24324586 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。


 *** 読者のみなさまの おかげで ***

* すずひのブログが 1冊の本に なりました *


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村














































カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2019.09.12
XML
もっとこうすればいいじゃん、とか
気にしすぎだよ! とか
色々あると思うけれど まぁ頑張りなさいよ、みたいな。

親切なふりをした無責任な励ましに、キレそうになったことって ありますか?

どんな思いで わたしがここまで向き合ってきたか、あなたに一体何がわかるの!? と。


あなたが守ってきた美学に合わないようなことを言われると
「わかったような口を聞くな」と牙をむくところがある。 



同じ熱量で話のできない人に用はなく、「あり得ない。帰れ。」 と、
表向きの顔は、いつもと変わらぬ笑顔でも、心の中で 冷たくそう思う。

そしてギリギリまで頑張って、自分のできる限りの精一杯の責任を果たして、
ある時突然「もう何もかも我慢できなくなる」というような「強制リセットボタン」を押したくなり、「もう私のことは忘れてください」とか、急に言いたくなるようなことがある。

みんなの側には見せていない、そういう「凶暴性」が水瓶座には あります。
                               (しいたけ. さん曰く)


わたしのことが、なんでわかったの!?



というか、そうじゃない人なんているの????  と思ってしまうくらい、
水瓶座にとっては、それが当たり前な感覚なのです。  妙なギリギリ感&中二感(笑)

読者さまの中の水瓶座さんにも、ね、きっと そういう要素がおありでしょう? ( ´▽`)






薄めのニットの1枚目を選ぶことができました。 厚いのと比べてみると、こんな感じ。

   ↓ 右の厚い方のニット(GALERIE VIE)は、こちらです








「心から愛せるものじゃないと、なかなか距離が縮まらない」というのは、
人間関係だけの話では決してなくって、もの、でも、暮らし、でも考え方、でも、そうですね。

心から愛せないと、続かないですね。 (ブログもね、きっと、そうなんだよ。)

ブログをやってみたいけれど、続きそうもなくて・・・、って相談されたことがあるんだけれど、
始める前って、きっと多くの方がそう思うのだと思います。

心から愛せると、大丈夫。  ブログは、続きます。  














ずっと昔、大好きだったブログがあるのです。 ミニマリストさんのブログです。
その方のお家の写真を見るのが大好きでした。


白い床。 何にもないリビング。 キッチン。 ご夫婦と、お子さん2人。

ファミリーなのに ここまでものを減らすことができるのか!と、大きな勇気をいただいた。
そのころは、まだわたしは 捨てを始める前、でしたから・・・ 純粋に憧れました。


その人は、「水瓶座」でした。



  *************************************



水瓶座の人は、「配置とかバランスの美学」を自分なりに持っていることが多く
たとえばお店に行ったときなどに「何でこの商品の並びにこれを置いちゃうかな?」とか
「壁は素敵なのに、なんでこのテーブルにしちゃったんだろう???」とか
無性に気になっちゃうことがあります。


景色も、人の話も、どこか「シンプルにまとまっていない」ものが苦手で、
「過剰なばかりでおもしろくない。だから少し黙っててもらえます?」という感じがどうしても襲ってくるのです。
でも、それは悪いことだけじゃなくて、色々な物事に対して「うるさいな」と感じる水瓶座は、自分なりにブチギレて、テキパキと仕事を終わらせてゆく能力を持っています。



しいたけ.さんは、もはや、占い師を超えた 「理解者」だ。

わたしが捨てていたときの気持ちの根底には、まさに、その「うるさいな!」が 常にあった。

わかってくれる人がいる、という幸せを・・・いつも 優しい言葉と「占い」で 与えてくれる。






袖口のリブの長さも好み。 こういう好みって、本当に変わらないし・・・妥協できない(笑)








その大好きだった 水瓶座・ミニマリストさんは。



ある日、忽然と ブログを辞めてしまいました。


忽然、というか、なんとなく「布石」みたいな雰囲気があって・・・


わたしは、ある段階からそれを敏感に感じとっていたので、不安になりました。



今日は更新してくれているかな。  していてくれますように。  祈る思いで、PCを開く。



ああ、良かった。  更新してくれてた。


ああ、嬉しい。  今日も、会えた。






また改めて詳しくご紹介させてくださいね。 肌触りが本当に、すごく、違う ヽ(;▽;)ノ









けれども。


あるとき、更新がなくなり・・・ 3日空き、5日空き、1週間が空き・・・



その人は、いなくなってしまった。




どこかで 今も 美しく暮らしていらっしゃる。


いなくなんかなっていない。




そう思っても、わたしにとっては 大好きな彼女が「いなくなってしまった」気がして・・・

たまらなく淋しかったことを覚えています。


ブログを「愛せなくなってしまった」のかな、って・・・今なら、彼女の気持ちが、少しわかる。



愛せなくなったら、続かない。  それが、水瓶座。



ああ、それまじわかる、って。  



水瓶座のみなさまなら・・・・ きっと、なんの疑問もなく、そう感じるでしょう?







                                   おわり










昨日は、とってもたくさんの「きたよ」を、本当にありがとう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

偏屈なブログを、いつも見守ってくださるあなたがいてくださるから、わたしは、書けるのです。
勇気を持って、書ける。 この場所を愛することができる。 いつも 本当に、ありがとう。














最終更新日  2019.09.15 13:11:54
[ミニマリストになる前は・・・] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.