1065152 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

猫とHidamariで

2008.03.26
XML
カテゴリ:読書
私の男 著者 桜庭一樹

私の男 本体価格 1,476円 (税込 1,549 円) 送料別


本の帯より下矢印

優雅だが、どこかうらぶれた男、
一見、おとなしそうな若い女、
アパートの押入れから漂う、罪の異臭。
家族の愛とはなにか
超えてはならない、人と獣の境はどこにあるのか?
この世の裂け目に堕ちた父娘の過去に遡る―。


黒い冬の海と親子の禁忌を圧倒的な筆力で描ききった著者の真骨頂。


楽天ブックス 第138回直木賞受賞についてのインタヴューはこちら


プロフィール

■桜庭一樹さん (さくらば かずき)

title4.jpg

1971年島根県生まれ、鳥取県育ち。
1999年「夜空に、満天の星」で第1回ファミ通エンタテインメント大賞佳作入選。
『AD2015 隔離都市 ロンリネス・ガーディアン』と改題した同作で作家デビュー。「GOSICK」シリーズなど少年少女向け小説を経て、一般向け小説に。
2007年、『赤朽葉家の伝説』により第60回日本推理作家協会賞受賞。
08年、『私の男』で第138回直木賞受賞。
そのほかの主な作品に『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』
『少女には向かない職業』、『ブルースカイ』、
『少女七竈と七人の可愛そうな大人』、『青年のための読書クラブ』ほかがある。

====以上 楽天ブックスより====  

少し読む事が出来ます 下矢印

文藝春秋 立ち読み


直木賞受賞の作品というだけで、全然内容は知らなかったので
読んでみて、かなり衝撃を受けました。ショック
題名の「私の男」ということから察して、男女関係の内容かとは思ってましたが
父と娘の事なので・・・びっくり
この父と娘の生き方は、とても理解できませんが・・・
読み進んでいくうちぐんぐん引き込まれていきました。ノート

話の進め方も、現在から~過去へ~過去へと遡って・・・
最後は二人の出会いへと・・・
娘の視点ドレス・父親の視点喫煙・そしてこの二人の周りの人からの視点・
と話の進め方も、二人以外の視点もあるので面白かったです。

この本を読んでいて、もし映像にするとしたら・・・
父親は、もう亡くなってしまいましたが、古尾谷雅人さんを想像しました。
娘は・・・う~ん・・・誰かな??田中麗奈??・・・
な~んて勝手に想像してみました。


何かが(母親の愛??)欠けて育った大人??
子供らしくない子供??
歪んだ「愛」
「血」の繋がり・・・怖いです・・・


桜庭一樹さんの写真を見た時に、この人が書いたんだ!!
とちょっと驚きましたびっくり






Last updated  2008.04.11 00:09:44
コメント(10) | コメントを書く


PR

Profile


にくきゅ〜う★

Free Space

Comments

Actinync@ Novel Coronavirus (2019-nCoV) On 31 December 2019, WHO was alerted t…
ベーコン@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) ■映画の絵柄 映画の絵柄に関してもスタッ…
ベーコン@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) 長文な上に制作スタッフや原作者の裏話も…
絶太わー@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) 原作絵本は実際に読んでないので何とも言…
沖縄 島袋@ Re:【樺太1945年夏 氷雪の門】★二木てるみ(08/06) 管理人様始めました。沖縄の島袋と申しま…

Favorite Blog

MAしゃまの独り言(… MAしゃまさん
pure breath★マリー… マリーmypinkさん
Cinema Collection ひろちゃん★510さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん
あ!CINEMA 365 DAYs ラブ☆シネマさん
かいコ。の気ままに… かいコ。さん

Freepage List

Category

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.