987828 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

猫とHidamariで

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

映画 さ行

2010.08.24
XML
カテゴリ:映画 さ行

誰が、ソルトなのか?

名前、ソルト。容疑、スパイ。


ソルト HP

ソルト シネマトゥデイ

英題: SALT
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2010年7月31日

スタッフ
監督: フィリップ・ノイス
脚本: カート・ウィマー / ブライアン・ヘルゲランド

キャスト
アンジェリーナ・ジョリー (イヴリン・ソルト)
リーヴ・シュレイバー (ウィンター)
キウェテル・イジョフォー (ピーボディ)
ダニエル・オルブリスキー (オルロフ)

ソルト5.jpg

チェック
二重スパイの容疑をかけられたCIAエージェントを
アンジェリーナ・ジョリーが熱演するアクション・サスペンス。

潔白を証明したいヒロインが、CIAの追跡をかわしながら真犯人を
探し出すまでをスリリングに描く。

メガホンを取るのは、アンジェリーナとは『ボーン・コレクター』
以来のコンビとなるフィリップ・ノイス。

共演は『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のリーヴ・シュレイバー、
『2012』のキウェテル・イジョフォー。
CIAに立ち向かう孤高のヒロイン、アンジェリーナのリアルなアクションに注目だ。



ストーリー
CIAエージェントのイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)
は、何者かの陰謀によってロシアスパイの嫌疑をかけられてしまう。

逃走を図ったソルトはCIAの追跡をかわしながら、
自らの容疑を晴らすべく、たった独りで真相究明に乗り出すが……。

ソルト2.jpg

えんぴつえんぴつ予告を観た時から面白そうだと思い観たいと思っていた作品。
8月4日に劇場で鑑賞



予告で流れてる
取調室でのアンジーが演じるイヴリン・ソルトと
ロシアからの密告者ダニエル・オルブリスキーが演じるオルロフのシーン

「大統領を暗殺する為にロシアからスパイが送り込まれる。
その名はソルトだ」
「私がソルトよ」
「それじゃ、君がスパイだ!!」

というようなシーンがありますが、私は「ソルト」の名を語る人物が二人いて
アンジーが二役を演じてるのかと勝手に思い込んでました大笑い
悪の「ソルト」と善の「ソルト」がいて、この二人の対決の映画なのかと。。。
そんな事全然話題になってなかったから、有得ないのにね~びっくり


読みが甘い!!アハハ。
かといって、そんなに複雑なストーリーでもなかったように思います。
後半には適もなんとなく見えてきてたしね。
ソルトの生い立ちを織り込みながらストーリーは進んでいきます。


ラストは続編がありそうな終わり方で。。。
えっ・・・そんなとこで終わっちゃうの???
と置き去りにされた状態。。。。モヤモヤ・・・。


でも、とにかくアンジーのアクションがカッコよかったし、
飽きることなく楽しめたので良しとします。


そういえば、来日時のインタビューでアンジーは、
出来る限りのアクションを自分で演じたと答えてましたね。
流石です。

アンジーがカッコよかった。

ソルト4.jpg 

黒髪のアンジー、金髪のアンジー、どちらも美しかった。
黒髪になるとキツイ感じになるんですね。







Last updated  2010.08.24 16:59:00
コメント(14) | コメントを書く
2010.05.22
カテゴリ:映画 さ行

処刑人II HP

もう一度言う、
悪人ども、地獄で悔い改めよ!

処刑人II シネマトゥデイ

英題: THE BOONDOCK SAINTS II:ALL SAINTS DAY
製作年: 2009年
製作国: アメリカ
日本公開: 2010年5月22日

スタッフ
監督・脚本: トロイ・ダフィー
製作: クリス・ブリンカー

処2.jpg

処2-3.jpg


キャスト
ショーン・パトリック・フラナリー (コナー・マクマナス)
ノーマン・リーダス (マーフィー・マクマナス)
ビリー・コノリー (ノア・マクマナス)
クリフトン・コリンズ・Jr (ロミオ)
ジュリー・ベンツ (ユーニス・ブルーム)
ジャド・ネルソン (コンセイシオ・ヤカベッタ)
ボブ・マーリー (グリーンリー刑事)
ブライアン・マホーニー (ダフィー刑事)
デヴィッド・フェリー (ドリー刑事)
デヴィッド・デラ・ロッコ (ロッコ)
ピーター・フォンダ (ローマ人)

ウィレム・デフォー (ポール・スメッカー)

処2-2.jpg


チェック
神の啓示を受けた敬虔(けいけん)な兄弟が、
世にはびこる悪人たちを処刑するバイオレンス・アクションの続編。

1999年に製作され、今や伝説のカルトムービーとなった
前作に続き、処刑人兄弟が活躍する。
監督は前作を手掛けたトロイ・ダフィー。

「デッド・ゾーン」のショーン・パトリック・フラナリーと
『ベティ・ペイジ』のノーマン・リーダスが主人公の兄弟役を続投している。
前作以上に過激さを増した痛快バイオレンス・シーンが見どころ。


ストーリー
コナー(ショーン・パトリック・フラナリー)と
マーフィー(ノーマン・リーダス)のマクマナス兄弟と
その父イル・ドゥーチェ(ビリー・コノリー)が、
イタリアン・マフィアのボスを処刑してから8年。

兄弟もよく知る神父がボストンで殺される。
自分たちへの挑戦状だと悟った兄弟は、
逃亡先のアイルランドからボストンに舞い戻る。




えんぴつえんぴつ5月12日 試写会 ヤクルトホール

感想の前に、ノーマン・リーダスの大ファンの娘の事を少し・・・大笑い
この作品の試写会の当選はがきが届いた日に、
娘が仕事中の私の携帯へ3度も電話を入れてました。
マナーモードにしてた為に気が付かなかったのですが、
ふと手を休め携帯をみたら3通の着信履歴が・・・。びっくり
何事かと思って確認した所「処刑人II」の試写会が
当たった!!との事。。。
前作の「処刑人」も大好きで「処刑人II」が公開になると知って、
あちらこちらに応募はしてたのですが中々当選のはがきは届かず、
半分諦めてたところへの当選はがき音符
よっぽど嬉しかったようです。大笑い


