994747 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

猫とHidamariで

全8件 (8件中 1-8件目)

1

映画 か行

2010.06.11
XML
カテゴリ:映画 か行

グリーン・ゾーン

グリーン・ゾーン シネマトゥデイ

英題: GREEN ZONE
製作年: 2010年
製作国: フランス/アメリカ/スペイン/イギリス
日本公開: 2010年5月14日

監督・製作: ポール・グリーングラス

キャスト
マット・デイモン
   (米国陸軍上級准尉/MET隊隊長 ロイ・ミラー)
グレッグ・キニア
   (国防総省/情報局 クラーク・パウンドストーン)
ブレンダン・グリーソン
   (CIA マーティン・ブラウン)
エイミー・ライアン
   (ウォール・ストーリト・ジャーナル記者 ローリー・デイン)
ハリド・アブダラ
   (フレディ)
ジェイソン・アイザックス
   (米国陸軍少佐 ブリッグス)

マット・デイモン
   (米国陸軍上級准尉/MET隊隊長 ロイ・ミラー)
 下向き矢印
gz1.jpg
 上向き矢印 ブレンダン・グリーソン
    (CIA マーティン・ブラウン)


チェック
『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』のマット・デイモンとポール・グリーングラス監督が、3度目のタッグを組んだサスペンス・アクション。

イラク中心部のアメリカ軍駐留地域“グリーン・ゾーン”を舞台に、大量破壊兵器の所在を探る極秘任務に就いた男の決死の捜査を描く。

共演には『リトル・ミス・サンシャイン』のグレッグ・キニア、『ハリー・ポッター』シリーズのブレンダン・グリーソンらが顔をそろえる。

銃撃戦などのアクション・シークエンスを手持ちカメラで活写した臨場感あふれる映像は圧巻。

ストーリー
ロイ・ミラー(マット・デイモン)と彼の部隊は、砂漠地帯に隠された大量破壊兵器の行方を追う極秘任務に就くが、国防総省の要人によって手掛かりを奪われてしまう。

国防総省の動きを不審に思った彼は、同じ疑念を抱いていたCIA調査官ブラウン(ブレンダン・グリーソン)と共闘することに。

部隊を離れ単独で調査を開始し、執ような妨害工作に苦しみながらも謎の核心に迫っていく。

グレッグ・キニア
 下向き矢印 (国防総省/情報局 クラーク・パウンドストーン)

gz.jpg
エイミー・ライアン
   (ウォール・ストーリト・ジャーナル記者 ローリー・デイン)
上向き矢印

えんぴつえんぴつ5月22日 鑑賞

あまりにも前に鑑賞したので、簡単に紹介。。。ぺろり

舞台は陥落したイラクの首都バグダート。
ロイ・ミラー(マット・デイモン)の部隊は大量破壊兵器を
探す極秘任務についていた。
ところが、大量破壊兵器があるとされた場所には何もなかった。
同じ事が以前にも・・・。
情報提供はどこから???
不審に思い、ロイ・ミラーは調査を始める。。。


世の中の組織でも、トップに立つ人が現場で働く人の
事を考えずに、指示だけをする組織が多いように
思いますが、この作品は正にそれ。。。


そして権力国が、弱者国に対する容赦のない戦い。。。


冒頭から緊張感があり、後半の銃撃戦など凄かったのですが、
何か、イマイチ感が残った。。。


マット・デイモンは、このような役が似合いますが、
ボーンシリーズの方が私は好きでした。


グリーン・ゾーン 『ウィキペディア(Wikipedia)』

「グリーン・ゾーン」とは、かつて連合国暫定当局があったバグダード市内10km?にわたる安全地帯のことである。イラク暫定政権下の正式名称は「インターナショナル・ゾーン」ではあるものの、「グリーン・ゾーン」の呼び名が一般的である。

「グリーン・ゾーン」以外の地域は「レッド・ゾーン」と呼ばれる事から「グリーン・ゾーン」は安全と思いがちだが、必ずしも安全だとは限らないそうです。
また「レッド・ゾーン」も逆の事が言えるそうです。


イラク戦争 『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

 







Last updated  2010.06.11 19:06:16
コメント(4) | コメントを書く
2009.04.22
カテゴリ:映画 か行
グラン・トリノ HP

