24183078 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。


 *** 読者のみなさまの おかげで ***

* すずひのブログが 1冊の本に なりました *


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

















































カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2018.12.22
XML
ミニマリストになる前は もちろんのことなのですが。

ミニマリストになって、1年〜1年半頃までは、なかなかお金はたまらなかったのです。

なぜか。

「買い直し」という名の、大切な奥義に追われていたからです。





わたしの「少ない服」「少ない靴」はミニマリストになって以降に買ったものばかり、です。

    ※ 少ない服系ミニマリスト。少数精鋭服の最新一覧はこちらです →



どうでもいいものを捨てたあと、ちゃんとしたものに買い直す、あの時期。

これは、多くの「捨て人」が 漠然とした不安を抱える時期だと思います。

わたしったら、あんなに捨てて、そして買って、一体何してるんだろう、と。





必要なものは、ちゃんと買っている。持っている。無理に「足りない」のは、不自然だから。




でも。 大丈夫です。

自分では、変化が よくわからなかったとしても・・・

なんでも欲しくて買っていた時と、
一旦 捨てて、無駄なもの・過剰なものを ちゃんと減らしてからの「買い直し」は、

同じ買い物のようでいて・・・ 全然 違います。


「捨てたあと」は・・・
自分の適正量(足りる量)を知っているわたしに、そしてあなたになっているからです。

「捨てる前」は・・・
足らない!足らない!まだ足りない!の感情が いつも根底にあっての買い物、だったでしょう?


「まだ足りないと思い込んで買う」「もう足りていると知った上で買い直す」 その違いです。
そこが決定的に違うから、「心」が決定的に違うから、例えば食器1枚買うにしたって、
昔の買い方と同じようにはならないのです。



ものを持ちながら、捨てをしないままで適正量を知るのがすごく難しいのは そのためです。
まず、無理なのです。

どうしたって、その量を・・・
  その大量に所有している状態を 自分の「適正」だと、頑なに信じているから。

減らしても 全然暮らせた!大丈夫だった! 昔は多すぎた!!って 本当にわかるのは、
無駄なもの、使っていないもの、不要なもの、過剰なものを減らした「後」、でしかないです。











ミニマリストになってからの方が。
ミニマリストになる前よりも 明らかに単価の高いものを買っているのがわたしです。

それでもなぜか お金が貯まってゆくのが 不思議なことです。

じゃんじゃん買っていた昔の方が、
高いもの買うのを すごく我慢していて、すごく「罪悪感」があって、そのくせ失敗して。

それが怖いから  妥協品を買ってばかり。

そんでもって妥協品には結局満足できなくて、すぐに要らなくなって。 その、繰り返し。

妥協品はすぐに要らなくなる、ってわかっていても、
どうしても、どうしても、どうしても 買ってしまった。 妥協は「正義」だと思っていた。

買うときの「支払額」が 一瞬だけ 小さいこと。
            お財布に、紙幣が、一瞬だけ 多く 残ること。

そこに ホッとしていたんだと思う。





本当に欲しいものをちゃんと買うことの意味の大きさ。教えてくれたのは、このバッグでした。




支払いの時の ほんの一瞬の「安堵」のために・・・ 妥協する。

これは、本当に やめた方がいい。  今は それが よくわかる。

妥協品 買わなくなったからこそ。 よくわかるのです。


本当に欲しかったものを買う時って、少し「怖い」 ということにも気づきました。

妥協品買うときや プチプラ買うときには 決して感じない 怖さ。


怖かったんだな。 
怖いから 少しでも、100円でも1000円でも安いもの買って 安心したかったんだ。

わたしは節約したぞ!倹約したぞ! って・・・  そういう「安心」が 欲しかったんだ。



一瞬の安心を選ぶか。   本当の満足を選ぶか。


今は、わかる。  なぜなら、「捨てた」から。

一瞬の安心のために買った 大量の妥協品を どうでもいいものを、捨てたから。
その 妥協品の「山」を見たから。 妥協品の「総額」に 心から 震えたから。



わたしね、ミニマリストになってから、
なんとなく、ね、「2000〜10000円」ほどのものを 以前と比べ、あまり買ってない気がする。

2000円以内は、ほぼ「消耗品」。 そういうものは ちゃんと買っている。
10000円以上は、ちょっと購入を検討したり 怖かったりする、「ちゃんとした」 何か。



以前のわたしは 
その「1999円〜9999円」の価格帯のものの「無意識買い」が とにかく多かった。
怖くない金額だから。 検討もしないから、すぐに、買う。  気軽に買えてしまう。


積もり積もった 2000円が あっという間に 1万円に。 諭吉に。
なんとなく繰り返した 妥協の1万円が 10回あれば・・・ たちまち10万円に。


  10万円は。 10万円という大金は・・・ ちょっとした 札束よっ!





\ 服と「散財」のこと、たくさん書きました。 克服できたことが 本当に嬉しいから。/



amazonさん  は、こちらです。





【撮影の思い出・その3】出番を待つ「カーニバル」と、カメラマンさんご持参の延長コード。
           (延長コードがウチにはないことを もちろんご存知でした・笑)


 *** このブログの本が出版されます。たくさんのご予約を、ありがとう(;_;) ***



わたしは ミニマリストですが。

買うときは、買う。 ただ、 妥協の1万円×10回。 それをしなくなった。


いちいち 熟考するのが あまりにもしんどいせいで(笑) 買い物の回数が、自然と減った。

服をこれ以上増やすまい!! と 自分に課したルールや契約を守っているわけではないの。
ちゃんと考えて欲しかったら、必要なら、一番欲しいものを、しっかり買いますよ ( ´▽`)ノ

服、大好きですから。 

バッグも靴も、そんじょそこらの人よりも、多分、相当に 大・大・大好きですから (笑)

 




買い物は、ちょっと怖いくらいの方がいい。 「緊張感」があった方がいい。


その緊張感があれば・・・ もう、ものが、服が、靴が。 闇雲に増えることなんて、 ない。

お金が、手元に、確実に 残る。

ちゃんと意識すれば。  自覚のない 満足度の低い買い物をやめれば。

何に使ったのかわからないようなお金の減り方することなんて、本当に、なくなるんだよ。





                                   おわり





わたしが「接客」されるのが苦手なのって・・・なんでなのか、わかった。
緊張して、真剣に集中してるところに喋り掛けられると 「気が散る」からだ。 多分 (笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ブログもね、話しかけられると完全に手が止まる。書けない(笑) とても不器用な すずひ。
わたしの読者さまも、すごく「集中して読んで」くださっている気が、いつも勝手にしています。

いつも本当に長いのに。 いつも いつも 本当に、ありがとう ヽ(;▽;)ノ












最終更新日  2018.12.29 16:04:25
[ミニマリストになる前は・・・] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.