試写会で鑑賞してから、一週間以上過ぎてしまいました。
なので忘れてる部分が多く、簡単に紹介します。

アイルランドでひっそりと暮らしていたマクマナス兄弟と父親の元へ、ボストンで彼らの知り合いの神父が殺されたと知らせが届く。
兄弟の処刑の方法と似てることから、彼らに疑惑の目が。。。
そこで、二人はボストンへ向かう。

アイルランドでの兄弟は、髪も髭も伸ばしっぱなしで、
一瞬顔の区別がつかなかったです。わからん

髪を切り、髭も剃り、ピーコートを着てカッコいい兄弟の出来上がり~どきどきハート

出演者は、兄弟、父、3人の刑事、など主要人物は変わらず出演してます。
前作のウィレム・デフォー(FBI捜査官ポール・スメッカー)
の代わりとなる、今回の捜査官は紅一点の
ジュリー・ベンツ(ユーニス・ブルーム)。
何か捜査の方法が似てる。。。

336255_010.jpg

そしてデヴィッド・デラ・ロッコ(ロッコ)の代わりに
クリフトン・コリンズ・Jr(ロミオ)が仲間になるといった感じです。

処2-1.jpg

この作品は、悪人は容赦なく処刑します。
処刑する前に一応計画を立てるのですが意見が合わなくて、
つまらない事で言い合ったりします。
この二人の会話にはクスッと笑わされます。

そんなんで、上手くいくのかとハラハラしますが、
これが上手くいくんですよね~うっしっし
前作の”ロープ”の話が出てきてました~音符

今回のストーリーは、兄弟も知らなかった父親の過去の話も絡み、
少しシリアスな場面もあります。

銃撃戦などのアクションも楽しめました。

ラスト近くに予想をしてなかった、あの捜査官が出てきて嬉しかった~音符
「III」もあるのかな?


処刑の前のお祈り

主のために守らん
主の御力を得て
主の命を実行せん
川は主の下へ流れ
魂はひとつにならん
父と子と精霊の御名において






処刑人 HP

貧乏も飢えも許す
怠慢も堕落も許す
だが不正は許さん


処刑人 シネマトゥデイ

処.jpg

チェック
悪人を、なんの気負いもなく殺していくストーリーは過激で痛快。
ユーモアにあふれるセリフや徹底したエンターテインメントぶりには爽快感を感じる。
しかも、主人公の2人兄弟はどちらも美形。
脚本、監督はこの作品がデビュー作になるトロイ・ダフィー。
なんと、映画を撮ったのは初めてというツワモノである。

ストーリー
精肉工場に務める兄弟、コナーとマフィーは行き付けのバーで、
店の買収をもくろむロシアン・マフィアのイワン・チェコフと
その部下を痛めつける。
翌日仕返しに来た彼等を殺してしまい警察に連行されるが、
留置場で「悪人どもをブチ殺せ!」と神から啓示を受ける…。


処刑人.jpg


2001年の日本公開から今年で10年。
実は1作目完成当時(99年)のアメリカでは、
コロンバイン高校銃乱射事件の影響で巻き起こった
”暴力映画狩り”によって限定公開しかされなかった。

しかし、2年後のビデオ発売を機に口コミで人気沸騰、
5000万ドルを超える売上を記録。

まさに草の根的人気拡大と熱狂的なファンに支えられた
「処刑人」は”ゼロ年代における最高のカルトムービー”
の1本と称され今や電設の作品になった。

=チラシより一部抜粋(ソニー・ピクチャーズより)=



処刑人(DVD) ◆20%OFF!










Last updated  2010.06.11 17:35:38
コメント(6) | コメントを書く
2010.05.06
カテゴリ:映画 さ行

縞模様のパジャマの少年HP

模様のパジャマの少年 シネマトゥデイ

英題: THE BOY IN THE STRIPED PYJAMAS
製作年: 2008年
製作国: アメリカ
日本公開: 2009年8月8日

スタッフ
監督・脚本・製作総指揮: マーク・ハーマン
原作: ジョン・ボイン
製作: デヴィッド・ハイマン
撮影監督: ブノワ・ドゥローム


キャスト
エイサ・バターフィールド (ブルーノ)
ジャック・スキャンロン (シュムエル)
アンバー・ビーティー  (グレーテル)
デヴィッド・シューリス  (父)
ヴェラ・ファーミガ  (母)
リチャード・ジョンソン (祖父)
シーラ・ハンコック  (祖母)
ルパート・フレンド  (コトラー中尉)
デヴィッド・ヘイマン (パヴェル)

縞模様6.jpg

縞模様7.jpg

チェック
ナチス将校を父親に持つドイツ人少年と強制収容所内のユダヤ人少年との友情と哀しい運命を描いた心揺さぶる人間ドラマ。

ジョン・ボイン原作の世界的ベストセラーを、『ブラス!』『リトル・ヴォイス』のマーク・ハーマン監督が映画化。

主人公となる二人の少年をオーディションで選ばれたエイサ・バターフィールドとジャック・スキャンロンが演じ、デヴィッド・シューリスやヴェラ・ファーミガといった実力派が脇を固める。

人種など問わない純粋な友情と、戦争がもたらす子どもたちの宿命に胸が痛む。

ストーリー
第二次世界大戦下、8歳の少年ブルーノ(エイサ・バターフィールド)は、ナチス将校の父(デヴィッド・シューリス)の栄転でベルリン郊外に引っ越すことになる。

裏庭の森の奥、鉄条網で覆われた場所を訪れたブルーノが出会ったのは、縞模様のパジャマを着た少年シュムエル(ジャック・スキャンロン)だった。
二人は友情を育むが、ある日ブルーノはシュムエルを裏切ってしまい……。