グラン・トリノ シネマトゥデイ

英題: GRAN TORINO
製作年: 2008年
製作国: アメリカ
日本公開: 2009年4月25日

スタッフ
監督・製作: クリント・イーストウッド
製作: ロバート・ロレンツ / ビル・ガーバー
製作総指揮: ジェネット・カーン / ティム・ムーア / ブルース・バーマン
原案: デヴィッド・ジョハンソン
原案・脚本: ニック・シェンク

332286_024.jpg
クリント・イーストウッド(ウォルト・コワルスキー)

キャスト
クリント・イーストウッド  (ウォルト・コワルスキー)
ビー・ヴァン  (タオ・ロー)
アーニー・ハー   (スー・ロー)
クリストファー・カリー  (ヤノビッチ神父)
コリー・ハードリクト  (デューク)
ブライアン・ヘイリー  (ミッチ・コワルスキー)
ブライアン・ホウ  (スティーブ・コワルスキー)
ジェラルディン・ヒューズ (カレン・コワルスキー)
ジョン・キャロル・リンチ

チェック
『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務めた人間ドラマ。

朝鮮戦争従軍経験を持つ気難しい主人公が、近所に引っ越してきたアジア系移民一家との交流を通して、自身の偏見に直面し葛藤(かっとう)する姿を描く。

イーストウッド演じる主人公と友情を育む少年タオにふんしたビー・ヴァン、彼の姉役のアニー・ハーなどほとんど無名の役者を起用。

アメリカに暮らす少数民族を温かなまなざしで見つめた物語が胸を打つ。

332286_017.jpg
ビー・ヴァン(タオ・ロー)に色々教えるウォルト

ストーリー
妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来単調な生活を送っていた。

そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、アジア系移民の少年タオ(ビー・ヴァン)と知り合う。

やがて二人の間に芽生えた友情は、それぞれの人生を大きく変えていく。

332286_023.jpg
アーニー・ハー(スー・ロー)に食事に招待されたウォルト  

えんぴつえんぴつ4月10日の試写状を頂き、気になってた作品だったし喜んで観に行ってきました。ウィンク
Sさん、アリガトネ~音符

タイトルの「グラン・トリノ」って何~???
車「車」車の名前だったんですね?
日本車の事もよく分からない私には、外国の車も分かるはずも無く~雫
そうです!!ウォルト(クリント・イーストウッド)が大切にしてる車「車」車の事でした。

朝鮮戦争に従軍経験のある偏屈なウォルト(クリント・イーストウッド)。
妻に先立たれ一人残され、息子達とも上手く付き合う事ができないウォルト。

隣に越してきたアジア系の家族。
習慣の違いから、はじめは嫌悪感を抱きながら見ていたが、
タオ(ビー・ヴァン)が従兄弟からマル秘グラントリノを盗むように言われた事から(失敗しますが)マル秘この家族と近づくようになる。

習慣の違いに戸惑うウォルトに笑わされました。大笑い

お詫びにとタオがウォルトの家で働く事になるのですが、
断っても母親が頑として譲らなかったのも面白かった~。
毎日来るタオと心を通わせるようになるウォルト。
仕事も世話をし挨拶の仕方も教えるが。。。。
教え方が~これまた面白い。。。

下矢印このシーンです。
332286_003.jpg
年上の人への挨拶の仕方を教えるウォルト

マル秘従兄弟と仲間が、ことごとくタオに近づいてきては嫌がらせをする。
姉のスーに迄も。。。本当に悪い奴らでした。怒ってる
見かねたウォルトが良かれと思ってやった事が彼らの心に火をつけてしまった。。。
ウォルトは病気のせいもあって、捨て身でその後始末をしに一人で彼らの元へ。。。
マル秘

332286_014.jpg
タオ & 従兄弟の仲間

この作品に出てる重要な役柄の役者さんは、殆ど知りませんでした。
素朴な感じのタオを演じたビー・ヴァン、しっかり者の彼の姉を演じたアニー・ハーなど自然な演技でとても良かったです。

