8173736 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
わたしのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 少ない持ちモノになっていたい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村









Francfranc ONLINE SHOP (フランフラン オンライン ショップ)【PC・携帯共通】

















ほしいものリスト

カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2017.11.11
XML
カテゴリ:ミニマリスト家族
昨日、気付いたんです。
突然に、急に、改めて、ハッとしたんです。

自分の子どもに嫌われるのって・・・本当にツラいなあ、キツイなあ、って。





チョコレート味のパンに1番合うのは、バターじゃありません。 「バナナ」です!





わたしは今、46歳です。 それでも、キツい。
こうして「ブログ」があり、ミニマリストお父さんが居たり、読者の皆さまが居て下さったり。

それでもキツイし、反抗期に慣れたと言っても それは正直「強がり」でしかなく・・・
2年半経った今も 全く慣れていないし、本当は 傷ついているし、とても悲しい。





これでもか!とぎっしり並べるのが美味しい食べ方! バナナは焼かない方が美味しいよ ♪





じゃあ、自分はどうなんだ、と 思いました。
いったい自分は何年間 母を嫌っているんだ、と。 今、たった1人で暮らしている77歳の母を。
どんなにキツイか。どんなに寂しいか。だって、母は1人きり。雑務で気が紛れることも、ない。


塩息子の反抗期。 
「自分」と「息子」との関係でしか これまで捉えたことがなかったのだけれど・・・

 視点を変えてみたら・・・

「子から嫌われる悲しさ」というのを、その切なさや、淋しさや、やるせなさを・・・
この反抗期を通して、塩息子は、この「無知」な わたしに 教えてくれているのかもしれない。


母を、無条件に好きなることは、わたしには、どうしても、もう、難しい。 
けれど、母に「感謝」をしているのは確か。 
紛うことなき本当の気持ち。嘘のない、本当の気持ち。 産んでくれたこと。育ててくれたこと。




 タコさんウインナーを すみっこに そっと添えて(笑)





昨日、この お野菜と お米を 母に送った。
誕生日でも、敬老の日でも、母の日でもないけれど・・・ 一人暮らしの母を想って、送った。
重たいモノを自分で買うのは、大変だろう、と。 野菜、食べているかな、と。






母のことばっかり責めているけれど、自分が「完璧な子」だったか、と言えば、全く違う。
期待はずれでガッカリもさせただろう。 姉のような、もっと賢くて美しい子が良かっただろう。

そういうこと棚に上げて、自分を愛してくれ、って・・・ わたしは、ずいぶんと厚かましいな。
親が子を愛するのは当たり前、って・・・どこかでそう思っているんだ。 傲慢だな。
好き嫌いは、誰にだって ある。 親子にだって、きっとそれは、あるんだよ。


息子が、修学旅行の、長崎のお土産を買ってきてくれて、本当にうれしかった。
わたしのことなど心底大嫌いだろうに、ああ、優しい子だな・・・と。
そう、彼は、わたしには勿体ないくらい、本当に優しい子なんだ。
長い間 反抗されていると・・・ そんな大切なことさえも 忘れてしまいそうになる。 
どこまでダメなお母さんなんだろう、わたしは。


彼が気難しいのではなく、わたしがダメ母過ぎたから、これまでの仕打ちでこうなっているんだ。


だから、というわけではない。 
母に優しくすれば 因果や引き寄せや見えない力で わたしも息子から優しくしてもらえるのかな、という 打算ではない。(多分ね・笑)


〇〇の日、だから。 母に何かしておかないと 娘として体裁が悪い。 格好がつかない。
そういう思いでしか、これまで、母に わたしは贈り物をしてこなかった。


初めて、そうじゃなくって・・・ お母さん、大丈夫かな、元気でいてほしいな。
そんな気持ちで、この「新米」と「お野菜」を 母に、無性に贈りたくなった。
モノを贈るより、10分でも15分でも 会って話すほうがきっと遥かにいいのに違いない。
けれど、それが、なかなか。会うのは15分でも、感情の立て直しに丸一日かかるから、ね。

岡山の、この新鮮なお野菜と新米の詰め合わせを、だから、心を込めて、母に贈ろう。
自分が食べてみて、とっても美味しかったから。「母にも食べさせたいな」と 思ったから。
いつもありがとう。元気でいてほしいな、と 思ったから。


わたし、どうした。 大丈夫か!?    あした 死ぬのかな(笑)?!?!?



わ! また 全然 短いブログじゃなくなっちゃった!  ごめんなさい!
感情や心の機微や琴線も・・・もう少しだけ「ミニマル」になれたら 楽なのに、な (´;ω;`)




↓ にほんブログ村・ミニマリストランキングに参加しています。いつもありがとうございます。
      ( 6年生頃かな。 真ん中の写真なー。そんな嫌な顔せんでもー。 笑 )

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村






最終更新日  2017.11.11 10:25:15
[ミニマリスト家族] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.