縞模様9.jpg


えんぴつえんぴつドイツ人の少年とユダヤ人の少年の話。
という事で、想像したのは
二人が知り合い友情を育むが、最後にはユダヤ人の少年は
ドイツ人の少年の前から姿を消す・・・
みたいな想像できる、ありふれた話かと思ってました。
が、予想もできない衝撃なラストに暫く呆然としました。 


ブルーノの父親の栄転で引っ越して来た所は、
ブルーノの部屋の窓から農園(ブルーノは農園だと思っていた)が見えるのでした。
が、そこはユダヤ人の強制収容所だったのです。

なぜ、農園の人は同じ縞模様のパジャマを着てるの?
と純粋に疑問を持つブルーノ。
好奇心が旺盛なブルーノは母親に隠れて探検に出かけます。
そこで鉄条網に覆われてる中にいた一人の少年シュムエルに会います。
同じ8歳という事もあって、二人はすぐに打ち解けあいます。
二人の会話は疑う事を知らない、あまりにも純粋で、それ故にかえって不安が高まってきます。。

縞模様8.jpg

ネタバレ含んでます。

引っ越した先のすぐ近くに強制収容所がある。
子供にとって良い環境ではありません。
おまけに家庭教師は、ドイツの歴史を教えてましたが、
ユダヤ人全てを”悪人”と言い切ります。
ブルーノは疑問を持ちますが、姉のグレーテルは完全に洗脳されてました。

夕食の時ユダヤ人の召使がコトラー中尉(ルパート・フレンド)のワインをこぼしてしまいました。
その事に腹を立てたコトラー中尉は、ユダヤ人の召使を外へ連れ出し暴行を加えました。
暴行を加えてる様子は食卓まで聞こえていたのですが、止めてと欲しいと訴える母親(ヴェラ・ファーミガ)の事も無視し、食事を続ける父親(デヴィッド・シューリス)。
これも子供にとって良いわけがありません。。。

冷たい雰囲気のコトラー中尉を演じたルパート・フレンド怖かった!!


母親も精神的に不安定に、そこで母親と子供たちが引っ越す事になるのですが、
引っ越し当日ブルーノにとって悪い条件が重なってしまうのです。

バツ収容所の中の様子を美化して撮ったビデオを盗み見して、
それが真実だと信じてしまってた事。

バツブルーノが鉄条網の下を掘れる事に気がついてしまった事。
(あり得ないと思うのですが・・・)

バツシュムエルの父親がいなくなったとシュムエルから聞いてた事。

バツシュムエルの父親を一緒に探すとシュムエルと約束してた事。

バツシュムエルが縞模様のパジャマのある場所を知っていた事。
 
バツシュムエルとの約束を守る為に、引っ越す前にシュムエルに会いに行ってしまった事。

何の疑いも持たずに、シュムエルが重ね着してきた縞模様のパジャマに着替え、鉄条網の下を掘り、強制収容所の中へ入ってしまったブルーノ。
収容所の中をシュムエルの父親を探して回る二人
。。。もう~ハラハラショック


ブルーノがいない事に気がついた母親。。。
必死に探す母親と姉、そして父親も。。。

ブルーノの脱ぎ捨てた洋服を目にした時の母親の悲痛な叫び声が耳に残りました。。。号泣


この映画が始まってすぐに

『子供時代とは、分別という暗い世界を知る前に
音と匂いと自分の目で事物を確かめる時代である』
―ジョン・ベチュマン―


と出ます。

ブルーノとシュムエルは二人とも純粋すぎました。
まるで疑う事を知らなかったんです。
どちらかが、何らかの疑問を持っていたならば・・・
少しは変わっていたかもしれません。
純粋さゆえに起こってしまった悲劇。
あまりにも悲惨でした。

ユダヤ人を描いた作品は数多くありますが、
この作品は心にズッシリときて
ラストの衝撃に暫く呆然としてしまいました。
胸が苦しく鼓動が速くなってきて、
このままでは気持ちが落ち込んだまま立ち直るのに
時間がかかると思い、直ぐに明るい映画を観ようと探し
『恋愛適齢期』を観ました。


二人の子役に、拍手ですグッド

良い作品でしたがもう一度観るには長い時間が必要です。。。


縞模様のパジャマの少年


縞模様のパジャマの少年










Last updated  2010.05.18 00:17:42
コメント(6) | コメントを書く
2010.03.26
カテゴリ:映画 さ行

全ての”謎”が解けるまで
  この島を出る事はできない


精神を病んだ犯罪者だけを収容する島から、
一人の女性が消えた―


シャッターアイランドHP

注意!最後の謎が解けた時
  本当の驚きが待っている


シャッターアイランド シネマトゥデイ


英題: SHUTTER ISLAND
製作年: 2009年
製作国: アメリカ
日本公開: 2010年4月9日


スタッフ
監督・製作: マーティン・スコセッシ
製作: ブラッドリー・J・フィッシャー / マイク・メダヴォイ / アーノルド・W・メッサー
製作総指揮: クリス・ブリガム / ジャンニ・ヌナリ / ルイス・フィリップス
原作・製作総指揮: デニス・ルヘイン
脚本・製作総指揮: レータ・カログリディス
編集: セルマ・スクーンメイカー

s-i2.jpg

キャスト
レオナルド・ディカプリオ (テディ・ダニエルズ)
マーク・ラファロ (チャック・オール)
ベン・キングズレー (ジョン・コーリー医師)
ミシェル・ウィリアムズ (ドロレス・シャナル)
エミリー・モーティマー (レイチェル・ソランド)
マックス・フォン・シドー (ジェレマイアー・ネーリング医師)
パトリシア・クラークソン (真実を知る謎の女)
ジャッキー・アール・ヘイリー (ジョージ・ノイス)
イライアス・コティーズ (アンドルー・レディス)

s-i3.jpg

s-i1.jpg

チェック
『ディパーテッド』のマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが再びタッグを組んだ、不可解な事件が起きた孤島を舞台に、謎解きを展開する本格ミステリー大作。

