2008.02.05

ジョニーお気に入り映画は~「潜水服は蝶の夢を見る」

(14)
カテゴリ:Johnny
07年、ジョニー・デップの一番お気に入りの映画は?

=eiga.com 映画ニュースより抜粋=

現在公開中の「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされているジョニー・デップが、ロサンゼルスタイムズ紙のインタビューに答えた中で、07年のベスト映画として、アカデミー賞監督賞など4部門にノミネートされている「潜水服は蝶の夢を見る」(ジュリアン・シュナーベル監督)を挙げた。

デップはインタビューで、「この映画は最初の30分間、主人公の姿がスクリーンに映らないという、とても挑戦的なアプローチをしている。また、動くことができない主人公の、左目だけの視点で描かれるから、画面はフレームや視点が固定されない中で、(話し相手の)女性のあごや首を映しているが、それはとても想像力に富んでいて、いまだかつてない表現方法だ。ジュリアンがとても優れた才能の持ち主だということは知っていたけど、ここまでのことが出来るとは思わなかったよ」と絶賛している。


詳しくは eiga.com 映画ニュース



「潜水服は蝶の夢を見る」eiga.com

身体的自由を失った男性が瞬きだけで自伝を綴ったという実話を、
「バスキア」「夜になるまえに」のジュリアン・シュナーベル監督が映画化した人間ドラマ。ELLE誌の編集長として順調な人生を送っていたジャン=ドミニク・ボビー。
ところがある日脳梗塞で倒れ、全身麻痺で左目のまぶたしか動かせない状態になってしまう。言葉すら発することができない彼は、言語療法士の力添えで瞬きを使ってコミュニケーションを取るようになり……。

07.jpg

原題:Le Scaphandre et le Papillon
監督:ジュリアン・シュナーベル
脚本:ロナルド・ハーウッド
製作:キャスリーン・ケネディ、ジョン・キリク
原作:ジャン=ドミニク・ボビー
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ポール・カンテロン
美術:ミッシェル・エリック、ロラン・オット

出演:マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ、マリ=ジョゼ・クローズ、
アンヌ・コンシニ、オラツ・ロペス・ヘルメンディア、ジャン=ピエール・カッセル、
マリナ・ハンズ、マックス・フォン・シドー、イザック・ド・バンコレ、エマ・ド・コーヌ、
パトリック・シェネ、ニエル・アレストリュプ

2007年フランス・アメリカ合作映画/1時間52分
配給:アスミック・エース

2月9日より、シネマライズ、シネカノン有楽町2丁目ほかにてロードショー



やっぱりジョニーはこの作品を演じたかったんだろうな??
監督がジュリアン・シュナーベルだし・・・。
POTC/AWEの撮影スケジュールとの兼ね合いで
降板しなければならなかったなんて、本当に残念です。

片目だけのジョニーの演技見たかった。






TWITTER

Last updated  2008.02.06 02:13:28
コメント(14) | コメントを書く