000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ちぬまんだい 

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


わらべ2395

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

徳島の夏を彩る阿波… すずめのじゅんじゅんさん

チヌマンダイ 泡 盛窪さん

コメント新着

たそがれの写真家@ Re:ミナタ海岸で海の再生プロジェクト(06/03) 全国的に砂浜が無くなっていますからね。 …
わらべ2395@ Re[1]:風葬墓の研究書を読む(12/26) たそがれの写真家さんへ 空の旅、紅葉を…
たそがれの写真家@ Re:風葬墓の研究書を読む(12/26) 私も一度案内していただきましたね。 そし…
わらべ2395@ Re[1]:夜明けのコーヒー(12/09) たそがれの写真家さんへ しらとりは …
たそがれの写真家@ Re:夜明けのコーヒー(12/09) 外の世界を知ることは、大事なことですね…

フリーページ

ニューストピックス

全1122件 (1122件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

カテゴリ未分類

2018年07月31日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
毎年見かけるガードレールを使った  風景と違って

  今年は

  田んぼの中に
  昔ながらの風景を見た。


  冬は
  いんげん豆の栽培圃場が

  夏は稲穂に変わる。

  二毛作すると
  土地の有効利用ができる。


  刈り取った稲が倉庫に積んであったので
  次の作業が待っている。


   今日あたり
   写真が撮れるかもしれない。

   台風12号は  
   ありえないコースをたどって
   こちらに向かってきた。

   予想外のことが度々起こる現代。
   

   元気です。












最終更新日  2018年07月31日 03時50分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月30日
カテゴリ:カテゴリ未分類


  景観づくりに
 私なりの工夫をしてみる。

 小砂利と砂を使った  道づくり。
 屋敷内で試したことを応用する。









  岩場が歩きにくいし
 テンノウメ等の保護したい植物を踏み荒らされないための
 工夫である。



  一般財団法人 セブン-イレブン記念財団から助成を受けて
 このエリアから始めてみよう。
 成功したらミナタ海岸でも続けていきたい。







  与論方式と言われるのが夢である。

   すこしづつ すこしずつ
     こつ  コツ  と続ける。

   それが  大きくなる。

     道程   新しい道。






最終更新日  2018年07月30日 04時08分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月28日
カテゴリ:カテゴリ未分類
久しぶりにブログを書こうと思ったが、
気乗りがしない。





 コピーしようとしたが
  できないので
 つれづれなるままに と  ボードをたたいている。





 あと30分余りで
 月が欠け始めるので起きてきた。

 ヘナとういう

 神染めに使う植物を試作してきた。
 何とか発芽に成功して
 50本余りをポット育苗している。






 頼んだ方が今回の満月に合わせて岐阜県からやってきた。
 偶然に那覇の港で声をかけられ
 出会いの不思議さ 縁を感じている。

  旧暦の3月十五夜で
 一緒に踊った写真があった。





 探して載せてみよう。

  新しいことが始まる予感がしていたが

 もうすでに動き出していた。





  ヘンナ  ヘナとの出会い。

  百実行 百日紅の仲間。






最終更新日  2018年07月28日 02時57分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月27日
カテゴリ:カテゴリ未分類



    トンびゃん  と  朝日






最終更新日  2018年07月27日 20時28分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類

  
   いつの間にか様子が変わっていた。

 ちょっと手伝ってくれないかと海園寺さんから電話をもらって出かけて行って
 びっくり!



 菩提樹の様子が変わっている。

  一緒にあった石像は  何処?



  見事に岩に収まっていたので
 一安心。


  供養場所を建設中とのことでした。




 ハジピキの崖の下は
 ハンシャと呼ばれる特別な場所と言われてきた。

 天然痘などの伝染病で亡くなった方の遺体を投げ捨てた(葬った)場所だった。

 崖の下で骨やら  頭蓋骨を見たのが20年前ぐらいのことだったようで
 一緒に探すことにした。






 手足の骨や骨盤らしきのは数点見つかったが
 洒落こーべは  とうとう探せなかった。

 供養の場所を整備するために森の中に道を造った様子。

 私も海辺で祈る場所を造っていることもあって、
 同じ思いが通じ合った。





 太陽の上る位置を確認するために写真を撮ってきたが
 偶然にも
 私の頃屋敷が真東に位置している。

 

   宇宙の神秘が身近に迫ってきた。

  運命と使命を感じる。


 出会い

  慶応義塾大学院 健康マネジメント研究科 看護師さん

  地域の居場所「さっちゃんち」 へきちの保健師の会 櫻井さんとお話ができた。

 

  サイモンとガーファンクル

  ギターを弾いていた学生の頃があったが・・・・・。
 手にしてみたい。







最終更新日  2018年07月10日 03時16分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月09日
カテゴリ:カテゴリ未分類

















最終更新日  2018年07月09日 03時06分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年06月27日
カテゴリ:カテゴリ未分類














