000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【WOODPRO杉足場板専門店】スタッフブログ

PR

X

Calendar

Category

Archives

2021.02
2021.01
2020.12
2020.11
2020.10

Favorite Blog

2.26事件に思う「正… くり坊 1号さん

蕎麦アレルギーの木… 蕎麦アレルギーさん
WOODPROスタッフblog… WOODPRO加島さん
イカタロウのぐーた… イカタロウさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

2009.12.18
XML
カテゴリ:試作、試験関係
こんにちは、足場スタッフの澄川です。


先日、地元広島のお客様から足場板(古材)をテーブルの天板に使用したいけど、長さカットなどの加工に自信がないのでどうにかできないですか?と相談がありましたので長さ&幅のオーダーカットを承りました。

IMG_0991.jpg
長さを揃えた天板用の板4枚と固定用の角材(こちらも足場板の古材を使用)


通常足場板をテーブルの天板に使用する場合は裏桟を入れて固定するか表から見えないように裏から斜め方向にビス(接着剤併用)で固定することが多いのですが、天板単体として見た時の見た目と組み立てが楽に出来るように、今回は側面(切断面)から固定する方法をお勧めさせていただきました。


IMG_0990.jpg

完成イメージ
仮並べ中~側面からビスで固定して完成です。

側面からビスで固定するのでビスが見えるのが気になる場合には深く打ち込んで木ダボ等で埋めてしまう方法もあります。


今回の使用用途はテーブルの天板としてでしたが、2枚の板をつないで棚板として使用する場合にもこの方法なら簡単に施工出来て、切断面を隠す効果も期待できますが、やはり接着剤と併用した場合に比べると板同士の隙間は発生しやすくなります。

~ 追記 ~
幅広の板はないですか?とのご要望が増えてきましたのでWOODPRO本店にてOLD ASHIBA(足場板古材)フリー板 幅つなぎ材の取り扱いを開始しました。足場板(古材)を素材として表面を磨き込んでありますのでそのままご利用になれます。






Last updated  2009.12.21 17:54:29
コメント(0) | コメントを書く
[試作、試験関係] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.