162589 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

週末バドラー

日本リーグ観戦記(7)

   日本リーグ観戦記(6)へ戻る


  日本リーグ観戦記(7)
 三洋電機対ヨネックス
 第一シングルス
廣瀬(三洋電機)対米倉(ヨネックス)
 これが事実上の優勝決定戦の大一番。ヨネックスは松田・赤尾が控えているので、次のダブルスは絶対勝つ。そのため、両チームにとって、この試合で全てが決まる。
 
 この試合の前、全日本総合選手権では、決勝でこの二人が対戦。そのときは米倉が廣瀬を下し、日本一となった。
 廣瀬にとっては、これが雪辱戦。日本ランク1位の面目にかけても、連敗だけはしたくないところ。一方米倉も、久し振りの日本チャンピオン。永らく君臨していたが、新興の廣瀬に我が物顔をされるのはしゃくなはず。引退するにはまだ早い。意地と意地のぶつかり合いか!好試合を期待する。
 
 第一セット
        長いラリー
cu, h hm 後cutミス h sm cm cut+s クロスカット
廣瀬 0,1,2,3’ 3,4 4’  4,5,6’ 6’ 6’ 6’ 6’ 6’ 6,7’ 7,8’ 8’ 8,9,10,11
米倉 0’ 0’ 0’ 0’ 0’ 0’ 0’ 0’ 0,1 1’ 1’ 1,2’
P サーブミス クロスカット s+h+r+s+p
スマッシュミス rm

第一セットは廣瀬(三洋電機)が奪取。今日の廣瀬はスピード抜群で、フットワークも安定。男子の佐藤同様にホームポジションに常に戻れるため、スマッシュ等を打ち、前でのヘアピン合戦になっても甘くなれば、プッシュ。
相手のロブが浅くなれば、スマッシュを決めていた。また、相手がドリブンで追い込んだと思っても、ラウンドできっちりと大きく返し、しかも右足を大きく前に出している。これでは、さすがの米倉も攻める所がない。そして今日一番さえていたのは、カット。特にクロスカットが冴えていたようだ。長いラリーから、何処に打つかわからないようにして、同じフォームでカットを打つ。これが相手には一番きいていた。
そうこうするうちに、米倉にあせりが生じ、ミスが目立ってきた。サーブ権は奪うものの、得点が伸びず終わってみれば11対2で廣瀬の完勝。
  

第二セット
h+r+S フェイントヘアピンとみせて攻撃ロブ
P h p dm h+p hm 甘いドライブをスマッシュ
廣瀬 0’ 0,1 1,2,3,4’ 4,5’ 5,6’ 6,7,8’ 8,9,10,11
米倉 0,1’ 1’ 1,2’ 2,3’ 3’ 3’
S pm c hm s c

第二セットも廣瀬が11対3で米倉をこのセットを取り、ストレートで勝利。この瞬間に三洋電機の日本リーグ優勝が決定した。
このセットも廣瀬の勢いは衰えない。おもしろいようにショットが決まる。相手にスマッシュを打たれても、教科書通りのクロスのショートに誘い、ヘアピン合戦。
そこでも、この日フットワークにすぐれた廣瀬が優位に試合を進め、プッシュ、スマッシュ等を連発。
10点目にはなんと、フェイント。ヘアピンとみせて低いロブ。これを米倉とれず10点目ゲット。11点目も甘いドライブをスマッシュ。あっとゆうまに試合終了。力の差はさほど感じないが当日の勢いの差が試合にでたようだ。

 廣瀬
 
           廣瀬:右足が大きく?前に出ている。

     日本リーグ観戦記(8)へ続く
 


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.