原作は『ミスティック・リバー』の著者、デニス・ルヘインの同名小説。
主演のディカプリオが島を捜査する連邦保安官を演じ、『帰らない日々』のマーク・ラファロ、『ガンジー』のベン・キングズレーが共演。
次々に浮かび上がる謎や、不気味な世界観から目が離せない。

ストーリー
精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。
厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎のメッセージを残して姿を消す。

孤島で起きた不可解な失踪(しっそう)事件の担当になった連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、この孤島の怪しさに気付き始める……。

s-i4.jpg


えんぴつえんぴつ(ストーリーには触れてません)
3月25日(木)よみうりホール 試写会での鑑賞
≪超≫日本語吹替版(1分1秒も見逃すな!映像に集中せよ!)だそうです。。。


この作品は予告で”謎”を全面的に出してますよね。。。
チラシにも、
「全ての謎が解けた時、衝撃の事実に誰もが言葉を失うだろう。」

「巧妙に仕組まれた映像全てがヒント!」

「あなたは全ての謎を解き明かし、驚愕の真相を見破る事ができるだろうか?」

「あなたの脳を信じてはいけない」
 と書いてあります。

s-i5.jpg

これだけ書いてあったら、映画を観るときに隅から隅まで見逃さないようにと、気合を入れて観ようと思いますよね。
はい!!私も出来るだけ見逃さないようにと初めは気合を入れてみてました。
が・・・それって映像に集中するとストーリーの方が疎かになってしまうんですよね。。。
私だけかも知れませんが・・・。
なので、途中から普通に観る事にしました。。。大笑い

観終わって、これだけ予告CMで”謎”を前面に出さなくても。。。
意外と普通だったのでは??と思えました。
私が、分らなかったのかも知れませんが。。。
一回観ただけでは確かに理解出来なかった部分もありますし。。。

ラストは驚きはしましたが、それ程でもなく、この様な展開の作品は
他にもあったと思います。

って文句ばっかり書いてますが、決してつまらなかった訳ではありません。

面白かったんですよ。

テディ(レオナルド・ディカプリオ)の謎を解いていく過程は緊迫感あったし、
島の人間全てが怪しく感じたし、ジョン・コーリー医師(ベン・キングズレー)は
特に怪しかった。
ただ、予告CMの使い方が悪かったのでは?と思いました。
気負っての鑑賞だったので、肩透かしを食らったって感じですかね。

レオは頑張ってました(ちょっと太った?)。
そしてベン・キングズレーは存在感あったし、他の役者さんもとても良かったです。
2時間18分も長く感じませんでした。


帰りにプリントを貰いました。
口外しないで下さいと言うことと「?ポイント」がいくつか書いてありましたが、私でも普通に気がついた事が書いてありました。
そのなかに注釈が書いてあるんですが、「えっ!それって変じゃない?」と感じたのもありました。



この作品を観て頭に描いた作品があります。
勘のいい人はこれで分っちゃうかな?
一応マル秘にしておきますね。
マル秘「シックスセンス」と「ドンファン」マル秘



オリジナル・サウンドトラック シャッター アイランド


シャッター・アイランド







Last updated  2010.04.30 00:47:59
コメント(26) | コメントを書く
2010.03.12
カテゴリ:映画 さ行

最強の頭脳。最強のコンビ。最強の事件。

シャーロック・ホームズ HP

世界は、初めての
シャーロック・ホームズに出会う―
史上最強の名探偵、最強の事件に挑む!


シャーロック・ホームズ シナマトゥデイ

英題: SHERLOCK HOLMES
製作年: 2009年
製作国: イギリス
日本公開: 2010年3月12日

スタッフ
監督: ガイ・リッチー
キャラクター: アーサー・コナン・ドイル
原作・製作・原案: ライオネル・ウィグラム
製作: ジョエル・シルヴァー / スーザン・ダウニー / ダン・リン
製作総指揮: スティーヴ・クラーク=ホール / ブルース・バーマン
原案・脚本: マイケル・ロバート・ジョンソン
脚本: アンソニー・ペッカム / サイモン・キンバーグ
音楽: ハンス・ジマー

ho1.jpg

キャスト
ロバート・ダウニー・Jr  (シャーロック・ホームズ)
ジュード・ロウ  (ジョン・ワトソン)
レイチェル・マクアダムス  (アイリーン・アドラー)
マーク・ストロング  (ブラックウッド卿)
ケリー・ライリー  (メアリー)

チェック
『アイアンマン』のロバート・ダウニー・Jrと『スルース』のジュード・ロウが、
名探偵シャーロック・ホームズと相棒のジョン・ワトソン博士を演じるミステリー大作。
国を揺るがす謎の敵を前に、ホームズとワトソンの強力なタッグで
壮絶な闘いを繰り広げる。
共演は宿敵ブラックウッドに『ワールド・オブ・ライズ』のマーク・ストロングほか、
レイチェル・マクアダムスら。
『スナッチ』のガイ・リッチー監督が作り上げた、激しいアクションが満載の
新ホームズに期待したい。

ストーリー
新たな難事件に挑むことになった名探偵シャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)。
相棒のワトソン博士(ジュード・ロウ)とともに宿敵ブラックウッド(マーク・ストロング)に立ち向かう。
そんな中、国の崩壊をもくろむ巨大な陰謀を暴くための壮絶な闘いが、ホームズとワトソンを待っていた。

h1.jpg


えんぴつえんぴつ3月3日(水)の雛祭りに、試写会で鑑賞しました。

1891年、ロンドン。
進歩する世界の中心地であり、あらゆる悪がはびこるこの街で、若い女性を狙う連続殺人事件が起こる。不気味な儀式を思わせる手口は謎に包まれ、警察は解決の糸口さえつかめない。―チラシより―


