24324535 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。


 *** 読者のみなさまの おかげで ***

* すずひのブログが 1冊の本に なりました *


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村














































カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2019.08.18
XML
カテゴリ:ミニマルに暮らす
わたしの暮らしに必要なものだけを選ぶのは得意なのです。 とても、得意。

ですが、SNSの世界において。

わたしに必要な情報だけを選ぶのは、かつて、苦手でした。 とても、失敗しました。


まるで興味のない情報には反応しませんが(投資をしていないので、トレード系とか)
そうではないもの、例えば わたしは服が好きですから「ワンピース買いました!」とか
スッキリしたお部屋が好きですから「捨てました!」とか。
そういうのには、反応してしまう。 あっさり興味を持ってしまう。


そこで、設けたのが、わたしなりの「3回ルール」です。






いただいた立派なぶどう ヽ(;▽;)ノ こんな立派なの、自分ではなかなか買えないから嬉しい!




SNSやブログには。 WEBの世界には。

楽しかったり、知らなかったことを知られたり、わたしも頑張ろうと思えたり、
そういうポジティブな情報が、たくさんあります。


そういうことを知りたくて、知ることができるのかな?と思ってたどり着いたのに、
読んでみたら、なんか違った、という気持ちになったことのある方は多いと思います。


そんな時って、その気持ちに、読者さまはどんな風に対処しておられますか ( ´▽`)ノ ?


思っていたのと、期待と異なった記事。
相容れないような、共感しにくい記事。
考えを押し付けられたような気持ちになる、後味の良くない記事。
もう、それは知ってます。というような記事。


書き手側からしても、
そういう記事にならないように 気をつけて書くのは、とてもとても難しいです。


ものの少ない暮らしでも、
服の少ない暮らしでも、

家族や子どもとの関わり方や向き合い方、現状の捉え方でも、
友人、親戚、ご近所さん。 その他人間関係に関する考え方でも、
毎日いただく「食品」の選び方でも。



発信していると。

これは! という自分なりの気づきや、何かを掴んだぞ! という気持ちになった時って、
ついつい熱くなってしまうところがあります。

伝えたい、という気持ちが急いてしまう。 
言葉や経験が追いつかないのに、見切り発進してしまう。




  

若い頃は赤青黄色の食材から元気をもらっていたけれど、今は「紫」です。 元気になる!




このブログをはじめさせていただいて、
初めの2年間は、ほぼ毎日更新していたのがわたしでした。

初めの2年間って、書きたいことが次々溢れてきますし、
どんどん書いて、どんどん発信する、すごい「疾走感」みたいなものがありました。


けれど、それと同時に、振り返ったり、立ち止まったりすることがおざなりになりがちになったのがわたしでした。

ああ、こんな言い方するべきではなかった、とか、

この表現は適切ではなかった、とか、

お読みくださった方の気持ちを考える余裕を欠く、というか・・・


そういう失敗が、後悔が、わたしには ありました。

 *************************************


何かを好きだったり、伝えたい気持ちが溢れてしまった時、
勢い余って、反対側にある何かを否定しまくってしまうことが あった。 多々、あった。


反対側にあるものを否定せずに、自分の考えを話すことって 難しいです。



例えば、3回ルールだって。

昔はね、「無印良品」と題されているブログには、そのタイトルに、わたしはすぐに引き寄せられました。 喜んで読みにいった。

そのうち、なんか、「あれ?」って感じるようになりました。
楽しくないのです。 無印良品のことは大好きなのに、誰かが購入された何かの紹介を見ても、
「こころ」が 全く反応しなくなった。 もう、なんとも思わなくなってしまった。

それは すなわち おそらく 「つまらない」と思った、ということ。なのでしょう。


これは、その記事がどうだ、ということでは決してなく、わたしの側の勝手な変化です。


そういう時は、そういうことが「3回」続いたなら・・・


SNSの場合、それは、「わたしの方が去るべき時が来た」 ということなのです。


書き手さんには、何の責もない。 一つも悪くない。 わたしが変わったのだ、ということ。


その人に張り付いて、不平不満や物足りなさを感じたりするのは、お門違いなことなのです。
気が合わなくなってしまった人と、そっと離れる。 喧嘩したり、傷つけ合う必要はない。


人間関係と、同じですね。





  

DEAN&DELUCAの紙袋。 わたしも、ちょっとくしゃくしゃになっちゃった!




気が合わないSNSに関わると、たいそうネガティブな気持ちになることがあります。
叱られたような気持ちになったり、自分の暮らし方や子育てを否定されたように感じたり。

気の合わないSNSには、人が落ち込むのに必要な情報が 基本、全て揃っている(笑)

そこに、立ち向かいすぎると・・・ 心が、参ってしまうでしょう?

