24105061 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。


 *** 読者のみなさまの おかげで ***

* すずひのブログが 1冊の本に なりました *


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村




















































カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2019.07.12
XML
1人の時間がどのくらい必要か、どれくらいあれば足りるのかは。人によってさまざまですね。

1人になどなりたくない!という人もいれば、数十分ほどあれば足りる人。
1時間。 半日。 もっともっとそれ以上。
スマホやパソコンの「充電」や「チャージ」と似ているのかな。
急速充電! 即回復!!みたいな人と。 
バッテリーが弱ってて、または消耗が大きくて、またはもともとのエネルギー容量が人とは大きく異なって 再び満タンになるまでには うんとうんと長い時間が必要な人。

男女差もある。 相性もある。 性格もある。 状況にもよる。

誰のせいでもない。 誰も悪くない。 ただそうなのだ、という事実が そこにあるだけ。


   *********************************


1人になりたい、という気持ちが 化け物みたいに大きくなってしまうことがあるのです。

化け物に占領されて、頭がおかしくなりそうになるの(泣)

自分の困った特性だとわかっています。 
特性なのだから、性格なのだから。 わたしはこれと、一生付き合ってゆかなければならない。

この「化け物」を飼いならし、共存してゆかなけらばならない。

制御してゆかなければならない。 ただのわがままで支離滅裂な人物にならない為に。


今日は、前回の続きのお話です。




happy birthday dear お姉ちゃん。超・多忙な姉に、タイミングよく届きますように。

↓ 大切な人への贈り物も 安心しておまかせできる joujouさんで、今年も。






自我という名の化け物が暴れ出し、どうしようもない時に、
そんなわたしを律してくれる、我に返らせてくれる「法則」があります。



「一人では乗り越えられないようなことが起こって気づかされる」 の法則、です。 



放っておいてくれ、1人にならせてくれー! と、あまりにも強く思いすぎると・・・

「本当に放っておかれたら、1人だったなら、こういう時お前は一体どうするつもりなのだ?」 

という種類の「厳しい出来事」が起こる。 もたらされる。


わたし1人では抱えきれないような、助けを必要とするようなことが 必ず起こる。


もう、これは、ほぼほぼ絶対で。


現状への感謝が足らないと、そのありがたみに気づかざるを得ないようことが必ず起こって、
すなわち「すごく痛い目に合って」「とてもつらい目にあって」 気づかされる。

この仕組みって、すごいの。 逃げられないの。 (めっちゃしんどい)

これは、ほんと怖い仕組み。 本当に起こる、逃げられない 謎の仕組み。 ヽ(;▽;)ノ


化け物に完全に乗っ取られる前に、だから、気をつける。 己を振り返る。


ツラい「お試し」や「試練」が与えられてしまう前に、それより先に、自分で気づく。

目の前にあることのありがたみを、もう一度、思い出す。 「感謝の気持ち」を、思い出す。


 



とっても美味しい梅干し「焼き梅」です。 炊きたての白いご飯・・・止まらなくなる!





生きてゆく上で最も難しいことって「見返りを求めないこと」な気がします。
「承認されることを求めない」とも言い換えることができるかもしれません。

ここでお話しさせていただきたいのは「精神的な見返り」のお話です。
金銭とが物品などの報酬ではない、精神的なお話、ね ( ´▽`)

見返りなんて、なくて当たり前。 ないほうが、むしろ、フェアでいい。(因果をつくらない)
ものごとや 他人さまが 思い通りにならないのなんて そんなのことは 当たり前。
      (他人さまが思い通りにならないことに苛立つなんて、幼稚なのにもほどがある)

こういう気持ちで生きていたいのに。 わかっていることなのに。
つい「本音と建て前のきれいごと」「単なる理想論」みたいになってしまう。

「因果をつくらない人」か・・・。
これって、一体どんな環境で育つと、そういう人になれるのでしょう。
いいえ、きっとどんな環境で育とうとも、人って「承認」とか「見返り」に縛られちゃうから、
「他人さまの機嫌」や「他者からどう評価されるか」が気になっちゃうから、それがとてつもなく苦しいことだから。

それで 修行したり、出家したり、真冬に冷たい滝に打たれにゆくのかもしれません。

修行だってもちろん辛く厳しいでしょうが、そういう俗世のしがらみや因果の方が、はるかに。
何百倍も 何千倍も、何万倍もしんどいってことに気づく出来事って 社会の中で生きていれば、たくさんありますものね。


もう解放されたい! ってなったんでしょうね。


  わかる。 わかるよ、修行僧!!  (;_;)  


