2020.01.15

【セコいわたしを「ぽーん」と捨てたい】人生に「潤い」を。いま使いかけのものを捨ててでも。

カテゴリ:ミニマルに暮らす
ミニマリストの多くは、「使い切る民」です。

むやみやたらに買い出しに繰り出すことをせず、
家の中にあるものを「使い切る」ことで叶える・・・ 無駄のない生活。 ロスのない暮らし。


食材はもちろん、洗剤や、シャンプーや、日用雑貨や、コスメ・・・ 


なんです。  なんだけど!


いまある、使いかけのリップクリームを捨ててでも。

わたしは、今日から、これを使います。











いまあるリップクリームではもの足りなくなっていた潤いが、たちまち叶うと分かったから。
いまあるリップクリームを使い切ってから、などと思っていたら、
「使い切ること」の一点に重きをおいてしまったら、
唇はいま程度にしか潤わないし・・・ 潤いの足らなさにしょげたまま、冬が終わってしまう。


600円ちょっとで叶う、こんな、幸せ。







精油の自然な香りが心地よい。 そしてとにかく塗った瞬間、とろけるように馴染む。

唯一セブンイレブンに行く用事が、
これまで使っていたこのリップを買う(および蒙古タンメンを買う)だったのですが。







ケースが好きで リピートして買っていた、セブンイレブンのリップクリーム。
リップクリームの用事は・・・もう、なくなるのかもしれない。
そうすることで、「蒙古タンメン中本」も、同時にわたしは卒業できるのかもしれない。


併せて「カラー付き」も試してみることにしました。











このコスパ。 

2色買って、リップクリーム追加しても、ふつうの口紅1本にも満たないほどのコスパ。
そしてからの、このシンプルな見た目。 とっても理想的です。

これがとても良かったら。

今後「くちびる関係」に費やすコスト、大幅に削減できるかもしれない。


これだけオーガニックを謳ってて。 メイドインジャパンで。  とっても、期待!!









 *****************************************



さて。


この冬は、肌に触れるものの見直しがもう一つ。
こないだから たびたびお話させていただいている・・・「入浴剤」。









「LDK1位」って、説得力。
広告収入としての雑誌の宣伝ではなく、消費者の立場に立って、本気で試した「第1位」の貫禄。



以前は大好きだったMUJIの入浴剤。







今も好きだけれど。
BARTH を使い始めて1ヶ月半。
入浴剤には「色」と「香り」はもういらないな、って感じ始めています。
BARTHの 完全無色透明なお湯が・・・ とにかく気持ちいいのです。



入浴剤としてはお高いような気がして。 最初はね、相当なためらいがあったのです。

けれども。

家庭で、質の良い中性の炭酸泉に、家族全員が毎晩浸かることができるのだ、と思うと。
加えてヘッドスパのように、炭酸のお湯で頭皮や髪を、毎晩洗うこともできるのかと思うと。

自宅外で こういった「特別なお湯」にあやかろうと思えば、この何倍ものコストを要する。
そもそもそこまで出かけないとならないし、その都度サービスに対する対価をお支払いしないとならない。

そう思ったら、
サロンやスパに繰り出さなくても、毎日、しかも家族全員が良いお湯を楽しめるのなら、
むしろこれはお値打ちだったのでは!? と 日々、ひしひしと感じるように。







 ↓ 必需品に使うことのできる10%off クーポンって、本当にうれしいな!







ついつい 1日分おいくらほどかかるのかを、割り算で計算してしまったりして、
                (し、しますよね? しませんか Σ(゚д゚lll)!?)

そうしたらね、最初はもう、恥ずかしいんだけれど猛烈に「もったいない」って感じてしまって、

持ち前のセコさが がおがお 暴れだして、

1回3錠のタブレットを溶かすのが適正とあるが、じゃあ2個にケチろうか、とか(笑)

正直、思った。  思っちゃった (´;Д;`)



セコくケチって効能の薄いお湯に入る セコい1ヶ月半。 
ちゃんと3錠使用して、毎晩こころ満たされる1ヶ月。


どちらがもったいないのか。 もったいない使い方って、実際どちらなのか。



そうだ、今年は「優しい」がテーマだった!


迷った時には優しい方。 お財布じゃなくって、人間に! わたしに、「家族」に優しい方。


ちゃんと1回に「3個」使えるわたしになることができました。



 ****************************************



ポカポカ温まったまま、眠るまで、湯冷め知らず。

ポカポカのままベランダで、月を見上げる。


春や秋と同じ、MUJIのガーゼのクルタ1枚で、わたし、寝られてしまいます。
1月なのに、あったか肌着とか全く無しで。 フリースも無しで。


 信じられん。



 **************************************



ピンクや緑の色の付いたお湯に入ることは、もう、無理かもしれない。
「好み」や「重き」がはっきりと変わることが、ミニマルライフには、しばしばこうして訪れる。


そういう「色」や「香り」こそが楽しかったころもありましたけれど、

このBARTHと出会って。

色や香りのついたお湯にわざわざ浸かる意味、と言うのを、すずひは完全に見失いました。

透明って、すごくいいです。 乳白よりも、もっといい。  


この、ごまかしが効かない感じ。


もともと入浴剤をお好きな方にはもちろん、
これまでの、従来の入浴剤をなんとなくお嫌いだった方にこそ、
無色透明で香りのない、このBARTHは、むしろ好まれるのかもしれません。




 ***************************************



しっかりとした大きめのタブレットは、
お湯の中に投入してから 完全に溶けるまでの時間が結構かかるのです。

お湯が半分くらい溜まった頃に、ぽん、ぽん、ぽーん、と3錠。

3つ目が「ぽーん」なのは・・・

ちゃんと「3つ」入れている自分のことが、とても嬉しいから。


どうにもならないと思っていた「セコさ」を克服できている傾向にあることが・・・


お風呂のたび、「ぽーん」とするたび、なんだか毎晩、とても嬉しく、



とても 「幸せ」 なのです。








                                      おわり







3つ目の「ぽーん」の瞬間は、セコい自分と縁を切るような気持ちになれます!
お賽銭の気持ちとも、ちょっと似ている気がするよ(笑)

↓ 「ぽーん」とポチッと ありがとう! いつもお読みくださって、ありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

3人家族だから、ひとり1つと思おう、という気持ちになりました。
心なしか、クエン酸のおかげか、お風呂が汚れにくくなったような気もしているよ ( ´▽`)ノ









TWITTER

最終更新日  2020.01.16 06:47:15