24783799 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。


 *** 読者のみなさまの おかげで ***

* すずひのブログが 1冊の本に なりました *


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村














































カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2017.01.04
XML
カテゴリ:ミニマリスト家族



もうダメだ。 もう、飽きた。 日本の味から・・・ わたしはもう、離れたいー。
お出しや お醤油、鰹、昆布の風味、お味噌などなど・・・
それらの味。ふだんは好きな「和」の味から さすがに遠く離れたくなるのが 4日。


三が日が明けたなら・・・こういうものを欲します。 味覚 嗅覚 視覚 の、すべてが!





オリーブオイルとか バジルとか、ブイヨンとか トマトソースとか チーズとかガーリックとか
そういう香りに脳や舌が喜び・・・
胃袋と口は「米」や「餅」や「うどん」以外の穀類を求めます。 ああ 愛してるよ、 パン~。 








昔は、わたしは、日頃の暮らしのありがたさや、傍にいてくれる2人の家族(お父さん・塩息子)に対し、全く「感謝」のできない人間でした。 

自分ばっかりが何かいっつも忙しくて、家族はわたしばっかりに用事を言いつける。
イライライライラしてばかり。お正月やお盆など、家族が長期のお休みの時は 尚のこと。


お正月なのに自分だけが家事に「炊事」に翻弄されることが不公平な気がして、やたらと外食を要求したり、そうでなければ「ぶーっ」とした不機嫌な顔で台所に立つような・・・ 
わたしは、ものすごく嫌な お母さんだったのです。


そんなお母さんが、家族から 愛されるわけ・・・・ ありませんよね。


うまくいかない。ぜんぜん幸せを感じない。感謝なんて、とてもじゃないけど できない。
もう、毎日ムカついてしょうがない。  わたしは、悪くない!
運気、上げたい。 家族に・・・ 周りの人に 変わってもらいたい!!!!!!


という(わがままな)思いと、「金運目当て」という最低な動機からはじめた「トイレ掃除」。
10年前から始めた 超・トイレ掃除。

  ※ 本気の「トイレ掃除」を始め 10年。1日も休んでいません!の話 ↓
 その1   http://plaza.rakuten.co.jp/0212minimalist/diary/201608120000/
 その2   http://plaza.rakuten.co.jp/0212minimalist/diary/201610260000/


わたしのことをちっとも大切にしてくれない! だれも敬ってくれない!!!
そんな「周り」を変えたくて始めたのに・・・ 変わったのは そんな「周り」ではなく


「わたし」でした。  わたし自身でした。



イライラして、こき使われている気しかしなくて「わたしだってちょっとくらい休ませてよ!」と怒って文句言って、外食ばっかりしていたころの「お正月」は・・・


年末、そして3が日が過ぎたころ・・・ 胃も、肌も、懐(財布の中身)も、なんか ボロボロ。 よれよれの、へろへろの、すっからかんでした。


外食のご馳走はとてもおいしいですけれど、それが続くと・・・すごく胃がつかれますよね。
いったいそれは、何故なのでしょうか。

味付けが濃かったり、油を多く使っていたり、ボリュームがありすぎたり、
そういうことで胃に負担がかかるのは もちろんそうなのですが、

外食のお料理が、ひとの胃を、体を、肌を、もしかしたら心をも疲れさす1番の理由・・・

それは、外食における全てのお料理というのは「仕事」によって作られたお料理だから。
賃金や対価の発生する「労働力」によってつくられた食べ物、だから。


家族を思っての「愛情」で「無償」で作られる家庭料理との、大きな、埋められない違い。
上手・下手・美味しい・不味い、という腕前などとは・・・全く別の話。


作る人の気持ちの源(みなもと)が・・・「仕事か」「愛情か」の違い、なのだ。



なにかのコラムでこのようなことが書いてあり・・・ ハッとしました。
ああ、そうだったのか。 そうだな、本当にその通りだなぁ、と 心に沁みました。


今年のお正月、外食をしたのは 1回だけ。 母を交えてのお寿司。江戸前寿司。


あとは、朝昼晩、朝昼晩、毎日 家庭料理を作りました。笑顔でお料理を作りました。


だから、超・胃袋快調! 体調万全!  家族全員、食欲、いつもどおり!
わたしは パンが・・・パンが、もう、旨い!!(泣)



お正月気分のすっかり抜けた 1月末~2月はじめころ・・・

「お母さん、お正月 毎日ご飯つくるの1人で頑張ってくれたから・・・週末は、どこかになにか美味しいモノ、食べに行こう!なにが食べたい?」


お父さんが たいてい、毎年、そう言ってくれる。 


塩息子は 傍で黙って それを聞いている。


ありがとう。 お父さんに感謝。 息子に感謝。


こんなお母さんを大切に思ってくれる「家族」に・・・ わたしは、ただただ 感謝。








昨日(1/3)すずひを応援くださいました「257名」のみなさま、ありがとうございました。
「にほんブログ村・ミニマリスト」に参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村





↓ 昨年使っていたのは、このエプロン。乾きやすく、軽い、よいエプロンでした。





↓ 舛田光洋さんの「そうじ力」。 これこそ わたしがもっとも読み込んだ・・・掃除本。









最終更新日  2017.01.04 20:05:40
[ミニマリスト家族] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.