7127268 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
わたしのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 少ない持ちモノになっていたい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村









Francfranc ONLINE SHOP (フランフラン オンライン ショップ)【PC・携帯共通】















ほしいものリスト

カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2017.10.13
XML
ほら、寒い。 めっちゃ寒い。 
おとといは、暑くて暑くてエアコンまで稼働したっていうのに、なにこれ、今日の寒さ。
秋通り越して、冬の空色。 冬物の似合う冷たい空気と、低く曇った空の色。


これだから怖いのよ。 「秋物」の服を買うのは。 
たくさん服を捨てた時、1度も着ることなく手放すことになった「けっこう高かった服」。
その服の山の中に「チーム秋物」が、なんと多かったことか。 ああ、思い出すのも嘆かわしい。



さて。


今朝のパンです。 今日は美味しいランチに連れて行ってもらえる(嬉!)ので、少なめです。
「じゃこのパン」です。








パンに、「じゃこ」をのせるなんて。  賛否が分かれるところかと思います。
わたしも、昔々は こんなことしてみようとは 露ほども思いませんでした。
だって、じゃこは、「ご飯のおとも」ですよ。


では何故こうして今、すずひはパンにじゃこをのっけているのか。 


それは、明らかに「雅姫さん」の影響です。 
モデルであり、レディース&キッズ服ブランド「ハグオーワー」のデザイナーでもある
美しい雅姫さんが、ずっと昔から、わたしは大好きです。
雅姫さんのお作りになる美味しそうなお料理。
中でも、いつも素敵な「朝食」と「お弁当」が・・・ 特に、特に 好きなのです。




ちょっとやっぱり足らなくて、そのあと「プラムのタルト」も食べました (笑)



雅姫さんのような暮らしに憧れて、かつて、沢山の散財をしました。 
服も、靴も、食器、かごバッグも、インテリア雑貨も、アンティークやブロカントな雑貨も。


雅姫さんのようになりたかったんですよね。 あんな素敵な生活をしてみたかった。ものすごく。


多くのモノや服を持たないミニマリストになった今も・・・やっぱり彼女のことが大好きです。
けれど、もう、雅姫さんになりたい、とは 今は、思わない。 (もともと、なれない)


どっちかといえば、今は、わたしは 雅姫さんちの「犬」になりたい。 
雅姫さんのお飼いになっている3匹の犬のうちの いづれか(笑) できれば「もぐちゃん」。


昔は 雅姫さんになりたかったのですが、よくよく考えると、雅姫さんになったのでは色々と大変過ぎる。彼女はあまりにも美しく、そして忙しい。あんな美と才能とパワーを発揮しつづけることは至難の業だ。  従って・・・わたしには 無理だ。 ← 当たり前 

じゃあ、娘さんになるのはどうだ。 とってもとってもかわいい、雅姫さんの娘さん。
雅姫さんが「自分のお母さん」だなんて、それこそ 最&高ではないか。 
そうだ、わたしは 雅姫さんご本人ではなくて、雅姫さんちの「子」だ。「子」になりたい!

ところがどうして、娘さんもまた、とても努力家な、才能あふれる素晴らしいお嬢さんなのです。
あああああ「努力家」かぁ・・・・これは、すずひの人生とは対極にある言葉です。資質です。
          (どう対極なのか、という証拠の記事は、こちら →   )

じゃあ、娘さんになるのも やーめよ。  無理だ。   努力は、なにより苦手だ。


そんなこんなな情けない思考の果てにたどり着いたのが「雅姫さんちの犬になりたい」です(笑)
イヌなら、わたしにも どうにか務まるのではなかろうか。  
イタズラしないで、いい子で、家族のみなさんを癒し、そして かわいく甘えて見せるぞ!




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

a Table 雅姫のテーブル12カ月 [ 雅姫 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/10/13時点)







息子がまだ幼いころ、幼稚園や小学校低学年のころ・・・
沢山の「ママ友」ができました。 わたしの人生において、最もママ友活動が盛んな時期でした。




雅姫さんの世界に憧れて・・・家中を、いっぱい いっぱい飾ってました。



その中に、底抜けに明るい、太陽のような Kちゃんというお友達がいて・・・
彼女は、わたしが手料理をふるまったり、手作りおやつを持参したりすると、ことあるごとに
「あー、すずひちゃん家の子になりたいー」と言っては、たいそう わたしを喜ばせてくれました。

実際に「すずひちゃん家の子」である塩息子に訊いたらば「やめとけ。それは、やめとけ。」と、
低い低ーいあの声で、Kちゃんは、静かに諭されることとなるでしょうが (笑)


わたしのブログを読んでいてくださる方々は・・・
わたしが過去これまでどんな強烈なお母さんで、こうして今、息子からすっかり嫌われてしまったのだよ、いうことを良く良くご存じの読者のみなさまは・・・
きっと誰一人として、わたしのウチの子になりたいなどとは、お思いにはならないことでしょう。
「すずひのウチの子だけには決してなりたくない!」と、憤っておいでのことと思います。(笑)


わたし、変わったなあと思うのです。


昔は、なんだか分からないけれど、ただただ周りの不特定多数にたいして、自分が、何もかもうまく行っているように、順風満帆なように見られたかった。
悩んだり、失敗したり、苦しんだり、泣いたり そういうところを知られることが 怖かった。


傍(はた)から「幸せそう」に、見られたかった。


そういうブログだったら・・・きっと、しんどくて、続けられなかったよなあ、って 思います。


そりゃあ、「この人、不幸そう。」や「可哀想。不憫だわ。」と思われるよりは「幸せそう」って見られたほうが たしかに嬉しいけれど
もう、そういうことは 今のわたしにとってさほど重要ではない、というか・・・

そのままを知ってもらえることの方が、ここでみなさんに話せるほうが、幸せだと感じる。

わたしの暮らしをここで垣間見て・・・
ああ、この人は幸せそうだな、と思われるのも、 なんて哀れなんだ、と思われるのも・・・
どちらも同じように価値がある。読者さまの、それぞれの感受性の数だけ、感じ方がある。


ハッピーライフを捏造するような、嘘っぽい空々しいブログにだけは、したくない。


毎日の、本当のことを綴れる この場所をいただけていることが・・・ 今 わたしは、幸せです。





↓ にほんブログ村・ミニマリストランキングに参加しています。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村





↓ わたしと塩息子の掛け布団は、こちらの「mofua」。去年に続いてのリピートです。
  日用品と同じで、布団も「定番」を見つけると、買い替えがとっても楽だ、と気付きました。





↓ お父さんが「た、食べたい・・・」と 瞳を潤ませていたので、買ってみました。
  わたしは残念ながら「もつ」を食べられないので・・・ ニラだけ食べよ(笑)





     






最終更新日  2017.10.14 12:40:34

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.