22113810 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。


 *** 読者のみなさまの おかげで ***

* すずひのブログが 1冊の本に なりました *


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村






























ほしいものリスト

カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2019.02.22
XML
「狭い世界に生きる人は、どうでもいいことに悩み、どうでもいいことにプライドを持つようになる。」

為末大さんの言葉です。 

ずいぶんと前になりますが、ご自身のtwitterで発信されたとされる この言葉。

人は誰もが そうなりやすい。そうならないように在りたい。 はっとさせられた言葉でした。


さて。  今日は 前回のお話の続きです  ( ´▽`)ノ


「自分とよく似た人」を・・・ あなたは 好きですか?


   ************************************



自分を好きになる。 
それって とても素晴らしいことなのですが、自分のこと好きか好きじゃないかって、難しい。
自分のことって 細かくわかりすぎるせいで、客観視しようとすると 意外と難しいです。

特に「長所」が わからないです。 きっとあるはずなんですけど(笑)
短所はね、もう、悲しいほど、すごくよくわかるのに(笑々)


そう。 どうしたって、ダメなところに目が行っちゃう。
あと、ここと ここと ここと ここを直すことができたら、わたしももうちょっと良くなれるのに。と。 ダメ出し大会みたいになって、凹んでしまう。


そんな時は。

自分を 自分じゃなくって「話し相手」「親しい友達」と仮定して 客観視してみるといい。

「自分ととてもよく似た人」が身近にいたら・・・ 自分は 果たして 嬉しいか。


はたまた「大迷惑」か。







アルミホイルやラップのストック用アンティーク缶。この10日間だけ、フラワー缶 ( ´▽`)




わたしね、今なら。 今の自分なら。 
こういう、自分みたいな、ミニマルな暮らしを楽しんでいて、何やらブロガーだそうで(笑)
めっちゃ少ない服で暮らしてて、美味しいものが大好きで、 片付けや掃除が好きで、
独特な精神論を持っていて、みたいな感じの 少々 変わった友達がいたら・・・

ちょっと興味あるな、一緒にいたら楽しそうだな、って 今は、そう思えるんです。



ものを捨てる前のわたしは。 

ものを買い増やし続けることしか考えていなくて、ネットショッピングしか趣味がなくて、
お金がなくて、機嫌も悪くて、イライラと怒りっぽく、ケチなのに見栄っ張り。
いつも誰かと自分を比較し張り合って、負けて、いじけて、ひがんで・・・身近な人や、今あるものに感謝のひとつもできない。

足りない。足りない。 何もかも ぜんぜん足りない!! 「足るを知る」って、何語?

うまくいかないことは すべて周りのせい。わたしは悪くない。周りが悪い。 アイツが悪い。
自分に自信がないくせに負けん気だけは人一倍強く、人に弱さを見せられない。
己を省みることが苦手。謝ることも、助けを求めることも、冷静な言葉で伝えることも、苦手。
本当は 頑張り屋なはずなのに、頑張る方向を間違えて、何もかもがうまくいかない。


不平不満とストレスと嫉妬心。 醜い感情を抱えこみ過ぎて、自爆の寸前。 身を滅ぼしそう。 


そんな かつてのわたしと、 わたしは、 「友達」に なりたい・・・?   

そんな地雷みたいな人に、嬉しい時、そして悲しい時、 あなたは そばに居て欲しい・・・?






この景色。 殺風景なキッチンだからこそ、映える。 そして どーんと置ける!(笑)





いつも愚痴や悪口や噂話ばかり聞かされる。会っても楽しくない。そんな自分になっていないか。
あまりにもネガティブすぎて、ちょっとお手上げだわ。 そんな自分になっていないか。
逆にポジティブすぎてついてゆけない。この人のテンションしんどい!そんな自分になってしまっていないか。

そうならないことを 人生の「目標」にする。 大切な人のために。そして 自分自身のために。


こんな人にそばに居てもらったら 堪らん (;_;)!   

