27878874 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。


 *** 読者のみなさまの おかげで ***

* すずひのブログが 1冊の本に なりました *


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

























































カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2020.02.27
XML
「3年と7ヶ月」もブログを書いてきたのに。

誰かを 癒すことのできるブログを わたしは ひとつでも書けた日があっただろうか。











考えていることやお伝えしたいこと、お気に入りの持ち物や、インテリア。
お出かけしたことや、そこで食べたもの。 その日買ったものや、手放したもの。

そういうことを発信するのは、多分、誰にだってできることなのです。


読んでくださった方が ホッとできるような、安心できるような、
何かに傷つき痛みを抱えておられる御心を、そっと癒すことのできるような、そういうブログ。









目の前にいる、今、無邪気な笑顔を見せてくれているその人が。
わたしよりも涙を流した数が少ないなどと、誰がいえよう。 


どこかで読んだ、この言葉を、思い出す。  Tomy 先生の本だったかな。



わたしには 好きなブロガーさんがたくさんいて、


嘘です。 ちょとだけ、いて。


元気のない様子のブログを読むと、2種類のショックを受けてしまう。


ひとつめは。

いつもの元気さとの差異からの、ショック。
いつもの元気さや明るさを、今日はうかがうことができなかったなあ、という ショック。


ふたつめは。

その人に明るくいてもらいたい、という気持ちを勝手に押し付けている傲慢な自分へのショック。
勝手に理想化してしまっている自分へのショック。

「いつも元気に明るく笑っていて欲しい」なんて。  鬼なの?  わたしは。













誰にも話せない胸の内を明かしてくれたような日記を、

今日は2つ続けて読んでしまったのです。



誰かを、癒すような、ブログは。 どうしたら書けるのかな (;_;)


それは狙って書けるものではない。


書き手に そういう器がないと。 

人を癒すことのできる 「素地」がないと・・・ 書けないのだ。




 **************************************




今日は いつもよりも 何倍も心を込めて、トイレを磨きました。
いつものとおり、毎日洗ってキレイに乾いたタオルを、
いつもの通り、最後に「心を込めて」掛けました。


家族でも。 友達でも。 お会いしたことのないブロガーさんでも。


誰かをそっとかげから応援したいとき、わたしは、いつも、いつも、そうしてきた。













家族の受験の時も。 お友達の愛犬が心臓の大手術をするときも。


わたしがわたしん家のトイレ磨いて、そんなことが一体 何になるんだ? 


わからないです。  わからないんだけれど。



「それしかできない自分」に 気づくことができる。  哀しいくらい。



自分にとって大切な誰かが、何かに立ち向かっているのに。

たとえば試練の中にいるのに。 たとえば傷ついているのに。

ここぞという時、なのに。


わたしなんか、何もできないのだ、ということを、知る。


それは、夫婦でも。 親子でも。 友達でも。 犬でも。


わたしには、ただ、思いを込めて目の前のトイレを磨くことしかできないのだ、と 思い知る。



  *************************************



磨いているうちに、なぜだろう。

抱えていた、わたしの「ショック」や「不安」や「緊張」や、
「こうなって欲しい!」「ああなっては嫌だ!」という自我にまみれた自分勝手な「欲望」が、


知らないうちに、そっと和らいでいることがある。


誰かを想ってトイレを磨くことが、自分の心を落ち着かせてくれるだなんて。 


お相手側、対象側、ではなく。 こちら側に。 「自分側」に作用するだなんて。


何も心配いらない。いちばん「良いこと」が、これからきっと、起ころうとしてる。




一心に磨き終わった頃には・・・ ふっと余計な肩の力が抜けて、そう思えるのです。














トイレ掃除は。



キレイ好き、とか。 掃除好き、だけでは きっと 続かなかったのかもしれないな。



わたしの人生の中に「大切に思える人」がいるから、続く。



昔は 自分の(金運だけの)ために磨いていた。

何年かして、ようやく「無心」で磨けるようになった。



今は。



大切な誰かを想って磨くからこそ続けられている。 の、かもしれないです。








                                   おわり







今日も読んでくださってありがとう。 バナーを押してくださって、ありがとう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ポチッとしてくださったあなたさまの1日が。 あたたかさあふれる1日でありますように。














最終更新日  2020.02.27 22:52:50



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.