16600115 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
わたしのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 少ない持ちモノになっていたい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

































ほしいものリスト

カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2018.08.07
XML
このブログを始めてから 初めて かご以外の、「ちゃんとしたバッグ」を買いました。
たった1個手元に残ったバッグ「カーニバル」を買ったあの時以来だから・・・ 
ちゃんとしたバッグを選んだのは、そして買ったのは、ちょうど3年ぶりくらいになります。


グレーのバッグが要るんだな。  


3年ぶりの生業なのに。 すぐに決まったのです。
服やモノが少なくなったから だと思うのです。

たくさん捨てた直後は、意地になったように 頑なにモノを買わなくなった時期がありました。
たくさん捨てたあの夏から3年の月日が流れ、ようやく わたしは、ちょっとだけ「しなやか」な 柔軟性のあるミニマリスト、になれてきたような気がします。

こそこそ買い物するような 誰かから隠れて買い物するような気持ちになっていた時期もあったのです。 買うことは「悪」みたいな。 

そんな時期を経て。  今のわたしがある。  






買うときは、買う。必要なものを、胸張って買えるようになったことを 改めて実感。




服や小物がたくさんあると。
果たしてわたしは何色のバッグを買ったらいいのか。 それが全然 わからない。

そもそも 要るのはバッグなのか、靴なのか、何なのか。そこからしてわからなくなるのです。


それで、これかなあ、なんて感じで・・・ 当てずっぽうなアイテムを 何かを買ってしまう。
                    (そして案の定ハズレで、すぐに要らなくなる)





かわいい模様の薄紙の包まれていました。 箱も可愛かった!



お腹がいっぱいだったり 外食続きでいろんなものを食べ続けてしまったときに、
「何を食べたいのかわからない」という状態になることって ありませんか?

飽食の時代すぎて。食に満たされ過ぎて。自分の欲求や嗜好がわからなくなる状態。 
お腹が空いてるような気もするし、全然空いていないよな気もする。 極めて贅沢な状態。
ミニマリストになる前は、そういう食べ方をしてしまうことが よくありました。


服やバッグがありすぎて。何着たら、何買ったらいいかわからない状態と、よく似ている。


そんな時は。 
無理して何かを食べる(買う)ことをしないで、空腹を・・・はっきりとした「飢餓感」の訪れを待つといいと思うのです。



お腹ペコペコになるまで、何も食べないで 過ごしてみる。
すると、ああ、あれが食べたい!って。その時一番食べたい物。最も求めているモノがわかる。

欠乏して初めて、その時の自分に必要なもの、不足しているものが わかる。




これが全貌です。小さくてマチのない ぺたんこのクロスボディなのですよ ( ´▽`)ノ


 ↓ 同じのは楽天にはないようです。マチのあるこちらの「タイニー」と少し迷いました。






ミニマリストは、きっと みんな この仕組みを よく知っている。
ものが少なくなると この仕組みに 必ず気づくのです。
ミニマリスト・ブロガーの多くは。そこを伝えたくてブログ始めた方が多いのではないかしら。



満腹で、何食べたいかわからない! なんていう歪んだ状態には、決して戻りたくなくなる。
服だらけで、何着たらいいかわかんない! なんて おかしな状態には 戻りたくなくなる。
バッグありすぎて、どれ捨てて何買ったらいいのかわかんない! にも 戻りたくなくなる。


ミニマリストになって、後悔して。 
やっぱり元のモノの多い暮らしに戻りたい!!という人に わたしは遭遇したことはない。

挫折したり リバウンドしてしまうのは、甘っちょろいお片づけをした場合がほとんどです。

ミニマリスト目指す!という本気レベルのお片づけに 本気の覚悟をして取り組んだ時、
そのリバウンド率は 極めて低いはず。





中はかわいいピンク色。持ち物の極めて少ない人間なので、マチなしを選びました。

   ↓ ブラックなら楽天にも! 「Mini Cross Body Shaggy Deer Falabella」





なぜなのでしょう。

多分、飢餓の快感を 知ってしまうから、なのかもしれない(笑)
一度 飢餓状態を体験することで知り得た、己の「感覚の精鋭化の快感」を 忘れられなくなるから、なのかもしれない。  わたしは、完全に そうです。


もう、「鈍い自分」には 戻りたくないのです。


断食の後。「おかゆ」の甘さに驚いたことがあります。 
飢えたことで、味覚の中枢が ものすごく「精鋭化」しているためです。
ハンバーガーやポテチやピザをむさぼり食べた後なら・・・おかゆはきっと果てしなく「無味」なものでありましょう。



服や、ファッション小物や、インテリア雑貨。 暮らしにまつわる あらゆる「モノ」。
持ちすぎて、ありすぎて、わたしの感覚は 贅肉ぶよぶよだった。鈍さの極み、だった。


