32303401 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

「DEAN&DELUCA」を愛してる

2020.07.26
XML
今日、ドラッグストアで。

わたしは。









・トイレロール4個入り 2パック
・スコッティ 洗えるキッチンペーパー 1ロール
・食器い洗剤 「マジカ」の大きいやつ 1本
・資生堂 Ag 制汗スプレー 大きいやつ2本
・キューピーマヨネーズ 大きいの 2本
・ポテチのような袋菓子 4袋
・市の45Lゴミ袋 50枚入り1パック
・デンタルフロスピック 50本入り2パック
・トマトの水煮缶 2つ

を、買ったのですが。


これに、すっぽりと、楽々に、
余裕のある感じで収めることができて、感動しました。




かさばるものもすっぽり入るだろうと喜んでいましたが、このサイズ。本当に大量に入ります。


 *****************************************


重たいものを先におさめた後の、
この巾着のような部分がたいそう秀逸で、
ポテチ的な軽いものは・・・
ほとんどすべてが、この巾着部分の、
ペラペラのところにおさまった。







この「伸ばせる部分」の収納力が、とにかく思った以上に素晴らしい。

こういうかさばるものを買った時。
レジ袋に入れてもらったとすれば、
3〜4袋くらいにはなってしまう量だったと思います。

なにこの付録・・・素晴らしいぞ ヽ(;▽;)ノ


何が素晴らしいって、
この形のレジかごバッグは、
本家「DEAN&DELUCA」の公式のショップでは手に入らないタイプのバッグなわけです。

あえての「付録」であることの意味が、ここに。











収納力のすごさは、よくわかった。

見た目や軽さ、使い勝手もとってもいい。

まだ使い始めたばかりです。

わからないのは「耐久性」。

1年2年無事で使えたなら、本当に嬉しいなあ。

雑誌「GLOW」の、これまでの付録の保冷バッグは、
4年くらい使っているのに、まだちゃんとしてるものばかり。


レジかごバッグも、そうであってくれ (´;Д;`) !


こんなにいいとわかっていたのなら、

ああ、禁断の「2冊買い」をしておけばよかったか (´;Д;`) !











一方で。


とっても可愛いこの子の出番は、

残念ながら、まだないです。

500ml のボトルを持ち歩く習慣が、
わたしには、ない。


これ、アイスを買いにコンビニ行くときに、
ここに保冷剤入れて持ってゆくといいかもしれないですね。
ハーゲンダッツなら、縦に積んだなら5個は入るかも。
金のソフトクリームとかジャイアントコーン的な形のものも、
うまいことおさまりそう!

フラペチーノは、惜しいところでギリギリ入らないか ( ;∀;)



 *************************************



こないだモスに行ったのは6月の終わりのことで。


レジ袋が全面的に有料化になってから、
まだ、スタバとか、モスとか、コンビニとか行ったことがないのです。

モスでマイバッグ出したら、
フタのない商品(ポテトSとか)は、どうなるの?

小さい紙袋に入れてくれたりするのかな?

ドリンクが倒れないようにするための、
あの厚紙でできた台座みたいなのは???

店員さんは、どう思っているんだろう。

お客さんが有料のレジ袋購入してくれたほうが、
これまで通りの手順でできて、
受け渡しもスムーズで、
余計なクレームも発生しなさそうで、

それぞれのお客さんに様々な形のマイバッグを持参されるよりも、
本当は、楽なのかもしれませんね ( ;∀;)

コンビニはどんな感じなのでしょうか。

マイバッグに商品を入れるのは、自分ですか? 
それとも店員さんですか?
ああ、なんだか、どうしていいかわからなくて 
レジのところでまごまごしてしまいそう。


今度コンビニに行くことがあれば、混んだ昼時は避けよう。
そして、まず、レジでの他のお客さんの様子を遠くから観察してから、
ちゃんと要領を得てから並ぼう。

スマホ出して、payして、スマホしまって、マイバッグ取り出して、おさめて・・・

うわー、そんなの、わたし 手際よくやれるかしらー ( ;∀;)

慌てておさめて、
自分の買った卵とか、割りまくってしまいそうだわー ( ;∀;)



 **************************************


さあ、お店で使ったレジかごバッグ。

お洗濯ネットに入れて、キレイに洗いましょう。



乾いたら。








スマホのアルバムにおさめたこの画像をよく見ながら、

または、自分のブログを見ながら(笑)、上手にたたみましょうね。




 
おわり






今日もお読みくださってありがとう。

↓ ポチッといただけることは、わたしの書く力の源です。いつもありがとう ( ´▽`)ノ

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

今日も雨です。
午前中、薄日が差していたことにほだされて、自分の寝具を全部洗ってしまいました。
ざーざー降りの中で、寝具一式、干しています。

今夜、寝るところがありません (;_;)










最終更新日  2020.07.26 18:34:11


2020.06.27
これは「付録」です。









付録のいいところは、
「付録である」というところの一点にあるのだ、と、
常々わたしは思っています。

なんていい付録なの (*゚▽゚*)!

という気持ち。

「付録に見えない!」と思いながら持とうとすることは、
自分自身が付録だとわかっている限り、
それはむしろとても不自然で、
自分の中で、変な「ぶつかり合い」や
「侘(わび)しさ」みたいな葛藤が起こることを・・・

かつて、なんども経験してきています。


だから。


わーい! わーい! いい付録だー! と、喜ぶ。


そうすると、なんだか まっすぐに嬉しい。









嬉しい! 嬉しい!


まずは、実はぜんぜん期待していなかった
この「ボトルケース」というのが嬉しい!

思ってたよりも大きくて、
500ml のペットボトルにも対応、だそうです。

ボトルケース以外にも使えそうなこの形が
なんだか想像を超えて、とってもいい!








メインの「レジかごバッグ」は・・・

畳んだときは、こんなにコンパクトな佇まいで。








わしゃわしゃっと開きますと・・・・

はい、この通り、レジかごバッグ!









わたしの持っているマイバスケットには、
口径がギリギリ惜しいところで届かない、というか
レジかごバッグって、こういうものなのかな?









レジかごバッグ初体験なので、
よくわかりません ( ;∀;)

一般的なスーパーのかごって、
これよりも少し大きいはずなのです。

だったら余計にはまらないよね?








その場合は「かごにはめる」というより
沿わせて広げる、という使用方法になるのかもしれませんね。


ペラペラで、軽く、洗いやすそう。

この「付録クオリティ」が、寧ろ、いい。



 ****************************************


1年に1回だけ買う雑誌。

なにやらものすごく「ワンピース特集」で、
わたしのこの夏のワンピースの候補に最後まで残っていた
「TICCA」の1枚が紹介されていました。
素材がリネンだったために購入を見送った1着、だったのでした。










↓ コットン100%のこちらも、ずっと買い物かごの中にあった候補でした。悩みました。






去年はこの「付録つき雑誌」を買わなかったから、
実に2年ぶりに「GLOW」を、わたしは買ったことになります。

昔は毎月何冊も、雑誌を買っていたなあ。


そんでもって、
そこに掲載されているものが必ず欲しくなって、
何かを買ってしまっていたなあ。
雑誌買ったがために、
何万円も大散財する羽目になっていたりしたなあ。


人は変われるものですね (;_;)










GLOW8月号の付録は、
このレジかごバッグ通常バージョンの他に、
コンビニ限定の「ステンレスボトルバージョン」もあるのだそう。

すごいな、GLOW8月号!(笑)