人付き合いが下手なウォルトが、タオと知り合う事によって不器用ながらも心を開いて行く過程は、ほのぼのとして良かったのですが、ラストには驚かされました。

イーストウッドはさすがの存在感でした。
あの容姿で、面白い台詞を笑いもせずに、時には眉間に皺を寄せながら淡々と話すのが、とても面白かったです。大笑い

下調べもせずに観たのですが、イーストウッド監督の作品だし、全体的に暗く重い作品かと思ってましたが、意外と笑うシーンも多かったですよ~大笑いかといって明るい作品ではありませんでしたが・・・。。。
でも、心に残る良い作品でした。星






Last updated  2009.04.22 18:57:00
コメント(33) | コメントを書く
2009.03.25
カテゴリ:映画 か行
この誓いは今、君に届くだろうか

もう一度やり直す道がある。



君のためなら千回でも HP

英題: The Kite Runner
製作年: 2007年
製作国: アメリカ

スタッフ
監督: マーク・フォースター
プロデューサー: ウィリアム・ホーバーグ / ウォルター・パークス / レベッカ・イェルダム / E・ベネット・ウォルシュ
エグゼクティブ・プロデューサー: シドニー・キンメル / ローリー・マクドナルド / サム・メンデス / ジェフ・スコール
原作: カーレド・ホッセイニ
脚本: デヴィッド・ベニオフ
音楽: アルベルト・イグレシアス

キャスト
アミール(青年時代) - ハリド・アブダビ
アミール(少年時代) - ゼキリア・エブラヒミ
ハッサン(少年時代) - アフマド・ハーン・マフムードザダ
ババ(アミールの父) - ホマユーン・エルシャディ
ラヒム・ハーン(ババの友人) - ショーン・トーブ
ファリド(タクシードライバー) - サイード・タグマウイ
ソーラブ(ハッサンの息子) - アリ・ダネシュ・バクティアリ
ソラヤ(アミールの妻) - アトッサ・レオーニ
アリ(ハッサンの父) - ナビ・ターナ
タヘリ将軍(ソラヤの父) - アブドゥル・カディール・ファロク
アセフ(青年時代) - アブドゥル・サラム・ユスフザイ
アセフ(少年時代) - エラーム・エーサス

6.jpg


君のためなら千回でも シネマトゥデイ

チェック
『チョコレート』『主人公は僕だった』のマーク・フォースター監督が、兄弟のように育った少年2人の心の傷と許しを描くヒューマンドラマ。

ソ連とタリバンに翻弄(ほんろう)されるアフガニスタンの過去と現在を見せる、衝撃的な政治ドラマでもある。

原作はアメリカで300万部を超えるベストセラーとなった無名の新人カーレド・ホッセイニの小説。
逃れられない運命に涙しながらも、深くて強い友情に胸を打たれる。

ストーリー
アミール(ハリド・アブダラ)は兄弟のように育った使用人の息子ハッサン(アーマド・カーン・マーミジャダ)との間にできた溝を埋められぬまま、ソ連侵攻の折にアメリカに亡命した。

そのまま時は過ぎ、作家となったアミールの元に、パキスタンにいる知人から1本の電話が入り、故郷に向かうことになる。

4.jpg

9.jpg


!ネタばれあり感想

えんぴつえんぴつ公開当時、気になっていた作品です。

いつも一緒だったアミールとハッサン。
凧上げ大会で優勝したアミール。
アミールが糸を切った凧を「君のためなら千回でも」と言い拾いに行ったハッサン。
が、なかなか帰ってこないハッサンを探しに行った先でアミールが見たものは・・・
この時の事件からギクシャクする二人。

ハッサンを助ける事が出来なかったアミールはハッサンを避けはじめる。
(目撃した事は子供には衝撃的な出来事だとは思うが・・・)
そして自分から遠ざけようと考える。その手段は酷い!!