誰かのため、と思った途端、やる気も湧くんだけれど、同時に苦しい感情が誘発されることも
あります。「承認」を求めたくなる。「感謝」を欲してしまう。
 
わかりやすく喜んでくれたり、ありがとうと言ってもらえることを 期待してしまう。

ありがとうと言われたり、感謝されたなら 誰だって嬉しいのです。 
この段階なら、まだ可愛いですね。

けれども、自分の機嫌によっては、ダークサイドにあっさりと転がり・・・

「感謝がないなんてあり得ない!ムカつく!」となってしまう。


そっちサイドの淵に落ちてしまうと・・・なかなか復帰が難しいのが わたしです。
ずっとずっと嫌な気持ちが続いてしまう。 自力で這い上がることが難しくなる。
そんなわたしの「不機嫌さ」のせいで・・・ 家庭の雰囲気は たちまち悪くなってしまう。 


例えば。

わたしが蚊を退治しても、誰も「ありがとう」なんて言ってはくれないです。
蚊を倒すのって、めっちゃ偉業なのにー!!!!!!
家族みんなを あの、ぶり返す痒さの苦しみから救ったのにー ( *`ω´) !!

蚊を一撃で仕留めることに成功したときの、あの達成感。 

もう、それでいいじゃないか。 

自分が嬉しかったんだから。


  



黒い蓋の瓶もとっても可愛い。 空っぽになった時、捨てられるかしらー ヽ(;▽;)ノ




何が言いたいのかと申しますれば。
蚊を倒すことが得意かどうか、ということよりも。


「ご機嫌でいる」ことが 結局は 人生のいちばん大切なベースなのだ、と思うわけです。


ご機嫌でいるために 一人の時間が どうしてもどうしても必要な人というのがいる。

そこが足りないと。
次々と用事をいいつけられたり、ちょっかい出されたり、応答を求められたりしてしまうと、
心のバランスや平穏を保つのが 一気に難しくなる。

自分でやって! 自分の頭で考えて!! と 叫びそうになる。

放っておいて、お願いだから、の気持ちがあふれかえり・・・ 泣きそうになってくる。

わたしは、チャージにものすごく時間がかかるタイプなのです。 
回復が、ものすごく、ゆっくりなのです。


だからと言って。

「今日って何日?」と聞かれ、「知らない!」と答えた 今朝のわたしの態度は、悪かった。



   ************************************


「夫の扶養からぬけだしたい」。

通称「ふよぬけ」と呼ばれている大人気コミックエッセイを 読者さまはご存知ですか?

超ブラック旦那(つとむ)が、子育て中の妻・主婦(ももこ)に対し、
これでもかというほど酷いモラハラ言葉を投げつけます。酷すぎて、クラクラします。
それはもう、読んでいて胸が痛くなるほど。 可哀想すぎて、呆然となってしまうほど。

ああ、なんて酷い!ももこ可哀想! きっと読んだ人はみんなそう思うだろう、って思ったら。

意外とそうではないことに驚いたのです。 真逆の意見が とてもたくさんある。

同じ女性側からの意見として、「ももこは甘い!」「旦那の身にもなれ!!」と。

    

自分の気持ち。 そして相手側の気持ち。 ももこの気持ち。 つとむの気持ち。

どちらにも、言い分がある。 自分の視点。 相手の視点。 自分の正義。 相手の正義。

相手の立場になることの、ああ、なんと難しいことか。 そして大切なことか。


  *********************************


ご機嫌がコロコロ変わる人にビクビクしたり、感情的な他人に振り回されることは 
嫌だし、怖いし、疲れますね。
それを知っているのなら、自分も決してそれをするべきではないのです。

自分を損なってはダメなのです。 

不機嫌の剣を振りかざし他人をコントロールするのは「暴力」です。 無能の証、です。
余裕がないと、そっちに転がる要因は、日常の中に数えきれないほど溢れかえっている。

