17112194 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
わたしのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 少ない持ちモノになっていたい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村






























ほしいものリスト

カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2018.01.15
XML
わたしのウチにある 2つの「工具箱」。 無印良品の、スチール工具箱。









一つには、マスク。  そして もう一つには、もう みなさまご存知、少ない化粧品が。








スチール工具箱1/約幅20×奥行11×高さ6cm





わたしには 忘れられない 人生における「収納の転機」というのがあります。
それは 小学校5年生の時のことです。クラス替えの後、すぐに仲良くなった「みわちゃん」。
わたしの記憶を限界まで遡って、生まれて初めて間近で触れた「美収納」というものを突き詰めてまいりますと それは、彼女の・・・ みわちゃんの「お道具箱」でした。

机の中に収めている・・・あれです。 
クレヨンとか糊とかハサミとかを、引き出しっぽく机に収めていた、昭和の小学生ライフを象徴する あの クラフト製の、茶色い四角い箱。


それまでのわたしの「お道具箱」というのは、なかなかのテキトーぶりでした。
給食の、使わなかったジャムの個包とか、持ち帰り忘れたハンカチとか・・・
様々なものを平気で雑多に、煩雑に、無秩序に収納(備蓄?)していました。 ← ヤバい?


みわちゃんの「美・お道具箱」。今で申し上げる「インスタ映え」のような、綺麗に美しく統一感を持たせて収納された 彼女の美・お道具箱には・・・だから深くショックを受けのです。


こ・・・  この差は、と。  同じ女子として、こんなことがあってよろしいのか!? と。








わたしの愛用カラーは・・・「モーブピンク」。青みのあるピンク、が 好きです。



休み時間のたびに、みわちゃんのお道具箱を見せてもらう、という変態的趣味に目覚めました。
本当に綺麗で・・・ ずっと見ていたかったのです。 心が躍る、というやつです。
好きなインスタグラマーさんのページを毎日見たい。 まさにそれと同じような気持ち。

可愛いシリーズで揃えられたその中身は、ハサミも、糊も、クレヨンも・・・わたしの持ちモノとは全く違う。色が揃っていて、テイストも揃っていて、きれいに仕切って整えられていて・・・
なんじゃこれ、とっても素敵。

みわちゃんには、年の離れたお兄ちゃんが1人。だから彼女の服や持ち物に「お下がり」はない。
何もかもが新しくて、可愛くて・・・
上の兄弟の名前を マイネームの二重線で消して書き直した持ち物なんて・・・ 一個もない。

ああ、わたしとおんなじダサい「茶色のお道具箱」なのに・・・ なんでこんなに違うんだ。










こういう四角い「道具入れ」みたいな形状の箱が今だに好きなのは・・・多分、ノスタルジア。
お道具箱の中に、こうして何かを綺麗に収めることができると・・・ 今も彼女を思い出す。




この小さい方の「工具箱」も 近々買ってみようと思っているのです。

スチール工具箱2/約幅16×奥行11×高さ6cm





画像はデカいですが、こちらの工具箱はひとまわり小さくて「縦開き」。
店舗で実物確認済み。とっても可愛いのです。 重ねて収納しやすいことも良い。








今、乾電池や裁縫セットをおさめて納戸に収納している 2つの「レクタングル」を・・・ 
「MUJI」の工具箱に買い替えて マスクなどと 統一してみようと思っています。

レクタングル、欠けちゃっているし・・・蓋がね、乗っかってるだけなところが 気になっていてね。ズレて落っこちることがあり、長らくの懸念事項でした。








1年生の時でもなく また中学生になっちゃった後でもなく、
あの「5年生」の時に みわちゃんの「美しい収納」に触れることができたことは、
本当にありがたいタイミングでした。

ご存知 わたしの実家は 汚家もいいとこ。 
家族の共有スペースに、きれいに整えられた収納や 「美しい引き出し」なんてものは・・・
そんな箇所はどこにもなかった。わたしには、そういう「シナプス」は全く育っていなかった。

姉の勉強机の引き出しは モノが多いながらも とても整理され綺麗でしたが・・・
それは お姉ちゃんは わたしよりも4歳半も年上だから出来るのだ、と、そう思っていた。

同級生のみわちゃんが見せてくれた「美・お道具箱」は・・・
だから わたしには、ものすごく衝撃で、学びの宝庫だったんです。
そして「己の幼さ」や「年齢」を言い訳にできなくなった瞬間、でもあった。

みわちゃんは、字も綺麗で・・・ 先生よりも字が綺麗で・・・
わたしは そんな彼女に憧れて、真似して、ノートの文字を自分なりの精一杯の丁寧な文字で
書くことを心がけるようにもなりました。

「あんたは本っ当に字が汚い。書道習わす意味がない。月謝の無駄。お姉ちゃんとは大違い!」

ノートや連絡帳を見せるたび母にどんなに罵られようとも 一度も直そうと思わなかったのに。
お友達の力って、「憧れ」の力って・・・すごいですね。


「ああいう風になりたい」。そう思うと 俄然 頑張れる子だったのは 昔からだったようです。


大人になり、お互いママとなり、小学校卒業以来20年以上も疎遠だった「みわちゃん」と 
ある時 ばったり会いました。
学年は違いながらも お子同士が 偶然にも同じ小学校だったのです。

お母様と一緒にいたみわちゃん。 お母さんも わたしのことを覚えていてくださいました。

「わたし、幼い頃 みわちゃんに憧れて・・・」って ノートのこととか道具箱のことを話していたら・・・ お母さんが、え!! みわは、ずっと すずひちゃんに憧れていたのよ、って。

家で話すのは いつも いつも すずひちゃんのことばかり。 
活発で、いつもみんなの中心にいて、なんでもできて 羨ましいって。


じょ・・・ 冗談だろ?!  


5年生にもなって、すずひは道具箱に「ジャム」貯めてた女なんだよ?
子供の感覚というのは・・・謎だらけ、です。 ジャムが好きだったのかな、みわちゃん。

わたしは 家庭の中では いつも、基本「みそっかす」扱いでしたから・・・ 
20年の長き時を経て聞くことのできた、知ることのできたそのお話に・・・ 救われました。

わたしの数少ない長所を見つけて、それを育くんでいてくれたのは・・・
そして「片付け」の素晴らしさ、気持ち良さ、嬉しさ、美しさを 教えてくれたのは・・・
「親」ではなかった。
みわちゃんや、その他の学校の友達や、先生や、よそのお母さんや・・・「世の中」の皆さん、だったのかもしれません。

わたしの「片付け」のルーツは・・・ 多分 間違いなく 小学校の「お道具箱」。


みわちゃんは、今でいう石田ゆり子さん風イメージの可憐な女子で・・・男子からモテました。


猿のように朝から晩まで校庭を転げ回ることしか知らなかった5年生のわたしを、
ちょっとだけ ちょっとだけですが「女の子」に 成長させてくれた・・・ 


美しい収納の楽しさを 初めて 教えてくれた。


今も忘れられない 感謝しかない 憧れのお友達の1人、です。 (でも、疎遠・笑)






↓ 今日は近所のスーパーの月に一度の「歯ブラシ全品15%OFF デー」。行ってくるよ!
  にほんブログ村ミニマリストランキングに参加しています。
  いつも最後までお読みくださる読者さま、本当に ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村






↓ 今日のお買い物。 久しぶりに「ルタオ」の生クリーム食パンが 恋しくなりました。




↓ 同梱してみた こちらも楽しみ!








最終更新日  2018.01.15 14:55:53
[ミニマル&すっきり がらーん収納] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.