22943683 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。


 *** 読者のみなさまの おかげで ***

* すずひのブログが 1冊の本に なりました *


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村






























ほしいものリスト

カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2019.04.22
XML
カテゴリ:ミニマルに暮らす
エプロンとクロスを 総入れ替えします。

新しくおろす前に 一度お洗濯。












給湯スイッチ隠し担当の「半分こ」Ver.も、昨日 ミシンを出したついでに多めに縫って準備しました。










ミシン なかなか捨てられないです。 捨てられそうで、捨てられないもの代表的選手。








気づけばもう17年近く使っていますが、一度も壊れないのは、本当に優秀。 
幼稚園グッズを作りまくる時に買ったのです。 そこからの、長年の相棒です。











こんな景色を見ていると、自分がいましていることが「家事」である、ということを
ふと忘れてしまうことがあるのです。 のんびりした話で申し訳ないのですが。

好きなことを勝手にやっている、というような 趣味の延長のような気持ち。

小学生のころ。家庭科って 他の算数とか理科よりも楽しみではありませんでしたか?
中学、高校生になっても、その気持ちってわたしはそのままで、
2時間ぶっ通しの調理実習とか控えめに言って最高、でしたよね。

そのままの気持ちで大人になってしまったところがあります。
家事(家庭科)は、他のどの授業よりもいちばん楽しい!っていう あの気持ち。

家事が嫌いなのって。
家事そのものが 本当に心底嫌いだ!っていうお人は、もしかすると意外と少なくて。

なんでわたしばっかりが(;_;)!という 孤独にやらされている感や、
自分が家族の犠牲になっているよな気持ちに心を蝕まれて・・・それでツラくなっている場合がほとんどなのではないかな、って そう思う。


協力を得られないことに心が怒っているのではないかな、って思う。


怒っている人は 困っている人、なのです。













おとーさんが3連休です。昨日はとてもゆっくり過ごすことができました。
おとーさんは初日 なんと「ガチの風呂掃除」に 自ら取り組んでくれて、お風呂ピカピカです。部屋が揺れて「地震か!」と思って何度も立ち上がるくらい、パワフルな風呂掃除でしたよ。



大好きなお店にランチに出かけました。





ショートパスタのジェノベーゼ。ちょっと入ってるじゃがいもは、探して食べたくなる美味しさ!



その道すがら、ぜんぜん「建築中」と気づかなかった、素敵な新築の賃貸物件に遭遇しました。
立地は、超・理想的。 ぐるりと一周(外からだけですけど)見学させていただきますと、
なんかもう、何もかもが、めっちゃ素晴らしい!
中でも「自転車置き場」の様子に、特にしびれちゃった!
置き場そのものはいたって普通なんですけれど、停まってる自転車がね、素敵なのばっかりで。
ロードバイク的なのとか、なんかヨーロッパっぽいおしゃれなのとか、
なんか、ちょっと小洒落た こだわりの自転車ばかり、だったの。
こういう自転車に乗るようなタイプの入居者さんが多いのか!素敵!と、しばし うっとり。


でも、もう満室っぽかった (;_;)  しかし、諦めず 只今絶賛問い合わせ中!!
           

何年も「今年の目標」として掲げている「すずひ家・引越し大計画」は、長らく暗礁に乗り上げたまま。
24年目の春を この部屋で迎えられたことは・・・けれどやはり 幸せなことでした。
今の住まいが、とても住みやすい いい部屋であることの 何よりの証拠、です。





平成最後の結婚記念日は、もう間もなく、です。 それを兼ねての、お祝いランチでした。




物件との出会いは、ほんと「ご縁」でしかないですからね。
無理に、とか、なんとしても!みたいに 目の色変えてぐいぐい行かず、自然に任せるのが一番。
今の住まいが嫌で嫌でたまらなくて探しているのならまた違うのでしょうけれど、
全くそういうわけではありませんから。

今は2LDKの条件で探してるけれど、もう少し時が経ったら1LDKで充分なのかもしれないし。 なんだかもう 考えるだけで楽しい! 高まる ヾ( ´▽`)ノ

焦らず ゆっくり 探してゆきたいです。  出会うときは出会うから、ね!

その時は ここで ミニマリストの 超・臨場感あふれる引越しレポ するからね(笑)!








BONPONご夫妻の本を読みました。リンクコーデの着こなし、とても可愛かった ( ´▽`)

老後を甘く見ると大変なことになる!とか 病気がー、とか お金がー、とか、
シニアライフの不安を煽るような情報は 世の中にたくさん溢れているけれど・・・
そんな難しい話聞かされるよりも、老後が楽しみになるようなこんな本を1冊与えられたら、
シニア予備軍は、きっと元気が出そう。 わたしは出た。 セカンドライフに希望を感じた。

なんかね、ちょっとまるで「ミニマリスト」っぽいようなお話も、随所にあって。

大きな持ち家を手放し、持ち物も10分の1に減らしたセカンドライフ、ですから ♪

中でも心に残ったのは、「1日2食です」のお話。
さらっと書かれたような箇所でしたが、わたしには、ここが1番ぐっときた。

定年退職されて、お子さんも独立されて、ご夫婦2人になられた今。

お二人の食生活は 「遅い朝食」と「早い夕食」の1日2食、なのだそう。

これいいな! って思った。  (おとーさんも、それいいね!と言った。)