そうじゃない、優しいSNSだって いくらだってあるのに、
なぜが、そこにこだわってしまうことって、立ち向かってしまうことってありますね。

落ち込まされたり、傷ついたり、
そう言う目に遭う可能性が高いSNSを なぜかのぞいてしまうところって、ある。

見れば傷つくかも知れないのに、今日も見ちゃう、謎。  何なんだろう、あの心理。

目をそらすことができない、謎(笑)  「どM」としか、もう(笑)



3回ルール。


そのSNSで 3回違うな、って感じたら、悲しい思いをしたら、もう、見ない。

ちょっと意見や考え方が違うからって すぐに遮断してしまうのではなく、
わたしなりに、3回は、頑張ってみる(笑)

でも、無理だった。 そういう時は、もう、ね。

いいお話も聞けるんだけれど、なんだかんだトータルして、3回複雑な思いをした。


そしたら、そこで、おさらば。  もう読まない、2度と、読まない。 (← ここが大事)


SNSは、向こうから追いかけてくることはないのです。

多くの場合は、自分から寄って行っちゃうものでしょう?


それを、やめる。 培って来た「捨て」の能力を、ここに発揮する。



精神衛生が守られる。時間も生まれる。 情報は、本当は、いつも自分で選べる。


気の合わないところに自ら飛び込んでは、不快な思いしたり、怒ったり。
真面目に向き合ってしまう人って、意外と多いと思うのです。 

まともに受けて、傷ついてしまう。 時に、怒りすら感じてしまう。


3回ルールは、おすすめです。 なんていうか、自己責任でしょう?(笑)


リアルでも。 3回嫌なことしてくる人って、4回目も、必ずしますでしょ(笑)?


仏の顔も3度まで。

逃げるが平和。 離れるが平和。  気にしたら負け。 すがりついたら、「M」(笑)





くらためちゃんが、いつか買っていたバナナマフィンをすずひも買ってきました!
くらためちゃんも、紙袋、確かくしゃくしゃになっていたから、そこも一緒だね ( ´▽`)ノ




 

SNSに関しては 多くの人は皆「Mっ気」寄りな気が。

現実ではものすごくさっぱりとした人でも、ネットって、なぜか人を別人にしちゃう。

また読みたいな。 次も楽しみだな。 

そんな風に思ってもらえるブロガーになりたい、といつも思って書いています(これでも)



  ************************************


勝間和代さんのインタビューを読んだのです。


すごく時間や労力を費やして、不得意なことが人並レベルになったからって、
果たしてそれが「成長」なんでしょうか? 

お互いに疲れません? いつまでもできないことを教えたり教えられたりするの。 



「すごく苦手なことが人並みになることなど、成長とは言えない」って仰っておられて、

インタビュアーさんが、???? となったので、勝間さんは、こんな例え話を。


100mを10秒台で走る人が9秒台で走れるようになったら
オリンピックに出られるけれど、
14秒で走る一般の人が13秒台で走れるようになったところで、
社会には何の影響もない。



なるほど。 勝間さんらしい。 流石のお考え。

インタビュアーさんは 「おおお!なるほど!」と唸っておられたけれど。


全体としては「うまくいくことって努力しなくてもできるんですよ。」
その方が合理的なのよ、というお話ではあったのですが。
そこへ繋げるための、前哨?のような部分ではあったのですが。


そういう小さな成長って・・・わたしはとても素敵だと思うのです。 
苦手に向き合うことって、得意なことを伸ばすよりも、もっともっと勇気や努力が必要ですし、
大人になってからも何かをがむしゃらに頑張るのって、すごく泥臭くて格好いいじゃないですか。


社会的には、組織的には、何の影響もないことでしょう。 確かにおっしゃる通りなのです。
でも、個人の小さな成長や苦手の克服って、とても素晴らしいと、わたしは、思う。 わたしは。

勝間さんは立派な方です。 気が合う。合わないって、多分、こういうこと(笑)

お相手の考えを否定することなく、ただ 離れる。 わたしは違うと思います! と怒らない。

一生会うこともない人なのだから 何を仰られておられようと自分とは関係ないことなのに、
そういうことにいちいち無駄に腹を立ててしまう。 許せない!ってなっちゃう。


そういうところ、わたしにもあったから。


もう、捨てようと思って。


いい気分で暮らすことって、簡単だった。


自分から、離れる。  いつからだって、今この瞬間にだって できることでした。







                                  おわり






【吉報です!】 すずひ家のベランダに、蜂がこなくなりました!

 ↓ 蜂との激闘の日々が終わってよかったね!のポチッと、ありがとうヽ(;▽;)ノ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

巣が撤去されたのかもしれません。 それか活動が一段落したのでしょうか。
とにかく嬉しいです。ご心配をくださった読者さま、ありがとうございました ヽ(;▽;)ノ


そして。 Q輔さん、ありがとう。










最終更新日  2019.08.18 12:12:17
[ミニマルに暮らす] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.