000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

仙堂グループ(狼屋 支店)

仙堂グループ(狼屋 支店)

#-03 -出動-

ミーンーミンミンミーン・・・

セミが激しく泣いている。

そんな中で、いつもと変わらない服装でいる、甲斐はどう言う神経しているのだろうか・・

「うーん・・・どうも、今回も夜にしか行動しないタイプの宇宙人だなー・・」

パソコンを見つめながら甲斐が言った。

『今回はいい奴っぽいけど・・・どうだ?甲斐』

「・・・いや、こういう奴に限って凶悪だ」

『・・そうかな・・まぁ、夜を待とう』

そして、待ちかねた夜・・

「行くか・・・」

静かに、外に出ると、甲斐は何かの薬を飲んだ。

「・・・」

そしてロギになった。

「さ、今日もお仕事お仕事!」

そして、近くの山へ足を進めた。

そして、どんどん進んでいくと、スゴイ光を放つ円盤を見つけた。

「・・・ビンゴ。」

ベルトをつけると、カードを構えた。

すると中から、人間に似ている、宇宙人が出てきた。

男のような格好をしている。

「やぁ・・」

男は手をあげて、笑いながら近づいてきた。

『・・・俺はあんな優男大嫌いだな・・』

甲斐が言った。

「・・・何者だ。」

まだ、カードは構えている。

「?私は、君たちと友好な関係を・・・」

「決定。残念だけど・・」

カードをベルトにスラッシュすると変身した。

そして、そのまま突撃して、思い切り突き飛ばした。

「!?何をするんだ。私は・・」

『いや、君は凶悪な宇宙人だ。その攻撃で友好な条約を結ぶ少型宇宙人はとっくに空の上だ。』

「・・・ばれたか・・・仕方ないな。」

すると男は、鎧のような姿になると、持っている剣で、ロギを切りつけた。

『うわっと・・・』

ロギは、避けると右腕のアーマーに手をかざすと、中心の穴があいてる部分から、光の剣が出てきた。

『しゃっきーん♪・・・何て言ってる場合じゃないか』

同感。

それはさておき、激しい攻防が続いてる。

『あ、やべ・・・もうすぐ3分だ。』

・・・3分?

ウルト○マンかお前は・・・

『そろそろ決着つけないとなぁ・・・ちょっと時間要るけどあの技で・・』

光の剣を3秒ほど構えると、物凄い速さで、鎧に近づき、そのまま斬った。

「・・・」

鎧は何も言わなかったが、そのままドサリと倒れた。

チュイン!

変身が解除されると、甲斐に戻っていた。

「ったく・・・また筋肉痛だよコリャ・・」

そのまま、よろよろした足取りで帰っていった。

『まぁ、任務成功だな、甲斐』

「・・まぁ、な。」



#-04 -謎の巨大ロボット?-へ続く


© Rakuten Group, Inc.