昔なら、目の色変えてコンビニはしごして、
全てコンプリートしたくなってしまっただろう。

今は、しません。

大好きな愛用ボトルが、

わたしにはありますから ( ´▽`)ノ












今日発売の雑誌なので、


今なら。きっと店頭に並んでいるのでしょう。


7月1日から始まる、本格的なレジ袋有料化。


わたしはスーパーではなく主に「ドラッグストア」で、
このレジかごバッグを使う予定です。









「おしりセレブ4ロール」もすっぽり入りそうな、このサイズ。

とってもタイムリーな、願ってもない「付録」です。

お揃いの付録バッグを持った方と出会うことが、

いつもならちょっとだけ恥ずかしかったのかもしれないけれど、

なんだか今回はむしろ楽しみになってしまいそうな・・・


そんな、とってもうれしい「付録・2020」だったのでした。







                                     おわり







今日もお読みくださってありがとう。

↓ いつもポチッと押してくださってありがとう。とてもうれしいです ( ´▽`)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

DEAN&DELUCAの紙袋は、7月から「1枚20円」になるのだそうです。

蒸し暑くて、ちょっと動くとマスクが苦しいですね ( ;∀;)

どうぞみなさま、暑さにお気をつけて・・・お健やかな週末の日をお過ごしくださいね。












最終更新日  2020.06.27 15:10:19
2020.05.28
日差しがー (´;Д;`)


ああ、気温がー  (´;Д;`)


ここらあたりから、一気に「夏」がやってまいります。

そんなに暑いこともないからふらりと出かけ、
うっかり日焼けをしてしまうのは
毎年だいたいこの時期の懸念事項なのですが・・・

今年はこもってますからね。 

自主的な自粛を、なんとなく、ゆるく「延長」しています。
ぱっと切り替えてアクティブになれる方もきっといらっしゃると思うのですが、
わたしは、まだ なかなかです。






我が家の防災用品の仕分けには、付録やノベルティーが、とても活躍しています。


 ***************************************


雑誌の付録は付録であって、付録ゆえに、付録、なのです。

付録は、どこから見ても、どなたから見ても「付録」です。

ぜんぜん付録になんて見えない! と、もしも誰かが褒めてくれたとすれば、

それは、たとえばこのすずひが

「大学生のお子さんがいるなんてとても見えない!」

と言ってもらえた時のお世辞と同じくらいの

「強」のレベルのお世辞レベル、だと思います。(どんな例え・笑)







わざわざ買ったものよりも、心おきなく使えるのがいいです。 惜しくない、というか。


 *************************************




「付録」が「付録」であることは、
まず誰よりも自分自身がわかっているし、
自分はおろか、周りのみんなも知ってること。

「付録つき」の雑誌を、
付録目当てで手当たり次第に買ってしまうようなことは、
ですからもうしないのだけれど・・・



「年に1回だけ」どうしようもなくオロオロしてしまう。



1年に1回だけ、

負けて買ってしまったり、打ち克って買わなかったりしながら、

ここ最近は生きています。


けれど今回は。


今年の「GLOW8月号」には、


あああ、負けましたー (´;Д;`)




【宝島社「GLOW (グロー) 」2020年 08月号の、強力すぎる付録】




DEAN & DELUCA レジカゴバック&保冷ボトルケース




わたしは楽天ブックスさんで予約できましたが、今はもう予約できなくなっちゃった(;_;)



 **************************************




7月からでしょうか。
ドラッグストアも、あと、コンビニやホームセンターとかもなのかな?
レジ袋が有料になるようです。

付録であることを隠すことなく、
この付録を、ですからわたしは胸はって、
「とてもタイムリーないい付録だった!」と喜びながら
7月1日からさっそく使うこととなりそうです。

使う予定が確実だから、
あちこち探し回らなくてもいいように、確実な「予約」をしました。






もう何年まえの付録かわからないくらい、家族3人で愛用しています。
GLOWのDEAN&DELUCA保冷バッグシリーズはとても丈夫で優秀な「付録」です。



 **************************************



気軽な「付録」を、こてんぱんに使うなら。

「保冷バッグ」は、「買った価値ありだった!」という気持ちを
これまで何度も経験してきています。
「付録」を超越した働きを、今もなお、してくれている。










防災用品の中にも、仕分けを兼ねての
「付録保冷バッグ(グレー)」を忍ばせています。
お洗濯にもしっかり耐えてくれる付録でした。


これからの季節のお弁当に、保冷バッグは絶対的な「必需品」ですものね。



↓ 保冷バッグごときの保冷力ではとてもとても対応できない、
  過酷な「日本の灼熱シーズンのおとーさん弁当対策」には、こちらを購入します!







ああ、「付録」。

ちゃんとした風バッグやポーチ的なものは
結局「付録」であることが、自分で買っておきながら自分で嫌になってしまって、
うまく使えないことが多かったなあ。

そういうのは、本当にたくさん「買っては捨てて」きてしまいました。


保冷バッグに限っては、どれも気に入って、長く使うことができています。


「レジカゴバッグ」は、初めてですよ!


付録としても初めてですし、
レジカゴにはめるタイプのマイバッグを使うのも、人生で初めてです。


こういうのって、使い勝手はどうですか? 便利なのかな?


ドラッグストアやホームセンターでは、
キッチンペーパーとか、クローゼットの「湿気取りぞうさん」とか、
900mlの詰替用柔軟剤とか、カップ麺とか、
やたらかさ張ったり大きなサイズのものを買うことが、意外と多いでしょう?


ふつうのサイズのマイバッグでは、すぐにいっぱいになってしまう。


ドラッグストアお通い専用に、まずはこの付録。


届くのは6月の終わりころみたいですから、

7月からの有料化スタートに、すごくちょうどいい。


初めての「レジカゴバッグ」、


この「付録」・・・ わたし、うれしく使ってみようと思います  ( ´▽`)ノ







                                    おわり








今日もお読みくださってありがとう ( ´▽`)ノ

↓ いつも「読んだよ!」と押してくださって、とても嬉しいです。 ありがとう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

「2020年GLOW8月号」には、何やら付録のパターンが3つあるらしく、
セブンイレブン限定の保冷ボトル(ホワイト)とか、
ファミマ・ローソン限定?の保冷ボトル(チャコール)とか、なんかすごいみたい (*゚▽゚*)

わたしは通常盤の「レジカゴバッグ」の一択! でした!

















最終更新日  2020.05.28 16:55:04
2020.02.13
ミニマリストは。

ものを増やしたくない人が圧倒的に多いし、

好きなものがはっきりしているし、もの選びにも相当なこだわりがあるくせ者ばかりだから、


贈りものを、めっちゃしにくい ( *`ω´) !! と、思われがちなところがあります。



果たして、本当にそうなのだろうか。












あなたがミニマリストだったおかげで、

「間違いのないもの」「喜んでくれそうなもの」を、逆に選びやすかった、と言われたのです。














好きなもの、好きな色。 好きなテイスト。 
たくさん手放してきたのに、それでも手放さずに毎日使っているものが はっきりしている。

好きなものが、ものすごく「絞られて」いる。

いろんなものを持ち過ぎて、また 持ち物に対するこだわりが無さ過ぎて、
いったい何色やどんなものなら好きで、どんなものなら使ってくれるのかがさっぱり見当がつかない人よりも、


ミニマリストへの贈り物って、確実なものを選びやすいよ! って。


そんな嬉しい言葉。







バルミューダの天板は深い為、従来の天板つかみでは掴めないことを知っていてくれて・・・




 *************************************




どうして今これを貰ったら嬉しいとわかったの??? (;_;) 

と、すごくびっくりした嬉しい気持ちになったのだけれど、


すごく簡単にわかったのだそうです。  わたしの喜びそうなもの。


わたしが必ず使うもの。


わたしが貰って、微妙に困ってしまったりしないもの。



「あなたの持ち物が少ないからこそ、わかるんだ。」って。


ミニマリストって、ややこしくないよ。 「すごくわかりやすい」って。  



そうなの・・・ (;_;)?







