32969694 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。



 *** 読者のみなさまの おかげで ***

* すずひのブログが 1冊の本に なりました *


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村







































































カレンダー

カテゴリ

楽天カード

2020.10.29
XML
さて、何を書こうかな、と思う朝。

「くらため帖」を、開く。
わたしの大好きなお帖面を開く。
毎朝、出社の前の時間に
ブログを更新をしてくれるくらためちゃん。

「おはよう!」の気持ちでうれしく開き、
「熱を出した」と知れば心配になり、
「気をつけていってらっしゃい!」の気持ちで閉じる、
わたしの愛おしいお帖面。



離れて暮らすオカン、か!(笑)



今日の「くらため帖」のお題は・・・


「私は駒であり消耗品だと割り切ったら・・・」


なんて読みたくなるタイトルなんだろう。


それは「田中みな実」ちゃんのお話、でした。



 *************************************



わたしのブログの下書きに。

もうずっと前から書きかけで眠っている、
「永野」という仮タイトルの日記があってね。
 (仮だとしてもテキトーすぎるタイトルね・笑)

くらためちゃんの日記のおかげで、
今日はそれを書き上げられそう!って
そう思いました。












田中みな実ちゃんって、すごいと思うのです。

彼女のことをどう感じるか、というのは
意見が分かれるところと思うのですけれど、
そこからしてもう、すごいこと。

なんとも思わない、とか
そんな人は知らない、という人はもはや少なく、

何かしら、何かを、どなたもが思うのです。

それぞれの心の中に、
それぞれの「田中みな実論」がある、ということ。

それって、ものすごいこと。


 ************************************



とはいえわたしは、
それほど彼女に詳しいわけではなく、
話題のドラマも見ていませんでしたし、
だからむしろ何にも知らないのですけれど、
なんとなく「好き」なのです。
とても魅力的な女性だと感じる。


どこに魅力を感じるのか、と問われたら。

「どんでんがえし力」と「強さ」かな。

「嫌われ者」と称された数年前から一転、
今や押しも押されぬ「美のカリスマ」となったこと。

あれほどまでの向かい風に、彼女は負けなかった。



 ***************************************



そのみな実ちゃんに関することをしたためた
下書き日記の仮タイトルが
なぜまた「永野」なのかと申しますと、

「永野」は、みな実ちゃんの友人なのです。

お笑い芸人の「永野」氏です。

ゴッホより、ふつ〜うに、の、

あの「永野」です。





みな実ちゃんがパーソナリティーを務めるラジオ番組に、
ゲストとして登場した彼が
あの「田中みな実」に向かってアドバイスをする、という一幕があったらしく
そのことを記事にしたまとめニュースのようなものを、すずひは読んだのです。

そこに記された永野(芸名だと思うので以下敬称を省かせていただきます)の言葉が・・・


思いのほか 深かった。







メインのお料理の付け合わせの「サラダ」を作るのが、とても好き。フリルレタスは神。



 **************************************





永野は「突き抜けている人」は好きだが、
「中途半端な意識高い系」や
「単に良いことを言う人」には疑問を感じるのだそう。


それを踏まえ、
今をときめく田中みな実に向かって、
永野はこう指摘します。


永野:「みな実ちゃんはギリギリの限界値で踏みとどまっているけれど、
     ちょっと気が緩んだらあなたはそっちに行っちゃいますよ。」

みな実:「うそ〜! え〜!?」


ファンや周りの人から称賛されまくる日々。
今のみな実ちゃんなら「そんなことないですよ〜」と謙虚に返すんでしょうけど、
気を許すと(称賛に上機嫌になり)風呂上がりのような顔になるだろう、と推察。


とりまき → ちやほや → 勘違い → からの自滅。に気をつけろ、と。


みな実ちゃんのことを、
昔からよく知る永野だからこそ。

数年前まであんなに嫌われていたのに、
今は変に尊敬されて、
何か「女性の生き方」みたいになってるじゃん?

今は「上げて上げて落とせ」っていう世の中なんだから、
だから気をつけてくださいよ! 



と。 

アドバイス、というよりも

誰もしないような「苦言」を呈したのです。


それに対し、みな実ちゃんはとても素直でした。

「それはすごく感じてます。危険ですね。」と。



爆笑問題の太田さんにも
「こんだけ持ち上げられちゃうともう次が怖いね」と言われてます。
「私もすごく持ち上げられている意識はないけど、
でもやっぱりビューティー誌や女性誌のインタビュー(で称賛を)受けると、
それはもう・・・」


と、ややもすると勘違いをしてしまいそうになる状況にある、

今のギリギリの胸の内を告白。


永野は最後に。

これが一番注意が必要なところ、として。


「嫌われ者から一転カリスマに。その理由を教えて」と求められた時に、
 かわさず(上機嫌になって)教え出したら終わりですよ。


と。


みな実ちゃんは「それは絶対にしたくないです!(気をつけます!)」と、


旧友(永野)のアドバイスを、とても素直に聞き入れていました、というお話。




 ************************************



くらためちゃんがご覧になった番組では。

みな実ちゃんは、

自らのことを「商品」「消耗品」と表現されておられたのだそう。

持ち上げられて勘違いしてしまいそうな自分を、

今もちゃんと客観視できている、彼女の強さ。



 ************************************



おそらく。


数年前にボロボロになったところが彼女の「転機」で。


人が心の傷やツラさや恐れを乗り越えてゆく姿を、
その過程を、
みな実ちゃんはみんなに見せた。

誰の心の中にもある「恐れ」。
誰の人生の中にもある「挫折」。
誰の心の中にもある「傷」。


心に傷を負っていない人に、
これまでに出会ったことは
わたしはおそらく一度もありません。


それを超えて新しい自分に踏み出してゆく、
以前の輝きを取り戻す、にとどまらず、
以前の何倍も、何百倍も輝きを増すことができるんだ、という

人として生きる上での「理想の姿」を、


いえ、希望、を?


わたしたちは、彼女の中に。


「田中みな実」という人の中に見たのだと思う。







サンドイッチにはさむにも、ふつうのレタスよりも華やか。さすがのフリル具合。



 ***************************************




空高く舞い上がるには。

飛行機だって、

追い風ではなく「強い強い向かい風」が必要で。


それはわかっていても、人はくじけそうになります。


世の中に負けなかった、のではなく、
向かい風に負けなかった、のでもなく、

彼女は「自分」に。

自分自身に負けなかった人。


そんな田中みな実ちゃんの姿は、
今、それぞれの向かい風に、
毎日必死で立ち向かっている同世代の女性たちにとって・・・

きっと「希望の星」なのでありましょう。


わたしはぜんぜん同世代ではなく

それこそもはや「オカン寄り」世代なのですが。



まるで遠くのくらためちゃんを思うように。



どうかお幸せでいてほしい、



どうかずっと幸せであってほしい、と願わずにいられない、



そんな「とても大好きな女性」のひとり、なのです。







                                    おわり






今日もお読みくださって ありがとう



↓ ポチッとしてくださって、いつも本当にありがとう。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

「気分にムラのある仕事してすみません (`・ω・´)」というくらためちゃんに笑ってしまった。

気分にムラのない人、気分にムラのないブログを書ける人を・・・わたしも、目指すね!





読者登録をしてくださっている872名もの皆さま・・・ありがとう ( ´▽`)四つ葉

h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村

今日も、書けたよー ( ´▽`) 日本茶


















最終更新日  2020.10.29 22:40:09



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.