27040745 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。


 *** 読者のみなさまの おかげで ***

* すずひのブログが 1冊の本に なりました *


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

























































カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2020.02.14
XML
カテゴリ:ミニマルに暮らす


小さなかわいいチョコレート。 わたしもいただきたいので、3個、です(笑)
「サティー for DEAN&DELUCA 」 の シャポーショコラ。




  *************************************



ミニマリストブーム。 片付けブーム。  タピオカブーム。

泡沫(うたかた)のように生まれ、そして消える。
久しくとどまりたるためしなし。 それが「ブーム」。

そして昨今。 「顔」にもブームというのがあるらしい Σ(゚д゚lll)!

ドラマやCMや映画などで活躍する女優さんのお顔には、最近、ある「共通点」があるのだそう。
人気のコラムニストさんがおっしゃっていました。


それは  「頬ふっくら」&「下膨れ」  なのだとか。 


へぇー。 顎がシュッとしたような、お肉の少ないシャープな小顔は、もう古いの?


いつも楽しみにしているブロガーさんのページで知ったお言葉も、そういえば そうだった。

「顔のお肉は宝物」
  
        濱田マサルさん著・「読む」美容辞典より





30歳すぎての過激なダイエットは、顔の「宝物」が失われ、貧相に見える。


すなわち、とても「老けて」見える。 


頬やまぶたなど、顔のお肉がなくなると、顔に余計な「影」ができてしまうのだそうです。

だから顔のお肉だけは くれぐれも、くれぐれも大事にね!という、警鐘のような お言葉。







チーム男子にはクッキー缶も添えて。おとーさんがクッキーを大好きなことを去年知ったのだ。






 ****************************************




痩せろー! オマエ顔痩せろー! と言われるよりも、ほっとできる、これらのお言葉。
何だか「赦された」ような・・・年齢を重ねてゆく自分の顔を いたわり慈しめるような。


痩せただけでキレイになれるのは「若い時限定のお話」なのだそうです。
年齢を重ねるとともにそれは逆転し、ちょっとぽっちゃりこそが「きれい」になる、と。

ああ、何という希望に満ちたお言葉なんだ。 こういうのは素直に信じる(笑)!!

確かにこれは、顔だけじゃなくて、「手」にもわたしは感じていることだから。
ぷにぷにの手なおかげで、年齢の割に「ぎすぎすな印象の手」にならないで済んでいるところが、わたしにはあります。


昔は痩せたくて。 顔も、お腹も、背中も、足も、腕も、手指も痩せたくて。

食べても食べても食べられるし、この食欲はいつになったら枯れるのだろう、と悩んだ。
食べても全然太らないタイプのお友達が羨ましくて。

今は、もうそういうことはそんなに気にならなくなりました。
胃腸がいい感じに老いてくれたおかげで、そんなにガツンと食べられなくなったし、
ちょっとご馳走が続いてしまって2キロくらい太っても、数日すれば自然と戻る。

健康を著しく損なうようなことにならなければ、それでいい。

わたしは顔が丸いんですけれど、そこも好きになりました。
丸顔は、ほっぺがたるむと、四角くなってきます。
あれ、四角くなっているぞ!と気づいたときには、ちょっとだけ多めにコロコロします(笑)











基礎化粧品は、もう何年もこれだけ。










今回注文したら、少しリニューアルされていて、ボトルが「楕円形」になっていました。







美容液とか、目元クリームとか、いっさい持っていません。
新しいコスメが気になって、ちょと手を出したりしたことも過去にはありましたが、
使いきれないまま使わなくなることの繰り返しだとわかり・・・もう買わなくなりました。

わたしには、メディプラスゲルだけで足りている、ということなのでしょう。

もっとちゃんとあれこれしておかないと何年かあとに大きく差がついて悔やむのでしょうか。

日焼けだけには気をつけながら保湿しておけば、もうそれでいいような気がしてるんだけど。


ダメかな?(笑)



 ****************************************



30代の終わりころ、肌がカラカラに干上がってしまったあれは、いったい何だったのだろう。

もうすぐ50歳なのに、今はぜんぜん乾かないのは、これもまた、何故なんだろう。

30代の頃の方が、いまの10倍くらいお金も時間も手間暇も情熱も費やして、
過保護に過保護に構いまくっていたのに。 なんかね、何をしても、いつもゴワゴワだった。


そんな肌が、どうしてこのように落ち着いたのかも、結局のところ、よくわからない。
とにかく、なぜか乾燥しなくなったのです。
高い基礎化粧品全て手放してこれ1本にした頃から徐々に。 それしか思い当たることがない。

人間は、自分の選んだものや使っているものを「良い」と思いたい生き物です。
はじめの何年かはそう思いたくて使っているようなところがありましたが、
本当にかれこれ10年近く、全く浮気することなくこれ「だけ」を使ってみて・・・

もっともっといいものも、どこかにはあるのかもしれないけれど、

わたしには、これが一番ちょうどいい、と 確信している。

驚きの、誰もが羨む、内側から発光するような 超・美肌! じゃなくて。 

ふつうに潤った、健康的な肌で、そして「頬ふっくら」で、
福の神のようにニコニコしていられたなら、それがいちばんいい。

「美」への飽くなき欲望や執着も・・・ ミニマルに手放すことができました。


あ!もしかしたらこれか! 肌への「執着」を手放したのがよかったのかもしれない!!







メリリマの板チョコも添えて平等な2セット。家庭平和は いつの日も「平等」の名の下に(笑)







 ****************************************



色々なものや執着を手放す中で、去年、いや一昨年か。「帽子」も手放したんですけれど・・・


帽子なしで、去年のあの地獄のような猛暑をひと夏過ごしたせいなのか、

今、ちょっとだけ 頬のシミが、ちょっとなんだけれど、増えました。

ちょっとなんだけれど、 しかし 「明らかに」 増えました。

シミくらい、まあいっか、という気持ちと、
帽子、やっぱりいるのかなあ、という気持ちの狭間で、
紫外線が本格化する季節を目前に、今、BBA の心は 若干 揺れ動いています。

「日傘(というか長傘」)と「日焼け止め」と「出かけない作戦」だけで立ち向かうのには 
昨年の夏のあの「超・殺人的ウルトラ紫外線」は・・・ あまりにも手強すぎたのでしょうか。


今くらいのシミなら全然構わないのですが、
毎夏ごとに、ねずみ算的に、二乗、三乗、で 増えてゆくのだとしたら・・・ね ( ´▽`;)


帽子かぶるとクラクラしちゃうのは、今年もまだ治らないかな (;_;)



これも、あああ、「欲望」と「執着」 なのかな  (;_;)



「きれい」は諦めると家出する。  これも濱田マサルさんのお言葉。 


こっちのお言葉は、おお、怖い。


きれい、家出しないでー!  チョコあげるから、ここに居てー ヽ(;▽;)ノ please !






                                     おわり







みなさま、ハッピー・バレンタイン ( ´▽`)ノ
すずひは「家族」と「Eちゃん」だけにチョコをプレゼントする ミニマル・バレンタインです。

↓ 「バレンタイン・キッス」の振り付けが。今だに無駄に完璧なすずひに ポチッとありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

身近な人にあらためて「ありがとう」「大好き」を伝えられるバレンタインは 素敵なイベント。
ハロウィンは、いまだにちょっと大変そうでよくわからない「おニャン子世代」、です(笑)

いつ呼ばれても国生さゆりちゃんの後ろで踊れるよ!!(笑々)











最終更新日  2020.02.15 07:42:51



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.