オーブンミトン。
好みがはっきりしてるから、どこのお店で買うか、どんな色にするか、すぐに決められたって。





 *****************************************




どんなに捨て慣れた人にとっても、
その中でもどうしても手放しにくいものの第1位に挙げられるのは「思い出のもの」です。


それと並んで・・・「大切な人からのプレゼント」。


せっかくいただいたのにもかかわらず、
使う予定の立たないようなものをもらってしまったり、
部屋のテイストに全く合わないものをもらってしまったり、
絶対に身につけることのないようなものをもらってしまって困ったりしたのは・・・


お相手側の「選ぶセンス」云々ではなく・・・・


そうか!こちら側の問題だったのか!! という、49歳の気づき。






自分だけの為にはなかなか買わないヴーヴクリコ。クリコさまを家呑みできる幸せよ ヽ(;▽;)ノ



 *************************************



確かにそうなのです。

何が好きなのかさっぱりわからない人や、
逆に、すごく何でもいいタイプの方へのプレゼントを選ぶのは、至難の業なのです。

何を選んだら喜んでくださるのか、何が要るのか、何が要らないのか、見当がつかない。


もう、それこそ「商品券」か「アマゾンギフトカード」の2択、とかになっちゃう(悲)


それにひきかえ、わたしは、すごくわかりやすいんだって。
わたしが喜ぶものは「とても少ない」からこそ、余計に簡単にわかるんだって。


ミニマリストはこだわりがあり過ぎて偏屈 で変人ですぐに捨てる人 だから

「プレゼントなんて喜びそうもないややこしい種類の人間」って思われているのかと思ってた。



そうじゃなくて



「何を贈ったら喜ぶかが、他のふつうの人よりも、はるかにわかりやすい」って。



なんか、すごく、褒められた ヽ(;▽;)ノ



この発想は、なかった・・・。  ミニマリスト側のわたしが、これに、気づかなかった。



ミニマルライフって、そうか、そうだったんだ!











ああ、嬉しいものばかり。



必ず使うもの。


ちょうど欲しかったもの。


近い将来、必ず買い替えることになるもの。


大好きだけれど、日頃自分ではなかなか手を出せないような ちょっと特別なもの。


わたしを思って、選んでくれて、ありがとう。












「ミニマリスト」は、わかりやすい人。 そして、好きなものがはっきりしている人。


改めてそう言われてみますれば、まっこと仰せのとおりで。

頭にふっと浮かんだミニマリストさん、
お会いしたことのない方であっても、世代の異なる方であっても、
その方に贈ったとして間違いなく喜ばれそうなものって・・・ わたしにも、確かに わかる。


そういう観点から自分側を、すなわち「ミニマリスト側」を見たことがなかったから・・・


なんかね、じーん、となりました (;_;)



  *************************************



喜んでもらえる贈りもの選びって、大人になっても、いつまでたっても、むずかしいです。



贈ったものが喜ばれたら。 貰ったものが嬉しかったら。 どちらもが、とても幸せ。



ミニマルライフって、それが叶う暮らし。 そんな win-win が叶う暮らし、だったんだ! 



今のわたしには何が必要で、何が不必要で、何を喜ぶかを知っているのは・・・



もはや、わたし自身よりも。



むしろ、わたしをよく知ってくれている「周りの人たち」、なのかもしれないです。







                                    おわり








自分のことをわかっていてもらえるのって、嬉しいですね。
「わかりやすい」って言ってもらえたことが、49にして、とても嬉しかったのです。
わたしはずっと「ややこしい人」気取っていたから。そのせいで、ずっと生きにくかったから。

↓ 今日も読みにいらして下さってありがとう。 いつもポチッとありがとう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

今の白いエプロンがシミだらけになったなら、リネンのエプロンを下ろそう。
きっと夏ころになると思うけれど・・・ 今からとっても楽しみです ( ´▽`)ノ

クリコさまは、「おでん」の日にあけたい気分 ワイングラス













最終更新日  2020.02.13 17:33:21
2019.10.30
色のない世界へ、ようこそ。

しろくろの世界へ、ようこそ。









まっ白なブラウスに、まっ白なエプロン。

バタバタと慌てない限り、服やエプロンって、意外と汚れないものです。











まっくろなブラウスに、まっ白なエプロン。











袖口に、幅広ゴムが入っていますから・・・







       ※ 2019・最新の少数精鋭ワードローブの一覧はこちらです →





こんな風に、ぐぐっと腕まくりして、洗いもの。 窓拭き。 鏡拭き。 掃除機がけ。











今日の更新がこんな時間なのは、良いお天気に誘われて「オキシ漬け」に燃えていたから。


バスタオル、眩しいような まっ白になりました。












モノクロ写真のようですが、モノクロ写真ではありません。






ピーマンちょっと焦げたー



今朝の、小さめお弁当。


ね、ちゃんと、「カラー写真」でしたー ( ´▽`)ノ







                                   おわり







ピーマンの肉詰め・鶏照り焼きのっけご飯・ネギ入り卵焼き・ちくわ磯辺揚げ・トマト。
おかずの分かれていないお弁当箱って詰めるのが楽しい! おとーさんは、今頃 食べている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

みじかいブログを書いてみました。 昨日のブログには、たくさんの足跡を、ありがとう。

いつもお読みくださり、読者さま、ありがとうございます ( ´▽`)ノ
















最終更新日  2019.10.30 12:57:17
2019.07.01
本当に手放すか、とか、本当に捨てるかどうかは 別として。

「これ、もしかして手放せるんじゃないかな。」「なくてもやって行けるんじゃないかな。」

そんな風に思い巡らす時間というのは・・・ ミニマリスト的「至福」です。
ミニマリストさん皆さんをいっしょくたにしてはなりませんが、わたしには 至福です。

その昔、「これ買おうかな!」「これあったら便利なんじゃないかな!」と。
「欲しい!」「欲しい!」と 何かを手に入れることばかりを考えていたあの不毛な時間と比較いたしますと、


「手に入れ考」よりも「手放し考」の方が・・・はるかに自由で、楽しい!

「飢え脳」と「満たされ脳」。  そのくらいの違いを感じるのです。 








お店で「これが手元にあったら素敵だな。 欲しいなー! (うっとり)」

ではなく。

家の中で「これ手放しても大丈夫かもしれないな。 このスペースが空くなー!(うっとり)」

な、訳です。  


ね? ちょっといいでしょう?


「手に入れ脳」よりも・・・  これからは、「手放し脳」。


   ***********************************



この気持ちが 俄然 強まってきてしまったのは。  このお店に行ったからです。





あーもう ポストまでもが可愛い。カフェのリニューアル後、初めて訪れることができました!






大好きなこのお店で、大好きなサンドイッチを注文し。





生ハムとモッツァレラのパニーニサンド。 ちょっと小ぶりなサンドイッチ。



この日はものすごく調子が良かったので、食べたかったのをなんともう1種類注文し・・・




エビとアボカドのクロワッサンサンド。大好き! この日は長居に備えて フード多め(笑)




その支払いが。  全て 「楽天ペイ」 で 可能だったこと。


ぺいっと 華麗に支払った。  お財布触らず。 お札触らず。 小銭支払わず。

                         サンドイッチ汚れず。 手も汚れず。







このDEAN&DELUCAカフェは、名城公園の敷地内なの。緑たっぷりの景色が美しいです。





小さなバッグに いつもの小さなお財布を ちゃんと入れて 出かけても。
ここのところ、こういったことが 頻繁に起こる。


この日も、ランチの後 別のお店にも色々行ったのだけれど、
家を出て、帰るまで、わたし・・・・ つゆぞ 一度もお財布を触らなかった。


そういうことが、とても増えた。

出かける回数が減ったこともありますが、
出かけるところが わたしはだいたい決まっているので(もうあまりあちこち出歩かないので)

ああ、ここはキャッシュレス! ああ、ここは現金のみ! ここはEdyは使えて Pay はダメ!
とか、いちいち振り回されなくなってきました。

ものを買う行動が。 支払いの生じる行動が、パターン化しているから(笑)


キャッシュレス、電子マネー化されていないお店も まだたくさんありますから、
それが不安で、念のため、万が一に備えて一応現金持ち歩いているわけなのですけれど、
自分の好きなお店が大丈夫なら・・・ もう充分じゃなくて?