予告をスクリーンで観た時から面白そうだと思っていたので、楽しみにしてました。
ワクワクしながら鑑賞しました。

ロバート・ダウニー・Jrのホームズとジュード・ロウのワトソンは、
私が描いてたイメージとはちょっと違いましたが、
(ホームズって頭脳対頭脳の推理で戦うイメージでしたが)
今回のホームズはかなり身体を張ってました。
観察力、記憶力、推理力は勿論の事、彼は熟練の武術家でもあるのです。

敵は黒魔術を使う、ブラックウッド卿(マーク・ストロング)・・・
マル秘死刑になったが生き返る。。。マル秘
人々は恐れ・・・
ホームズが謎を解明していく。

アクションシーンも多く、ホームズは格闘する前に、
まず頭にイメージを浮かべ、そして実戦へと。
イメージした通り一寸たりとも違えず闘う姿はお見事~。びっくり

推理もセリフではなく、ホームズが推理してる事を映像で表わしてる部分が多かったように感じました。

斬新で良かったのですが、私は少し置いてけぼり状態でした。
単純に私がついて行けなかったのかも知れませんが。。。

推理はジックリと腰を落ち着けて~説明してくれた方が私は好きです。
でも、この方法は、この様な作品ではありふれてますよね~・・・。

時代背景、雰囲気が、ジョニー・デップ主演の「フロム・ヘル」を彷彿させました。

ストーリーは驚くような展開はなく、
アクション、キャストの豪華さで観せてたように感じました。

でも、テンポが良くホームズとワトソンの会話が面白く十分楽しめました。星

ho3.jpg

簡単な紹介でした~大笑い


シャーロック・ホームズ オリジナル・サウンドトラック


シャーロック・ホームズ作品集(1)


シャーロック・ホームズ全集(第2巻)



シャーロック・ホームズ対切り裂きジャック


シャーロック・ホームズ大百科事典








Last updated  2010.03.21 01:46:52
コメント(20) | コメントを書く
2009.11.01
カテゴリ:映画 さ行

THIS IS IT 公式HP

THIS IS IT シネマトゥデイ

英題: THIS IS IT
製作年: 2009年
製作国: アメリカ
日本公開: 2009年10月28日


チェック
2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンによって、死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー。

何百時間にも及ぶリハーサルを一本の映画にまとめあげたのは、『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』の監督兼振付師で、予定されていたロンドン公演のクリエーティブ・パートナーでもあったケニー・オルテガ。

コンサートを創り上げる過程では、偉大なスターであり才能あふれるアーティストでもありながらなおも進化を続けたマイケル・ジャクソンの素顔が垣間見える。

this is it.jpg

ストーリー
2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。

照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、唯一無二のアーティストとしての才能を復帰ステージに賭けながら、歌やダンスの猛特訓は死の直前まで繰り返されていた。

スタッフ
監督: ケニー・オルテガ
振り付け: トラビス・ペイン
音楽監督: マイケル・ビアーデン
プロデューサー: ランディ・フィリップス

キャスト
マイケル・ジャクソン

this is it1.jpg

えんぴつえんぴつマイケルが亡くなったとのニュースを、テレビで見た時には、
驚きはしましたが特に関心はなく「そうなんだぁ~」と有名人が亡くなったぐらいにしか思いませんでした。

だって、アーティストとしてのマイケルではなく、私生活の奇妙な行動が前面に出てたから「変な人」というイメージが付いてしまっていました。。。
が、リハーサルを収録したものを映画にしたと知り、その予告を観たときに彼のアーティストとしての素晴らしさを再認識しました。

そして2週間限定の公開ということで、これは劇場で観なければと思い、本日1日に観に行ってきました。
さすがです、満席でした。

リハーサルに臨むマイケルは、穏やかな口調で、スタッフにも優しく話しかけ、納得がいく迄話し合い、少しの妥協も許さなかったのですね。

オーディションを受けに来たダンサー達のコメントは、マイケルと一緒に踊れるという事で、感激で言葉が詰まってました。
彼らにとってのマイケルは、特別な人なんでしょうね。

リハーサル中の彼の歌、ダンスを舞台の下から見てたスタッフ、ダンサー達の喝采は、やはり間近で見てた人達だからこそ感じる迫力に対する喝采だったのではないでしょうか?

リハーサルであれ程の歌、ダンスを披露してくれたのだから、実際はもっともっと素晴らしかったに違いないと思うと、残念でしょうがありません。

ステージ上のスクリーンに流されてる映像は、「映画?」とも思われるようなストーリーがあり、迫力がありました。

彼は、地球を愛し、人間を愛し、音楽を愛し、ダンスを愛し、全てに愛を注いでたんですね。
もっと早く、この様なステージをやってくれてたらと、思わずに入られません。

本当に、素晴らしい人が逝ってしまったのだと、悲しくなりました。

偉大なアーティスト、マイケル・ジャクソン、素晴らしい歌、ダンスを
ありがとう~。

満足して帰ってきました。


マイケル・ジャクソン THIS IS IT ¥2520


【メール便で送料無料・CD】新曲「THIS IS IT」と未発表音源を含む最新アルバム【メール便で送...
こちらは輸入版です。安い!!


This Is It公開記念!15日までポイント10倍!再入荷!M.J.ノンストップPV集! MICHAEL JACKSON ...¥2310








Last updated  2009.11.02 01:05:41
コメント(12) | コメントを書く
2009.04.27
カテゴリ:映画 さ行

駆け抜けたその道に、夢とヒントが落ちていた―。

スラムドッグ$ミリオネア HP

世界が選んだ、今年”最高”の一本!!

