32177372 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。



 *** 読者のみなさまの おかげで ***

* すずひのブログが 1冊の本に なりました *


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村







































































カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2020.08.31
XML
黒い服ばかり着る人は。

防御反応が強い人が多いのだそうです。

また、気遣い屋さんであったり、
過敏なぐらいに敏感な人の場合は、
明るい色を身につけるとその色が自分で気になって疲れてしまうので、
瞳を閉じるような意味で黒を選ぶこともあるそう。


瞳を閉じるような意味で・・・黒?


それ、わかる。


目を閉じると、ホッとする。

黒を着ていると、ホッとする。












もうずいぶんと前のことですけれど。

黒い服は持たない。
黒い服を着ることが好きではない。
黒を受け付けないため、
黒い服を着た人と一緒にいることさえも実は正直苦手だ、
というようなことを書かれたブログを読んで、

勝手に深く、

深く深くショックを受けたことがあります。

決して黒い服や黒ばっかり着てる人の悪口、という内容ではなくて、
その方の「黒い色」や「黒い服」に対するお考えを素直に綴られた、
とても素敵なブログであったのに。











ものが多い空間にいると、
不意に目を閉じたくなることがあります。

ものの発する情報や圧がすごくて、しんどいのです。

目を開けているだけで、疲れてしまう。

「全身が目か」くらいに過敏なところがわたしにはあるから、


ときどき目を閉じていないと、参ってしまう。


瞳を閉じるような意味で、「黒」を着る。


すると、心は静かになる。












2007年頃に出版された「求めない」という本をご存知ですか?

「求めない」で始まる短いフレーズが100編ほどおさめられた、
加島祥造さんのお書きになられた、
ちょっと正方形みたいな格好をした小さな本、です。

全て「求めない」で始まる・・・大ベストセラーとなった詩集です。



求めない ー すると心が静かになる

求めない  ー  するとひとから自由になる

求めない ー  自分が無意識にさがしていたものに気づく






「求めない」は、確か。

確か最初のページは・・・

「求めない ー すると簡素な暮しになる 」から始まっていた記憶があります。

もう手放してしまった本。

この本のことを書かれているコラムはたくさんあって、

「簡素な暮しになる」の詩のあとは・・・以下のように続くことを思い出しました。



求めない ー するといまじゅうぶんに持っていると気づく

 求めない ー するといま持っているものがいきいきとしてくる

 求めない ー するとそれでも案外生きてゆけると知る

 求めない ー すると改めて人間は求めるものだと知る

 求めない ー するとキョロキョロしていた自分が可笑しくなる

 求めない ー するとちょっとはずかしくなるよ
           あんなクダラヌものを求めていたのか、と







これ・・・・



求めない、のところを「黒を着る」にすると・・・


わたしの思う「黒い服」に、全てが。


怖いくらいに当てはまることに気づく。




「求めない ー すると、何かがかわる」












 ***************************************




外出すると疲れるのは、
いろんなものを見てしまうから、なのだと思う。

今、世界中の人は、計り知れないダメージを受けている。

緊急事態宣言が解除されたあと、美容院にいかれましたか?

心のダメージの深さって、深ければ深いほど、人は「身だしなみ」に表れます。


美容院に行く気力がなくなったり、
ネイルやメイクで「美」を保ったりという気力が、なくなる。


それはやっぱりダメージを負っているから、で・・・






グレーのパンプスを手放した理由には、
冬にはく、いつものFALKE のグレーのタイツに合わないから、というのも、実は大きかった。





 ***************************************




緊急事態宣言が解除されて、やったー!とまではなくても、

さあ!と美容院に行けた人というのは、

行く気力がお有りだった人、というのは、


心が「タフ」な人、なのかもしれません。


ダメージに強い人。


わたしは、タフではない。


なるだけ家の中にいて、静かに瞳を閉じていたいような人間だ。








この世でいちばん美味しいバームクーヘンだと思う。 クラブハリエの「カットバウム」。
1年ぶりくらいにいただくことができて・・・涙がちょちょぎれそうでした。



 ****************************************





ものが少ない部屋や、黒い服は。


まるで瞳を閉じているくらい、わたしの視覚に優しい。

いつもと変わらない景色の中に身をおいていると。

いつも通りの「黒い服」を着てると。

世の中がどんな風であろうとも、

心は安心していられる。



 

今度の冬も、去シーズンと全くおんなじこの格好を、わたしはたくさんするのだと思います。



 ***************************************




求めない ー すると君に求めているひとは去ってゆく

  求めない ー すると君に求めないひとは君とともにいる





嗚呼!! なんということだろう!


黒を着る ー するとわたしに求めている人は去ってゆく。

黒を着る ー するとわたしに求めない人はわたしとともにいる。



怖いほど、その通りだ。


今、わたしとともにいる人は わたしに何かを「求めない人」ばかりだ。


明るくいることを求めない。

快活でいることを求めない。

弱音を吐かないことを求めない。

正しくばかりあることを求めない。

いつも強くあることを求めない。



そういう「優しい人」ばかりだ。



弱音を吐かせてくれる、優しい人。












大丈夫だ、と思える。


わたしは、全然タフではない。


けれど。


タフでなくたって、大丈夫だ、と思える。


タフでないことを、隠そうとは思わない。


欠点だとも思わない。


「黒」は、わたしにとっての。


タフになれないわたしを、


ありのままのわたしを、まるで自己肯定するような色、だ。



 
求めない ー すると心が澄んでくる

 求めない ー すると悲しみが消えていく

 求めない ー すると時はゆっくりと流れ始める

 求めない ー すると 心に平和が広がる





黒を着る。 すると心が澄んでくる。

黒を着る。 すると悲しみが消えてゆく。

黒を着る。 すると時はゆっくりと流れ始める。


黒を着る。 するとわたしの心に。 



平和が広がる。



黒い服が、わたしは、好きです。




とても、とても、好きです。










                                      おわり







最後までお読みくださって、ありがとう。



↓ 今日も暑いねー (;_;) いつも優しい「読んだよ」のポチッとを、ありがとう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


黒い服を好きで、黒の似合うお友達だけとともにあるような気がする・・・この衝撃。

「同じ色に心地よさを感じる人」と一緒にいられることは、

どんなにたくさんの言葉を交わすよりも安心なこと、なのかもしれません ( ´▽`)









↓ この KIHACHIの「黒い箱シリーズ」のスイーツが・・・秋のおやつに気になっている。

「バターバターバターパイ」(*゚▽゚*)! バターを3回の、バターパイ (*゚▽゚*)!!





ベイカーズカスタード。 人気の東京土産、なんですね ( ´▽`)














最終更新日  2020.08.31 19:47:35



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.