わたしの行かないお店の決済方法が 今、そしてこれから先どんな状況であろうが、
今の時点からして、わたしには、もはや関係ない。








小さなバッグを使うから、と。
小さなお財布を出してきて、いつものお財布ポシェットから現金とカードを移して 
せっかく持ち歩いたのに・・・ 小さなお財布、1回も触らなかった。

移した手間。 移した時間。  戻した手間。 戻した時間。  持ち歩いた重さ。


この行為、全て 無駄だったよね  (;_;)


小さなバッグで出かける日の、念のための現金なら、
だったらもう このEVAケースだけで 充分なのではなかろうか。









このケースだって、出かけてから帰るまで 触らない可能性も大、なのだ。


  **************************************


素敵な「お財布ポシェット」が デビューの日を 今か今かと待っている。(まだですよ・笑)

何かを買ったなら、何かを手放したい。 わたしの魂が騒ぎ出す。













1in 1out なんて 当たり前。
1in 1out は、ただの横ばい。 1個も減ってない。
「in 」せずに捨てることで、初めてものは「減る」のです。 
   
そこに「余白」が生まれるのです。



我が「捨て部」のスローガンは、こうだ。(そんなものいつの間に作ったの・笑)



新しいお財布ポシェットを下ろすときには、現行のものは もちろん手放します。
これでは 1in 1out です。 1個も減ってないですね。


この小さなお財布を買ったころは。
1年半ほど前のこの頃()には・・・まだ、世の中 そんなに ぺいぺい ぺいぺい 言ってなかったです。

小さいお財布が (わたしの中では)必ず必要、と とても感じていました。


月日は流れ。  「キャッシュレス化」「ぺいぺい化」が、一気に進んで。  

ここ1年足らずの間に。
小さなバッグで出かけるときには、もはや クレジットカード(edy付帯)とスマホがあれば。

もう、ほぼほぼ なんだって「お支払い」可能な世の中になっちゃった ヽ(;▽;)ノ



もう、そうなってまいりますと、こういうことを妄想し 疑問を感じ始めるわけです。













この小さいお財布は。 ものすごく可愛いけれど。 大好きだけれど。 ときめくけれど。
この先も、絶対に要るのか?  という 疑問。

「あれば使う」と「絶対に要る」とでは 需要の濃さ というのは 全く異なります。

「あれば使う」は 半分かそれ以上くらい「なくても大丈夫」の要素に もはや侵食されてる。

絶対要るものだけに囲まれて暮らしておりますと、
ものの「濃度」。 存在の濃度のようなものが、なんとなく見えるようになってきます。
 
潔癖の人が 「菌が見える」というように
ミニマリストすずひは「ものの濃度」が 見えるようになってきた。(わ、またおかしなこと言い出したぞ!・笑)



絶対に必要なものが 濃く くっきりと はっきり目に映るのに対し、

薄くぼんやりと見えるのです。 「必要度の低くなったもの」が。



なんか・・・小さいお財布、う・・・ 薄い (;_;)?






あーれー      画面から見切れてゆきました。 




人間にも「影の薄い人」という ちょっと失礼な表現がありますが、まさしくそんな感じ。

影が薄くなってきた。  小さいお財布の存在が、わたしの中で、薄くなってきた。

購入したあの頃と、今日と。「マネーのあり方」が、あまりにもガラリと変わってしまった。

今だったら このお財布を買っただろうか。 

メインのお財布ポシェットの他に、小さいお財布を必要だと 強く感じただろうか。






兄弟船システムには、いいこともたくさんあるのです。 どっちもが、傷まないのです。





ちょっと、保留。

これの見た目が好きすぎるから、兄弟船にも未練があるから、いまはまだ、保留。

この先、今のように、今以上に 本当に触る機会がなかったなら、その時こそ 本当に手放せる時なのでしょう。 決心がつくのでしょう。

お財布1個、あればいい、と。

2個あったから、それぞれが傷みすぎることなく、仕事を分担してくれていたけれど。
1個に任せても大丈夫なくらい・・・そのくらい「お財布の出番そのもの」が減ってしまった。

まだわかりませんけれど、もしかすると「兄弟もろともの手放し」も あるのかもしれません。


とにかく「お金」を使わなくなったから、ね ( ´▽`)ノ


この 小さい方のお財布を買った頃・・・すずひ家の貯蓄とは別の。
普段使いの、生活費や引き落とし専用の通帳の残高に「100」の、7桁数字が残るように
なったよ、と、そんな日記を書いたことを 読者さまは覚えていてくださいますか?


100万たまると 貯蓄に弾みがつくっていう有名なお話は 本当なのかな?! って。


これは、本当でした。  貯まった100万円って・・・ 一つの塊みたいに まじ崩れない。


その通帳の残高。


あれから1年半ほど経って・・・ 今「230」です。
この通帳は「貯める通帳」ではなく、使うための通帳なのです。でも、増えてる。

というか、「残ってる」。

何かとモノいりな お子18歳。怒涛の受験期・入学期を挟んでの・・・これは嬉しい快挙です。
              (北側の部屋のエアコンと、冷蔵庫だって壊れたんだぞ!!!)


余計なものを買わない力って・・・「残ってるの力」って、どんな節約よりも、すごいな。

小さいお財布を 1年半前のあの時買ってしまったことは「もったいないこと」だったのかな。
買わなければ、あともう2万数千円 手元に残せていたのだから。

けれど、大好きだった。 飽きてなんていないし、今も大好き。
ときめくけれど、必要なくなる。  わたし、近頃 そういう手放しが増えました。
当然なのです。 もう手元にあるものの殆どが 「ときめくものばかり」なのですから。

好きじゃないものを手放すのは当たり前。好きなものでも手放す時が、わたしにはやってきた。

初めの頃の捨てと そこが全く違うところ。
捨てって、こういうレベルアップがあるから面白い。
一度片付けたらおしまい、ではなくって・・・ 自分の「捨てレベル」が変わってゆく。

すると、あの頃捨てられなかったものが 捨てられる。 自分の変化。 そして成長。


だから、一生 続けたい。 そう思う。 


現状に満足したくない。  自分の歩みを止めたくない。

わたしは、まだいっぱい持っている。 少ないけれど、それでも「いっぱい」持っている。

手に入れたり 手放したりしながら  最後、どこまで少なくできるのか。 

わたしの人生をかけて  確かめたいのです。






                                    おわり






ボーナスは全額貯金です! ボーナス払いというものを利用したことは人生で1度もないです。

↓ ポチッとくださるお気持ちに、いつも感謝しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

価値あるものを購入し、価値あるうちに手放していることも 実は大きいのかもしれません。
手放した時、数万円単位で戻ってきたり、次の購入の資金にできることが たくさんあるのです。手っ取り早い安価なものを沢山購入していた頃は、本当に貯まらなかった。枯渇してました。












最終更新日  2019.07.01 17:04:24
2019.01.30
エプロンが 好きです。 エプロンの話をするのも、大好きです。


エプロンって。

わたしの中では、定期的に買い替える タオルと同じような「消耗品」のひとつ、の ような、
それでいて毎日身につけて楽しむ「ファッション・カテゴリ」のひとつでもあるような。

