1038068 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

猫とHidamariで

2009.03.29
XML
カテゴリ:映画 ま行

犬犬キミも、ちゃんと幸せでしたか。

うんざりした日もある。
それでも、家族のまんなかには、
いつだってキミがいた。犬犬


マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたことHP

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと シネマトゥデイ

英題: MARLEY & ME
製作年: 2008年
製作国: アメリカ

スタッフ
監督: デヴィッド・フランケル
製作: カレン・ローゼンフェルト / ギル・ネッター
原作: ジョン・グローガン
脚本: スコット・フランク / ドン・ルース
撮影: フロリアン・バルハウス
音楽: セオドア・シャピロ

キャスト
オーウェン・ウィルソン (ジョン・グローガン)
ジェニファー・アニストン (ジェニー・グローガン)
エリック・デイン (セバスチャン・タンニー)
アラン・アーキン  (アーニー・クライン)
キャスリーン・ターナー  (ミス・コーンブラッド)

m1.jpg

チェック
子育ての予行演習のつもりで犬を飼い始めた新婚夫婦と、ラブラドール・レトリバーの愛ときずなを描く感動作。

愛犬との生活を通し、結婚生活をめぐる普遍的な悩みや問題を描き出したベストセラー・エッセーを映画化。

監督は『プラダを着た悪魔』のデヴィッド・フランケル。主人公夫婦を『ダージリン急行』のオーウェン・ウィルソンと「フレンズ」のジェニファー・アニストンが演じている。泣いて笑って、最後は温かい気持ちになれる一作。


ストーリー
ジャーナリストとして働く新婚夫婦のジョン(オーウェン・ウィルソン)とジェニー(ジェニファー・アニストン)は、子どもを持つ自信をつけるため、犬を飼うことを決意。

しかし、やって来たラブラドール・レトリバーのマーリーは、手に負えないほどやんちゃで、何でもかんでも食べたがるおバカな犬だった……!

332670_004.jpg



えんぴつえんぴつ単に「犬の映画」では片付けられない。
とチラシに書いてあったように、マーリーの成長とともにジョンとジェニーの成長もえがかれています。

動物は大好きなだけに、必ずといって訪れる別れを想像してしまって、動物が出演している作品には足が向かないのですが。。。

この作品は予告を観た限りではコメディーぽかったし、オーウェン・ウィルソンが出演してるし、大丈夫だと思い観に行ってきました。
(試写状をくれたHちゃんありがとう)


!ネタばれ感想です。!

前半のマーリー(セールわんこだったかな?)は、やんちゃで手がつけられませんでした。
網戸に突進したり、ネックレスを飲み込んだり、何でも噛むし、雷は大嫌いだし、訓練校では女性の教官を押倒し・・・大笑い大笑い
でも可愛いいんですよね~手書きハート
もう可笑しくってこの辺は微笑ましく思いながら観てました。



マーリーと一緒に成長する物語ですから二人の事を少し。。。

ジョンの場合

ジャーナリストとして現場で仕事をしたかった。
現場で働く友人セバスチャンに対する仕事上での嫉妬心。
(私生活にも少しは嫉妬心あった・・・?でも最後は自由奔放な彼に対しての眼差しが変わってましたね)
コラムにマーリーの事を書き綴る。

と挫折的な事もありましたが、マーリーのコラムを書く事により仕事への考え方も変わっていく。


ジェニーの場合

仕事を続けながらも、最初の妊娠・・・流産・・・
落ち込んでると、そっと寄り添うように傍にいるマーリー。
再び妊娠・・・子供が生まれ心配してたマーリーのやんちゃぶりも少し落ち着いてきて・・・
仕事をやめ家事、子育てに専念するが、家事の疲れからストレスが溜まり、ジョンと喧嘩。
マーリーにも辛く当たってしまう。

いつも何気なく傍にいたマーリー。
傍にいすぎて、特に気にもせずに過ごした毎日。



年老いてきて、病気も発覚、だんだん切なくなってきました。涙ぽろり
階段を上る姿・・・動けなくなって横たわる姿・・・


マーリーの病気が分かり長くないと知った時に、今迄マーリーが傍に居てくれて、どれだけ心の支えや励みになって来たかに気づかされる。。。

ジョンが書いたコラムを読み返すシーンや
子供がマーリーのビデオを見てる姿には・・・号泣

うっうっ・・・やはり・・・最後は。。。



本当にやんちゃな犬でしたね~マーリーはびっくり
あんなに、家の中をめちゃくちゃにされて・・・
人事ながら片付けるのが大変そうだぁ~~~と思っちゃいました。

ジェニーが苛立つ気持ちも分かります。
子供だけではなく、マーリーの事もあったのですから・・・
普通の人なら怒り爆発しちゃいますよね。。。


でも、どんなにおばかな犬だろうが、我が家の犬は一番なんですよね。


マーリーが可愛くって、微笑ましくって、ラスト近くは悲しくって、でも心が清らかになるような作品でした。


我が家にも猫がいます。
見てるだけで心が和むのですが、毎日傍にいると気にしない時もあるんですよね。。。
そんなこんなで、あっという間に10年という月日が過ぎてました。
長生きしてね~猫るな猫

332670_007.jpg

犬犬このシーンはジーンときました犬犬
一番良く分かり合える親友って感じでしたね


犬犬家じゅうの傷が、
ぜんぶキミとの
絆になった。犬犬







Last updated  2009.11.18 15:38:03
コメント(17) | コメントを書く


PR

Profile


にくきゅ〜う★

Free Space

Comments

Actinync@ Novel Coronavirus (2019-nCoV) On 31 December 2019, WHO was alerted t…
ベーコン@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) ■映画の絵柄 映画の絵柄に関してもスタッ…
ベーコン@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) 長文な上に制作スタッフや原作者の裏話も…
絶太わー@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) 原作絵本は実際に読んでないので何とも言…
沖縄 島袋@ Re:【樺太1945年夏 氷雪の門】★二木てるみ(08/06) 管理人様始めました。沖縄の島袋と申しま…

Favorite Blog

MAしゃまの独り言(… MAしゃまさん
pure breath★マリー… マリーmypinkさん
Cinema Collection ひろちゃん★510さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん
あ!CINEMA 365 DAYs ラブ☆シネマさん
かいコ。の気ままに… かいコ。さん

Freepage List

Category

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.