何をするにも一緒だったのに・・・あんな酷い事をするとは・・・
一方ハッサンはアミールのした仕打ちに否定も抵抗もしない・・・

この二人を見てて・・・イライラしました。
あんなに一緒にいたのに・・・お互いの気持ちをぶつけ合う事もなく・・・
あんなにあっさりと別れてしまうなんて・・・

身分が違うからなのかな???ちょっと納得いかなかった。。。
アミールの心にはずーっと罪の意識があったとは思うが・・・。

アミールの父親は、とても立派な人。
(後半でとんでもない事実が発覚するのですが・・・これもビックリ!!立派な人だとずーっと思いながら見てたので裏切られた。)
立派な父親を持ったアミールは父親の前では萎縮してしまう。。。


そして時は流れ、アメリカでアミールは大学を卒業。
と、子供のころの理解者だった父親の友人から「パキスタンへ来て欲しい」と電話が入る。

パキスタンへ出かけて行き、そこで聞かされた衝撃的な真実!!
ビックリ!!ビックリ!!あの立派な父親が・・・・
当事者二人は知る由もなく・・・
その事実を知っていれば、二人の関係は変わっていたのだろうか??
元凶は父親??

アミール宛のハッサンの手紙。。。。。。
ハッサンとハッサンの家族のその後はとても悲惨でした。
アミールはハッサンの息子を助け出すためにタリバン政権下のアフガニスタンへ・・・・

この辺はハラハラしながら観てました。
タリバン政権下のアフガニスタンは恐ろしい。。。


ストーリーは、子供時代のアフガニスタン、大人になってからのアメリカ、アフガニスタンでのハッサンの息子の救出、と大きく3つに分かれてたように思います。

子供時代の二人の別れが納得いかず、
父親の真実に驚き、
アフガニスタンでの子供たちの悲惨さなど、ずーっと何か重苦しく納得できずに観てました。

ハッサンの心の広さにアミールは救われたのでしょうね。。。

でもね、観終わってからでも子供の頃のアミールのした事が引っかかるんです。。。。

考えさせられる題材が沢山あった作品でした。






Last updated  2009.04.08 23:20:08
コメント(8) | コメントを書く
2008.11.18
カテゴリ:映画 か行

それは、立ち入り禁止の、愛。

絵筆が暴く、
2人のの愛の裏側―
2枚の肖像画に描かれた
少女と神父の数奇な運命とは?


宮廷画家ゴヤは見た HP

宮廷画家ゴヤは見た - goo 映画


監督 : ミロス・フォアマン

出演
ハビエル・バルデム : ロレンソ
ナタリー・ポートマン : イネス・ビルバトゥア/アリシア
ステラン・スカルスガルド : フランシスコ・デ・ゴヤ
ランディ・クエイド : 国王カルロス4世
マイケル・ロンズデール : グレゴリオ神父
ホセ・ルイス・ゴメス : トマス・ビルバトゥア
マベル・リベラ : マリア・イザベル・ビルバトゥア
ブランカ・ポルティージョ : 王妃マリア・ルイサ
ウナクス・ウガルデ : アンヘル(イネスの兄)
フェルナンド・ティエルブ : アルバロ(イネスの兄)
ジュリアン・ワダム : ジョゼフ・ボナパルト


ストーリー
18世紀末のスペイン。
宮廷画家に任命されながら、権力批判と社会風刺に富んだ作品も
精力的に制作し続けるゴヤ。

彼が手がけた2枚の肖像画の人物―裕福な商人の娘で天使のように
美しいイネスと、異端審問を強硬するカトリック教会の神父ロレンソ
が運命的に出会う。

異教徒の疑いで捕えられたイネスを救ってほしいとゴヤに頼まれた
ロレンソは、拷問を受け牢に繋がれたイネスに面会し、
思わず抱きしめるのだった。


001.jpg

解説
『カッコーの巣の上で』『アマデウス』の巨匠ミロス・フォアマンが、
共産主義政権下の故郷チェコスロバキアで学生だった頃、多くの人々に
無実の罪を着せたスペインの異端審問に関する映画をつくりたいと
思いついたアイディアが50年後に実現した。

国王から貧しい人々まで、あらゆる人間の真実を描き出す天才画家ゴヤ
の目を通して、権力に執着することの愚かさと、いつの時代にも
逞しく生き続けようとする人間の力強さがスクリーンに映し出される。

数奇な運命をたどる架空の人物ロレンソとイネスをを演じるのは、
『ノー・カントリー』のオスカー俳優ハビエル・バルデムと、
ノーブルな美しさが光るナタリー・ポートマン。