ちょっと不思議な、なんとも特別な立ち位置にあります。




大きな面積の「しろ」をまとうことで、「レフ板」みたいな効果も。
くすみがちな顔色が、ちょっとだけ明るく見えるような気がするんですよ ( ´▽`)ノ




どうでもいい服ばかり着て暮らしていたときは、エプロン 一切 しなかったです。
エプロンという名の洗濯物を無駄に1枚増やすだけ、な 気がして。
エプロンを装着する その一瞬の動作さえも なんとなく面倒くさく感じられて。

エプロン 売るほどいっぱい持ってたくせに・・・ 全く しなかったんですよね。
たった1枚のエプロンを、今は毎日洗って休むことなく使っているんだから、おかしな話です。


調理場の様子がよく見えるようなお店や、オープンキッチンのデリで。

アルバイトスタッフ全員が、お揃いのエプロンで働いておられる様子や、
左胸にお名前の刺繍の施された まっ白なコックコートを身につけてお仕事されるシェフの姿。

調理場の「制服」って・・・それだけで、素敵。 なんだか たちまち かっこよく見えます。


わたしは あんなに キリッと格好良くは なれませんが、
エプロンをして家事をする自分のことが、それでも なんとなく ちょっとだけ好きです。 








この エプロンの「コックコートっぽさ」が とても気に入っているのです。
シェフのコックコートを思わせる、ごわごわと厚めのしっかりとした生地。そして胸の刺繍。
これ刺繍じゃなくてプリントだったら・・・ 多分、わたし 買わないわ(笑)







結婚する前。 わたしは 調理師の専門学校にお勤めしていました。
普段、まだ あどけなくてキャピキャピしている18〜19歳くらいの生徒さんたちが。
実習の授業で、まっ白いコックコートに身を包んだ途端・・・なぜか「プロ」の卵の顔に。
食のプロを目指す顔つきに ふっと変わる瞬間を、当時、何度も 何度も 何度も 見ました。
 
コックコートの「清潔さ」ってね。 実は、「成績」や「内申」に入るんですよ。
忘れてくるのが一番大きな減点でしたけれど、
お洗濯を怠ったような汚れたものを身につけているような場合も それは 大幅なる減点。
どんなに腕が良くて、才能があって、ペーパーテストが全て100点で、皆勤賞だったとしても、それだけでは ダメなのです。

専門調理師の国家試験の 実技試験の現場に立ち会ったことも何度もありますが、
課題とされる 調理そのものの腕前や出来栄え、味とか盛り付けなどと 同じか それ以上に
調理服の清潔さを筆頭とする「衛生観念」の採点項目、というのは ものすごく多かったです。 容赦無き減点。  厳しかったですが、それは 当然のことです。




以前も ここでお話しさせていただいたことがありますが。
わたしは「エプロンと服」や「エプロンと部屋」の雰囲気が合っていないと たまらなく嫌。  気持ち悪い (笑)








このキッチンの、このフックに、ゴージャスな花柄とか、ピンクのフリル、とか 
そういうエプロンかけてあったりしたら・・・
わたしでなくとも、きっと どなたさまも、そこはかとなく お嫌でしょう(笑)?


このまっ白は、だから 本当に お気に入り。


しろ、黒、グレー、紺のワードローブ。
わたしにとっては、このエプロンの「しろ」が どうやら 室内での装いにおける、ちょっとした「差し色」代わり。





キッチンクロスとのコーディネートも大切! このクロス、歴代のクロスの中で1番好き!





書籍のね、「人物撮影」のときのお話を 少しだけ。

撮影とあらば。 もっと、「こうしろ!」 「ああしろ!」「この角度で!」 など、 
事細かに いろいろおっしゃってもらえるものだとばかりだと思っていたのですが、
意外と、「具体的なご指示」というものが ほとんど何もいただけず・・・
では すずひさん、そこに立って、なんか適当に家事してください、と、とても自由で (笑)


もちろん緊張もしてますし、初めてのことばかりですし、
目の前に めっちゃくちゃかっこいいカメラやら機材やらがありますし、
どうしていいものか こんな感じで大丈夫なのかな? と なかなか戸惑ったのですけれど

エプロンをするだけで・・・なんだか すっと いつもの 「ふつうの自分」に戻れたんです。





こういった家事シーンの「撮影小物」のスタイリングは、ほぼ全て 自力だったのでした(汗)



  \「1日1捨」が 早くも重版となりました。本当にありがとうございます(;_;)/
    


   *** お手にとってくださった読者さまに、感謝の思いでいっぱいです ***




たくさん撮影していただいた中で、
このエプロン姿が、 一番「わたしらしい格好」だったような気がします。

だから キッチンでの この写真を。
㈱ KADOKAWAのみなさまも 「すずひさんらしい!」と思ってくださって 帯に。
とても大切な 書籍の「帯」に、選んでくださったのかもしれないです。



ちなみに わたし。 「エプロン姿の男の人」というのも たいそう好きです ヽ(;▽;)ノ
何割か増しに、年齢問わず、無条件に、格好良く、そして「若々しく」見える気がしませんか!?


ああ、パワー。 知らざれる エプロン・パワー。

さっと身に付けるだけで、いつもの家事するあなたを よりいっそう輝かせるかもしれない 
偉大なるパワー。

本人だけでなく、周りの人にも良い影響や 妙に良いイメージをもたらしちゃうかもしれない、
家庭の家事における 「エプロン・パワー」。



女性にエプロンがとても似合うことは、もう 申し上げるまでもございませんが、
平素。 ご家庭で家事に参加されることがある、分担されているという 男性の方々も。

どうか「ご自分専用」のエプロンを、是非! 奥さまのを ちょいと拝借するんじゃなくって!


いつもと同じことをしていても・・・ちょっと惚れ直されちゃうかもしれません ( ´▽`)ノ







                                     おわり






オールホワイトも、エプロンでなら 取り入れやすい!
「白シャツ+白エプロン」が似合わない人は・・・ きっといない。 女性も、男性も。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

インフルエンザが猛威を振るっています。すずひ家は、今のところ 全員無事です ( ´▽`;)ノ
どうぞみなさま、お元気でいてください。 寒い寒い今日もここへいらして下さり、ありがとう。










最終更新日  2019.01.30 09:05:30
2018.11.28
おはようございます。 すずひです。

ミニマルな暮らしって、「思い切って始めること」も「試行錯誤を重ね挑戦すること」も
もちろん素敵で、初めのうちは、何をしてても がらーん と 楽しいのだけれど。

もっとも困難であって、それでも実現されるべきは・・・それを「続けること」だと思うのです。

その生活が 特別なものではなく自分にとって「ふつう」のライフスタイルになってゆくこと。
「特別」は、時々だから楽しいし盛り上がるのです。 大切なのは「ふつう」の喜び、です。


今日からは、3回連続で。
「ミニマルな暮らしが続く理由」の お話をさせていただこう、と思っています。

なんで3回なの? ・・・・・ って?