星アカデミー賞 最多8部門受賞!星
作品賞・監督賞・脚色賞・撮影賞・編集賞・録音章・作曲賞・主題歌賞

スラムドッグ$ミリオネア シネマトゥデイ

英題: SLUMDOG MILLIONAIRE
製作年: 2008年
製作国: イギリス/アメリカ

スタッフ
監督: ダニー・ボイル
共同監督: ラヴリーン・タンダン
製作: クリスチャン・コルソン
製作総指揮: ポール・スミス
製作指揮: テッサ・ロス
原作: ヴィカス・スワラップ
脚本: サイモン・ボーフォイ
製作: クリスチャン・コルソン
撮影: アンソニー・ドッド・マントル
編集: クリス・ディケンズ
音楽: A・R・ラーマン

photo_04_hires.jpg
幼少期の ジャマール & ラティカ & サリーム

キャスト
デヴ・パテル  (ジャマール・マリク)
マドゥール・ミタル  (サリーム・マリク)
フリーダ・ピント (ラティカ)
アニル・カプール (プレーム・クマール)
イルファン・カーン (警部)
アーユッシュ・マヘーシュ・ケーデカール  (ジャマール(幼少期))
アズルディン・モハメド・イスマイル (サリーム(幼少期))
ルビーナ・アリ (ラティカ(幼少期))

チェック
『トレインスポッティング』『28週後…』など多彩なジャンルで観客を魅了する、鬼才ダニー・ボイルの最高傑作といわれる感動的なヒューマン・ドラマ。

インドを舞台に、テレビのクイズ番組に出演して注目を集めたある少年が、たどってきた生い立ちと運命の恋をボリウッド風の持ち味を生かしながらつづっていく。

主演はこの作品でデビューし、数々の映画賞を受賞したデヴ・パテル。
底知れないパワーと生命力を感じさせる人間讃歌に息をのむ。

slum15.jpg
取り調べ中の ジャマール & 警部

ストーリー
テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される。

ジャマールになぜこれほどの知識があり、この番組に出演するに至ったのか。
警察の尋問によって、真実が明らかになっていく。

slum3.jpg
ジャマール & ラティカ

えんぴつえんぴつやっと金曜日に鑑賞する事ができました。
下調べをしないで観に行きました。
なので、スラムで育った少年が、なぜクイズに正解できたのかは、知りませんでした。

逮捕されマル秘拷問マル秘を受けるシーンなどがあり、何故その様な事になったのかも、後になって分かりますが、その場面を見た時は???でした。

取り調べで話すジャマールと、クイズ$ミリオネアの番組と、過酷な人生とが並行して進んでいきます。

こう言っちゃ、元も子もないけど・・・
経験してきた事って余程インパクトがないと忘れてしまうよね。
(私だけかな・・・雫雫
過酷な人生だったから覚えてるのかな?
それにしてもジャマールは記憶力が凄く良いんだね~
と、映画が観終わって冷静になった時に思いました。
マル秘クイズの問題も上手くいきすぎ・・・。マル秘
それを否定しちゃ物語にならないのだけれどね・・・雫雫
大笑い

映画を観ている時は、そんな事は考えずに画面に引き込まれ、ジャマールを応援していましたよ~。グッド

宗教、民族の違いから母親が酷い目に・・・。
宗教、民族の違いが原因での争いが無くなる事はあるのだろうか。。。

ジャマールと兄のサリームは孤児になり、ラティカと知り合い3人は頑張って生きて行くが。。。
マル秘食べ物につられ、孤児の子供たちを搾取する大人たちに捕まってしまう。
ここから逃げ出すときにラティカと別れ別れに。。。マル秘
でも逞しく生きて行くジャマールとサリーム。

この作品の根底にはジャマールとラティカの純愛があります。
別れては巡り合い、また別れと・・・
ジャマールはラティカが見てくれるかもしれないと思いクイズ$ミリオネアの番組に参加するのですから。。。

番組のホストのプレーム・クマールは、最初っからジャマールの事をバカにしてましたね。
そして酷い事も・・・。

子役の子たちは、可愛かったです。
主役のデヴ・パテル以外の出演者はインド人との事です。


ストーリーの進め方は良かったです。
クイズの問題と並行して過酷な人生が映し出される。
ラスト近くはサリームの事やラティカの事などハラハラしながら観てました。
最後まで興味深く、応援しながら観る事ができました。

が、前の方にも書いたようにマル秘上手く行きすぎでは?マル秘
感はあります。

エンディングは楽しかったなぁ~。音符



冒頭に観客にクイズが出されます。

?彼は何故ミリオネアになる事が出来たか?
A : インチキだった
B : ついていた
C : 天才だった
D : 運命だった

エンディングで答えが出るのですが、
私は違うと感じたのですが・・・。


プレーム・クマールを演じたアニル・カプールさんは出演料を国際NGOプランに全額寄付をしたとの事です。
インドの「出生登録プロジェクト」に充てるそうです。



 ぼくと1ルピ-の神様 ¥840-









Last updated  2009.04.27 01:14:22
コメント(8) | コメントを書く
2009.02.28
カテゴリ:映画 さ行

『ジャケット』シネマトゥデイ

英題: THE JACKET
製作年: 2005年
製作国: アメリカ/ドイツ

スタッフ
監督: ジョン・メイブリー
脚本: マッシー・タジェディン
製作: ピーター・グーバー / ジョージ・クルーニー / スティーヴン・ソダーバーグ
撮影監督: ピーター・デミング
編集: エマ・E・ヒッコクス
美術: アラン・マクドナルド
衣装: ダグ・ホール
音楽: ブライアン・イーノ

キャスト
エイドリアン・ブロディ (ジャック・スタークス)
キーラ・ナイトレイ  (ジャッキー・ブライス)
クリス・クリストファーソン  (ベッカー医師)
ジェニファー・ジェイソン・リー  (ローレンソン医師)
ケリー・リンチ  (ジーン・ブライス)
ブラッド・レンフロー  (見知らぬ若者)
ダニエル・クレイグ  (ルーディー・マッケンジー)

j1.jpg
   キーラ・ナイトレイ           エイドリアン・ブロディ 
   (ジャッキー・ブライス)        (ジャック・スタークス)


