410233 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【WOODPRO杉足場板専門店】スタッフブログ

PR

X

Calendar

Category

Archives

2021.05
2021.04
2021.03
2021.02
2021.01

Favorite Blog

自宅デッキ 令和の… くり坊 1号さん

蕎麦アレルギーの木… 蕎麦アレルギーさん
WOODPROスタッフblog… WOODPRO加島さん
イカタロウのぐーた… イカタロウさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

2020.06.04
XML
こんにちは、高畑です!

事務所の会議室に、新商品であるASHIBAウォールパネルのクリア塗装品【WP01-C】を施工していきます。

パネル化したことで細かい作業を省略でき、施工効率をグッと引きあげます!
少し複雑な商品なので、一度【​商品ページ​】をチェックいただけるとブログの内容が解り易いかと思います!

今回は壁面全体ではなくアクセントとして縦一列のみ施工するので【単列】仕様を使います。
早速施工開始!


①墨だし

下げ振り等を使って施工の基準になる「垂直なガイドライン」を引きます。
※下げ振りは糸の先におもりを括り付けたものでも代用可能です。上から垂らせば垂直が出ます。
このガイドラインに向けて1列目を施工していくので引く場所は現地でしっかり確認しましょう!


②既存の壁紙を剥がす

壁紙(特に凸凹した壁紙や浮いてしまっている壁紙)は、接着力に影響が出る可能性があります。
​剥がす箇所の境界にカッターで切れ目を入れた後、全て剥ぎ取りましょう。


※壁面全体に施工する場合は①②の工程を逆に!​


③パネルの裏面に接着剤と両面テープを付ける

4~5か所に両面テープ、その隙間に接着剤。
圧着してもはみ出ない程度の量で塗りましょう。
押さえつけた際、横に広がりますので全体に塗り広げる必要はないです!

今回は、アイカ工業さんのシリコン系接着剤を使用しました。
こちらの接着剤は硬化後に色が透明にならないので、付け過ぎではみ出た場合は直ぐ拭き取ってください。


④貼り付け作業

①で引いたガイドラインに沿って板を貼り付けます。
グッと圧着した後、上の継ぎ目の部分を3~5か所、フィニッシュネイルで固定します。
上のパネルとつながる部分であるここにも可能であれば接着剤を塗りましょう。
写真は角に塗っていますが、立ち上がりの下地部分に塗ることをオススメします!
--------------------------
<縦方向の施工>

​​【Aタイプ】→【Bタイプ】→【Aタイプ】→【Bタイプ】と交互に繋ぐ。下から上へ向かって施工。​​
<横方向の施工>
​​【Aタイプ】は【Aタイプ】に向けて、同じタイプ同士を繋ぐ。右から左へ向かって施工。​​
--------------------------​​​
あとは③④の繰り返しで、上方向に繋ぐか横方向に繋いでいくかの違いです。
​【!要注意!】​
​縦列のパネルが奇数になる場合は、交互に施工するのでAタイプまたはBタイプのどちらかを各列1枚ずつ多くご注文いただくようになります!​(恐らく通常の天井高であればほとんどの物件が奇数になります。)
実際に貼る前に、現場で必ず板の割り付けチェックをしてくださいね!
当社スタッフは「最後の1枚で貼る順番を間違った事に気付き、パネルを全部剥がして一から施工をやり直した」というかなり痛い経験をしました(;O;))​
​​


⑤壁の形に合わせてパネルを加工する
壁一面に施工する場合等では、上端と左端のパネルを残りのスペースに合わせて切り落とす必要があります。
端の一枚だけ施工していない状態で残りの寸法を測り、丸鋸や手鋸を使用して切り落としてください。


●パネルが浮いている場合

フィニッシュネイルでの固定はパネル上部のみのため、パネル下部が浮いてしまう可能性かございます。
どうしても浮きが気になる箇所は仮釘や隠し釘で接着剤が硬化するまで押さえます。


●壁面との隙間が気になる場合
構成上、壁とパネルの間に4mmの隙間が空きますが、コーキング剤(パテ)で処理をすると完成度が上がります。
【マスキングテープで養生】 → 【コーキング剤を隙間の奥から、はみ出るくらいで流し込む】 → 【濡れた布などで表面を整える】 → 【コーキング剤が硬化する前にマスキングテープを剥がして完成】
コーキング剤は、乾燥の過程で収縮するのでそれも見込んで少し多めに整えると綺麗に仕上がりますよ!


●幅木の処理
幅木の処理は現場や施工面積によりけりです。
​全面施工の場合、剥がせそうであれば床の上から、難しいようであれば既存の幅木の上から施工してください。後で別途幅木を取り付けるのも良いかと思います!
今回は一列のみだったこともあり、既存の幅木の上から施工した状態で特に違和感がなかったのでそのままにしております!
後は接着剤が乾くまで待った後隠し釘の頭をトンカチで叩き落としたら完成です。

どうですか?存在感のある素敵なアクセントウォールになりました!
<使用枚数>
【WP01-C-AT】ASHIBA ウォールパネル/クリア塗装[Aタイプ単列用] … 5枚
【WP01-C-BT】ASHIBA ウォールパネル/クリア塗装[Bタイプ単列用] … 4枚


施工も、要領を掴めば簡単にできるのでオススメします(^O^)
皆さんも挑戦してみませんか?​

-------使用商品ページ--------
【WP01-C】ASHIBA ウォールパネル/クリア塗装 [各種]​
厚19×幅267×長さ910mm 1枚/セット(0.24平米)
価格 3,159円(税抜)  約13,160円/㎡
http://www.ashiba21.com/wp01.html
-------------------------------

ではでは!


​​






Last updated  2020.12.18 15:46:56
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.