13248500 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ほしいものリスト

カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2018.02.13
XML
何かを手放そうとするときには もちろんです。

けれど。

帽子もそうですし、靴やバッグ、アクセサリーなど、何かファッションにまつわるものを新たに
購入・入手することを考えるときにも この作業は必要だと思うのです。









THE 「そのシーズンのモノの ひっぱり出し」。


春夏の普段に・・・ すなわち 帽子と合わせて着用する頻度の高そうなものを、並べる。

そして、眺める。

どんな帽子が合うのかを・・・ イメージする。 妄想する。









そこにないものをイメージするのは難しいことですが・・・

これらの服、と「おリボンの帽子」を 今年はもう合わせたいとは思わない、という気持ちだけは 想像するに容易い。










すごーく悩んだ、というよりは 結構発作的に、もういいや、という感じに 昨年手放した
黒いリボンの帽子。


黒いリボンの帽子が、とても好きでした。



<すずひ帽子遍歴 その5 黒いリボン期「本物 Athena new york」期>









偽物を2年かぶった後、ようやく 本物を買ったのでした。  
珍しくちゃんとお店に出向いて、購入したことを覚えています。 嬉しかったなあ。

本物をかぶると・・・ 
もう それまで自分のかぶっていた偽物が どんなけちゃっちかったか、似ても似つかぬモノであったのかが 悲しいほど よくわかったことも よく覚えています。

長いようで 短い人生。 大きなおリボンの許される年齢なんて あっという間に過ぎる。 
その貴重な何年かを 「偽物」で棒に振った己の貧乏魂を・・・ まじ 呪ったよね (;_;)


<すずひ 帽子遍歴 その6 黒いリボン期「雅姫さんに戻ってきた」期>






もう、黒いリボンの帽子は、Athena new york「risako」で 満足していたはずでした。
それなのに、この まあ、ちょっと雰囲気はマニッシュな感じではありますが、
まあまあ 似たような「ブロンテ」の黒いリボン帽子を買ってしまったのは・・・

大好きな「雅姫さん」が かぶっていた、という ミーハー極まりない理由。

甘すぎないリボンがいい感じで とても気に入っていたのですが、いかんせん ちょいとキツかった。 頭のサイズが(笑)
お顔 が 子供のように小さな雅姫さんを真似て買っても、そううまく行くわけないのでした。



好きな誰かが着ていたから 買う。  憧れの誰かが持っていたから 買う。
雑誌然り SNS然り 素敵な誰かの持ち物や着こなしは、日々更新され続け、情報は溢れかえっています。 恐ろしいほどに。
それらを参考にして 真似して買うことは・・・正しいようでいて、実は大変危険な買い方だ。

それまでのわたしのモノの買い方は ほぼ100% が そういう買い方だったんですよね。
今は、わかる。 そういう買い物の仕方で買ったモノに・・・ 長く愛せるものは 少ない。


ようやくそれに気づき始めたのは・・・ この帽子を買ったあたりの頃、だった気がします。

なんて言ったらいいのかな。 お揃いを手に入れて、大満足! で、そこ止まり、な感じ。
いつまでたっても「自分の持ち物」にならない感じ。自分のモノや 個性 にはに できない感じ。




あゝ  次は、では 一体すずひには、どんな帽子がいいんだろ。
わたしは、どんな帽子を求めているんだろ。


条件 1 ・・・ おリボンは、無し。 もう おリボンは 顔面が置いてけぼりになる。
条件 2 ・・・ ナチュラルなカラーは、無し。 かぶれる場所・目的が 限られる。
条件 3 ・・・ キャンバス素材・布素材も無し。 カジュアル過ぎて服に合わない。
条件 4 ・・・ クロシェなどの丸い帽子も無し。 ポインテッドトゥの靴に合わない。
条件 5 ・・・ サイズは余裕を持ちたい。でこ線 と 髪の潰れ を最小限にとどめたい。 


あゝ むずかしい。  むずかしいですよ、これは。 もう 考えるの 嫌になってきた(笑)



そもそも 春夏の帽子って・・・ わたし 本当に 要るんかな!?!?




いやいや 要るぞ。  思い出せ! あの 真夏の正午のギラギラと照りつける太陽を。
3歩あるけば汗が噴き出す 午後4時の目も開けられないほどの「灼熱の西日」の直撃を。


今は寒いから、思わず「帽子いらんかも・・・」なんて 思ってしまうけれど、 

すずひ、しっかり! 気を確かに! 要るよ! 帽子はね  あなた、要るんだよ (;_;)!



猶予は 2ヶ月半。  けれど うかうか過ぎてしまえば あっという間。

紫外線の季節間際になれば、カラー欠け・サイズ欠けなど・・・
気に入ったモノの入手が なかなかスムーズに行かなくなることも 多々。


47歳 中年女性の 妥協なき帽子選び。 

なかなか一筋縄ではゆきそうもありませんが、
こうして振り返って見て、向き合ってみて、少し 掴めてきた。


納得のゆく 永くかぶれる「ミニマル帽子」。
殺人的紫外線のさんさんと降り注ぐ初夏までに・・・ 見つけたいです。






↓ にほんブログ村ミニマリストランキングに参加しています。いつもありがとうございます。
  昨日、塩息子から「誕生日おめでとう」と、なんと・・・! 言って貰えませんでした!
   3年連続です! もう 死ぬまで言ってもらえない予感しか致しません(笑)
   修行は続く。どこまでも。 貢献! 貢献! 家族貢献!!!  うううっ (;_;)
   
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村






最終更新日  2018.02.13 07:40:03

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.