そんな自分に 陥っていないか。  自分を、「この人が友達なら、の目線」で 見つめる。


わたしは、明るい人が好きですけれど。 「明るすぎる人」は 実は ちょっと苦手なのです。
炎天下の真夏の直射日光が苦手なことと、それはよく似ています。 

木漏れ日みたいな 優しい明るさが、 やっぱり 過ごしやすい。 

明るすぎず、暗すぎず。 ちょうど良い明るさの人と過ごす時間は、とても心地がいい。
そういう人と一緒にいると・・・ ああ、自分もそうありたいと 心から思う。
程よい明るさ。 ずっとそこにいられるような 木漏れ日のような 優しい日差し。


ちょうどよく明るくて。
ダメなところももちろんあるけれど、いいところだって ちゃんとある。 そんな自分。
その「いいところ」が 優しさや思いやりであれば 最高ですね。
この人が友達だったら、楽しいな。 一緒に食事やおしゃべりをしたいし、また会いたいな。


そんな自分で いられるように 暮らす。
こういう人がそばにいてくれたら嬉しい。 そういう人であれるよう ひたむきに 生きる。


そういう気持ちで暮らすようになってから・・・
自分の中の良くないところに、卑屈ではなく、とても前向きに気づけるようになりました。 
よくないところに気づく。 気づいたら、意識して直す。 それを ただ、素直に繰り返す。
そういう「流れ」が 生まれました。


昔は、自分の悪いところ直す気になんて なかなかなれなくて。
なんか悔しいじゃないですか(笑) 敗北したような気がして。
負けじゃないのにね。 向上できるチャンスなのに。 そういう努力全般が、嫌いでした。
こつこつ努力して人生が上向きになっている人や 成功しているように見える人、
幸せそうな同世代の人が  やたら 気に食わない。 
その人たちの見えない努力など、認めたくない。 認めてたまるか! ただの「運」だろ!


わたしの方が 能力あるかもしれないのに!!  
             世の中は、神さまは、 何もわかっちゃいない!!



そんな かつてのわたしとは・・・友達には絶対になりたくないです。 もう、怖い(;_;)


かつてのわたしにこんな話しても きっと言葉も通じませんし、怒って反発されるだけだから、
お幸せをただただ遠くから願って・・・ そーっと離れたいな。


そして できれば 永遠に 接点持ちたくないな  (;_;)






3年ぶりに逢った可愛い姪っ子から、フライトのお土産。 ECHIRE!(大) ヽ(;▽;)ノ







ミニマルな暮らしは わたしを大きく変えてくれた。
ものを手放しながら、「毒」が 抜けた感じ。 自分の価値を損ね、自分を害する「毒」。

心の発する「毒」って・・・ 身体の状態(老けや病気) に 怖いほど 直結するって。
怒りやストレスの感情って、自分の正常な細胞を自分で攻撃して病変・劣化させちゃうこともあるんですよ、って。

そんなお話を、ヘアサロンで、リラクゼーションサロンで。 すずひは聞いたのです。
校正されない オブラートに包まれない「現場の生の声」は・・・・ 実にリアルだった。



その人の生き様や人間性って・・・
 
   「顔」に「肉体」に、そして「髪」にさえも 顕著にあらわれる。


この手のお話を聞くのは 初めてではありませんでしたが、なんか。すごくリアルだったのです。

ヘアサロンも、リラクゼーションも、精神的・肉体的に、とても「密接した施術」となります。
たくさんの女性が訪れ、おしゃべりをする。 髪に、身体に、じかに、触れる。


髪に? 身体に?   いいえ・・・ むしろ、「心」に 触れる。


その人に 無心に触れていると、
「髪」や「身体」云々よりも・・・「心の状態」が 手に取るように わかるんですって。

それゆえにね、少々「もらっちゃう」ことも 職業柄、避けられないことなのだそう。

もらう? 何を? お客さまの「気」や「念」や「波動レベル」みたいなものを。

カットとか、カラーとか、パーマとか。 数時間くらい、お店に居るその間・・・ 
ずっと「誰かの悪口」言っているお客さん、というのが 意外といらっしゃるのだそうです。
お店の人は、そういう話はやめてくださいよ、楽しい話しましょうよ、とか 言いたくても言えないですからね。 強制的に「聞き役」です。  逃げられない。

とにかく3時間、ずっとずっと会社の悪口、友達の悪口、旦那の悪口、芸能人の悪口。 
暮らしへの不満、愚痴、嘘か本当かわからないような どうだっていい うわさ話。 

基本、ずっと怒っていて、ほとんど笑わないのだけれど、うわさ話の時だけ ケケケ、と
笑うのだそうです。 なるほど。 なるほど。 ケケケ、とね。


そういうお客さんって・・・悪口言ってる時、頭皮の色が みるみる変わってゆくのだそう。
鬱血したような、決して良い髪が育つことのなさそうな、抜け毛だらけになりそうな・・・ 
そういう滞った「頭皮の色」に 変わるんですよ。 見てて怖いくらいですよ、って。