002.jpg

異端審問について
異端審問『ウィキペディア(Wikipedia)』


えんぴつえんぴつこの作品はアップが今頃になってしまいましたが、
実は先月の中旬に観ました。

先日観た「ブーリン家の姉妹」にも出演してたナタリー・ポートマンが、この作品でも数奇な運命の女性を演じてます。
ナタリー・ポートマン繋がりでこの作品もアップする事にしましたが、記憶が定かではありません。。。失敗

ネタバれがあるかも・・・

イネスは、いわれのない事で異端者だと決めつけられ尋問、
拷問を受け告白を強要させられる。

イネスへの拷問のシーンは恐ろしかった。ナタリーも体当たりの演技!!ショック

人間は苦痛から逃れるために偽りの告白をしてしまう。
それはロレンソも身をもって分かった筈!!
が、ロレンソの力ではイネスを救う事は出来ず・・・

ハビエル・バルデムが演じたロレンソは、最初のセリフの言い回し、全体の雰囲気から善人ではないだろうと予想しました。。。しょんぼり
でも、まさか・・・牢獄でイネスに対しての行為にはビックリです。びっくり
ロレンソは聖職者の身でありながら、ただすがる事しか出来ないイネスにとんでもない事を。。。

異端審問が廃止され囚われていた人達が解放されます。
イネスは15年もの間、異端者として牢獄に囚われてました。
解放されてからのイネスはとても哀れでした。
15年も牢獄に囚われていたためにマル秘精神に異常をきたしマル秘
ロレンソだけを追い求め、マル秘ロレンソが処刑されたことも理解できず、
混乱の中置き去りにされてた赤ちゃんを抱いて、
死体となったロレンソを乗せた荷車と一緒に何処までもついて行く。
ロレンソと手をつなぎながら・・・マル秘

あまりにも衝撃的で可哀想でした。

そしてゾッとしたのは、マル秘死体を乗せた荷車の周りを子供達が
歌いながらついていく。
この時代、公開処刑は珍しくもなかったんでしょう、
マル秘なので子供達にとっては
普通の出来事だったのだと思います。
 
このラストは、ショックでした。
観終わって暫く席を立てませんでした。
ず~っと重い気持ちのまま家に帰りました・・・。

異端審問に携わった権力者が、
無実の人を正等に調べもしないで処刑してた事実に胸が痛みました。

この作品で何よりビックリしたのは、ナタリー・ポートマンです。
ハビエル・バルデムもさすがの存在感でしたが、ナタリー・ポートマンは
あの美しい姿は前半だけで・・・後半の彼女にはビックリでした。
汚れ役で、体当たりの演技で上手かったです。

この日記を書いてる時にPCが固まって勝手に再起動しますって・・・
そんな事が昨晩2回ほど・・・
そして今日も1回・・・号泣
挫けそうになりましたが、なんとか頑張りました。グッド







Last updated  2008.11.20 00:44:55
コメント(8) | コメントを書く
2008.08.22
カテゴリ:映画 か行
自分を信じろ

カンフー・パンダ HP

ただの太った
   パンダだった。

   
カンフーの達人になるなんて、
  夢のまた夢だった。

だけど、誰よりも、       
  カンフーを愛してた。



ただ、信じるのです。

桃の木は、
  必ず桃の実をつけます。

いくら望んでも、りんごの実はなりません。
  
全てのことに、
  偶然などないのです。

                       =「カンフー・パンダ」新聞より=


カンフー・パンダ - goo 映画

ストーリー
中国の山深い村に住むパンダのポーは、村の“龍の戦士”の言い伝えを
信じていた。

父親はラーメン屋を経営していたが、ポーの憧れはカンフー。
村のヒーロー、マスター・ファイブのようなカンフーの達人になるのを
夢見ていたが現実は厳しかった。

ある日、極悪カンフー・ウォリアー、タイ・ランが龍の巻物を狙い、
村にやってくるという噂が流れる。

巻物を守る“龍の戦士”が村から選ばれると聞き、ポーは武術大会に
出場することに…。


04_large.jpg


解説
『シュレック』シリーズ、『マダガスカル』のドリームワークス作品に、
新しいヒーロー、パンダのポーが誕生。

カンフーおたくのポーは、カンフーの夢をかなえるため、シーフー老師に
入門する。
ポーやマスター・ファイブが見せるカンフーの型は正に本物。
CG技術も素晴らしく、特に色彩はこれまでのアニメには見られなかった
美しさ。

