2020.08.08

【過去4年・歴代「夏の服」】わが夏服変遷を本気で振り返る、2016〜2020!の、お話。

去年の夏は、何を着ていたんだろう。

その前の夏は何を着ていたんだっけ。

去年のことは覚えていられるのですが、
2年前、3年前、4年前となりますと、記憶が混ぜこぜになります。

読者さまは、いかがですか?

4年前に着ておられたご自分の服、覚えておられますか ( ´▽`) ?









持っていたアイテムのことは覚えていても、
それが3年前だったのか、4年前だったのか。


2016年の夏は、こんな格好をしていました。
ブログを始めたばかりの夏です。







こうやって、少ない服やバッグや靴・・・
ファッションのことだけ書くミニマリストブロガーを目指そうかな、と思っていたのです。








今振り返れば、この時の服の数は全然少なくもないし、くらくらしちゃいますが、

服のことに特化したミニマリストさんがその頃はあまりいらっしゃらなかったので、

いわば「隙間産業」的に・・・

わたしでもひょっこり新規参入できそうな気がしたのです(笑)



 **************************************



ここからは、2017年です。


ワンピースを着るようになりました。








こんな自転車乗れないスカートをなぜ買ってしまったのか ( ;∀;)







かごバッグが好きで。 
今も好きなんですけれど、使わないことが、今は、わかっている。

この頃は、まだ「好き」の気持ちが勝ってしまって、なかなか手放せませんでした。









カーニバルにスカーフ巻いておめかしさせてます。

こういうことがしたかった「気持ち」が、懐かしい。


それにしても、写真の精度の低さよのー ( ;∀;)




↓ すごく可愛くて大好きなコレも、たとえSALEになろうとも、買わないでいられている。





 ***************************************



2018になりました。


なんとなく「よそゆき扱い」だったこのワンピースを、
ようやくふだんにじゃんじゃん着られるようになった頃です。







服は、着てこそ。


2017年よりも、このワンピースは確実に1年「古く」なっているのに、
たくさん着たこの年のほうが、
どこか新しく、小慣れて見える不思議。

服は着ないと、人が触れていないと。


ただそれだけで、くすんでゆくんですね (´;Д;`)


そして、2018年の夏は、
とにかくこのブラウスをよく着ました。
2日に1回くらい着ていました。








「洗い替えがたくさん必要」というイメージな夏の服も、
毎日洗って、手入れが楽で、
これだけヘビロテできるものに出会えば、
7着も8着も必要ないのではないか。

もっと少なくても全然いけるのではないか、という気がした。











夏の服は3〜4パターンあれば足りる気がする。

そんな予感が芽生えたのがこの夏。

このスカートは、150回とかそれ以上着たのではないかしら。



書籍の、お没写真。







頑張ってポーズをとっていますね(笑)



 ***************************************



2019年です。


さあ、読者さまの記憶にも新しい、去年の夏。

上下に分かれた服を着るのがしんどくなってしまうほど暑すぎた、去年の夏。

ワンピースだけで暮らせるかどうかの実験の夏でした。








大好きなデザインだったこのワンピースを、ひと夏で手放すことになったのは、

・1枚では透けて着られない
・ポケットがない
・繰り返されるお洗濯に耐えられない
・やたらボタンが取れて困り果てる

これらが理由で。

「デザインが好き」なだけで選ぶと、
どんなに好きでも「いつも快適には着られない」ということが起こるのか、と。










一方で。

・肘の隠れる袖は素晴らしい
・とにかくワンピースは楽である
・ワンピース3〜4着あったら夏はそれでいいのではないか


これらの気づきがあったのも、2019年の夏のおかげだったのでした。







去年は暑くて、暑くて。本当に暑くて。

左の3着は、真夏の間は一度も着る気が起こりませんでしたから。


けれど 去年の夏は。


まだ、「マスク」が要らなかった、ね  (;_;)




 ****************************************




2020年・夏。


去年の失敗をしっかり踏まえて。

同じ失敗をしないよう、満を持して選んだワンピースでした。

もう失敗しないように。

とても緊張しながら購入した4着。



お買い物に良し。









家事に良し。







眺めているだけで暑さを忘れるような、

とても幸せな気持ちになれる服。








今年はワンピース当たり年でした。

理想にかなった、それでいて現実的な、しっかり着て愛せる4着。

その年に買った夏服を着て、いざ暮らしてみて。

「ここがちょっとアレだな・・・」という哀しい気づき。

なんか思ってたのと違う、とか
なんか着心地が今ひとつ、とか、
歩きにくい!とか肩がずれる!とか、
もしや似合ってなかったのでは!?とか、
洗ったらシワシワで着られない!とか、
汗かくと背中がかゆいではないかー!とか、

暑っい!!!!! とか。


どうにもこうにも我慢ならない点に気づくのって、

満足できていない自分に気づいてしまうのって、

たいていは、ちょうど今頃、なのです。


8月の真ん中頃。


7月は、まだそんなに暑くないでしょう?

それに、まだ買ったばかりの服の「目新しさ」に浮かれていて、
2回や3回着たくらいでは、不満には気づかない。

気づけないし、気づこうとしないし、

できれば、気づきたくない ( ;∀;)


そんな目新しさの魔法や興奮だけでは自分を騙し通せなくなるのが「8月」で。

本格的な暑さに襲われる「8月」で。


それでも大好きだ! 快適だ! 


この服を買ってよかった! と 嘘偽りなく思える服が


その夏の、「真の正解の服」なのだと思う。







今日は「わざと」写り込んでみました(笑)  この柄が、大・大・大好きなのです。



 *************************************** 




秋も、冬も、ワンピースで暮らせたらいいなあ。


この服を着て、素敵なところ、どこにも出かけられないけれど。

行きたいところに、もう半年以上ずっと行けてないけれど。

過去4年のどの年よりも、自分の選んだ服に満足している。


この気持ちがうれしい。


好きな服を着て家事していると、
すっきりと片付いたこの小さな家で暮らしていると、
今が自粛生活であることを、ふと忘れそうになるときがある。


着るだけで、心を明るくしてくれるんだな。  


わたしのことを、救ってくれてるんだな。


服の力って・・・やっぱり、すごいな。








                                     おわり







今日もお読みくださって ありがとう

↓1日ぶりに、こんにちは!
  更新をお休みした日もたくさんの方がポチッとしてくださって、嬉しかった ( ´▽`)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

懐かしい写真いっぱいでお送りしました。

たった4年前の服が若すぎて、もう無理すぎて、自分で自分に びびっております ( ;∀;)











TWITTER

最終更新日  2020.08.08 22:52:46