2020.10.16

【少ない服で暮らす喜び】毎年恒例「まとめの記事」の、その前に、のお話。

秋冬の持ち物が確定した頃を見はからって。

毎年「服のまとめ日記」を
ここに記録させていただいています。


去年(2019年)その日記を公開させていただいたのは、10月16日のことでした。










1年前の様子を、ちょっと振り返ってみようと思います。

後悔したり失敗の買い物をしてしまうことは、
かつてのわたしと比べたら
本当に少なくなりましたが、

その時は満足していても、
過ぎてみてわかる「反省点」「要改善点」などは、
やはりどうしてもあるのです。


そこのあたりを含めて、

読者さんとご一緒に、

今日は振り返ってみようと思います ( ´▽`)ノ



 **************************************



去年の、ちょうど今頃の。

と申しますか、まさに2019年の今日!の、この日記です。

1年経つと、「追記」だらけになるのが、この日記。

  ※ 2019・最新の少数精鋭ワードローブの日記 →


追記だらけだなあ・・・と、
いつも追記するたびに感じてしまうのですが、
1年通して、服の出入りが「10回」なんて。

昔のわたしなら、考えられなかったことなのです。

昔なら、1ヶ月でたちまち「10回」だったです。



去年の秋は、

こんな風な「11着」でのスタートでした ( ´▽`)ノ











振り返りは、いわば「答え合わせ」ですね。


これはわたしだけの、


わたしにしかできない、誰にも代わってもらえない「答え合わせ」なのだと、


今、感じています。



 **************************************



どんな問題集も、過去問も、
それを解いただけでは、
得られる学びはまだ「半ば」で。

「答え合わせ」こそ、本当はきっと最も大切で。

自分で取り組んで、自分で答え合わせをする。

どこをどう間違えたのか、見直す。


ズルをしない。


まあこれは惜しいけど「◯」ってことでいっか、と、自分を甘やかさない(笑)



1年前のわたしの選択をいま振り返ってみて、

完全に「×」のつく服は、1着もなかったです。

これは本当に、本当にうれしいこと。


なんでこんなの買っちゃったんだ ( ;∀;)! とか

全く着なかったぞ (´;Д;`)! とか、


そういう、いわゆる「×」の服は、

この中に、1着もなかったように思います。



どの服も、わたしにとって。



今も「好きだ」と感じることのできる服ばかり。











着てみて、暮らしてみて、

そして1年後にこうして振り返ってみて。



「×」の服はなかったけれど、
「△」の服は、けれどやはりあったのです。




・ボタンがたくさんある服
・アイロンがやっぱり必須だった服
・ポケットのないスカート




わたしにとって、
これらはどうしようもなく「△」なのだ、と学びました。



「答え合わせ」のおかげですね。



 ***************************************




答え合わせは、どきどきしますね。


正解を知る。惜しかったを知る。そして間違いを知る。


答え合わせは、とても、大切。


ずっと昔、お勤めしていた頃は、
生徒さんの定期テストの大量の答案の採点を任されることも多くありました。

なんか、もっと心を込めて1枚1枚向き合ったらよかったな。

もっとちゃんと、どきどきしながら向き合ったらよかった。
それぞれの子が一生懸命に勉強してきて
緊張の中で精一杯に向き合ったであろう答案用紙、だったのだから。






なんと!採点しているわたし(@24歳)を、校長先生が知らない間に撮った写真がありました。
お仕事の時は、一応、なるだけ控えめな「ふりふり」を着ていたようです(笑)



 ***************************************









ここに「記録」があるおかげで、
こうして今、答え合わせができます。


ブログを始める前と、今と。
まずそこが大違いなのです。
人というのはとても忘れっぽく、
今が良ければ全て良し、みたいなところもあって。
過ぎたことを正しく振り返ったり正確に分析することから、ついつい逃げてしまう。


  自分の失敗は、

      自分に都合よく忘れてしまう。




失敗を受け止めるのはショックなことだけれど、
失敗にちゃんと気づくことができたなら、
気づかないままでいるよりも、
それはずっとずっと「いいこと」なはず。



気づけてよかった、と。 


かけがえのない「学び」として、


失敗を、わたしは。 大切に、受け止める。







ボタンが1個もなく、家で洗えて、アイロンがけの必要がなく、ポケットのある服。
失敗から学ぶことができた・・・ これがわたしの、理想の「服」です。



 *****************************************





答え合わせをしながら、

これまでの人生の幾たびもの服の出入りを経て、

たくさんの失敗を経験してたどり着いたワードローブが、ここにあります。



2020年。 49歳のわたしの服。



1年に1回書かせていただく、毎秋の恒例の「服のまとめ日記」は・・・



わたしにとって、


これは、もはや大切な「儀式」のようなもの。



今、心を込めて・・・ 少しずつ準備しているところです。








                                   おわり








今日もお読みくださって ありがとう。



↓ いつもポチッとしてくださること、本当にありがとうね ( ´▽`)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


今朝の気温は、秋を越して、もはや「冬」の体感でした。
お昼間は、まだまだ暑いくらいの日もたくさんあるのにねえ (;_;)
みなさま、お体大切に・・・この季節を、どうか日々健やかにお過ごしくださいね 日本茶






読者登録をしてくださっている855名もの皆さま・・・本当にありがとう。

h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村

今日も、書けたよー ( ´▽`)ノ



















TWITTER

最終更新日  2020.10.16 23:50:33