それはね。 えっとね。 3回目の日に・・・ きっと、きっと、わかります ( ´▽`)ノ


   **********************************



さて。


ミニマリストってさ。  なんでなの?
ミニマルな暮らしをしてると お金がたまり始めるって みんな みんな そう言う。



すずひも、言う(笑)



ミニマリストには とっても様々なタイプの方が いらっしゃって、
捉え方・向き合い方、取り組み方も、まっこと様々なわけですが。 
考え方や発信なさる内容も だから当然のことながら多種多様で、さながら「ミニマル無法地帯」「ミニマル・プチバトル」の様相(笑)なわけですが。

それゆえに。 読者さまの側からご覧になっても、きっと「お好み」というのが。

「たいそう お好みのミニマリスト」と「さしてお好みでないミニマリスト」というのが、
恐らくハッキリと おありになって。

好きな音楽や、スイーツや、お笑い芸人が、みんな違うのと同じで。 
そこには理由なんか きっとなくて。


だから、ミニマリストと一口に申し上げても、ほんと、いろいろなんだけれど。

だけど。

「お金がたまる」ってところだけは・・・みなさまの主張が共通していることに ふと気づく。


その1点のみ、においては 意見が合致。 
その1点のみ、においては、きっと バトルにならない。 仲良くお話できる(笑)


昔はね。 わたしがミニマリストになる前はね。

おとーさんは、朝や、また仕事の合間などに、いつも「缶コーヒー」を飲んでいました。
お小遣いで、自販機やコンビニで買って。毎日1〜2本。
コンビニの時は、レジ横に並ぶ「塩大福」の魅惑のフォルムに負け、
3時のコーヒーと一緒に ついつい買っちゃうことも あったそうです。


でも、今は。







この DEAN&DELUCA のスープジャーに、アイスコーヒーを作って、持ってゆきます。

口が広がっていると、いかにも「スープジャー」ですが、
このDEAN&DELUCAのは まっすぐな筒型なので、コーヒーマグとしてもピッタリなのです。




朝食のサンドイッチ。「グリルチキン・サンド」。テーラ・テールの美味しいパンで、ね!



出勤時間がすごく早くて 朝食をウチで食べられないときの モーニングセット。
朝、コーヒーを用意するのはわたしですが、ボトルコーヒーを注ぐだけ。ほんの5秒のことです。








マイボトルでコーヒー持ってゆくなんて、なんか、かっこいい ヾ(*゚∀゚*)ノ
わたし、そんな洒落たことしたことないわ。 ほうじ茶の水筒しか持ち歩いたことないわ。
しかもそのボトルが DEAN&DELUCA だなんて 50歳にして「お洒落おっさん」だね!
なんか、ほんと、これ、いいね!  うらやましいよっ!  って、

いちばん最初の日か2回目くらいに。 たしか そう言ったの、わたし。

だって、本当にそう思ったから。 

缶コーヒー飲んでる男性よりも、純粋に「かっこいい」と そう思ったの。 本心から。




今日は小さいサイズのお弁当の日、でした。 昨日 よく呑んだからね(笑)



以来、おとーさんは。 缶コーヒー(と、塩大福・笑)を 一切 買わなくなりました。
勤務中にコンビニに寄ること自体がなくなったから、です。  
車を止めて、エンジン切って、コーヒーのために わざわざ寄る必要がなくなったのです。
               

続きまして 「お箸」の話。
おとーさんのお弁当に添えるお箸は ミニマリストになる前は、20年間、ずっとずっと
「割り箸」でした。 洗うのが面倒くさかったからです。


ところが。 ミニマリストになったらば。
割り箸買ってきたり、切らさないように気をつけたり、割り箸収納する方法考えたりする方が
よっぽど面倒くさい、ということに気づいた。
 

大量に箸があることは ものすごく邪魔くさいのだ、ということに、気づいた。


気づいた、というか・・・ ものが減ったことで、自然とそっち側の人間になった。

割り箸はいつも50本とか100本単位で買っていましたから、在庫がね、いつも邪魔だった。








今は、こうして マイ箸・マイ箸箱です。


このほうが ずっと楽ちんだと感じるわたしに なぜか なっちゃった。
なくなるたびに買ってきたり、在庫を管理する方が、本当は、ずっと面倒だったんだ。
物が多すぎて、そういう本心に 気づけなかったんだ。


わたしが割り箸買いにドラッグストア行って、あれこれ余計なものまで買って、3000円費やしちゃわなくなったように。

缶コーヒーを買わなくなったおとーさんは、塩大福のみならず雑誌なども買わなくなりました。
コンビニに 滅多に行かなくなりました。 
「お仕事の日は1円も使わないでいられる人」へと 無理なく、自然に変わった。

お金の使い方が・・・ 少しずつ、自然と 変わった。

お小遣いが なんと、毎月毎月、紙幣の状態で余るように「残る」ようになったそうです。
それを 貯めている。 というか、勝手に貯まってゆく。

そして 貯まったお金は、こういう「本当に好きなもの」に 使う。




ミニマリストだけれど、靴下は多いのよ。このカゴいっぱいじゃないと嫌なんだって(笑)


 ↓ おとーさん愛用ソックスは「ROSTER SOX 」。made in Japan の 誉れ高きソックス。




 ↓「ROSTER」は「1軍」と言う意味。1軍ばっかりのソックス、なんて ちょっといい!






今日は、こんな お話。  無理してないのに、知らないうちにお金が貯まる、のお話。

どんな仕組みなの? と聞かれたら、こんな仕組み。 

わたしの、これが、ミニマルな暮らしが続く理由。  

知らないうちに、こういう変化が起こる。 面白くってやめられなくなる。
「缶コーヒー VS ボトルコーヒー+フレッシュ+ガムシロ+ジャーを洗う洗剤とかお湯とか光熱費もろもろ」を逐一計算して比べて、どっちが経済的か否か、とか そういうことではないのです。 割り箸と、マイ箸との比較もね、また然り。

そういう細かいこと言う頭でっかちな人ほど・・・ 意外とお金って 貯まってない(笑)


そういう微々たる金額うんぬんじゃなくって・・・
こういう流れが、暮らし全体の経済を、雰囲気を、ひいては「金運そのもの」を変えてゆく、
っていう 発見。

なぜか、変わる。  貯金が 嬉しい気持ちで加速するきっかけ、になる。


満たされていながらにして 結果的に出費が減る不思議。 これは、本当に、不思議です。  


おとーさんは、節約なんかしてない。 我慢もしていない。

かっこいいマイボトルで朝のコーヒーをいただく自分を、楽しんでいる。

むしろ 缶コーヒーよりも「ちょっといい気分」と この「新しいライフスタイル」を 


ただ ただ 存分に、 楽しんでいる。





                                   おわり







今日は「お金」の話でした。お金が貯まる嬉しさって、そのまま継続のエネルギーになります。
【全3回】ミニマルな暮らしが続く理由・第1回目を、最後まで読んでくださって、ありがとう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

次回2回目「ミニマルな暮らしが続く理由」も、どれどれ、今日はどんな話なのかい? と 
                楽しみに遊びに来てくださったら・・・とても嬉しいです。







 ↓ くしゃくしゃになったり片っぽ行方不明になりがちなフットカバーの救世主!


 ↓ 履いた時の後ろ姿が とにかく可愛い!差し色もいいけれど「差し星」も なかなか!











最終更新日  2018.11.28 13:17:27
2018.07.02
今日は、まず初めに・・・ わたしの成長? の話を聞いてください。

去年の今頃は・・・とち狂った勢いで これを買い求めました。
そう、雑誌「GLOW8月号」恒例、大人気付録、DEAN&DELUCA保冷バッグセット。








去年の この ホワイト3点セットは・・・ まことに素晴らしかったですね。
一番便利だった真ん中のサイズは、もう、無くて(おとーさんがどっかに置き忘れてきた為!)
今は 大・小の「2個セット」になっちゃいましたが。






ミニサイズの中身は・・・ ミニマルお墓参りセット、です。
非常時にも役立つサバイバルキャンドルは、強風の中でお線香の火をつけるのにも、超・便利!







そんな。
わたしの大好きな「DEAN&DELUCA」の保冷バッグが付録。
すでに巷では売り切れ続出と噂されます「GLOW 8月号」なわけですが・・・

今年はね・・・なんと、買いませんでした! だって、わたし、ミニマリストですから!!! 


