21616768 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。


 *** 読者のみなさまの おかげで ***

* すずひのブログが 1冊の本に なりました *


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村






























ほしいものリスト

カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2018.11.02
XML
今日はね、シワの話、なのです。そう。「しわ」。「皺」のこと。

夏頃、何かの雑誌で読んだファッションコラムの中に、大人の女性にもっとも似合う袖丈は
「5分袖だ」とありました。

半袖は、正直もう似合わないって。 
たるんだヒジやしわっぽい二の腕を 気安くさらけ出しなさんな、と。(;_;)ううう。
でも、確かに5分袖って美しいと思うし・・・二の腕の引き締め体操などからも解放されますね。
大人になったのなら、もう、そう無理して出さなくてもいいよ、ということなのでしょうか。
 
はじめはずいぶんと厳しいこと言うなぁ と思って読んでいたのですけれど・・・

あれっ?  むしろ、優しいのか?!





タイツにも合うサンダルは、冬のスカートライフの味方! 足元の楽しみ方が増えました。




そっか、若い頃って、二の腕痩せたい! と 闇雲に思うわけですが。
年齢を重ねた二の腕に求められるのは 痩せ ではなく はり? シワのなさ、なんだ。

年齢を重ねたお肌の変化、と言うのは しかしながら「顔」や「腕」だけではないのですよ。
わたしは IKKOさんが大好きなのですが。
 
IKKOさんは、

私ね、年取ったらね、わきの下が「あぶらあげ」みたいになってきちゃったのーっ!!

って叫んでおられました。お着物や5分のお袖なら、ワキのおあげも隠れるねっ!IKKOさん!






素足で履いていた真夏とは 同じサンダルでも全く違った印象で 嬉しいです。 






今日は後半で、あるファッションアイテムを ぶった斬ります。
今、それを所有しておられる方がお読みになると、たいへんムカつく内容かもしれません。

または。

「ああ、私も今それ持っているけれど、そう言われてみると確かにそうかも・・・」
「ほんと、いつ穿いたらいいんだ??」と、そんな風に感じてくださる心の柔らかいお方も
おられるかもしれません。(どうかいて欲しいです)


わたしの思う わたしの過去の持ち物に対する「振り返れば、愛せなかった」なのです。
ですから、今それをお持ちの方に対する非難のようには どうか、捉えないでください。 
わたしの失敗経験から何かを感じ取っていただけたら。 何かを収穫していただけたら。

そんな思いで 今日は書きます。


長い前置きになってしまいました。



さあ、始まるぞっ!!! (笑)



  *************************************



今日は、とある ファッションアイテムのお話。
とある「スカート」のお話。


わたしがかつて持っていた。 一時期は流行っていたのかな、3着くらい同時に持っていた。
ずいぶんと不自由なアイテムだったよなあ・・・ということが 今 しみじみと思い返され、
そこのところについて 今日は、叫びます(笑)


    *********************************


スカートライフは、快適だ。 
パンツは動きやすい快活なファッションだ、とみんないうけれど、わたしには 反対で。
パンツは 立ってないと快適でなかった。  とても「座りにくい服」 だった。

わたしは、日中、座っている時間がほとんど、なのです。  あんまり立たない(笑)




ひざ下の長い人になれるセット(笑) ひざ下の長さが6cmは伸びるセット。






こないだ、街を視察した時も。 エスカレーターに乗ると。

パンツをはいた人が 目の前に何人もおられるのですが、みんなどっかで「座った」のでしょう。
膝の裏のところが しっわしわ、なのです。 本当に。 くっしゃくしゃの、しわしわ。
あれは仕方ないことなのだと思うのですが、わたし自身は、自分のパンツがそうなるのが
実は、ものすごく嫌でした。 

あのシワは・・・買う時にショップのハンガーに吊るされた状態とか、サイトの商品説明とか、
とにかくそういう「人間が着用する前」の画像などには 一切ない情報であって・・・

穿けばこうなるんだよ、というのは 売っている時点では 未知で秘密なわけで・・・

こちらとしては、あの「美しい状態」を気に入って買っているのです。
だから、今穿いている自分の「膝裏しっわしわのパンツ」が あのお店に吊るされていた
美しかったあのパンツと同じものには もはや思えなくて。 新品なのに中古感すら感じて。

そう。

売ってるのと、穿いたときとで、様子があっさり変わってしまうボトムスが・・・
パンツと同様、簡単に「しっわしわ」になるスカートが、わたしは愛せなかった。


そのアイテムとは・・・ 「デニムタイトスカート」 だ。



スカートは わたしにとって 楽な服なのだけれど。
どんなスカートでも「楽」「大丈夫」なのかって言ったら、違う。
デニムタイトスカートは、全くの別モノだ。

あれはスカートでありながら、スカートの利点を完全放棄した別の括りのスカート。
他人の目線のためだけのスカートだ、とさえ思う。 穿く本人に「快適さ」は ほぼない。
そして、そう。 シワが目立つ。