人格で、頭皮が変わるの!?  と 驚く すずひ。   

そうですよ、あはは、こんな話お聞かせして ごめんなさいね。 
はっ! これも悪口になりますよね! あああ ごめんなさいっ! って。

いえいえ、そういう時は 3時間お相手するの とても大変ですね。
そんな貴重なお話聞かせてくださってありがとう、と すずひ。

ちなみに すずひの頭皮、どうですか・・・? って  恐る恐る聞いてみました。 
健やかな とってもいい頭皮ですよ! 髪の状態も、とてもいいですよ!って。  ほっ(笑)

リラクゼーションサロンでのお話も、また然り。
肩や首。 筋肉。  全身のコリや 巡りの悪さ。 溜まり感。 詰まり感。 滞り感。
そういうのも「性格」「人格」と もろ直結してるって。 人柄のコリが、そのまま体のコリ。 
優しい人は、 けれど ほぐれやすい。 不機嫌な人は ものすごくほぐれにくい、って。
そんでもって やっぱり「もらう」って。 ネガティブな何かを 受け取ってしまう、って。
そうなんですね (;_;)  それもまた 大変なことですね (;_;)

わたしに触って 大丈夫でしたか? って聞いたら・・・ 「はい!」って。   ほっ。



自分を好きになる って 生きる上で とてもとても大切なことなんでしょうけれど、
自分を好き!とか 大人になると 気恥ずかしくて なかなかそう思えないところもあります。

でも、あの友達が好き! は 思うし、よくわかる。 あの人が苦手!も よくわかる。
人間って 自分以外の人ことは とても詳しく分析できているのです。

自分というフィルターを通してしまうから、そこにはどうしたって 偏りや、えこひいきも生まれることでしょう。
でも、それでいいじゃない。 それこそ、いいじゃない。 それが「好み」ってもんです。


好きなものも 好きな暮らしも 好きな話題も 求める幸せも みんな  みんな 違う。


誰を好きで、 誰を苦手か。  心は 正直だ。

小さな子にだって、生まれたばかりの赤ちゃんにだって「好み」は すでに ちゃんとある。






こんな幸せあるかしら。おばちゃん、「バター」が、パンよりも 好きなのよ ヽ(;▽;)ノ






50歳も近くなりますとね。

同僚とか、上司とか、取引先とか、町内会とか、
そういう自分の意思だけで選ぶことの難しい人間関係に関しては、
どうにも避けられない試練や苦労が ずっと残されるところはあると思うのですけれどね。 


日常生活の中では。  
なんかね、自分と似た人ばっかりが自分の周りにいる、という 嬉しい現象が起こり始めます。

自分とよく似たタイプの人に囲まれて過ごせる時間が 増えるんです。

なんか、聞くところによりますと「あの世」の 仕組みも どうやらそうらしいのですよ。
似た者同士の魂に 同じ種類の魂に、容赦無く振り分けられるんですって。
その時になって、嫌だー!あっちの優しそうなグループがいいー!って泣いて願ったって、
もう 手遅れなのだそうです。 生前の自分の言動を、ただただ悔やむことになるのだそうです。


その仕組みを・・・ 「やった!」と 嬉しく思えるか。 「げ!やばい!」と 思うか。



想像してみてください。 自分の周りの人が、自分みたいな性格の人ばかり、という様子。



そこは「天国」ですか?   それとも さながら「地獄絵図」ですか(笑)?



今現在の ご自分の「人間性」を、自分自身がどう捉えているか、ってことが わかるかも。


このままで大丈夫な自分、なのか。 
このままでは色々とやばいかもしれない自分、なのか。







自分の周りが 自分とよく似たタイプ、考え方の人ばっかりだったら・・・すごく 嬉しい。

もしもそう思えたなら・・・それこそが「自分を好きになる」の正体なのかもしれない。


この世はともかく、
あの世に行ってまでこんな人がそばにいたら、こんな人たちに囲まれたら・・・しんどいわ。  

そういう自分には 決してならない。 と 自分自身に 誓う。




この「戒め」って、とっても わかりやすくて、 嬉しさも、危機感も、実感しやすいです。



「今の自分」のような人ばかりに囲まれたなら・・・  あなたは、 幸せですか ?  


それとも・・・  ぞっとする? (笑)






                                     おわり





自分の悪いところ、ダメなところと向き合うのは 誰にとっても しんどいことです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

でもね、今生のみならず、死後の自分をも救うため!って思うと・・・
自分の「キラキラあの世ライフ」「幸せ成仏ライフ」のために 素直に頑張れる(笑)
周りの人のためだけでなく、まずは自分のために変わりたい。 変わらなきゃ!って思えます。

とっても長い「前編」「後編」2部作。 最後までお読みくださって、本当にありがとう。











最終更新日  2019.02.22 08:55:59
[幸せになる「勇気」] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.