163379 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

週末バドラー

日本リーグ観戦記(5)

   日本リーグ観戦記(4)へ戻る


   日本リーグ観戦記(5)
 NTT東日本 対 NTT北海道は、3対0でNTT東日本が勝利。
 選手全員で、応援団ならびに応援の観客に感謝。
 
 勢ぞろいNTT東日本


 NTT東日本の応援は、他のチームと違いチアガールも登場。あまりに至近距離のため、何々と間違われる恐れが高いため、カメラ撮影出来ず。
 
 前半の体育館での注目選手は、北都銀行の三好奈緒選手。この選手は、バド仲間のびーちゃん他多数の方が注目しており、私も知らないうちに注目してしまった。
 第3コートでは、北都銀行と七十七銀行が対戦。その時、一人の「おにいさん」が目についた。見た目今時の若者という感じで、男性選手が女子選手の応援をしているとばかり思っていた。第一ダブルス終了。そうすると、その若者はおもむろにジャージを脱ぎ始め、コートへ。その時点でも、誰か女子選手の練習相手をつとめるとばかり思っていたが、彼が女性だということはすぐ理解できた。あわてて、パンフを見て、選手確認。そうすると、これがびーちゃんがブログで書いた三好選手かとすぐに合点。
プロフを見ると、福岡出身で精華女子高出身とあった。この学校は、福岡の自宅から歩いて10分程度の所に位置。また、精華というクラブは、日曜クラブのメンバーの母体のバドクラブも精華であるため、精華つながりということで、ひとまず応援することにした。
この日の対戦相手は、徳永幸子選手。徳永選手といえば、昨年の日本リーグドリームマッチに東軍代表として出場し、シングルスで見事勝利。東軍に貴重なポイントをゲットし、優秀選手賞に輝いた強豪選手。
一方の三好は、鹿児島大会でNEC九州の日本ランク5位の幡谷好美を破り勢いに乗っている。
この分だと、パワーで三好が勝るので、三好勝利を疑わなかったが、いざ試合が始まると一転。気負いがあるのか三好にミスが目立ち、7対11でこのセットを失う。
 次の第二セットにはいっても、流れは変わらず、第二セットも5対11で失いストレート負け。やはりバドは何が起こるかわかりませんね。
私が見る限り、三好は同タイプの選手にはパワーで優れるため強いのですが、女性らしい繋いでくるバドに対してはミスで自滅することが多いように感じました。
 肝心な写真は、カメラマンの腕が悪いため、すべて失敗。そのかわり、鹿児島大会の三好対幡谷戦の三好選手の写真をberyoskaさんのブログで発見したため、リンクしてみました。


   日本リーグ観戦記(6)へ続く


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.