チェック
スティーヴン・ソダーバーグとジョージ・クルーニー共同プロデュースによる新感覚サスペンス。

時空を超えて謎の死の真相を探る男女を、オスカー俳優エイドリアン・ブロディと、『プライドと偏見』のキーラ・ナイトレイが熱演。

さらに名優クリス・クリストファーソン、『マシニスト』のジェニファー・ジェイソン・リーら実力派が脇を固める。

映画、MTVなど多方面で活躍するジョン・メイブリーが監督を務め、独創的で陰影に富んだ映像世界を創りあげた。

ストーリー
1992年、湾岸戦争で頭部を負傷したジャック(エイドリアン・ブロディ)は後遺症で記憶障害になってしまう。

帰国後、殺人事件に巻き込まれ精神病院に送られた彼は、拘束衣を着せられ死体安置用の狭い引き出しに閉じ込められるという実験的な治療を受ける。

その治療で15年後の未来を垣間見たジャックは、まもなく自分が死ぬことを知る。

j2.jpg

えんぴつえんぴつ主演のエイドリアン・ブロディは演技の上手い俳優さんだとは思うのですが、ちょっと苦手なのでこの作品も観ずに、今まで来てしまいました。

冒頭の数分は、湾岸戦争の戦場から始まり、ちょっとグロかった~ショック
このままず~っとこんな感じで進むのかな?と暗い気持ちで観てましたが、違ったのでホッとしました。OK

拘束衣を着せられ死体安置用の狭い引き出しに閉じ込められる

上矢印これは、治療と言うには酷いと思いながら観てましたが、引き出しに閉じ込められた事でジャックは時空を超え記憶を辿る事になるのです。

(何故、彼がこの様な事が出来るようになったかは説明あったかな?
あの引き出しに入れられると誰でも出来たんだった??他の人は入れられてないと思ったけど??)

タイムトラベル物の話は好きなので、この作品もジャックがどの様に、過去未来を旅するのかハラハラしながらも、興味深く観ました。星

話が繋がっていく過程は、やはり面白かったです。

j3.jpg

ダニエル・クレイグが精神病院の患者で出演してましたが、初めは彼だと気がつきませんでした。?
役柄が今より老けた感じだったので・・・。

キーラ・ナイトレイはジャッキーと言うとても重要な女性を演じてました。
前半は荒んでる気の強い女性を、最後は優しい雰囲気で・・・。

前調べもせずに、公開時の予告しか観てないので、内容は殆ど知らずに観ました。
予告を観た時は、暗そうな映画だなあと思った記憶があります。
が、思ってたよりは暗くなく、意外と面白く鑑賞する事ができました。手書きハート







Last updated  2009.03.01 10:33:29
コメント(6) | コメントを書く
2008.10.27
カテゴリ:映画 さ行

伝説の洞窟からつながる地底160km
そこには想像を超える世界が広がっていた!


センター・オブ・ジ・アースHP

センター・オブ・ジ・アース 3D版 - goo 映画


監督 :エリック・ブレヴィグ

出演
ブレンダン・フレイザー(トレバー)  : 沢村一樹
ジョシュ・ハッチャーソン (ショーン) : 入江甚儀
アニタ・ブリエム (ハンナ) : 矢口真里

004.jpg


ストーリー
今は亡き兄の遺志を継ぎ地質学研究に打ち込む冴えない男トレバーは、3年ぶりに甥っ子ショーンを預かった。 

ちょうどその日、過去に取り付けたアイスランドの地震調査装置が異常な計測地を示していることが発覚する。

トレバーは、ぶっきらぼうで何事にも無関心なショーンに困りながら、
ともにアイスランドへ。

現地山岳ガイドのハンナを加えて現場のスネフェル山脈にたどり着いた彼らを、
激しい落雷が襲う。避難のために入った洞窟を進むことになる3人に、
突如地底世界への入口があらわれた。

果てしない縦穴を経てたどり着いたのは、誰も見たことのない前人未到の
地底世界だった…。



解説
ディズニーシーのアトラクションでお馴染み、冒険SF小説の金字塔
ジュール・ヴェルヌの「地底旅行」の世界を完全映画化。

主演のトレバーに「ハムナプトラ」シリーズのブレンダン・フレイザー、
甥のショーンに『テラビシアに架ける橋』のジョシュ・ハッチャーソン。

監督は、米映画界でビジュアル・エフェクトの第一人者として活躍する
エリック・ブレヴィグ。

本作は、最新の立体デジタル撮影装置フュージョン・カメラ・システムを
使用した初の長編大作。(作品資料より)

005.jpg
幻想的でキレイでした~音符


えんぴつ 25日の土曜日に観てきました。
どうせ観るならば3Dが良いと思いネットで検索し予約を入れました。
3Dは吹き替えなんですね!!

吹き替えは沢村一樹さんと矢口真理さんと知り、矢口真理さん・・・大丈夫かな?
と心配だったんですが上手かったです。違和感なく観る事が出来ました。


ショーンの声の人は入江甚儀くん、全然知らない子でした。
15歳と言う事なので新人なんでしょうか?吹き替えも慣れてない感じでした。
ちょっと残念だった!!