っていうのは偽りで・・・ 虚勢で・・・ 買わなかった理由、それは・・・


「今年の保冷バッグが緑色だったから」 ですっ (`・ω・´) (笑)


白とかグレーとかだったら・・・ 必ず買いました。  2冊 買ったことと思います。



 ↓ この色合いが好きなのだ。そうでなければ・・・すずひ家の敷居は またげない(笑)





なんの「成長話」でもありませんでした。 緑色だったから買わなかったのだ、というお話。
しかも素敵な方の紹介記事を目にすれば、なんか緑色が途端にカッコよく見えてくる有り様(汗)

鉄壁の、無駄排除!のミニマリズム精神でもって購入を見送った、のではなく・・・

宝島社さんが わたしの求めていない色にしてくれたから、そのおかげで買わずに済んだという
ただただ有り難く、どこまでも他力本願なだけだった、という・・・ 
今年の GLOW8月号付録・DEAN&DELUCA 大人気・保冷バッグのお話、でした(笑)

あれ、今年はすずひのやつ 例のGLOW付録・保冷バッグのこと、全然騒がねーな。

モノ増やしたくせに黙ってやがるな。 とお思いの 厳しめ寄りの読者さまがもしかしていらっしゃったら大変なので(笑)  念のため ご報告を (どんな考えすぎ・笑)


いやいや・・・それにしても、です。
わたし ほんと、何かモノを増やしたら、必ずこのブログに書いてるぞ!?ってことに改めて
気づいて、今、そんな自分に・・・ 自分で自分に驚きを禁じ得ないです。



 ↓ 今年はエプロンの傷みがとても早くて。下半期に向け買い替えようか・・・検討中。






下着とか、食品とか、そういうものはアレなんで 逐一のご報告は控えておりますが・・・
それ以外のモノ。 
ちょっとでも「よし!買ったぞ!」って 自分で感じるような、消耗品じゃない お買い物。
義務感とか そんなんじゃないのですけれど・・・ つい ここに「記録」を残したくなる。

根が真面目、くそ真面目、なんですね(笑)




さて。



年末頃に。 
めっちゃ寒い2017年の歳の瀬の頃に、真夏に着るものの話をしていたのが、わたしです。 
来年の夏の「Tシャツ」を 果たしてどうするか、って。


ぐるぐる考えて Tシャツ辞めるってよ・三部作 の日記 書いて、
一周まわって、「もうわたし、Tシャツやめるわ」という まさかの結論にたどり着いて・・・


で、 その「夏」が いよいよ やってまいりましたよ ( ´▽`)ノ
あ、違う、こんな顔じゃない。 わたしは 夏が、日差しが、暑さが ものすごく苦手。


夏が 来ましたよ (;▽;) ノ   そう、こっちの顔です。
今朝、蝉が鳴いていたー。 でたー。 泣きたいのは、こっちの方ー ヽ(;▽;)ノ蝉イヤー




いよいよ蝉も鳴いてしまった、ってことで。


人生初の「Tシャツ手放した夏・本番」が・・・ まさに始まった、というわけです。



すずひ、困っているんじゃない?  
大口叩いて手放した手前、「普段用のTシャツ無くて、困ってる」って言えずに さっそく苦しんでるんじゃない!?・・・って? 

そんでもって こっそり買ってるんじゃないの!? って!?!?  (← またこれ・笑)




そうです。 わたし自身 一抹の不安があったのです。
なんと言っても 真冬に決断した、真夏の衣類の手放し、でしたから。
判断、間違ってたんじゃないだろうか、って。 Tシャツ恋しくなるんじゃないだろか、って。


でも・・・ でも、 なんと!    全然 困ってないですよっ ヽ(;▽;)ノ



それどころか。 むしろ、気づいたことがあります。

涼しくてお手入れ簡単。 汗を吸って動きやすい。
夏の日常着として もっともふさわしき最高峰衣類と 長年信じていた 「Tシャツ」は・・・



「Tシャツ」という衣類は・・・ 暑い!   ものすごく、あっつい ( *`ω´)! 










5月の終わりころから、
コットンの、ふんわりとした、これらの風通しの良いブラウスばっかりで 過ごしていたら・・・


わたし、なんと、たちまち「Tシャツを着られない人間」になってしまった。




Tシャツだと、放熱(笑)が効かない体、に なってしまった。
あんな暑いものをさ・・・  去年まで、ねえ自分、よく着ていられたね、と。



なぜそうもはっきり断言できるのか。  


それは、今現在、
去年「日常着」にしていた 白&黒Tシャツ を 寝るときに着用しているから、です。


<参考画像:(右の2枚)>







流石に寝るときは「Tシャツ」「カットソー」などが 人体には快適なのだろう、と思ったから。
これ捨てて別の買うくらいなら、そうだ、今度の夏はこれ着て寝よう、と思ったわけです。

まあ、つまりは セコいところで「パジャマ代をケチろう」と そう目論んだわけです(笑)


それがね・・・ もう めっちゃなくらいに 暑い (;_;)


特に、こないだまでの・・・蒸し蒸しとした梅雨の間! 
Tシャツ with 蒸し蒸し の 蒸し苦しさたるや!









そして、蒸し蒸し期は、パンツはくのも今年は辛かった。 ももが 蒸し蒸し(笑)
スカートばっかりはきたくなったのは・・・見た目よりも むしろそのせいだった気がします。





もう、Tシャツ着て寝るライフから まじ解放されたい。 これ以上寝苦しくなる、その前に。

「ケチ根性」は・・・ やっぱり、どんなことに関してもよくないことを 改めて思い知る。



昼間 Tシャツ着ていないから・・・ 余計に あっつ苦しくて仕方ない。
お風呂上がりにTシャツなんて、もはや地獄絵図、です。

こんな夏の序盤で もはやそうなのです。  そのうち耐えられなくなるの必至。

寝るときも、涼しいサッカーとかブロード素材の・・・ スモックみたいなそういうのがいい。


Tシャツが暑い、だなんて。更年期の愁訴、それもあると思う。 今年 急にそうなったから。
そういえば、亡くなったわたしの祖母も、Tシャツを暑がって 好まない人だったなあ。
なんか、夏の間は、涼しい楊柳素材のムームーみたいのばっかり着ていた気がする。


Tシャツを、苦痛なくお召しになれるお方さまは・・・ きっと、お身体が、お若いのです。



暑い!暑い!と 終始吠え狂いながら、今日は一体、なにが言いたかったのかといえば。



とにかく 夏の衣類に「Tシャツ」なくても、わたしは、全然 大丈夫でした! ってお話。


Tシャツ大好きな方にはなんの役にも立たないお話なのですが・・・
Tシャツ、もう手放したいんだけど、実際のところどうなんだろ・・・ってお考え中のお方には、すずひ・発の極めて個人的見解ではございますが 僅かながらの「朗報」なのではないかな、と(笑)


Tシャツって、その「干しかた」とか、「色褪せ対策」とか・・・
首回りの「伸び」とか 身ごろの「ねじれ」とか、表面の「毛玉」「毛羽立ち」とか・・・

とにかく着用感、そして「生活感」が・・・ 顕著に モロに、あらわれやすい。  

お手入れ簡単かと思いきや・・・
「お出かけ時対応のTシャツ」となれば 意外と細かな取り扱い注意や配慮が必要だったことを思い出します。


そのくせ、せいぜい1シーズンしか もたない。  良い状態を 極めて保ちにくい。
ちょっといいTシャツは、ブラウスやシャツの類と変わらない位 まあまあ高いっていうのに。


行き先めっちゃ限られてる上に、コスパ、悪すぎやしませんか (;▽;) !?



暑さを想像だにできないような真冬に下したあの日の決断は・・・間違っては いなかった。


今 夏が来て 確信している。   わたし、もう・・・・ 「Tシャツ」は要らない。



そして ケチって握りしめている Tシャツ寝間着は・・・ もう、早々に 手放す。

  一刻も早く、ふんわり涼しいやつに 買い替えたいですー  ヽ(;▽;)ノ(切実!)




