30598647 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。


h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村

 *** 読者のみなさまの おかげで ***

* すずひのブログが 1冊の本に なりました *


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



































































カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2020.05.13
XML
服やバッグや靴を買ったとして。

その「完成形」は、
自分自身でなければならないのです。

そんな当たり前のことをわかるまでに、
随分と時間がかかってしまいました。


そして「大散財」をしてきました (´;Д;`)











素敵な誰かの装いを、
街で、雑誌で、SNSで見かけて、

急激に「欲しい!!」と。

または「絶対に必要!」と感じて。 ← こちらの方がタチが悪いですね


そのまま暴走し、血眼になって探し回り、
お店で見つけ、もしくはポチッと見つけ、
高いお金払って真似して買って、

よし。これでよし。と、謎の安堵をして。

普段に新品を下ろすなんてもったいないから、と大事に持っておいて、
いざ!というお出かけの日に、
張り切って、期待を込めて、着て、持って、履いて・・・

なんか全然思ってたようにならない Σ(゚д゚lll)

と、すぐに気づいて嫌になる。

「理想どおりでなかったこと」を、嫌になる。

その服を、バッグを、靴を「嫌」なんじゃなくて、

それを身につけた自分が「理想とちがったことが嫌!」という・・・

そんなの、幼児みたいなわがまま、ね(笑)

けれどもそういう理由で嫌になる。

どこまでも身のほど知らずな理由。












服でも、靴でも、バッグでも、そして「暮らし方」も。

最終的な完成形が「自分」であることを忘れちゃならない。

そこを間違えないように、正しく想像する。


自分以外の人になろうとしない。


「憧れや理想」のほうを 完成形にしてしまわない。


憧れや理想を持って自分を磨くことは素晴らしいことだけれど、


「同じものを買う」というのは、全く違いますよね ( ;∀;)




 ****************************************



たとえば ゆりちゃんの持っていたバッグが素敵!と思った時。


以前なら、このワードローブを眺めて、











あのかごバッグは、わたしの持っているどの服にも合う! 

だから必要だ!って、そういう「こじつけ」をするわけです。

石田ゆり子さんに。 奇跡の50歳に。

可愛い可愛い「ゆりちゃん」に似合っていたバッグなのに、
わたしの持っているどの服にも合う、と飛躍する。

だから買わなければ!と、理由を捏造する。


ちょっとそれは違うと思うよ。あなたはあなたなのだから、と。


もしも身近な誰かが止めてくれても・・・


欲しい!欲しい!欲しい! と、我を見失っている時には、


そんな助言 「うるさいっ !お黙りっ!( *`ω´) というほどの


怒涛の、破竹の勢いさ(笑)


止められたりしたら、余計に燃えてしまうのさ(笑々)







こうして冷静になれば、このバッグがあれば幸せじゃないか、と、ちゃんと気づくのです。



 ***************************************



他人から言われるから「うるさい!」って感じるのかもしれませんね。


今は、自分で自分にそういう声がけをできるようになりました。



振り返れば、いつもわたしの人生には 
その時その時の「理想の人」がいて。

あの人のようになりたい、という気持ちがありました。


「自分のままでは駄目だ。嫌だ。」と、いつも心の奥底で思っているのです。


散財よりも何よりも、そこが一番、わたしにとって悲しいことでした。


自分以外の何かになりたい気持ち。
ならなければならない気持ち。


まずそこを捨てられないと、人はずっと苦しいままですね。


自信を持てないままですね (;_;)



わたしは、わたし。



呪文のように3回唱える。 深呼吸をする。



 **************************************



理想どおりな素敵な人を見て、

同じものが急激に欲しくなることって、今ももちろんあるのです。


そのまま暴走するか。 くだんの呪文を唱えるか。


「うちはうち、よそはよそ!」という、


親が幼い子に言語道断な諦めをさせるための絶望のセリフ、ではなく・・・




わたしは、わたし。



これは、自分は自分のままでいいんだよ、という

自己受容の呪文、だと思っています。







買い出しの途中で見上げた新緑の美しさ。桜は「他の木になりたい」なんて、きっと思わない。



 ***************************************



こんな自分は嫌だ! ではなく


あの人は素敵だけれど、それと同じように自分もいい、という気持ち。


自分は自分で、これはこれでなかなかいいぞ、と愛おしむ気持ち(笑)


あの人。 そして「わたし」。


服でも、暮らし方でも、考え方でも、何もかも。


どちらもが、誰もが、

それぞれに、それぞれの「完成形」や「完成途上形」。



なんか「理想」とちがった (´;Д;`) !!


という悲しい理由の「失敗服」や「失敗バッグ」は・・・ 


だから今。 「ゼロ」になりました。


そんなこと一生できないんじゃないかと思っていたけれど・・・


わたしにも、ようやくできるようになりました。









                                   おわり







今日もお読みくださってありがとう。

「手持ちの服に似合うか」ではなく「ライフスタイルに似合うか」が大切ですね ( ´▽`)
かごバッグを持ってゆくところは、今のわたしにはないです。そもそも荷物がないわ(笑)

↓ いつもポチッと押してくださって、ありがとう ( ´▽`)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

読者さまと、読者さまの大切な人が、今日も1日 お健やかであられますように・・・ 歩く人四つ葉













最終更新日  2020.05.13 17:31:35



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.