1日2食って、家事の「衣食住」における「食」の部分の負担が とても軽くなりますね。

なんか、どんな頑張った食費の節約とか、はたまたダイエットとか 
あと、定年後は皿洗い分担! とか、

そういういろんなあらゆる問題や課題も、1日2食ってだけで、大幅に解決しそう。

食費だって、単純にめっちゃ浮くよね! 
もう、ほんと「1日3食」なんて、この先シニアライフを迎えて今より小さな活動量になったなら どう考えても「食べすぎ」なように感じるし、
1日2食にすることで、体型や健康の管理もスムーズにうまくゆきそうな気がするし、
水道代・ガス代のような そういうところも 3分の2 にできるかもしれないし。

なんか、いいことばっかり!! って。


持ち家を手放したり、所有物を手放したり、ということももちろんすごいのですが、
家事のシゴト量や「作る回数」や「食べる量」、「食事の回数」すらも減らせることも
この先、ありうるんだ、って。

なんか 一生 1日3食 わたしは作らないといけないのか、と どこか思い込んでいたから。

今はまだ 無理ですが。  なんか、すごく楽しみになっちゃった!







家事には「定年退職」というのが 残念ながら ないでしょう?
パートナーと上手に協力できないと、どうしても女性にばかり負担のしわ寄せがきてしまいそう。

そこで喧嘩したくないじゃないですか。
「オレの昼飯はどうするんだ!」とか言われて、出かけられなくなるようなのは、ツラい。
1日3食を 分担!協力! とかして 結局上手く行かないのも しんどそう。

自分ばっかり1日中ご飯作ってる (;_;) みたいに感じるのって、きっと、しんどい。

これは、感じますよ、どうしたって。(迫る10連休にだって、きっとそう感じる日がある!) 
今はそうでなくても。 シニアになって、旦那さんも奥さんも 1日中家にいることになったら、ね。 きっと、なおさら。

3食きちっと食べようとするから、しんどいだけ、なのかも。
わざわざしんどくしているのかも。
「1日2食」にしちゃえば ただそれだけで 家庭に平和がおとずれるのかも。

自分一人の平日などは、わたし自身は2食のこともちょこちょこありますが。
家族が加わりますと、そうはゆかないのが今の所の現実です。

1日2食って聞くと、なんかすごい禁欲的な ストイックな印象が これまであって、
朝か、昼か夜かわからないけれど、どこかしらのご飯を「必死に我慢する!」「食事を抜く!」という 周りにも無理やり強制するようなイメージでした。

遅めの朝食。 早めの夕食。  そう決めました。 という、このご夫婦の場合。
その間隔で食事をしていれば、昼ごはんを食べたくなる時間そのものが 単に、ない、ってことなのでしょう。 

我慢でもなく。1食抜くぞ! でもなく。 

1日2食の方が もはや自然なのでしょう。 慣れれば、体や胃腸もうんと楽、なのでしょう。


例えば、朝食を10時半頃しっかり食べて・・・ 夕方5時頃に 早めの晩ご飯。


早めの晩ご飯って、実はすずひの憧れなのです。
眠る時間にはお腹の中ものものすっかり消化していて、睡眠の質も上がりそう。

ああ、いいなー ( ´▽`)

なんか この1点のみ、においてだけでも まだ見ぬシニアライフが楽しみに思えてきました。


わたしは 家事を好きゆえに、放っておくと 勝手にやりすぎることろがありますから。

家事を好きだからこそ。 歳をとってからも、好きでいたいからこそ。

人は歳をとりますが。 その先、その先、「もっともっと歳をとる」のです。

若い世代に 不安じゃなくて希望を与えられるようなシニアって、とても素敵。

こうするといいですよ。 こうしておくべきですよ。 という細かい話よりも、

このご夫婦の、ご機嫌で素敵な笑顔。 そこを目指したいな、って思う。

そのためにはどうすればいいか、って。 そこから先は だから「自分」で。

教えてくれー あなたのやり方、全部 全部 1から10まで教えてくれー じゃなくって。

そこから先は、自分の頭でちゃんと考える。

わたしには わたしの「シニアライフ」がある。  


その時まで、もしも このブログを続けていられたら・・・わあ、なんか素敵だな ( ´▽`)♪








                                   おわり




管理会社さんから、丁寧なお返事が来ました。建設中に、すでに「満室御礼」だったそう。
一般に募集かける前に 埋まってしまった人気物件だったそう。 気づくの全く遅すぎた!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ここでの暮らしをもう少し楽しみなさい、ってことかな、と。 今回は、そう捉えましょう。
おふみさんのように ハイエース1台でのお引っ越し・・・ウチもできたらいいな!

貴重な平日。貴重な貴重なひとり時間に、わたしのブログを訪れてくださること、ありがとう。












最終更新日  2019.04.23 11:14:18

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.