162428 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

週末バドラー

日本リーグ観戦記(8)

     日本リーグ観戦記(7)へ戻る


 日本リーグ観戦記(8)

 三洋電機対ヨネックス
第二ダブルス 
多谷・脇坂(三洋電機)対松田・赤尾(ヨネックス)

 優勝は決定しましたが、ヨネックスは松田・赤尾ペア。
先ほどの日本総合でオグシオと優勝をかけて争ったペアですね。彼女らのレシーブは折り紙つきです。そして、オグシオと並び、美人ペアとしても有名ですね。
 脇坂・多谷

松田・赤尾
 
 第一セット

多谷組   0’ 0,1’ 1’ 1,2’
松田・赤尾  0,1’,2,3,4 4,5,6,7’8,9,10,11 11’12 12,13’,14,15
p s s s s s s

第一セットは15対2で松田・赤尾が奪取。
一方的な試合となった。レシーブに絶対的な自信を持つ松田・赤尾は、攻撃においても一枚も二枚も多谷組を上回った。スマッシュ、プッシュが面白いように決まる。
 
 第二セット
H+p
Sm h ,rm
多谷組   0,1,2’,3 3’,4 4’ 4,5’ 5’ 5,6’ 6’,7
松田・赤尾0’ 0,1,2’ 2’ 2,3’,4,5,6 6,7,8,9’,10 10,11’,12,13 13’,14 14,15
p p c s s rm hm p rm s

第二セットも15対7で松田・赤尾組が連取。ストレートでヨネックスの勝利。
このセットも第一セット同様に、松田・赤尾組が面白いように得点を重ねる。出だしこそ、多谷組がヨネックスのペアのミスに乗じて得点を重ねるも、地力の差がでて直ぐに逆転を許す。
そうなってくると、ずるずる多谷組がレシーブ、ヘアピンのミスを連発。松田組に得点を与える。終わってみれば、松田組の完勝。


     日本リーグ観戦記(9)へ続く


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.