T.C.UNIONRIVER ~ユニオンリバー社~

第00話

CHAPTER-00
   「始まりの青い色」



「じゃあな、裕司!」
「じゃあね、ユウちゃん♪」


僕はいつものように友達・・忍と景に手を振って別れた

景はいつもここの交差点で別れるんだけど、忍は用事があるって言ってたからこっちまで来てる

・・疲れたなぁ・・

今日は体育でジャージ忘れて、グランド5周もさせられちゃったもん・・(汗)

いつもの事だからなぁ・・なんて情けない事を思いながら、僕は近道を通って帰る

近道にしているのは路地の裏側・・暗くてじめじめした、普通なら通りたがらない所

でも僕の家までは近いんだから、通らない手はないよね・・?


・・僕の名前は鈴宮裕司(すずみや ゆうじ)

六澄の街の外れで、普通に生活してる普通の中学2年生!

・・ごくごく普通だと、僕は言ってるんだけど・・みんなから見るとどこか変わってるらしい

・・強いて言うなら・・僕はいつもお気に入りの帽子を逆さ被りで被っている。

・・ちょっとこだわりがあるんだよね。


さっきの友達は天導寺景(てんどうじ ひかり)と高杉忍(たかすぎ しのぶ)

景は幼なじみの女の子で、忍は中学入ってからの大の仲良しなんだ♪

僕たちはいつも帰る時は一緒に帰って、学校でもどこでもほとんど一緒に行動している

おかげで楽しい事には欠かないで済んでるから、ありがたいよ・・


##########################################
「・・あれ?」


それから、僕は近道を通っていた・・

ところが様子がいつもと違う事に気付いて、思わず立ち止まる


・・なんで霧が立ちこめているんだろう?


こんなトコで霧が出るなんて、こんな事そうそう起きる事じゃない

・・異常気象がどうのこうの言ってたって、昼間にこんな濃い霧なんて出るわけ・・


・・ずる・・


何かを引きずるような音がして、僕は後ろを振り返る

霧に包まれてしまったその中から、ゆっくりと黒い影が・・僕の前に姿を現す


「!」


言葉を失う、とはよく言うなぁ・・と思った

なんてったって僕の前に出てきたのは・・一つ目で、両腕が長くて、異様に肩が張り上がっている・・「怪物」だったんだから

誰しも怖くて固まってしまうだろう


しゅ・・・と静かな音がした

僕は逃げようとしたが、一瞬動作が遅れて・・・


ざぐっ・・


鈍い音がして、僕の左胸に激痛が走った

でも僕は、もうそれが「痛い」という事さえ分からない

頭の中が真っ白になっていくのを感じながら・・

ついてない、なんでいきなりこんな事に?・・・と思っていた

##########################################
「・・・・」


・・ハズなのに・・

僕は死んだハズなのに・・・

それから倒れていたのは、僕ではなく「怪物」の方だった

なぜか僕は立ってそれを見下ろしていて、怪物が粉のように崩れて消え去っていくのを見ていた


「僕は・・?」


少なくとも今は夢の中じゃない、なぜかそう確信している

・・でも・・僕は夢だと思いたくなってしまった。


・・霧が晴れて、薄暗い建物のガラスに映った僕の姿が・・変貌していたからだ


僕は・・青い鎧を身に纏っていた

正しく言うならば、僕は変身してしまっていた


青い騎士・・とでも呼ぶべき、まるでロボットのような姿に・・・・

##########################################
翌日・・


「おはよう、ユウちゃん」

「おはよう!」


僕はいつもみたいに景に返事をして、一緒に学校へ向かう

・・でも、どこか引っかかる事があって、挨拶だけで会話が無くなってしまった


「あんの~・・どうかしたの?ユウちゃん?」


頬に汗をたらしながら、景が聞いてくる


「いや、ちょっと眠くてね」


僕は自分でも誉めたくなるほど普通に、寝不足であると嘘をついた

景も納得したようでうんうん、と頷いた


「ダメよ、新しいゲーム買ったからって遅くまで遊んでちゃぁ~?」

「え?・・ああ、アレのこと・・」


二日前に買った最新版のバーチャロンか。

このバージョンだと確か、テムジンも隠し機体増えてたっけ・・


「やっぱりライデン最高よね♪」

「え?・・僕はテムジンが一番いいんだけどなぁ・・」

「嘘よぉ~・・だって攻撃力特化が一番じゃない!」


景は一応女の子のハズだが、ゲームやプラモデルにやたら詳しい

・・昔からずーっと、ロボット大好きっ娘だったけどね(汗)


眼鏡をかけていて長いポニーテール、中学生にしては異様に発達したスタイル・・

その上で頭がよくてそこそこ運動神経があるんだから、コレを才色兼備と呼ばない手はないだろうね~・・


・・「フツー」なら。


・・残念ながら、僕が物心ついた頃からずーっと彼女は「変わり者」である

普通に接する分には問題ないんだけど、ちょっとアニメとかロボットとかに踏み込んだ話になるともう・・

俗に言うには「オタク」と分類できるんだろう。

かく言う僕も少々ロボオタクな所はあるけど・・流石に景には負ける


・・「歴代ガンダムの型式番号と武装、登場作品をソラで言える」と言えば分かるかも・・


「ところでユウちゃん、昨日の話知ってる?」

「え・・?」


昨日、それはあまりにもとんでもない出来事があった日・・・

背筋に寒いものを感じながら、僕はその話を聞いてみる


「それがね、一時的にユウちゃんち近くの区で「霧」が立ちこめてたらしいのよ、異常気象とかなんとかで・・」

「やっぱり」

「ユウちゃん、見てきたの?」

「う、うん」


思わせぶりな事を口にしてしまった僕は急いで言い繕う


「ふ~ん・・ユウちゃん、そんな暇あるんならゲームやってるんじゃないかと思ってたわ。」

「・・あのね」


右手でびし、と突っ込みを入れる


「・・僕は・・」


あの霧を見たどころか、霧の中で何か、別の世界を体験してきた

・・以前忍から聞いた事があったっけ・・


・・霧の中に怪物の・・人ではない者の影を見た・・


そんな噂、僕は信じてもいなかったのに

多分僕は・・初めて本当に怪物と出逢った人間じゃないかと思う

変身してしまった。

僕はあの怪物を倒してしまった

だから・・僕はこれから、普通じゃない中学生活を送っていく事になってしまった

もうすでに普通じゃないのだけれど、さらに磨きがかかってしまう・・

・・そんな気がしてた。


「景ィ」

「なに?」

「いきなり訳の分からない危なそーな「怪物」に遭っちゃったらどうする?」

「そうね・・あたしそんな速くないけど・・・多分逃げるわ」

「・・・それがもし、自分が「ヒーローに変身して戦える」状態ならどうする?」


景は少しも考えずに、むしろ目をキラキラさせながら

「変身して戦っちゃうわよ、そりゃ。」

「・・・言うと思った」


・・さて、ホントにどーしよう・・?

僕は戦えるのかな・・・今度また、あんなのに遭ったりしたら・・

不思議なことへの考えを胸にとどめ・・僕は景に笑って見せた

「普通に・・・ね」


普通じゃない普通の日常

僕の生活はここで、狂いはじめてしまったのかもしれない・・


・NEXT-01「決定!その名はブルーナイト」

・選択に戻る

・トップに戻る


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.