デニムとか、チノとか、カツラギ素材のタイトスカートって、過去持っていた服の中で、
最も人体に厳しい服だったんじゃないかしら、って気がします。 パンツよりも 厳しい。

だって、お腹周りやお尻周りのサイズ感は、スリムパンツやGパン並みに気を使わなくちゃいけないし、お腹ポッコリしてると、本当、パンツ以上に 残酷に目立っちゃうし、

太もものボリュームも 全く隠してくれないし、ふくらはぎ太いと絶望的だし。

生地が硬くて、裾が開かないため 危なくて自転車にも乗られないし。走りにくいし。

椅子に座れば ももの付け根あたりが圧迫されて、ひどいシワシワになるし。
お尻側の生地がどんどん伸びるし。(これが一番悲しい)
そんでもって 立ち上がると、その前側のシワと後ろ側の伸びのせいで 横から見た姿が 
まっすぐ立ってるのに 変な「くの字」みたいになっちゃうし。

椅子はセーフでも、車のシートやカフェの低めのソファーに座ると めっちゃ膝小僧が見苦しく
丸出しになることがあるし。 畳とかでの正座には もう、それこそ とことん向かないし。

カジュアルなくせに動きにくく、這いつくばる系の家事は一切できないし、
かしこまった席には まるっきり なんの役にも立たない「超・普段着アイテム」だし。



デニムタイトスカートって・・・ まじで 何なん? 誰得? (;_;)


店員さんがお召しになっているのが可愛くて買っちゃったパターンが多い。
店員さんは、立ってるもんね。 座って接客する人なんて いないもんね。
あのスカートは、「シワのない状態で立っているとき」だけ、とびきり可愛かったんだ。
 

結局、日常生活において、最も使えないアイテムだった気が。 暖かくもないし。
若い頃は、それでも好きでした。 パーカ + デニムタイトスカート + タイツ+ UGG。
足をちょっと覗かせて ジミーチュウのバイカーブーツと合わせるのも、とても好きだった。

動きにくさもね、当時はなぜか 耐えられたのです。 おしゃれに苦しみは付きものだ、と。
見てる分には だから今も大好き。
ですからこれは おばはんの 今だから話せる、懐古の心の叫び(笑)です。  


デニムタイトスカートをお召しになったお年寄りを見たことは、そういえば、ない。
きっと やはりあれは若さの象徴みたいなスカートなんだろう。
小さい女の子がタイツに合わせて穿いているのは、本当に可愛らしいものですし、ね ( ´▽`)ノ


  ***********************************

そういう経験、紆余曲折を経て・・・ 今がある。
ふんわりとした、しなやかな、立っていても 座っていても キレイに見えるスカート。
「スカートだけ」ライフ。


パンツを持っているときは インナー選びにもとても気を遣ったものです。
段差の出ないものとか、透けないものとか、座ったときにウエストの背中側から派手に覗かないかどうか、とか。

そういった煩わしさも 全て同時に 手放すことができました。

もうベルトもないんだよ。 ベルトは0本、だよ。  未練なく捨てましたよ。

ベルトは、わたしにとっては、パンツのためだけに必要でしたから、ね。

てことは。 もうベルトも わたしは買わなくていいのね! 
どれを買おうか、とか。色とか太さとか、どう収納しようか、とか。考えなくてもいいのね! 
そんでもって ベルトの予算を組む必要も もうないのね! 





ライトグレーのタイツなら、足首のストラップが よりはっきりと主張できます。




なんかもう、いろいろ嬉しいな。 

「捨て」とか「数」とかじゃない次元で。 心地よさを追求した結果。
自分にとっての「着用感」の快適さをとことん追求したら・・・自然と行き着いた暮らし方。


「スカートだけライフ」は・・・ パンツの「ひざ裏しわ」からの解放でもありました。

1日はいたパンツのひざ裏しわって、お洗濯しても残ってて、その根性に、ビビる(笑)
アイロンかけると 余計にしわ跡が はっきりとテカってしまったり。

そういったことも・・・もはや 遠き、懐かしき思い出のひとつ、となりつつあります。


この秋からは。 

スカートだけ、で 心穏やかに、締め付け少なく、シワも少なく(笑) 暮らしています。




                                     おわり





シワでも。 笑いじわは素敵なのにね! たくさん欲しいくらいなのにね!
今日は わたしの失敗の記憶を聞いてくださって、ありがとう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

自分で失敗して、学ぶ。もうこのアイテムは買わない、と学ぶ。お買い物ってその繰り返し。
わたしの失敗談が、どなたかのお買い物や手放しのお役に立てたら・・・失敗冥利に尽きます。

前回の日記に。そしてお休みした昨日。 たくさんの「ぽちっ」を ありがとう。
すずひ、うちらがついてる! 気にするな!! って そう 励ましてもらえた気がしました。


ありがとう。











最終更新日  2018.11.03 23:16:37
[ミニマリストになる前は・・・] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.