23515226 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。


 *** 読者のみなさまの おかげで ***

* すずひのブログが 1冊の本に なりました *


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
































カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2019.08.16
XML
少ない服で暮らすことって、

管理が簡単だったり、着るものを迷わなかったり、収納スペースが小さく済んだり、

そういう実用的な、合理的なところを特に重視して、と思われがちなのですが。

もちろんそういう点を第一にして、服の数を増やしすぎないようにしておられるミニマリストさんは多くおられることと思いますが。





グレーのワンピースを着ている日には、服のラックは、こんなことになります。これぞ、悦!




わたしの「少ない服」が、12着ラックにかかっていた あの当時の画像をね。
なんと、「スクショ」してくださって、
それをよく眺めています、と仰ってくださった読者さまがいらしっゃいました。

スクショ。 「スクリーンショット」ですね。

わたしの少ない服の画像を、ご自身のスマホのギャラリーとかアルバムか何かに保存してくださった、ということのようなのです。





手持ちの服を大集合させても、この景色。なんて素敵な、我好みの景色なのでしょう (;_;)




そのお話をうかがった時。

わたし、そのお方さまは さぞかし服の数を減らしたいんだろうな。
それで、わたしの「少ない服」の画像を、「物欲封じ」のお守りみたいにしてくだっさているのかな、と、そう思ったわけです。

もう買わないぞ! これ以上増やしてしまわないように! と。

例えば、余計な服を つい買いそうになってしまった時に、その画像をみる。
「いかん!いかん!買わないぞ!」って 思いとどまる。

あるいは 新しく買う予定のスカート。 明るい色と黒とで迷ってしまった。
そんな時にもその画像を見る。「いかん!いかん!ベーシックなカラーで統一だ!」ってなる。

そんな風な、
増やしすぎそうになったり、カラフルにしてしまいそうになった時の戒め、と申しましょうか、

欲求を制御するような、抑え込む? 抑止力? 
そういう為にご覧になってくださるのかなあ、と、そう思ったわけです。



ところが。



どうやら、目的の在り処は、そこにはなくて。




その画像は、「気分を上げるために見る」 のだ、と。






さっきの画像は、こうして椅子に乗って撮っています。 カメラマンさんの真似っこ。




とても意外でした。 そして嬉しかったのです。


え!? そうなの!?   少ない服の画像を見ると、気分が、「上がる」 の?




物欲を抑え込んだり、購買意欲をダウンさせるのではなくて・・・そうか、上がる↑のか!



それ、わたしも一緒だ!!!  その読者さまと、おんなじ気持ちだ!!











いっぱい所有することで気分が上がったり、豊かな経済力を実感できるような感覚があったり、
そういう人を羨望したり、自分と比較して落ち込んだり、という時代は、もう終わったのかもしれないですね。


「盛る時代」がすでに終焉を迎えはじめているのと一緒で。


少ない服を見て、気分が上がってくださる方が、いてくれる。


暑すぎるから、あれこれ色々と着られない。 
とにかく涼しく、少ない服で。 そして とびきり似合う、わたしらしい服で。

わたしの、今のライフスタイルにあった服で。

そういうところを目指して、服を買い、手放し、成功し、時に失敗し、
その一部始終を説明してみたり、数えてみたり、あれこれ言葉を尽くしておりますわたしですが、
これって、これが「ブログ」であるから、ここではこまめに言語化しているだけでなのであって、


ふだん、自分が。 わたし自身が個人的に感じているのは もっと「感覚的」な喜び、です。



この景色が好き!!! という とても単純な気持ち。



この 「少ない服」の景色を毎日見ているだけで、気分が、「上がる」。 まじ 上がる。


いや〜、少ないわあ。 ほんと少ないね〜。 うんうん、いいわあ〜↑↑↑と。


スクショしてくださった方と、きっと、これは、同じ効能。



おとーさんもね。 あれ? 姿が見当たらないぞ? と 思うと、
ときどき自分のクローゼットの前に座って、自分の服を、ただただ無言で 眺めているんです。
あれも、きっと。自分の好きな景色を眺めて、満足して、気分を上げ↑て いるんだと思う。



日常を離れ、どこか遠くまでお出かけして、絶景を見て、気分を上げる。(SNSにも上げる)


それも、わかる。 もちろんすごくわかります。 


でも、自分の暮らしの中に。 というか 「自宅の中」に。 一番好きな景色がある幸せ。



これこそミニマルライフの醍醐味のひとつ。 自分の家の中にいて、ただ、うれしい。

そういうミニマリストさんって、とても多い。 

みんな「自分の家が大好きだ!」って おっしゃってる。











ものや服だらけ。情報だらけの景色は、多分わたしは、好きじゃなかった。
長い長い間、好きだと、それが「豊か」なのだと 錯覚を起こしていただけだった。
だから、当時は・・・何にもないホテルや旅館などの「非日常」の空間を、定期的に求めた。


「何にもない」も、「気分が上がる」も、どこか他所にいかないと、体感できなかった。


今は、ここにある。  「気分が上がる↑」の景色が、毎日、目の前にある。


どこに出向いても見られないだろう、この「少ない服」の・・・「しろくろ」の景色。



ここにあるから。 何処か遠くまで探しにゆく必要は、もう、ない。


まるで「青い鳥」のお話みたいですね。 











少ない服で暮らすことが大好きですが、
それ以前に、この「少ない服の景色」「少ない様子」を 見られることが ただ単純に好き。


ずっと、見ていたい。


「常に100%のお気に入りを求めるところ」が わたしにはあるから。

たくさんあると、把握できてないと、100%って、 叶えられないんですよね。


自分の「好き」が。 わがままが叶うのって・・・「少ない」からこそ。



服だけじゃなない。 食器だって、生活雑貨だって、食べ物だって、なんだってそうです。


少なければ、叶えやすい。 多くを求めると、叶えにくい。


「少ないもの」。 「多くのもの」。


どちらの方が、より小さなエネルギーで、
より現実的な予算で「理想を実現すること」が 可能か、否かは・・・


もはや。   考えるまでもありませんよね  ( ´▽`)ノ






                                      おわり





台風一過の朝。
この辺りは、すごい暴風でした。読者のみなさま、ご無事でいらっしゃいましたでしょうか。

↓ 今日もすずひに会いにいらしてくださって、ありがとう。 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

「母を嫌いな息子なんていませんよ。 いるもんか。」

楽天ブロガーさんの。 昨日、寝る前に読んだ、男性ブロガーさんの日記。温かい日記。 
まっすぐなこの言葉が強く胸に突き刺さり・・・心が震えて、昨夜は 眠れなくなりました。 

頑張って生きよう、と思った。

そして寝坊しちゃった!!   起きたら9時だった(笑)!!











最終更新日  2019.08.16 19:24:15

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.