さらに、人も動物も、自分を信じれば夢を掴めるんだというポジティブな
メッセージも含まれ、「心技体」揃った最強のエンターテイメントに
仕上がっている。

声優には、ジャック・ブラック、アンジェリーナ・ジョリーなど豪華キャストが。
日本語版は、山口達也がポーを演じるなど、どちらも文句なく楽しめる仕上がり。


004.jpg


監督
マーク・オズボーン
ジョン・スティーブンソン

声の出演キャスト.jpg

                =写真はeiga.com より=


006.jpg



劇場で予告を観た時から、ポーが気になり観たいと思いつつ数日を過ごし・・・
やっと観ることができました。ウィンク

初めから笑いどころ満載で・・・
お顔は決して可愛くありませんが、ポーのてっぷりお腹、大きなお尻、
観ていてそれだけでも微笑ましく思いました。

ポーは私が想像してたのとはちょっと違いました。
もっと、どうしようもない性格の悪い奴かと思ってました・・・

カンフーが大好きなのに、お父さんのラーメン屋の事を思い、
本当のことを話せない親思いの優しい心の持ち主だったし・・・

”龍の戦士”に選ばれて、はじめはシーフー老師やマスター・ファイブにも
相手にされないのに逃げ帰らず、マル秘「今までの自分を変えたい」マル秘というような事を
シーフー老師に訴えた時はジーンときました。

とっても良い奴じゃないですか~?

”龍の戦士”になる為の修行も頑張って・・・
食べ物が大好きなので食べ物が絡むとビックリするほどの力を出し、
シーフー老師にも段々認められて行く。。。


タイ・ランが脱出するシーンや、タイ・ランとマスター・ファイブ
&シーフー老師&ポーのそれぞれの格闘シーンも見ごたえありました。


字幕だったので、豪華な声の出演者達の声もしっかり聞いてきました。
ジャック・ブラックのポーの声はとてもあってました。
他の方達もそれぞれ良かったですが。。。

マスター・タイガーはアンジェリーナ・ジョリーだったんですけど、
アンジーの声ってもっと低いとイメージしてましたが。
(タイガーだからもっと低くても良かったかな??)

色々なメッセージも含まれていて、映像はきれいで、
格闘シーンはアニメとは思えない迫力も感じとても楽しめました。






Last updated  2008.08.22 18:12:20
コメント(12) | コメントを書く
2008.08.17
カテゴリ:映画 か行

2分に1回、快楽犯罪が生まれる

犯人は人間なのか──。


The Flock HP


消えた天使 cinematoday

【解説】
性犯罪登録者の監視を続けてきた公共安全局のベテラン調査官が、
新米の女性調査官とともに10代の少女の失踪事件を追うサイコ・サスペンス。

監督は本作でハリウッド進出を果たした、『インファナル・アフェア』の
アンドリュー・ラウ。『シカゴ』のリチャード・ギアが主人公の調査官を、
『ロミオ&ジュリエット』のクレア・デインズが新米調査官を演じる。
人気ミュージシャンのアヴリル・ラヴィーンが出演しているのも見逃せない。

【ストーリー】
性犯罪登録者の監視を続けてきた公共安全局のベテラン調査官
バベッジ(リチャード・ギア)は、後任の新人調査官アリソン
(クレア・デインズ)を指導するが、アリソンはバベッジの
手荒な調査方法に反発を覚えるようになる。

そんな中、10代の少女の失踪事件が起き、バベッジは性犯罪登録者の
しわざだと確信するが・・・。

監督: アンドリュー・ラウ

キャスト
0.jpg
アヴリル・ラヴィーン   : ベアトリス・ベル アヴリル・ラヴィーン.jpg
ケイディー・ストリックランド   : ビオラ・フライ
レイ・ワイズ   : ボビー・スタイルズ
ラッセル・サムズ   : エドマンド・グルームス

01.jpg


先日DVDで鑑賞しました。
簡単に紹介します。

普通のサスペンス・ドラマかと思い軽い感じで見始めましたが、
テーマは重く精神的にもかなりショックを受けました。

リチャード・ギアは「ハンティング・パーティ」でもクタビレタ感じの男性を
演じていましたが、今回も型破りな調査をし続け、上司から目の上のたんこぶ的
な扱いを受け、煙ったがれてる役を演じてました。