3Dは観た事はありますが随分昔なので感覚はほとんど忘れてるし、この作品のような冒険ものはどうなのかな?と怖々の鑑賞でした。

やはり3Dの映像は遠近?奥行き?が凄く、山を登ってる時とか、崖っぷちに立ってる時など画面の後ろに吸い込まれそうな感じがして、高所恐怖症の私は、
むずむずして落ち着かなかったです。

迫ってくる映像では、やはり目目を閉じてしまいました。びっくり

006.jpg

主人公のブレンダンはハムナプトラといい今回の作品といい調査してる内に、
とんでもない事に。。。
時代は違いますが、役柄が似てるのでかぶっちゃいました。ウィンク

ショーンを演じたジョシュ・ハッチャーソンくんは、「テラビシアに架ける橋」の時は
ちょっと頼りない少年を演じてましたが今回は好奇心旺盛?な少年を演じてて
イメージがまるっきり違いました。
吹き替えがあってないように感じたので、彼の声で観たかった。


本編はハラハラドキドキしながら、3Dを十分楽しむ事ができました。音符


ネタバレです

地底にマル秘落ちて行っても無傷!!
脱出する為の筏作り!!たった3人で(大人の男性は一人、そして女性、13歳の少年で・・・)見事な筏を作り上げてました。びっくり
どのくらいの時間で作ったのでしょうか?短時間のように思えたのですが。。。
恐竜と追いかけっこ・・・追いつかれるって!!
そして、最後の噴火口からの脱出も、意外と簡単に脱出しちゃって・・・アレレな感じでした。
だって地底からの脱出ですよ・・・。
あんなんで一気に脱出できるのかな?
マル秘と思っちゃいました。

そして、ショーンがマル秘地底から連れて来てしまった鳥、生きて行けるのだろうか??
連れてきちゃダメだと思うのですが・・・。
マル秘

と気になる所はありましたが、娯楽作品なのでサラッと流して、
気にしないで観ましょう!!ぺろり

そうすれば、楽しめる事間違いなしです・・・タブン!!

勿論、吹き替えですが、3Dでの鑑賞をお勧めします。星







Last updated  2008.10.28 00:42:00
コメント(14) | コメントを書く
2008.09.19
カテゴリ:映画 さ行

ひきこもりの冒険作家にドアを開けさせたのは
南の島の少女からのSOSだった。


幸せの1ページ

幸せの1ページ - goo 映画


あらすじ
アレクサンドラは、大人気の冒険小説家。なのに、対人恐怖症で引きこもり。
そんな彼女が書くヒーローは、空想で作った理想の男性像だった。
新しい小説のネタを探していると、孤島で暮らす海洋学者の記事が
目にとまった。
彼に協力を求めるつもりでいたが、ある日、南の島の少女・ニムから、
物語のヒーロー宛にSOSのメールを受け取る。
ニムを救うため、アレクサンドラは初めて家の外へ出て、南太平洋へと
旅立つが…。


解説
ウェンディ・オアーの人気児童書を映画化した冒険ファンタジー。
孤独で引きこもりのベストセラー作家と、南の島で父親と暮らす少女の
出会いを綴る。
ハリウッドきっての演技派であり、最近は『フライトプラン』や『ブレイブ・ワン』
などのタフなイメージが強いジョディ・フォスターが、これまでにないコミカルな
演技を披露しているところが新鮮だ。
『リトル・ミス・サンシャイン』でオスカーにノミネートされた
アビゲイル・ブレスリンとともに大自然の中でアクションにも挑戦する。
ニムの父親と冒険家の二役を演じたジェラルド・バトラーのワイルドな
魅力も健在。観ると元気になれる、ハートフルなアドベンチャーだ。


監督・脚本
ジェニファー・フラケット&マーク・レヴィン

原作:ウェンディ・オルー

出演
ジョディ・フォスター  : アレクサンドラ・ローバー
アビゲイル・ブレスリン : ニム・ルソー
ジェラルド・バトラー  : ジャック・ルソー & アレックス・ローバー

nims09_502.jpg


対人恐怖症で、外出恐怖症、おまけに潔癖症で引きこもり。。。
ジョディー・フォスターが演じたアレクサンドラはそんな女性。

ニムから受け取ったSOSのメールで、助けに向かおうとするが、
中々ドアの外へ出る事が出来ない。。。
この一人格闘シーンから爆笑大笑い
外へ出てからも大~変!!
このドタバタには笑いました~。
でも、だんだん逞しくなっていきます。

あんなに憶病だったアレクサンドラが、マル秘嵐の中をボートで漕ぎ出すことには???
あれはちょっとあり得ないと思うんだけど・・・ボートを漕げるの
???マル秘

ニムのお友達の動物たちが可愛い~手書きハート
アシカのセルキー、トカゲのフレッド、ペリカンのガリレオ、ウミガメのチッカ。
セルキーに寄り掛かって寝てたけど、大丈夫なのか気になりましたが。。。
それから、フレッド達のマル秘空からの攻撃マル秘も大丈夫なのかな??
これも気になりました。
ガリレオは、良い働きをしてましたね。一番賢いかも。びっくり

ニムがマル秘バカンスにやってきた人達を追い返すマル秘作戦や、
パパのジャックのマル秘遭難マル秘などハラハラ感もあり、
また、アレックスがマル秘画面に現れアレクサンドラを諭すマル秘数々のシーンは
面白い趣向だと思いました。

自然の中で生きる少女を、アビゲイルちゃんは良く演じてましたし、
ジョディ・フォスターのコミカルな演技やジェラルド・バトラーは
優しいパパのジャックとタイプの違うアレックスをカッコよく、
演じ分けてました。

児童書の映画化と言う事ですが、大人も楽しめる作品だと思いました。音符







Last updated  2008.09.20 03:32:34
コメント(8) | コメントを書く

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

PR

Profile


にくきゅ〜う★

Free Space

Comments

ベーコン@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) ■映画の絵柄 映画の絵柄に関してもスタッ…
ベーコン@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) 長文な上に制作スタッフや原作者の裏話も…
絶太わー@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) 原作絵本は実際に読んでないので何とも言…
沖縄 島袋@ Re:【樺太1945年夏 氷雪の門】★二木てるみ(08/06) 管理人様始めました。沖縄の島袋と申しま…
みすず@ ありがとうございました^^ 今年は大変お世話になりました! 来年も…

Favorite Blog

久しぶりぃ〜 rose_chocolatさん

MAしゃまの独り言(… MAしゃまさん
pure breath★マリー… マリーmypinkさん
Cinema Collection ひろちゃん★510さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん
あ!CINEMA 365 DAYs ラブ☆シネマさん

Freepage List

Category

Rakuten Ranking

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.