29146142 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。


 *** 読者のみなさまの おかげで ***

* すずひのブログが 1冊の本に なりました *


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村




































































カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2020.04.03
XML
昨日の日記を書いたあと。

国がくださる「マスク2枚」に感謝できないわたしは人間失格なのかなあ、と

自問自答の時間を過ごしました。


 ****************************************



お隣さんが「7人家族」だということもあるのかもしれません。
元気な5人のお子たちの顔が浮かんで、
そのうちの2人のお子しかマスクを装着できない画が、すぐに想像できた。


あるお友達は。 

足りてる? 大丈夫? これよかったら使って、と

マスクが手に入りにくくなったころ、

わたしに「3枚」下さろうと、そっと訪ねてきて、そう言ってくれたことがありました。



うちの家族の分は大丈夫。 こんな貴重品なのに、ありがとう。と。


お気持ちだけをありがたく、本当にありがたくいただいて。




 ***************************************



友達でも「3枚」くださろうとしてくれた。

それなのに国が「2枚」って・・・・ って、そう思った。


わたしは 間違っているのかな。


「マスク2枚」の助け合いならば。

ご近所同士で、友達同士で、身内同士できることもある。
その人が、その場所で、これまでどう生きてきたかにもかかっている。

全てが全て、国のせいじゃない。

国は、もっと他にすること、国だからこそできること、

こんな時だからこそ、「国の規模でしかできないこと」を助けて欲しい、と思った。






「ローテーション献立」の長年の習慣が、食品の備蓄にとても役立っています。
何をどのくらい買ったらいいかわからない!あれ足りない!余った!って、ならない。



 ***************************************


たとえば、
今回のことで収入が途絶えて、
家賃や電気代やガス代や水道代が払えなくなって 
退去を余儀なくさせられてしまった住人のポストに
その「マスクが2枚」届いたとして、

その「元居住者」の手に マスクはわたるんだろうか。 

大家さんのものに?

欲しがりません、勝つまでは。 という国、日本。


美徳なのかな。


わからないです。











わたしが知らないだけで、

布マスクには、

もしかしたら国家だけが知りうる「底知れぬ感染防止能力」が秘められているのかもしれない。

ああ、布マスク2枚いただけてよかった! と、

ずっと後になってから、わたしは知るのかもしれない。


新型ウイルスの対策本部が始動して、2ヶ月。

国のトップが、日本という国の叡智が 
2ヶ月かかって、ようやく初めて打ち出した具体案が「マスク2枚」ということに。


驚きと、ショックと、いろいろ合わさって、わたしは 笑ってしまった。


日本という国家の「国民への支援」って、そうなんだ、と。


布マスクを衛生的に保って使うには、
きちんと洗ったり、消毒したり、アイロンでの殺菌をしたり、
それをできる環境や意識が、併せて必要です。


国民の何パーセントの人が、果たして「正しく」それをできうるのだろう。













わたしたち国民は。 いったい どんな時に 声をあげるべきなのかな。


マスク2枚もらえなくていいから、
その巨額の予算を、医療従事者の方々に、どうか「現金」で渡して欲しい。

外出を自粛することのできるわたしは、そう思ってしまう。

それとも、わー!マスク2枚嬉しいな!! ありがたいな!!って、


そういう国民こそが「良い国民」「国民の鏡」なのかな。



わからないです。











マスク2枚、本当に届くのだろうか。 いつ届くのだろうか。

届いたら、どうしよう。

お隣さんに 差し上げてもいいのだろうか。

そんなことされてもかえって困るだろうか。

高齢の母に送ろうか。 
姉の家は足りているんだろうか。 
それよりも、とにかくお隣さんの5人のお子だろうか。



届いたら、どうしよう。  わたしに何ができる?



どこかに、
たとえば学童保育や病院などに、
寄付したりできるんだろうか。

知らない人からもらったマスクは、やはり怖くて使えないだろうか。


ポストに届いた「2枚のマスク」を見つめて戸惑う自分の様子が、



頼りなく、なすすべもなく、



今はただ、ぼんやりと目に浮かぶのです。








                                   おわり








お読みくださって ありがとう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

みんな 無事でいてほしい。 生きていてほしい。












最終更新日  2020.04.04 08:04:05
[幸せになる「勇気」] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.