だが長年に渡り性犯罪登録者の監察を続けてきた”勘”は確かで、
自分が監察している性犯罪登録者の中に犯人がいると指摘をするのですが、
誰にも信じてもらえず。。。

もう、完全なる二枚目役は年齢的に無理なのかしら??
でも、私はこのような役のリチャード・ギアも好きです。


クレア・デインズは「スターダスト」の”星”イヴェインの役より、
今回のような新米調査官アリソン(クレア・デインズ)の役が合ってると感じました。
知的で気の強そうな役の方が彼女の場合私は好きです。

性犯罪と言うだけでも辛いのに、調査の過程で殺人等も出てきて、
精神的に病んでる犯人には観終わった後も嫌悪感が残りました。

03.jpg


性犯罪者の出所後。。。
更生する人は勿論いると思いますが、再犯の可能性もあると思うし・・・
出所後の情報を公開するか否か・・・というようなニュースを以前聞いた事がありますが、難しい問題ですよね。
娘を持つ身としては、公開されて近所にその様な人が住んでいたら怖いし・・・
でも知らずに近所に住んでいたとしたらそれも怖いし・・・
本当に難しい問題ですね。。。


=米国で登録されてる性犯罪者は50万人以上。
一人の監察官が1000人の登録者を監視する。
米国では2分に一人女性または児童が性的虐待を受けている。=

人数こそ違うと思いますが、世界各国でこの様な事は起きているんでしょうね!!







Last updated  2008.08.17 19:13:59
コメント(6) | コメントを書く
2008.07.08
カテゴリ:映画 か行
きみをあきらめるより
      うしなうのがこわかった


「昔むかしキャンディとダンがいた。
あの年はすべてが熱く、ロウは木々の中で溶け、
彼は彼女のために何でもやろうとした。
やがて亀裂ができ、世界は崩れていった」


CANDY キャンディHP



シネマトゥデイ


ひらめきチェック

自堕落でせつな的な生活を送る男女の愛を描いた衝撃的なラブストーリー。
ドラッグに溺れる主人公の男女を『ブロークバック・マウンテン』の
ヒース・レジャーと『プロヴァンスの贈りもの』のアビー・コーニッシュが
演じる。
また、2人を見守るゲイの大学教授役で『パイレーツ・オブ・カリビアン/
ワールド・エンド』のジェフリー・ラッシュが出演。
繊細(せんさい)な愛に生きる男を体現するヒースら、キャストの熱演が
見応え十分。



音符ストーリー

強い愛で結ばれる詩人志望の青年ダン(ヒース・レジャー)と
画家の卵キャンディ(アビー・コーニッシュ)。
ダンはヘロインの常用者で、やがてキャンディも危険なドラッグの世界に
足を踏み入れていく。
2人はドラッグを手に入れるために身の回りのものを売りさばき、
キャンディは街で体を売るようになるが……。



英題: CANDY
製作年: 2005年
製作国: オーストラリア

クラブスタッフ

監督・脚本: ニール・アームフィールド
製作: マーガレット・フィンク / エミール・シャーマン
脚本: ルーク・デイヴィス

クラブキャスト

ヒース・レジャー
アビー・コーニッシュ
ジェフリー・ラッシュ
トニー・マーティン
ノニ・ハズルハースト
トム・バッジ
ロベルト・ミザ・モントン


本作は2006年のベルリン国際映画祭オフィシャルセレクションに
選出された後、オーストラリア映画協会映画賞の作品賞、監督賞、脚色賞、
主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞、美術賞など8部門で
候補となり、見事、最優秀脚色賞を獲得している。

CANDY キャンディHPより



写真は cinemacafe.net より

candy4.jpg


ヒース・レジャーの作品という事で観ました。
物語は【天国】【地上】【地獄】の3部構成になってます。

恋愛映画かな?という事ぐらいしか認識がなく、見始めてすぐに、
ドラッグを使うシーンに・・・えっ!!何??破滅的な愛??の作品なの??
若いとはいえ、あまりにも安易にドラッグに溺れる二人!!
う~ん!!これは許せない・・・