最終更新日  2018年06月27日 04時18分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年06月17日
カテゴリ:カテゴリ未分類
旅人は医者さんだった。



  お湯を沸かした。



  その前に
 ガスコンロで 温めてみた。

 バスタオルや
 古着にくるみながら 濡れた体を乾かすためにタオルで毛を拭く。





 ドライヤーを使うことを思いついてくれて
 効果がてきめん。





 聴診器をあてて 心音を確認

 息をしてくれた。


   親山羊の乳を搾り
 口をこじ開けて  無理に流し込む。

 などなど・・・、

  やっとこ  規則的に息をすること確認して寝た。

 夜中に地震がして  起きた。

  山羊は生きてるか・・・。

 寝床に居ない。





   部屋の隅にチジ困って  立っていた。

 蘇った。






最終更新日  2018年06月17日 04時08分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年06月09日
カテゴリ:カテゴリ未分類
一番苦しかった時のことを考えると
 あの時よりも
 今は幸せであると思うことができる。

 人生66年も生きていると
 いろんなことに出会ってきたが、
 他人よりも数が多くの挫折を味わった気がする。

 今は立ち直っているので、
 甘美な想い出になっていられるのは
 他人を犠牲にして生き延びたという自覚が薄せいであろう。

 妻についてはこれから先、
 何とか償いをしようと思っているが、
 恩を受けたことも忘れてしまっているか、 
 気が付かないでいることについては
 社会に貢献して恩返しをするしか方法は思いつかない。





 金がないので
 汗を流してできることを心掛ける。

 ボランティアとかいうことであろうが、

 償うことが出来る」と思える事が、
 嬉しいと思うようになった。

 海岸を綺麗にしたい」
 方法は  ゴミを拾うこと、
 簡単な事なのだが
 続けることが難しい。

  ボランティアでやっていると」と思っていた頃は、
 自分は果たしてどれぐらい続けられるかを気にしていた。

 今だったら
 いつでもやめてもいいと思えるようになったのは、
 人のためにやっているとの思いがなくなったことにある。

 わが身の物と思えば 軽し 傘の雪
   たとえは違うだろうが・・・、

 自分の海だと思って ゴミを拾えば
 楽しくなるではないか・・・。

 自分の庭のゴミを拾っているのは当たり前だから
 偉いなんて」 お褒めの言葉は 似合わないはずだ。

 当たり前になれば
 続けられる。





 後は
 時間との勝負。
 自分の時間がどれだけ持てるか。
 能率を高める工夫が必要になる。

 情けは 人のためにあらず
 ボランティア精神も  しかり。
  そんな気がしている。

 徳をした。






最終更新日  2018年06月09日 03時12分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年06月03日
カテゴリ:カテゴリ未分類
初めは冗談のつもりで「海を耕す」と言って、スコップやつるはし、ばーる等を持って
渚で遊んでいたが、
今は本気で取り組むことにした。





半年ぐらいは経っただろうか・・・、
小野高等学校の生徒に大きな石を転がす手伝いをしてもらったころから、
本気を出す気になったのだと、
思いかえって考えてみている。





潮の満ち干のエネルギーを利用できないのだろうか」
これが発端である。

 渚をデザインする」の遊びはコースタルリゾートで試したので、
石垣の積み方で浜辺の形が変わることはすでに実証した。





人工海浜地では出来ても
自然の荒波をもろに受ける海浜地でもできるかどうかを試す事にした。

台風の荒波に持ちこたえられる石垣は積むことができないので、
一工夫しなければならない。

日々の潮の力を利用、
上げ潮の時打ち上げられた砂利は上部に移動する方法を考えた。
大石、小石、砂利、砂の順番で波打ち際を造る。
操作をするためには防波堤が必要になる。





瓦礫のなかには不法投棄されたものや
船揚げ場が台風で壊されたコンクリートの塊など、
本来は海で出来たサンゴの石ころでないのが多数混じっている。
これを片づけるために、持ち出すのではなくて、
埋め立てればいいと気が付いた。

重機を使えば簡単にできる作業。
人力でやってみる。
成功すれば 町や県や国にお願いしたい。

片づける、
ゴミを拾うだけではなく、
利用する。





砕かないで骨材にできるように
施工方法を工夫する。

潮の流れを変えるように、
人の考え方、
経済の在り方、
生活まで変えていかないと、
いい環境は保てない。





 ついでに魚垣にして海藻の養殖もしたい。
小魚が集まってきて、
食物連鎖が起きるだろう。

 砂浜がすこしづつ広がって見えてくる事ができるので、
毎朝起きるのが楽しみです。





今朝は恵みの雨で出かけられないが、
晴耕雨読

こんな暮らしができる年になった。





 衣食住足りて礼節を知る。
 巧言令色は  少ないかな仁


       今 しあわせです。

   10年後を目標に
        造形する。

  ランドアンドランドスケイプ」 与論方式。







最終更新日  2018年06月03日 04時57分43秒
コメント(1) | コメントを書く

全1122件 (1122件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.