2020.08.05

【 査定額発表会 】服を、さっそく売ってきた。の、お話。

カテゴリ:捨て部
手放すと決めたブラウスを、売ってまいりました。

たった1着だったことと。

宅配買取を手配しての、
往復の配送のコストやら費やす時間や、
今の世の中の状況を鑑みて。

今回は、地元の買取ショップさんにさささっと持ち込むことにしました。











このブラウスです。

この「ふんわり袖」が大好きでしたが、

「黒いふんわり袖」のポジションは、

これからは、このワンピースが引き継いでくれる。










さあ、発表です!



どこどこどこどこ・・・・・・・










ブラウスの査定額 「2500円」 でした!


ちょっと伸び悩んだ感もありましたが、
十分に楽しんだ1着を手放すのに、悔いはありません。






バッグ: 「ブラウス、お前、逝ったのか!? 俺は助かったのか!?」



 ***************************************



半年履きつぶしたおとーさんのウォーキングシューズ。
捨ててしまうつもりでいたのですが、
せっかくなので、きちんときれいにして一応一緒に持ち込んだら・・・700円!

しかも20%up 対象で140円が上乗せされ、840円!


こっちの方が驚いた! Σ(゚д゚lll)


未使用だったウォーキングTシャツが「10円」で。


捨てるのが相応だと思いながら申し訳ない気持ちで持ち込んだ、
かなりこてんぱんだったスニーカーが、
なんと、新品Tシャツの「84倍」の査定を叩き出しました(笑)


捨てるはずのスニーカーで、お刺身盛り合わせ買えるやん!!
         (アイスも買えるやん!)


ブラウスは2500円でしたけれど。
2019SS のシーズン落ちでしたから。 納得。

3点の合計としては、総じて大満足!だったのでした ( ´▽`)


 ****************************************



服が10着になったことが、嬉しいです。

数が減ってどうこうではなく、

手放すことのできるものをいつまでも時間をかけて迷ったり、
宙ぶらりんに持て余すことなく、
握りしめたまま年代を重ねてしまうことなく、


さっと決断し、さっと行動に移し、

さっと手放せたことが嬉しい。




勿体無い、とか、未練とか。


もっと高く査定して欲しかった!とか。


そういう手放しの足を引っ張るような感情に苛まれないのは、


ちゃんと着たから。 です。



状態の良いものを手放すことは、
「勿体無いこと」「すごく損なこと」だと、かつては感じていました。


今は。


次に手にとってくださる方に
少しでも気持ちよく着ていただけることに繋がるような。


買い取りで手放したことのある方にはご経験があると思うのですが、
自分の手放したものが、ちゃんと次の人に売れたのだ、とわかると、
なんだか、とても嬉しいんですよね。

誰ひとり欲しがってくださらなくて、
ずっとずっと永遠に売れ残っていたら、
なんだか悲しいじゃないですか (´;Д;`)


手放す人にとっても。手に入れる人にとっても。


服に意思があるのなら、きっと、服にとっても。



きれいに着て。 きれいに手放すことは。



巡り巡って、

その服の誕生から最期まで、たずさわった全ての人にとって。


繰り返しの価値を生み出す、というか。


服を売ったお金で。
わたしはスーパーに行き、いつもよりもちょっといい「お刺身盛り合わせ」を買う。
次に買ってくださる方の支払ったお金は、リサイクルショップの売り上げとなる。

その都度、それぞれの笑顔と「ありがとうございます」を生み出す。


たった1着の服が。


小さいながらも、何度も経済を動かす。


そして、その服は、それを手にした何人もの人の思い出に残る、という・・・


その服に対して敬意を示すような、


そんな行動のように。 わたしは感じるのです。






                                    おわり






今日もお読みくださってありがとう。



↓ 信じられないほど暑いね、のポチッと、ありがとう。みなさま暑さにお気をつけて(;_;)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


お洗濯ものがたちまち乾くのが嬉しいですけれど、スワッグの季節が恋しいです (;_;)

とっても暑いので「たい焼き」ではなく「お刺身とアイス」で換算してみました ( ´▽`)ノ











TWITTER

最終更新日  2020.08.05 20:35:12