個人のブログは。

「厳しめ寄り」の目で読めば 突っ込みどころだらけですし。
「優しめ寄り」の目で読めば、書籍や新聞では決して感じられないような その人らしさや
斬新な主観、豊かな個性に溢れてる。 好きなブログを読むとき、わたしは いつもそう思う。


書籍や新聞、その他専門的に校閲されてしまった正しすぎるだけの情報や文章にはない世界観が、たまらない良さが、そして「人間のおもしろみ」が、ブログにはありますね。

けれど。

優しめの読者さまに甘え、あぐらをかいてしまわないように。
一定数の(相当数の!?)厳しめ読者さまがいらっしゃるであろうことを、常に念頭におきながら、心に刻みながら (これでも・笑) 
いつも ぴりっと緊張をしながら、ブログ 書いています。(もう一度言います。これでも・笑)

そんなすずひの主観まみれのブログを・・・
今日も こうして読みにいらしてくださった あなたさま・・・ 本当に ありがとう。





                                    おわり






なんかエプロンすごい縮んじゃって、毛玉も去年の2倍くらいある。 なんでかな(;_;)?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

7月ですね!もう下半期に突入だなんて・・・早すぎます。 こっからすぐに正月が来る恐怖。
更新のできなかった日にもここを訪れてくださる読者さま。いつも、感謝でいっぱいです。














最終更新日  2018.07.02 13:12:41
2017.12.28
今日は「燃やせるゴミ」の 2017 最終日。 最&終 だったのでございます。
紙きれ1枚、糸くず1本見逃さず、捨てるべきもの全て 葬り去ってやったわっ!



さて。



年末年始に向けて、パンの備蓄に余念なし! の すずひ。






以前は 我が家の「パン鬼」はわたし人1だけ、だったのですが、近ごろは、お父さんが凄い。
年末年始の 行きつけのパン屋さんの不規則な営業日のことも めっちゃ把握してるし、
「そろそろパン無いんじゃない?」と、わたしが言うより先に パンの備蓄の具合に常に敏感。 
おいしいパンが尽きちゃって、大量生産系のパンを出されて食べるのが 嫌みたい (笑)


わたしを超えてゆくそのこだわりには少々ビビりますが、やはり ありがたい (´;ω;`)!







家族の中に「パン仲間」。 夫婦がパン仲間(笑)  こんな日がやってくるなんて。



で。



夢にまでみていた「アレ」を・・・ 買ってよし、との 遂にGOサイン。 
 
遂に、遂に出されましたよ!  自分によって (笑)


こんなにパンが好きなんだもの。 要・不要 厳しくしすぎないで・・・ これは 買おうよ。
この1年、わたしはめっちゃ頑張った! この時期に買うのに、とても相応しいんじゃないかな!


さて、買うと言っても。ふつうには買えない。 そんなところがまた「特別感」あって よろし。
私の欲しい「アレ」は、店舗では、売っていないのです。 カタログギフト限定の商品なのです。


だから、まずは カタログを入手せねばなりません。なにこの まどろっこしさ!  好きっ!!







そのカタログが・・・ まず たいそう「悦」だった。







これは・・・額に入った絵画かなにか、かな?  美しすぎやしませんか?


自分以外の人に この「DEAN&DELUCA」のカタログギフトを贈ったことはなかったのだけれど・・・ これ、これから わたし、贈るわ。  間違いない品物だわ。
食品・スイーツ・キッチン雑貨や食器・コーヒー・ワイン・・様々なアイテムの中からその時の自分が欲しいモノを選べる うれしいギフト。
要らないモノをもらいたくないミニマリストもきっと喜ぶ・・・ 素敵な「贈り物」です。







商品カタログなんだけれど・・・ こうして「食」に関する興味深いコラムのページや・・・





なにが感激かって、これ!  レシピ集!! う・・・ 嬉しさが過ぎる!!






これは「保存版」ですよ、捨てられませんよ、オーダーの済んだその後も! 
ミニマリスト泣かせの1冊でもあります。 す・・・捨てられないカタログ、とか (´;ω;`)

どのページのテーブルコーディネイトもとっても素敵で、参考になります。 やらんけど(笑)




ページをめくってうっとり満足。大満足。
大満足・・・?  ん? あれ?  いやいや、イカンよ、そうだよ、オーダーしないと!!







わたしが欲しいのは・・・これ!!





「DEAN&DELUCA」オリジナル ブレッドナイフ(ブラック)!!


すぐ下の「クッキングボード&ペティナイフ」も かなりの魅力発してますね。
ミニマリストになる前なら・・・こっちにしてしまったかもしれません。 だって、2品(笑)


      ~ ネットからオーダーし、わくわく待つこと 約4日 ~



さあ、さあさ、届きましたよ、これですよ、見て下さい (´;ω;`)ウゥゥ 







あー、なにこれ、美しい。 素敵さしかない (´;ω;`)
パンを 一刻も・・・ ああ、一刻も早く これで切りたくてたまらないーっ!




とっても大好物!AL AVISのスピナッチサンド。相当挟まってるよ、ほうれん草。


バゲットサンドが好きだし、もっちりとした、こういうパニーニみたいな生地のサンドも好きだし、クロワッサンのサンドも好き。 食パン切る、というより、こういうのを よく切る。
わたしは 買ってきたパンをそのまま食べる、ということを日ごろあまりせず、なにかしらのパンを、毎日必ず「切る」のです。 食パンのスライスも、お店では頼まず、必ず自分で切ります。 


だから、エプロンと同じように、この「DEAN&DELUCA」のブレッドナイフ、
きっと 毎日使うことになると思う!


トーストした、焼いたパンのサンドイッチの場合、普通の包丁ではうまく切れないことも多く、
パンがひしゃげちゃったり、フィリングが飛び出ちゃったり・・・しょぼーんとなっていました。


もう、あんな思い しなくていいのね!  う、うれしいー (´;ω;`)ウゥゥ









新しいエプロンとともに、スタンバイ。
ブレッドナイフに関しては、けれど 本日付で着任です。  嬉しいものは、すぐ使う!!




ああ、なんだろう、この気持ち。 いつぶりなんだろう、この感じ。
無くても大丈夫なモノを 敢えて買う・・・ この ちょっと贅沢な たまらなく嬉しい気持ち。


ちなみに 今現在使っているグローバルの包丁を買ったのは 調べてみましたら、
2010年10月、のことでした。
刃物を買ったのは・・・実に7年以上振り、だったんだ。 どうりで興奮もするはずです。


無くてもいいものばっかり買っていたころには、決してわからなかった、この気持ち。

自分の買い物に関しては いつもついつい厳しくなりすぎてしまうところもあるけれど・・・

これも、ミニマリストになったからこそ知れた 喜びと苦悩。光と影。


モノを減らして 心が豊かになるなんて・・・ 
文字でみると未だにピンとこないのだけど・・・ こういうとき、実感します。 

モノが少ないと、暮らしの中の小さな変化や喜びに・・・とても敏感になれるんですよね。
昔はすごく鈍感だった。 大袈裟ではなく。 ほんと「嬉しいって、なに」 みたいな。 



モノの少ない暮らしに2年半前シフトして・・・ ちゃんとそれを維持することができて・・・ 

最後に、こんなうれしいお買い物ができて・・・2017年は、本当に良き年だったな。



 ん? あっ!  あーっ!!





くっ・・・  このシール・・・  も、燃やせるゴミ奴・・・・






↓ にほんブログ村・ミニマリストランキングに参加しています。
  読者のみなさま、今日もお読みくださり、いらしてくださり、ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村






最終更新日  2017.12.28 18:09:32

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.