛している。
歴史とはなんでしょう、と聞かれるとき、
「それは、大きな世界です。かって存在した何億という人生が
そこにつめこまれている世界なのです。」と、答えることにしている。

私には、幸い、この世にたくさんのすばらしい友人がいる。
歴史のなかにもいる。そこには、この世では求めがたいほどに
すばらしい人たちがいて、私の日常を、はげましたり、なぐさ
めたりしてくれているのである。

だから、私は少なくとも2千年以上の時間の中を、生きてい
るようなものだと思っている。この楽しさは --- もし君たち
さえそう望むなら --- おすそ分けしてあげたいほどである。
ただ、さびしく思うことがある。

私がもっていなくて、君たちだけが持っている大きなものがある。
未来というものである。
私の人生は、すでに持ち時間が少ない。例えば、二十一世紀
というものを見ることができないにちがいない。
君たちは、ちがう。
二十一世紀をたっぷり見ることができるばかりか、そのかがや
かしいにない手でもある。
もし、「未来」という街角で、私が君たちを呼び止めることが
できたら、どんなにいいだろう。
「田中くん、ちょっとうかがいますが、あなたが今歩いている、
二十一世紀とは、どんな世の中でしょう。」
そのように質問して、君たちに教えてもらいたいのだが、た
だ残念にも、その「未来」という街角には、私はもういない。
だから、君たちと話ができるのは、今のうちだということである。

私は、人という文字を見るとき、しばしば感動する。ななめ
の画がたがいに支え合って、構成されているのである。
そのことでも分かるように、人間は、社会をつくって生きて
いる。社会とは、支え合う仕組みということである。
原始時代の社会は小さかった。家族を中心とした社会だった。
それがしだいに大きな社会になり、今は、国家と世界という社
会をつくり、たがいに助け合いながら生きているのである。自
然物としての人間は、決して孤立して生きられるようにはつく
られていない。
このため、助け合う、ということが、人間にとって、大きな
道徳になっている。
助け合うという気持ちや行動のもとは、いたわりという感情
である。

他人の痛みを感じることと言ってもいい。
やさしさと言いかえてもいい。
「やさしさ」
「おもいやり」
「いたわり」
「他人の痛みを感じること」
みな似たような言葉である。
これらの言葉は、もともと一つの根から出ている。
根といっても、本能ではない。だから、私たちは訓練をして
それを身につけねばならない。
その訓練とは、簡単なことだ。例えば、友達がころぶ。ああ
痛かったろうな、と感じる気持ちを、そのつど自分でつくりあ
げていきさえすればよい。
この根っこの感情が、自己の中でしっかり根づいていけば、
他民族へのいたわりという気持ちもわき出てくる。
君たちさえ、そういう自己をつくっていけば、二十一世紀は
人類が仲良しで暮らせる時代になるにちがいない。
鎌倉時代の武士たちは、「たのもしさ」ということを、大切に
してきた。人間は、いつの時代でもたのもしい人格をもたねば
ならない。男女とも、たのもしくない人格に魅力を感じないの
である。

もういちど繰り返そう。さきに私は自己を確立せよ、と言っ
た。自分には厳しく、あいてにはやさしく、とも言った。それ
らを訓練せよ、とも言った。それらを訓練することで、自己が
確立されていく。そして、”たのもしい君たち”になっていく。
以上のことは、いつの時代になっても、人間が生きていくう
えで、欠かすことができない心がまえというものである。
君たち。君たちはつねに晴れ上がった空のように、たかだかと
した心を持たねばならない。

同時に、ずっしりとたくましい足どりで、大地をふみしめつ
つ歩かねばならない。私は、君たちの心の中の最も美しいもの
を見続けながら、以上のことを書いた。
書き終わって、君たちの未来が、真夏の太陽のようにかがや
いているように感じた。





鹿児島 霧島ホテル 温泉へつづく 渡り廊下より


 

