6480702 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
わたしのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 少ない持ちモノになっていたい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村









Francfranc ONLINE SHOP (フランフラン オンライン ショップ)【PC・携帯共通】














ほしいものリスト

カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2017.09.13
XML
カテゴリ:ミニマルに暮らす
今まで、とくに言及したことはなかったですが、わたしは「専業主婦」です。それも生粋の。
結婚した当初は、好きだったアパレルのお店でちょっとだけアルバイトをしましたが、
これはわたしの夢見てた生活と違う、と気付き、半年ほど働いて退職しました。




 きのうは、パンの買い出しの日。お父さんがおつかいに行ってくれました。



幼少期~学生、そして社会人。人生を歩む中で、わたしの「将来の夢」は、一貫していました。

「専業主婦になること」。

それ以下でもなく、それ以上でもなく、一筋。 他に夢が無かったから、という訳ではなくて、
わたしは超・真剣に目指していました。 将来「専業主婦」になるのだ、ということ、を。




 ずらずらー。幸せな眺め。 小分け冷凍して、これをほぼ5日ほどで平らげます。



無駄のない道を効率よく歩んだね、と感心されたことがあります。進路の話をしたときです。
学校選びも、学科選択も、そもそも「勉強量」も・・・多すぎず、少なすぎず、無駄がない、と。

中学校では、成績は「中の中」でした。これ以上まともに勉強すると、地元の進学校に入れられてしまう、とわかっていたからです。
わたしには行きたい高校がありましたので、その高校の偏差値を基準に勉強していました。

予定通り、希望の高校に合格しました。
高校に入学してからは、このくらいの成績を保っておけば、あの大学に指定校推薦がもらえるな、という成績を、一貫してキープ。
クラス40人の順位で、1位では、良すぎる。逆に行けない。10位では、ちょっと届かない。

だから「4位」。4位をずっとキープ。狙い通り推薦をもらい、ラクラクに大学に進みました。

ひっしこいて勉強したことが、わたしは、1度もないのです。 そこそこやってきたのです。


わたしのなかで、それらを決定づける基準のすべては、将来「専業主婦」になれるかどうか。
1度もぶれたことがありません。他の何かになりたい、と思ったことは、只の一度もないのです。

最短距離で「専業主婦」になれるスキル・スペックだけを身に着けたい。
必要以上の勉強は、だから、決して しない(笑)  
専業主婦への道の行く手を阻むことになりそうな専門的な勉強・仕事にはいっさい見向きもせず、
ほどほどの勉強、ほどほどの学歴、ほどほどの職歴。全てを「ほどほど」に とどめる、技(笑)


なんだそれ、つまんない人生!って・・・・ わたしを 笑いますか? 


夢を叶えた。
笑われてしまうのかもしれませんが、わたしは確実に夢を叶え、掴んだ、と 今、思っています。

学生時代の卒業文集などには、その時その時で、適当な「将来の夢」を語っておきましたが、
あんなの全部、嘘です。真っ赤な嘘 (笑) 先生や親が喜びそうなことを、適当に書きました。




 この分量、いえ「パン量」ですと、やはりこの「買い出しかご」が 頼もしい!


なにかの経済誌を読んでいたときに、
これは、もしやわたしのことではないだろうか!?と思うような記事を見つけました。

専業主婦になりたいなら、なるだけ早い段階から「専業主婦だけ」を目指しなさい、という記事。

血迷って、よけいなスキルや学問、専門的技術を頑張って習得してしまうと、せっかく費やした
お金や勉強時間が、場合によってはかえって無駄になってしまうよ、と。
専業主婦への道が、むしろ絶たれることになる可能性があるよ、と。
この人は、結婚後もバリバリ働くひとなんだろうな、と 周りから思われてしまうよ。結果、
そういう女性を好きな男性と出会ってしまい、そういう結婚生活になってしまうかもよ、と。




 今朝は、週で最もパンが豊かな日 (笑) お父さんには、超・もりもりの 盛り合わせ!



婚活と社会問題?かなにかとなぞらえたような記事だったかと記憶してます。
プロフィール欄に「専業主婦希望」とあった女性が、かなり社会的に重要なポストに就くような
、バリバリのキャリアを積んでいて・・・
その方の場合、「キャリア」のために、なぜか「専業主婦」が遠のいてしまう。 
キャリアが 専業主婦になりたい、という夢の いつもいつも邪魔をするのだ、と。




 おいしいパンには 美味しいバターを! 最近は「カルピスバター」が 好きです!





そんなことって・・・ せっかく勉強して、ものすごく頑張って、仕事でも男性陣に負けじと
歯を食いしばり、重要な、すごい 責任あるポストに就いて、任されて・・・

これまでの、長きにわたる たゆまぬ努力が実った、まさに「大成功」の、素晴らしい人生なのに・・・そのせいで、逆に「専業主婦」になれない、だなんて。


じゃあ、どうすればよかったのか。 どうすれば 彼女は「専業主婦」になれたのか。
どんなふうな道をたどれば専業主婦への「最短距離」だったのか、をその女性に向けて詳しく説明したくだりが・・・・


まさに わたしの歩いてきた道、選んできた方法そのものだった、って言う・・・(笑)




 今日は快晴! オキシ日和! 初めての「バスタオル・オキシ漬け」に挑むのです!







知らず知らずだった。
そりゃあ、「専業主婦」になる、という絶対的な夢・目標はあったけれど、だれかに相談することもなかったし、人生の岐路においてその都度自分で選んできたあんなこと、こんなことが・・・ 

あなたのやってきたこと、大正解だったよ、と プロからの「お墨付き」をもらえた気がした。
それこそが「ミニマル」で「最短」な、教科書のような「専業主婦への道」だったんですよ、と。




白もの、大集結!バスタオル、タオル、お父さん・息子のTシャツ・・・ まっ白に、なるかな?




専業主婦で、1日中家にいるなんて、暇じゃない? 1日なにをしているの? って、
息子が小学生のころでしょうか、パートのお仕事をしている友人から バカにしたように言われたことがあります。


1日中、家のこと 色々してるよ。 暇だと感じることは、少ないよ。



これは、本当に正直な気持ち。 家のこと、あれこれしていると、あっという間に1日が過ぎる。


いま、こうしてブログをしたためている間に、大量のバスタオルは、オキシに浸かってる。
そろそろ時間かな?  真っ白くなってるかな? 見に行ってみようかな?


こんなことが、毎日の「家のこと」が、わたしは、本当に楽しい。 夢中になってしまう。

「専業主婦になる」という・・・夢。  叶ったなあ・・・って、そんな時、いつも思う。


わたしの、小さな、いえ大きな?唯一の「夢」を叶えてくれたお父さん・・・ありがとうね。




↓ にほんブログ村・ミニマリストランキングに参加しています。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村






最終更新日  2017.09.13 12:19:34

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.