お金がなくなると、身体を売るキャンディ。
それを申し訳なさそうに見てるダン。
これもダメダメ!!
大事な愛する人にその様な事をやらせては!!
それが日常的になって・・・キャンディの心がすさんで行く。

行き当たりばったりに生きてる二人にハラハラ!!
とっても、可愛い恋人なのにやってる事はハチャメチャ!!
いつ壊れてもおかしくないような綱渡り状態の二人!!
やっぱり、こんな生活上手くいくわけがない!!と思いながら観ていました。

candy6.jpg

二人の良き相談者ナノ??ジェフリー・ラッシュ演じる大学教授。
この人も弱い人間だった。
ダンにあま過ぎるし、ドラッグも一緒にやるし。。。
おいおい!!と突っ込みを入れたくなる。

ダンは家族から見放されてるし、キャンディは母親と上手くいかない!!
というような心に傷を持ってるのかもしれないが、ドラッグに溺れるのは
どうなの?
もう少し、考えて行動しても良いのでは??

若さゆえの破滅的な愛!?
ラストのダンの選択は切なかったですが、あの選択しかないように思います。

candy9.jpg

ダメダメ人間のダンを演じたヒースの演技は良かったです。
本当にダメ人間に見えましたから。。。大笑い
繊細な彼の演技が・・・今後新しい作品で観ることができないのは
とても残念に思います。

そういえば、オーストラリアに彼の劇場ができるようです。

1月に28歳の若さで急死した俳優ヒース・レジャー(Heath Ledger)をしのび、生まれ故郷の豪パース(Perth)で建築中の劇場にレジャーの名前が付けられることになった。国際ニュースAFPBB NEWS


アビー・コーニッシュは綺麗でした。
そして彼女の演技も素晴らしかったです。
前半のかわいい感じ~すさんでいく感じ~後半の精神的にまいっていく感じ~
違う顔を見せてくれました。

私は共感でき無い所が多かった作品ですが、
ラストで救われたような気がします。






Last updated  2008.07.09 02:58:54
コメント(8) | コメントを書く
2006.04.30
カテゴリ:映画 か行
太陽王と呼ばれた皇帝ルイ14世と仮面の男の謎を描く大河ロマン。文豪アレクサンドル・デュマの名作『鉄仮面』を脚本家で本作が監督デビューとなるランダル・ウォレスの監督・脚本で映画化かちんこ
                    仮面の男2.jpg
久々に★~仮面の男~★を観たスマイル
三銃士とダルタニアンがとにかくカッコイイハート(手書き)
アトス役のジョン・マルコヴィッチは、リバティーンの国王チャールズ2世とは又違って、カッコイイ!!息子を亡くした悲しみを、うまく演じてて良かったな!!
レオナルド・ディカプリオも冷酷なルイ14世と、鉄仮面をつけられた双子の弟フィリップをうまく演じてたと思うし・・!!
               仮面の男.jpg

               仮面の男1.jpg

若きルイ14世は、度重なる戦争によってフランスの国民が極度の飢えに苦しめられているのにも関わらず、宴にうつつを抜かす日々。
そこで、三銃士がバスティーユ牢獄に幽閉されている仮面の男と国王をすり替えるという計画をたてるが・・・・






Last updated  2006.04.30 18:47:27
コメント(2) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1

PR

Profile


にくきゅ〜う★

Free Space

Comments

ベーコン@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) ■映画の絵柄 映画の絵柄に関してもスタッ…
ベーコン@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) 長文な上に制作スタッフや原作者の裏話も…
絶太わー@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) 原作絵本は実際に読んでないので何とも言…
沖縄 島袋@ Re:【樺太1945年夏 氷雪の門】★二木てるみ(08/06) 管理人様始めました。沖縄の島袋と申しま…
みすず@ ありがとうございました^^ 今年は大変お世話になりました! 来年も…

Favorite Blog

MAしゃまの独り言(… MAしゃまさん
pure breath★マリー… マリーmypinkさん
Cinema Collection ひろちゃん★510さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん
あ!CINEMA 365 DAYs ラブ☆シネマさん
かいコ。の気ままに… かいコ。さん

Freepage List

Category

Rakuten Ranking

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.