29051293 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。


 *** 読者のみなさまの おかげで ***

* すずひのブログが 1冊の本に なりました *


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村




































































カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2020.03.11
XML
ミニマリストブログ界隈では。

少し前は「ニットの毛玉」に関する話題が熱かったのですが。

ここ最近、

「痩せていることの是非」についてお話しされておられる方の日記を、続けて拝読しました。

「痩せたいです!」「痩せました!!」っていうんじゃなくって、

もうそんなに痩せたいとか思わない。

それよりも、自然体で健康的で、
ニコニコと、ほんわかとご機嫌良く、生き生きとしていたい、というような。






ある日のお昼ごはん。 お昼スープ。 
冷蔵庫の残り野菜を、何もかも入れた・・・ 「根菜と豆のミネストローネ」。






わたしが思いますのには。


「痩せたい」という感情は、人の「第一感情」ではない気がするのです。

「痩せたい」と思う、その もっともっと前に。


「今の暮らしが気に入らない」
「自分の扱われ方が気に入らない」


「人生がうまくゆかない」「仕事がうまくゆかない」
「自分に自信を持てない」



そう言った いわゆる不平不満系の、
中でも「自分を嫌い系」の、とても苦しい第一感情というのが まず先に、根底にあって。


それら諸悪の全てを「太っているせいだ」と、感じて。 

痩せさえすれば自信を持てる! 痩せれば何もかもきっとうまくゆく! 

と信じ、自らに期待を込めて、ダイエットを始める。 「痩せる決心」をする。







野菜に塩をふって、少し水分を抜いてから、オリーブオイルで炒めます。水っぽさが消えます。







自分の暮らしに満足できると。

「痩せたい」とか、必要以上に思わなくなるのかもしれない。

今が幸せだから、十分に健康だから、このままでいい、今のままのわたしがいい、と。

「痩せたがらない人」は、今がとても幸せな人なんじゃないかな、という気がします。

自分のことをちゃんと好きでいられている人。

そして 「愛されている人」 なんじゃないかな、と思うのです。








わー、湯気!湯気!スープに加えるのはベーコンよりも「豚バラ」が好き。
古代小麦のバゲットをほんの少し添えて・・・ いただきまーす ♪( ´▽`)






わたしは、ずっとずっと若い頃。

ずいぶんと前にも少しお話しさせていただいたことがありましたが
「拒食症」を患っていた時期がありました。

あの頃は、本当に自分に自信が持てなくて、自分のことを大嫌いで、
痩せた華奢なお友達ばかりがキラキラと輝いて見えて、
こんなんじゃダメだ! こんなわたしのままじゃ全然ダメだ!と、
自分の至らなさや、自分の性格や、自分の姿や体型を、心の底から憎んだ。

そんなに太っていたわけではなかったんですけどね。
もっと細いお友達を見て、その度に「自分はダメだ」と思った。

自分を嫌いすぎて・・・ 自分で自分を破壊してしまいたいような気持ちだったんですね。


こういうことを書くと、メンヘラだとかなんとか言って嘲笑されてしまいそうですが、
笑ってもらって平気です。 もう、20〜30年以上も前の出来事です。 

・自分のことを正確に知る者は、苦しむ。
・自分の至らなさも自覚しない者は、楽しい。


わたしね、ずっと覚えているすごく好きな言葉があるんですけれど・・・聞いてくれる?


メンヘラを笑う者は、
病むほど大切なものも 複雑な精神もない、それだけだ。



笑ってもらっても、わたしはもう、平気だ。



 *************************************



人生の中で、あの経験があってよかった、と、いまはとても思っています。

恥ずかしい過去だとか、隠そうとか思いません。

そういう人の気持ちや痛みが、ちゃんとわかる大人になることができました。 


 ***************************************


自分を好きになると。

自分が太っているとか痩せているとか、あまり関係ないというか。
もちろん 大きく健康を損なうような体重変化があってはなりませんが、
標準体重を大きくはみ出てしまったり、延々増え続けてしまうようなことは避けたいですが、

とても「ふつうな感じ」で いまは、いられる、というか。

異常な食欲も、反対に食欲のなさも、どちらもおそらく本当の「空腹感」とは別の、
それは何かもっと「精神的」な「病的」なもので。


満たされない苦しい何かが、そこに必ず潜んでいて。


そうはいっても、自分を好きになることが、まずとても難しいことなんですけれどね (;▽;)


わたしはもう すっかりおばちゃんですけれど、


今更ながらですけれど、すごく時間がかかりましたし、遅かったんですけれど、



ようやく自分を好きになれたんですよ。



そうしたら、すごく太ってしまったり、反対に痩せ過ぎてしまったり、
そういうことが、なぜか不思議と起こらなくなったんですよ。


ああ、何が言いたいのかわからなくなってきちゃいました。



 ***************************************



体型云々なんて必要以上に気にしない! とか
そんなことよりも 柔らかな印象で温かい魅力的な人でありたい! とか、

そういう発信をしている少し若いブロガーさんを見ると・・・ だから 嬉しくなるのです。


ああ、幸せなんだな、って。 


自分を好きだと感じられているのっていいな、何より素敵なことだな、と。



 **************************************



「片付け」「貯金」「ダイエット」


自分を嫌っているときは、そのどれもが、ちっともうまくゆかなかった。


自分を好きになっちゃうと。

なんだかそんなに必死にならなくても
不思議と自然と3つとも、自然とうまく行ってしまったりします。


痩せたい人の気持ちもわかる。

食べたい人の気持ちもわかる。

貯めたいひとの気持ちもわかる。

片付けたい人の気持ちは、一番よくわかる。


できなかった、苦しんだ時期があったから、よくわかるのです。


そのときは、とても孤独でツラくても。


できなかった「苦しい苦しい時期」があってくれたこと・・・わたし、本当に、よかったな。







                                     おわり







少ないもので暮らすようになってから、少ない食事も愛せるようになりました。
お気に入りのものを少し。 美味しいものを少し。 暮らしは全て繋がっているんですね。

↓ スープって作るのもいただくのも大好き。スープ飲みたくなった!のポチッとありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ちょっと重い内容を含んでしまった日記でした。
最後まで読んでくださって、ありがとう。

更新をお休みさせていただいた昨日も、たくさんの「きたよ」。 とても嬉しかったです。










最終更新日  2020.03.11 13:23:58
[幸せになる「勇気」] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.