358389 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

   夢をかなえる【天才ボディ】の作り方

   夢をかなえる【天才ボディ】の作り方

PR

全4件 (4件中 1-4件目)

1

らくくる用語の基礎知識

2006.09.09
XML
「B.C.(ボディコーディネーションは)は心にも効きますか?」

なんて質問を受けることがある。

らくらくとしては、

Why Not??

って感じなんだけど。

だって身体がこんなに楽になるんだもん。
心だけ、変わらないでいようたって、それは無理というもの。

もしも、心だけ変わらない、としたら。
それは、「変えないようにしてる」いや「変わったことに気づかない」ってだけのこと。

ボディコーディネーションのアプローチは身体から行われる。
そして、身体の変化は心に反映され、その変化がまた身体に反映される。
その循環がスムースに進むことが、セッションの効果を高めるのだ。

多くの場合、効果を阻害するのは「変化を認めない、もしくは認めたくない」あり方。

自分の変化(身心両面とも)を拒まず、積極的に感じて見れば。

心は(もちろん身体も)、驚くほど柔軟に反応するのがわかるはず。


何の劇的なことがなくたって、心も身体もつねに変化してる。

ぐっすり眠れただけで。

美味しいもの食べただけで。

空気がすんでるだけで。

陽射しが気持ちいいだけで。

フワ~ッとアクビしただけで。

心も身体も調子よくなったっていいじゃん。

ていうか、そんなことだけで調子よくなる心も身体って、すっごいじゃん。

あぁ、らくらく。  (^^)v



☆ イメージだけで「らくな体」をつくる本 ☆

ご注文は…、ここをクリック!! 


らくくる本表紙


 サンマーク出版より絶賛発売中!!
 






最終更新日  2006.09.09 10:35:29
コメント(2) | コメントを書く


2006.09.01
個々の状況別や、細かなスキルは別にして。

プレゼンシングする方法は、非常にシンプル。

自分の身体の感覚に意識を向けるだけでいい。

今、この瞬間、身体にどういう感覚が起こっているかを感じるのだ。

たとえば、

首にちょっと緊張があって、肩は楽だな、特に右肩がフワッとした感じ。
呼吸するたびに胸からお腹にかけて、よ~く動く。
腰にちょっと張りがあるかも。
脚は、両方とも柔らかいけど、左のふくらはぎだけちょっと張りがある。

な~~んて感じで、全身を感じていく。

もちろん、上記のように言語化する必要はない。
感覚が鋭くなると、より細かい感覚を感じられるようになる。
とにかく、つねに余すところなく、全身を感じていればいいのだ。



☆ イメージだけで「らくな体」をつくる本 ☆

ご注文は…、ここをクリック!! 


らくくる本表紙


 サンマーク出版より絶賛発売中!!
 






最終更新日  2006.09.02 07:51:01
コメント(0) | コメントを書く
2006.08.17
プレゼンシングは、Presencing。
つまり、Presence + ing 。

一般的に使われてはいません。
造語です。
辞書を引いても載ってません

Presenceってもともとは、「存在、いること、現存」なんて意味。
出席してま~す。なんて時にも使うみたい。

Presencingは、そのingなんだけど、少し特殊な意味を持たせています。

「今、この瞬間に、あるがままに存在し続ける」って意味を。

いやいや、これって正確じゃないな。

人間は何をどうやっても「今、この瞬間に、あるがままに存在し続ける」ことしか出来ないんだから…。

より正確に表現してみよう。

ちょっと複雑な言い方だけど、Presencingとは

「『今、この瞬間に、あるがままに存在し続ける』自分自身を『今、この瞬間のあるがままに“常に”』捉え続ける」

こと。
あるいはそのためのスキル。
     ↑
そう、これがPresencing。

で、それがどうしたのかって??

もちろん、ちゃんと意味あるんですよ。

日常で、Presencingを心がけるとね…。  


******* 読者プレゼント実施中 *******
「イメージだけで『らくな体』をつくる本」=“らくくる本”をすでにゲットしてもらえました!?

持ってる方は、カバーの折込(裏表紙の方)を見て欲しい。
そう、そこに書いてあるURLが、読者プレゼントをゲットする為のページ。

まだ、“らくくる本”を手に入れてないあなた。
いますぐ、本とプレゼントをゲットして、らくらくボディを手に入れてね。






最終更新日  2006.08.22 14:49:03
コメント(4) | コメントを書く
2006.08.15
自慢じゃないが、らくらくの日記はわかりやすい!! 
と思ってるんだけど…、どう??

ただねぇ、使ってる言葉がときに特殊だから…。

場合によっては、?????マークのオンパレードなんてことにもなりかねない。 (>_<)
らくらくとか、天才ボディとかはなんとなくわかる、かな!?
でも、ボディマップやプレゼンスなんててわかりにくいかもね。

それに時たま、「がんばらないほどいい」とか「力を抜くほど効果的」なんて常識とは正反対のことを言っちゃう。
そんなのもちょっと、わかりづらさを助長しちゃうかなァ。
らくらく本人にとっては、当たり前のことなんだけど。

ず~~っと読んでくれてる人には、わかるんだけどねぇ。 (^_^;)

ま、そのうちこれが常識になる日が来るから問題ない!! 

ッて訳にも、諸般の状況からしていかなくなっちゃたのよね、これが。


なんていう理由で、思いつくままにらくらくの常識、世間の非常識について、日記に書き込んでいくことにした。

題して「らくくる用語の基礎知識」

よかったら読んでね~~。






最終更新日  2006.08.19 10:41:00
コメント(5) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


© Rakuten Group, Inc.