14525308 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
わたしのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 少ない持ちモノになっていたい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村
































ほしいものリスト

カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2018.01.12
XML
個人のブログなのだから、よほど反社会的なこと以外は 自由に書くことが許されていてほしい。
個人ブログたるもの、そうあるべきだ!と 思いながらも 
意見の真っ二つに分かれそうな・・・真逆のお考えをお持ちの方から強い反発喰らいそうなことを書くとき、書こうと思う時、というのは・・・ とても怖いものです。

これは、ブロガーさんなら きっと一度は感じたことのあるお気持ちなのではないでしょうか。





「どうして買わないの?おかーさん買うべきだよ?」と家族から背中を押してもらいました。








万人受けを狙うような、ただただ平和で無害でほのぼのしたブログをひたすら書け、と言われたなら、それも多分 わたしは書けるのです。
けれど、続けるの すぐに嫌になるだろうな。 そんな制約が もしもあったら。

内容が嫌なら読まなければいい。 

よくそんな風にいわれますが、これって、意外と無理です。これは、難しい。 
とあるブログを読んで「うわ、これは合わないぞ。無理!苦手!」と 途中で気付いても・・・

ついつい、読んでしまいません?  ムカつきながら、最後まで (笑)


その記事をよんで、ムカつくか、ムカつかないか。
これって、発信者側の責、内容云々というよりは・・・もはや 恐らく「好き」「嫌い」の世界。
結審は読者さまの側のお気持ちひとつに懸かっているのだ、と わたしは いつも思っています。


好意的に読むか、敵意的に読むか。の いづれか。  (書いてて、怖いー・震)


発信する側からは、もはや どうすることもできない部分が大きいのでしょう。
書くときは、だから、「覚悟」をして、書いています。



こんな前置きして、きょうはまた すずひは何を言い出すのか。 ああ、怖い、怖いよー(笑)





これが届いて喜ぶわたしを見て・・・ もっと喜んだのは、おとーさんでした。





そんな怖いことは話しません。 大丈夫です。

この種のお話は・・・ 意見の異なる人同士では永遠に「平行線」です。交わることは、ない。

人間関係の断捨離、の お話。

わかる、わかるよ。と 思って下さる方がいて下さったらいいなあ。 願いを込めて、書きます。



以前、「フレネミー(友達の顔をした敵)」に関する記事や この日の日記 にも書きました。

わたしは 「友達の 友達は、わたしの友達ではない。」 このスタンスで 生きています。


ずっと昔からそうだったわけではありません。 ある時期 ある出来事以降、そうなりました。

昔はね、 社交性 大爆発! 幅広いお付き合い万歳!

 人が大好き!! バーべキューも大好き! みんなみんな大好きキャー!!!

みたいな時期も、このすずひにも、ちゃんと あったんですよ。  (気持ち悪い?)

めっちゃ得意だったし、平気だったんですよ。 誰とでも仲良くする、ということが。



では、なぜ それをできなくなったのか。



簡潔に申し上げれば・・・・ 「ものすごく怖い目に遭った。」 



誰からも好かれる、ということを理由に、憎まれたことが、 みなさまには、ありますか?

別にどっこも悪くない。むしろ良い人。けれど そこがムカつく。気に入らない。 という理由。



わたしは、どうすれば、よかったんでしょうか。



ストーカーまがいの、犯罪まがいの嫌がらせをうけ・・・人間が怖くなり、外出が怖くなり、
ノイローゼ気味になりました。
その時のわたしを守ってくれたのは・・・数少ない「本当の友達」と、お父さん、でした。


そういうことをしてきた人は・・・思えば みな、そう。 「友達の友達」、だった。


それに付随し、「家族ぐるみのお付き合い」、というのも わたしには それ以来「恐怖」です。

友達の旦那さん、というのもまた、「友達の友達」に近い・・・ 微妙な関係性、がある。
友達とは気が合っても、その旦那さんとまで気が合うとは決して限らないのです(合う人も、もちろんいるよ)。

そして。


もっと大変なのは 「旦那さん同士」です。  わたしの旦那さんと、友達の旦那さん。

これはもう、明らかに「無茶」でしょう。 
おかーさん同士が勝手に仲良くなって、旦那同士も だから今日から友達になれ!!って・・・・ねぇ。  これは、拷問なのかな?   逆だったら、死ぬわ。


そういう 無茶は、もう しない。 と 或る時 心に決めました。「決心」したんです。

おとーさんに、無茶をさせたこともあった。 
わたしの無知と若気の至りと「わがまま」で・・・本当に申し訳なかった、と 今も悔やんでいます。





ずっとWindowsユーザーだったわたし。ちゃんと使いこなせるのか 不安です (´;ω;`)ウゥゥ






大人になってからも、
まるで子供の頃のように純粋で、人付き合いに対する気持ちが「健やか」な人を見ると・・・ 

うらやましさ と 同時に・・・  恐怖を 感じてしまいます。


これまで「怖ろしい目」「ひどい目」にあったことは ないのですか・・・? と 小声で訊きたくなってしまう。


いや、それは ちがうのかな。


たとえ過去にどんな怖ろしい、ひどい、理不尽な悲しい目に遭ったとしても・・・ 
また もういちど人を信じ、もういちど愛せるパワーを持ち備えた、心の強い人、なのかな。


わたしは、楽になりました。苦手な「人付き合い」を断捨離し・・・ 人生が輝きだしました。


誰とでも仲良くせよ。 人の良いところにスポットを当てよ。 友達は多い方いい。


みんな、正しいと思う。 その通りだ、と思う。



けれど、その「正しさの呪縛」を 勇気を出して 捨てて・・・

こんなに「楽」に、ようやく自分らしく生きられるようになったわたしがいることも、事実。
本当に大切な友達だけとの友情を ゆっくりと育むことができるようになったことも、事実。


きのう「たいせつな友達」と とても何気ない優しい時間を過ごして・・・心から、そう感じた。


人付き合いは・・・ いま、わたしにとって、難しくない。 怖いものでも ない。


少ないけれど、とても豊かで・・・ 
心から有り難く、かけがえなく  そして「楽しい」もの、と なっています。





↓ にほんブログ村・ミニマリストランキングに参加しています。
  読みながら、そんなことないっ!すずひ間違ってる!って思った方・・・ ごめんなさい。
  いつかまた変わる日も来るかもしれない。来ないかもしれない。今のわたしの気持ち、です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村






最終更新日  2018.01.12 19:06:45

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.