自分が不機嫌になるのも嫌だけれど。 不機嫌な人を見るのも 同じくらいしんどい。


  ***********************************


不機嫌な人から 不機嫌な態度を取られて はっと気づくことがあります。
ああ、こんな嫌なこと、自分はしないようにしよう、と。

わたし、ここのところ、(この人と同じで)ちょっと態度悪かったな。余裕もなかったな。
いけなかったな、って 一気に反省できる。

まず こういうお知らせが必ずやってくる。 そこで気付けるか、気付けないか。


耐えられないような ツラい試練に見舞われたり、大きなバチが当たる その前に・・・
小さなお知らせのうちに 気づく。省みる。 心の中の「化け物」を、鎮める。

嫌な目に合わないと気づけないなんて、情けなかったなぁ、と 自分の未熟さを知る。

不機嫌そうなその人の顔と、自分の顔が重なる。

なにこの失礼な人!! と怒って仕舞えば、自分も一緒。

運命の分かれ目は、「ああ、知らせてくれて、ありがとう」と・・・ そう思えるか、否か。


  *************************************


嫌な目に合わなくたって気づける人になると、嫌なことって 起こりにくくなります。

一方、気づかずいつまでもそっくり返っていると・・・或る日、とんでもないバチが当たる。

突然起こったように見えるけれど、自分で種を蒔いていた。トラブルを、育んでいた。

バチが当たるのが嫌ならば、
そうなる前に 「芽」が出てしまう前に・・・・ 早めに自分の態度、改めなくちゃ!


  **********************************


早い段階で気づけば、お知らせは小さく。(比較的乗り越えやすいレベルのもの)
逆に、いつまでも気づかず よくない感情やイライラを立派に育て上げてしまうと・・・

そのお知らせも、モンスター級。 化け物級。

支えが必要なツラい状況に追い詰められて初めて 自分はこんない弱いんだ、と気づく。
こんな大変なことが起こるまで気づけなかったんだ・・・ということにも 気づく。

そういうことが これまで なんどもなんども なんどもあったから。

この仕組みを知ると。 

だから、最近はね、ちょっと予測ができるんですようになったんですよ。 
自分の身に嫌なことが降りかかることを、なんとなく、未然に防げるようになってきた。

このままではいけないぞ!今ならまだ回避できるぞ!って、そういう予感? バロメーター?

今のうちに、何も起こらないうちに 自分の悪しき心を律してみせる!! って。





ほうじ茶と、梅干しごはん。 パン派であることを、しばし忘れてしまいそうー ヽ(;▽;)ノ





ああ、人生って。


生きてると、あの人がーとか、この会社がーとか、あの店員がー、とか、上司がー、とか。
旦那がー、とか 妻がーとか。
洗ったばかりのシンクにまたコップがーとか、今日もまた蚊がーっ!!!! とか、
様々なことが 休みなく起こりますけど。


できごとをどう捉えるのかって、 自分次第。


嬉しいことにも、悲しいことにも、楽しいことにも、しんどいことにも、意味がある。
自分の身に起こることは、全て、これまでの自分の行いが招いたことなんだ。(蚊も?・笑)

「機嫌よくいること」も、だから 回り回って 全て 全て、自分のため。

わたしのするべきことは、

命あることに感謝して、 毎日 わたしなりのベストを尽くすだけ、でしょ?

シンプルなことでしょ?

一人の時間が足らないことにイラついていたって、どうしょうもないでしょ?って、気づく。


  ***********************************


これが、仕組み。


自分の機嫌を自分でなおすことの 仕組み。


いつにも増して、上手に簡潔にお話ししできなくて、ごめんなさい。 


わたしが気づいた 自分を守る、自分を幸せにする「法則」。

どこの段階で気付くかで、全然違うんだよ、ってこと。


名もなき家事の数々が 本当に名もなき雑務なのか。

気づいてももらえないようなちっぽけなことではあるけれど、
家族に貢献できていることの「小さいけれど、価値ある喜び」なのか。

今日も今日とて通販の返品頼まれていて、ヤマトの集荷を夕方待つんだけれど。
イライラとした気持ちで向き合うのか。 
家族が納得のお買い物ができるよう役に立てたこと、サポートできた事を「嬉しく」捉えるか。

全ては自分のご機嫌次第なのだ、ということに気づくのです。

毎日はこんな繰り返しだけれど、未熟者ゆえ「本音と建前のせめぎ合い」ばかりなのだけれど、
また ここから頑張ろう、と思えるのです。


大きなバチを喰らってしまうその前に。

掃除機をかけた後に落っこちたと見られる糸くずも、大好きな部屋がキレイになるなら
嬉しいことじゃないか。 ご機嫌で拾おう。

1人になりたくてたまらない時にも、
「放っておいて!」と大爆発するのではなく、気持ちをちゃんと「言葉」で伝えよう、って。


それは 一瞬は 相手のため なんだけれど・・・

巡り巡って 回り回って 全ては「自分のため」なんだ。  そう思えるのです。






                          難しいけどねっ ヽ(;▽;)ノ






                                    おわり





すっかり長くなってしまいましたね。 なのに、最後まで読んでくださってありがとう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ご機嫌よく暮らすことは、未来の自分を救うこと。0円でできる幸せ投資。そう思うのです。









  ↓ 自分に買いたいです。 「お中元」 ヽ(;▽;)ノ









最終更新日  2019.07.12 16:43:58
[幸せになる「勇気」] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.