野菜といつしょに元気を届けたい

ひろせファーム公式ホームページ



​​






Last updated  2018.02.22 13:38:57
2017.10.20
カテゴリ:本まに好きやねん
獅子は我が子をわざと谷底につきおとす。

はげしい気迫である。きびしい仕打ちである。

だが そのきびしさのなかで、幼い獅子は決してへこたれない。

必死である。真剣である。

そして、いくたびかころび落ちながらも

一歩一歩谷底からはい上がる。

はい上がる中で、はじめて自立を会得する。

他に依存せず、みずからの力で歩むことの大事さを、

みずからの身体でさとる。

つまり自得するのではある。

そこから獅子本来のたくましさが芽生えてくる。


自得するには、きびしさがいる。勇気がいる。

ときには泣き出したいような、途方にくれるようなこともあるだろう。

泣くもよし。

嘆くもよし。

しかし 次の瞬間には、新たな勇気を生み出さねばならない。


きびしさこそ、自得への第一歩ではないか。

たくましい自立への道を、みずからさとる貴重な道しるべではないか


勇気を出そう。

元気を出そう。


激動する世界の中で、日本の国も容易でない。

だから 、おたがい、一人ひとりも、決して容易でない。



自得へのきびしい日々を覚悟したいものである。


松下幸之助著

「PHP道をひらく」 より






Last updated  2017.10.20 12:33:11
2016.02.22
カテゴリ:本まに好きやねん
201602222315_8326_iphone.jpg

いい意味で

がっかりした作品である。



ゆるキャラ

仏像ブーム

吉本新喜劇ギャク100連発


さまざまな

ブームの仕掛人

みうらじゅん


最新作品

「ない仕事」の作り方






みうらじゅんは

どうやって

飯を食っているのか?

私の中で 謎であった。



どうして

新たなる価値観をこの世に

送り出せるのか?

私の中で 謎であった。




この作品は

その「謎」が惜しみもなく語られているのである。



そう

いい意味で

がっかりした理由


それは



真面目








みうらじゅん曰く

「いつもふざけてる人がたまに

真面目なことやるんじゃなくて、

真面目な人が真剣にふざけたことを

やらないとダメ」。


これが核心なのである。



「ない仕事」の作り方


みうらじゅんは

風が吹かないところに

どうやって風を送り込むのか?





誰も振り向かないような価値観

それを

どうやって

ブームにしていくのか?




みうらじゅん 

「一人電通」式

仕事術




職場に家庭に

新鮮な風を吹かせたい貴方に



毎日

楽しいことがないと嘆く貴方に



ぜひ!!



そもそも自分の考えなんて、鼻くそみたいなもんです

by みうらじゅん


ベルメゾンネット


カテゴリーの名称変更しました!!


野菜といっしょに元気を届けたい

ひろせファーム公式ホームページ



















Last updated  2016.02.22 23:27:14
2015.12.31
カテゴリ:本まに好きやねん
新しい年が始まりました。



去年は、

どんな人でしたか?



去年は、

何をしていましたか?



きっと、他人は、去年までのあなたを見て、

あなたを判断

しようとするかもしれませんね。



けれど、あなたまで、

そういう見方で

あなたを

見るのですか?




あなたは新しい。



今日から

新しいあなたです。



今日から

新しい私です。




さあ

新年が始まりました!






「今」

「ここ」

「この瞬間」

丁寧に真剣に



「今」

「ここ」

「この瞬間」を

強烈なスポットライトを照らして

過去、未来が見えないぐらいに



いつか

あなたが

なりたい

あなたに

なるために



いつか

私が

なりたい

私に

なるために




「今」

「ここ」

「この瞬間」

それだけ

それだけでいい



by 嫌われる勇気
  自己啓発の源流「アドラー」の教え
  岸見一朗 古賀史健 著



さあ

今年は

「今」

「ここ」

「この瞬間」を

大切にしていこうと思っています。



さあ

皆様

「おうーー!!」と雄叫びをあげ

拳を転高く突き上げてください!

さあ 行きます!!



「行くぞー!!!」


皆様


「・・・・・・」



どうしてですか?

「今」「ここ」「この瞬間」ですよ!

もう一度行きます!!



「行くぞお----」

皆様

「・・・・・・」






新年のご挨拶

ひろせファームの公式ホームページで掲載しております!

ご覧いただければ幸いです。

野菜といっしょに元気を届けたい

ひろせファーム公式ホームページ


私も真面目な文章書けるのですよ!!

今年も

ひろせファーム代表の

アホブログ

よろしくお願いいたします!!





こちらでの
新年の挨拶は数式で!

w + ln |N| = ln |ap2H + eaR| + ln |y|
を計算すると・・・・

w = ln |ap2H + eaR| + ln |y| - ln |N|

w = ln |ap2H + eaR| + ln |y|/|N|

w = ln | ( ap2H + eaR) y/N |

( ap2H + eaR) y/N = ew

( ap2H + e aR ) y = New

Happy = New - yeaR

Happy New Year!



さあ 2016年が始まりました!!

おやすみないさいませ。








Last updated  2016.02.22 21:38:35

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR

Free Space

Category

Freepage List

Archives

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.