000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Don't Worry,Be Happy!

Don't Worry,Be Happy!

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
Feb 19, 2010
XML
カテゴリ:映画

 うっそー!!!

3Dは、映画そのものにも、3D映画館(前記事で書き込んだIMAX3D版、XPAND版などの違い)と同じように種類があるという。


『アバター』IMAX3D版と、今から楽しみにしている、ジョニーの『アリス・・』IMAX3D版とは違うんです!!!


『アバター』のように、『アリス症候群』には ならない!!!

 エッ~~~~!!!


多くの人が楽しみにしているであろう、ジョニー・デップ出演、3月公開「アリス・イン・ワンダーランド」。
アリス3Dと「アバター」3Dの違い、友達にちゃんと説明できますか???

という前書きで書かれた記事からです。


詳しくは、http://www.premiereport.com/paul3d2.html

 

 

 


新3D世界は、4種類に分けられている。


1.リアル・ステレオ3D
2.2Dコンバージョン3D
3.普通の3D
4.アニメ3D

とありますが、今回 私は『アバター』と『アリス』の違いを知りたかったので
『リアル・ステレオ3D』と、『2Dコンバージョン3D』について・・

 

≪『アバター』のリアル・ステレオ3Dが最高級!!≫


「本物のステレオ3D」という 3Dの中の一番高級品という意味。

最近、リアル・ステレオ3Dは、『アバター』の成功で一番効果があると証明されました。

キャメロン監督のオリジナル・FUSIONカメラを使って撮影されたからです

FUSIONは、世界一番高いカメラ機材。

一番高い解像度と精密度で人間の目を真似するので、見るものは本物。

だから、自然なイメージなんですね。

それを『109シネマズ・IMAX3D・デジタルシアター』で観ると、『アバター』症候群にやられます。

そして、『パンドラ星』から 帰ってこれなくなります???

 

≪2D→コンバージョン→3D≫

 

「コンバージョン」とは、元々の撮影は普通の映画と同じ2Dで撮影する。


そして映画が出来たら、あとでパソコンで画像を切り出して、前の物(キャラクターなど)を背景からちょっと距離を離して3Dの効果にすること。

作成した時に3Dの技術がなかった作品を、コンバージョンを使って、超傑作の映画でもう一度、新しい体験ができるのは素晴らしいことですよね!

だから、これからは、昔の2D映画からコンバージョンした3D・リメイク版がたくさん出るでしょう。


でも、残念なことに、『アリス・イン・ワンダーランド』3Dは、『リアル・ステレオ3D』ではなく、全て2Dからのコンバージョン3Dだそうです。

新作映画なのに・・・・・


元々「アリス・・・」は3Dで取れる映画。
機材もある、技術もある、そして、「アバター」次のIMAX3D映画としてリリースできるはず・・・


「なのに、なんで全コンバージョンになったの?」

ティム・バートン監督は、完全に3Dに興味がなかったそうです

DISNEYが、超(兆)?儲かるから 3Dにしたという。


ティムのコメントは、

『別に3D映画を作るつもりがなかった。
自分は、まったく3Dの知識持ってないし、分からないし、どうでもいいし、結局DISNEYが「3Dでしょう」と言った時に、「じゃー、自分は今までと同じ普通の映画を撮る。
終わったら、3Dに変換してください。
『リアル・ステレオ3D』と『コンバージョンした3D』、あんまりどこが違うか分からない。
同じだと思う。確かに普通の何も分からない人たちは、多分・・・同じと思う。どこか違うの?結局は3Dは、飛び出してる。それで十分じゃない?』

ティム・バートンは、技術派キャメロンとは違う芸術派監督。

映画を作る目的が違うんですね!!

でも、今や、我々視聴側が、『リアル・ステレオ3D』で作られた『アバダー』で本物の3Dの良さを知ったから、もっともっと本物3D映画ができるんじゃないかな・・・


今回は,『アリス・イン・ワンダーランド』の公開前にこんなことを知ってしまって、少し期待が薄れたような・・・

でも、役に立つ知識でレベルアップして鑑賞することできそうです。

ティムの作品、ジョニーとのコラボ作品の芸術性の高さを知っているから、

技術的効果の『アバター』と違って、内容面で期待できる、楽しめる作品になっているはず・・・・

「アリス・・・」も「アバター」のように、穴から這い上がれないくらいアリスの世界に浸れたらな・・・

 

 






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  Feb 20, 2010 12:17:05 AM
コメント(4) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.
X