あっても あっても 買う。  必要なのかそうじゃないのかわからなくても 買う。
食べても、食べても、また食べる。 不安で食べずにいられない。  そんな感じ。






マグネット開閉で楽ちん。小さいバッグ用お財布がすっぽり収まる 嬉しいサイズ。




「服10着」まで そして「バッグ1個」にまで 一旦 絞る「勇気」。

最低限のギリギリにまで 一度減らすことで・・・ 真の欲求が目覚めるのかもしれない。
自分の 本当の気持ちに 気付けるのかもしれない。

雑誌やメディアら もっと買え!買え!煽ってくる 誰かに捏造された欲求じゃなくって、

服でも、モノでも、バッグでも、食べ物でも 自分が本当に必要とする「量」。









かごバッグを手放して。  バッグ1個になっちゃって。
本当に好きな1個が残った。  ああ、やっぱりこれだった、と わかった。



そこへ、なぜ すぐに1個追加したのか お分かりになりますか?

ミニマリストの人は・・・ すぐにわかると思う。
そうでない人は、なんだよ 結局すぐ1個買い足すんじゃねーか、ふっ、って 笑うと思う。


ミニマリストは、みんな知っている。 少なすぎると 今度は「傷みが早くなる」ことを。
ものが少ないということは、使用頻度が半端ない。 服でも、モノでも、はやく傷んでしまう。

バッグを1個に絞ってしまったら。 その1個は めっちゃな早さで傷むことになるのです。

少ないもので暮らしたことのある人にしかわからない、この理論と 揺るがぬ事実。
靴もですが。 長く愛用しようとしたら、バッグにも、休ませる日が 必要なのです。

着潰して 使い潰してワンシーズンで処分! と割り切っているプチプラならいいのだけれど、そうじゃない時。 大切に長く使いたいモノを持った時。


「数」が 初めて 必要になる。
どうでもいいものは1個も要らないけれど、その代わり必要なものは、必要数、ちゃんと要る。

当たり前のようでいて、これが意外と難しい「見極め」。


そこで初めて知り得るのが・・・ 誰も教えてくれない 自分だけの「適正数」 なのだと思う。





キラキラしすぎない輝きがちょうどいい。 ダイアモンドカットのルテニウムチェーン。




いっぱい持ちながらにして適正数を導き出すことは、相当捨て慣れた人にも 不可能です。


みんな。 きっと 一度は 減らしすぎる。  やりすぎの域に 必ず足を突っ込む。


それでいいと思うのです。 そこは誰にも責められないと思うのです。 
持ち物の適正数や捨ての極意って、一旦そうならないと ぬるい捨て方していたのでは、決してわからないことだらけ、だから。


やりすぎを味わうこと。  
やり過ぎた! 飢餓感!  飢餓による「感覚の鋭さ」を 取り戻すこと。

本当に必要なモノの数や量が、 初めて わかる。

とにかく昔は多過ぎた、ということも わかる。

あそこまで戻ってはいけないということを知った上で、少しづつ戻す。

自分の適正数を 自分で 掴む。  服何枚あったら適正、とか 単純な話ではないのです。






手持ちの「チーム・グレー」とも この通りぴったりです。



快適な暮らしのためにモノと向き合う。 まずは徹底的に減らす。
その後 ちょっと増やす(戻す)。
ミニマリストさんって、基本的には みんな同じ過程を辿ってきていると思うのです。


このブログを始めた時には バッグは4つでした。
どれもみな、絶対に必要。 絶対に手放さない!って 思ってた。

けれど。  大きなバッグは要らない、とわかり、重たいバッグもいらない、とわかり、
チープなバッグもいらない、とわかり・・・ 手放した。


バッグ1個になって。 飢えてみて、初めてわかる。 今必要なバッグ。


やっぱりそうだ。


手放さないと 何にもわかんないんだ。


その代わり、恐れることなく手放せば・・・  必要なものは、すぐに見えてくるんだね。  


この仕組み。  捨てたらわかる、この仕組み。
自分が心地よく暮らしてゆくための「適正数」にたどりつく仕組み。

 ミニマリストさんは、もう みんな とっくに 知っている。 

ここでわたしが 申し上げるまでもなく、ね  ( ´▽`)ノ

 
    それを、知っている側の人生。  知らないまま側の人生。      



人生は、思っているよりも 短い。  

だったらもっと。

もっともっと早く気づいて・・・ こっち側で「知っている側」で 生きたかった、な。






                                     おわり






苦しかった未解決問題(wi-fi問題)から解放され・・・すっかり心が軽くなったすずひです。
もうさ、表示もさ、「認証エラー」なんて包んだ、気取った、漠然とした表示じゃなくってさ、
おたくのルーターめっちゃ古いって!繋がれへん!って はっきり表示してくれたらいいのにね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

すずひの新しいバッグの日記を楽しみに、いち早くここを訪れてくださった読者さま。
  ありがとう。このバッグも・・・これからたくさん「置画」に登場するからね ( ´▽`)ノ






最終更新日  2018.08.07 11:14:48

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.